特徴1 個別のQRコードが印刷されたわずか20mmの防水シール

特徴2 このQRシールをペンダントなどに貼って、愛犬につけて利用します
   (3枚あるので愛犬の健康手帳などに貼ってすぐに情報を見せられるようにもできます)
    ※3枚のシールは同じQRコードです。登録できる情報は1頭分です。


特徴3 QRコードを最初に読み込んで登録を行なった人が持ち主になります

特徴4 持ち主はマイページで愛犬情報をスマホから手軽に登録・編集することが可能

特徴5 登録されたQRを他人が読み込むと愛犬情報を閲覧することが可能

特徴6 他人がQRを読み込んだ時、愛犬情報の表示/非表示を持ち主がマイページから設定可能

特徴7 他人がQRを読み込んだ時、持ち主に迷子発見の連絡を送ることが可能

特徴8 迷子発見時の場所を地図表示で送ることが可能

特徴9 迷子でないときは、迷子札機能をオフに設定して、連絡ができないようにすることが可能

特徴10 QRコードの写真を撮って送れば、受信者側でQRから愛犬情報を閲覧することも可能


電柱や動物病院などに貼られた「愛犬を探しています!」という張り紙を見かけることも多いのではないでしょうか?


愛犬や愛猫の迷子は意外に多いのですが、迷子になってからでは遅いので、事前に迷子札をつけるなどの対策が必要です。しかし、近年、個人情報である電話番号を書きたくないという理由で迷子札を付けない飼い主もいらっしゃいます。それなら電話番号を書かず飼い主に連絡ができるように、システムを介して連絡することができれば、安心して迷子札を付けてもらえるのでは?と考えました。

但し、せっかく個人情報を出さずに連絡ができるシステムでも、使い方が難しかったり、登録に手間がかかるようでは、使ってもらえません。

そこで、インストールが必要なスマホアプリにはせず、QRコードをスキャンするだけで使える仕組みにしました。

ユーザー登録もQRコードをスキャンするだけで簡単に行うことができ、発見者もQRをスキャンするだけで、すぐに送信画面からメッセージを送れるので、誰でも簡単に使えるシステムとなっています。


CASE1.ドッグラン、ペットホテル、トリミングサロンなどでワクチン接種証明書の提示を求められたとき、うっかり忘れてしまったことはありませんか?

そんなとき、愛犬につけてあるScamee! for dogのQRコードをスマホやタブレット端末で読み取って貰えば、登録してあるワクチン接種証明書を提示することが可能です!



CASE2.動物病院に行き、愛犬の病歴や治療歴、ワクチン歴、投薬歴などの情報を提供できると先生にとって診断や治療を進める上で大いに役立ちます。そのような大切な情報、健康管理を全てクラウド上で管理できれば、飼い主にとっても安心ですね。

また、健康手帳やお薬手帳に書き込んでいる情報も写真を撮って、Scamee! for dogに写真データとして登録しておけば、もしも手帳をなくしてもデータを確認することができます。



CASE3.高齢の方がペットを飼っている場合、ペットよりも先に飼い主が亡くなることもあります。また、動物愛護団体から、里親としてペットを譲り受けることもあります。

そんな場合にも、そのペットの情報が過去に遡って確認できると、今までの飼い主さんも、新しい飼い主さんも安心ですね。



CASE4.もしも、災害で飼い主と離れ離れになってしまったとき、飼い主は、マイページで迷子札機能をオンにします。

そうすると、発見者の方が愛犬についているScamee! for dogのQRコードをスキャンして、飼い主に、愛犬を保護したことと位置情報を連絡することができます。それにより、連絡された飼い主は、愛犬を引き取りにいくことができます。

状況によって、すぐに引き取りに行けない場合には、マイページから愛犬情報を公開に設定し、保護している人に見てもらい、適切な対応をとってもらうことができます。



CASE5.現在ペットにマイクロチップを装着している飼育者は26.5%(SBIいきいき少額短期保険株式会社アンケート結果(2019年8月)より)とのことです。

マイクロチップが装着されているかどうかは、一般の方はほぼ分からないですし、マイクロチップが埋め込まれていたとしても、マイクロチップリーダーがないと情報を読み取ることできません。しかも、マイクロチップリーダーの規格が違っていると読み込めないリーダーもあるそうです。

もちろん、マイクロチップを装着していた方が飼育者を確認するには有効ですが、実際に発見した現場ではマイクロチップリーダーは無いでしょうから、その場でScamee! for dogのQRコードをスマホでスキャンして、すぐに飼い主に連絡ができれば、より簡単に早く連絡することができます。

更に、発見場所の位置情報も送ることが可能ですので、場所の説明が難しい場合に地図でお知らせできるのは非常に便利ですね。



CASE6.マイクロチップの情報を読み込んだ場合、飼育者情報と動物情報は分かるのですが、病歴など多くの情報は入っていません。また、情報変更を行う場合はマイクロチップデータ登録窓口にデータ変更連絡をして変更してもらう必要があります。

それに対し、Scamee! for dogは病歴やワクチン接種情報など、愛犬の健康管理に必要な情報を管理でき、いつでもスマホやパソコンから更新することができます。


千葉県 いすみ動物病院 田中芳生先生

「ワンちゃんに付けるメリットはマイクロチップだとリーダーが無いと個体確認ができませんがScamee!はQRコードなのでスマホがあれば誰でも確認できます。
また、動物病院では迷子で飼い主が分からない場合、勝手に治療出来ずこまる事もあります。過去に行きつけの病院があるのに処置したと訴えかけられた事もあります。
特に緊急性がある場合、迅速に確認可能なので助かります。災害時も所有者が分かる事が重要で、分かると保護を優先的に受けられます。」


東京都 陽だまり動物病院 中井千恵先生

「マイクロチップは入っているかどうか見た目では分からないから、QRコードとして見えるというのは有り難いです。マイクロチップとScamee! for dogを両方つけていれば、それぞれを補完できるので、完璧ですね。
あとは、登録情報にかかりつけ医院情報が入れられるのが良いですね。動物病院は電話番号を載せてもらっても問題ないので、緊急事、すぐに連絡してもらうことができますからね。」


大阪府 FREEWAN ドッグトレーナー 櫻 綾太様

「様々な情報を入力し、携帯からいつでも確認することが出来るScamee! for dog。迷子になったときはもちろんですが、ワクチン証明書の写真やアレルギー情報なども入れることが出来るので、お出かけ先でのワクチン証明書の提出やホテルなどにお預けの際も愛犬の情報が一か所にまとまっているのでとっても便利です。
普段は非公開設定になっているので、QRコードを読み取られても情報を見られる心配もありません。
万が一の時だけでなく普段使いでも活躍できそうです。」


東京都 S様

「ウチのコにはペットショップで購入したときからマイクロチップが装着されていて、スキャミーは必要ないかな?とも思っていました。

でも、スキャミーは、飼い主の情報だけでなく、犬の個性等も登録できるので、万が一迷子になって保護してくれた人がいらした場合、その方にとっても接し方の方法が分かるのでとても良いと思いました。

昨年の動物愛護法の改正で、ペット販売業者(ブリーダーを含む)がペットを販売する際にはマイクロチップ装着義務が課されました。

その前からも、大手のペットショップ等ではマイクロチップを自主的に装着することが多かったです。

そのため、もともとペットにマイクロチップが装着されているわんちゃんも多いと思います。そういう飼い主さんは私みたいにマイクロチップがあるからいいか、と思われているかもしれませんが、登録できる情報量が違う、というより、情報が飼い主が登録できる(マイクロチップはあらかじめ登録情報が飼い主の連絡先等に限られて埋め込まれます)というのが大きな違いだと思います。

また、犬の個性(ウチの犬の場合、知らない人が抱っこしようとすると噛みつく可能性大!💦)、とくに飼い主さんが心配している個性(アレルギー持ち、音に怖がるなど)を登録することができ、保護してくれた人に気を付けてもらえる可能性があるのは大きいと思いました。」


東京都 F様

「以前、飼っていたワンコが、花火の音で逃げてしまったことがありました。スキャミーフォードッグをつけておけば、そんな時も保護した人から連絡がもらえるので安心です。」


東京都 M様

「うちは多摩川の近所なので、多摩川の河川敷で遊ばせる時も、Scamee! for dogがついているともしも逃げてしまっても安心なので、保険としてつけています。3年間使えてたった2,750円で安心が買えると思えば安いですね。」


東京都 K様

「マイクロチップ入ってるからうちは大丈夫犬犬犬」と思うでしょ?
私もそう思っていた1人です。
Scamee! for dogは、迷子札のセカンドオピニオンです。
マイクロチップではわからないワンコさん名前や病歴、普段食べているもの、アレルギーワクチン接種情報、そして迷子ワンコを保護した時の飼い主への連絡方法などなどワンコさんを保護した人が知りたい情報がこんもりと詰まっているんです。
うちも子犬の頃に首輪が抜けて逃げたからなぁ・・・
今はチョーカーに常時着けているので災害時でも安心できますね。」


奈良県 M様

「電話番号を書かなくても良い迷子札ができたと聞いて、早速購入させて頂きました。このスキャミーフォードッグは、うちの子(トイプードル)につけても全然邪魔にならないくらい小さくて、めちゃくちゃ軽いので、すごく気に入っています。どんどん知り合いに紹介していきます。」


東京都 N様

「病歴などの情報を登録しておけるのがすごく良いと思います。急病で病院に行った時は、私の方が動揺していますから、情報を正確に思い出せなかったり、手帳を忘れてしまったりということも考えられます。そんな時に、このQRコードの中に情報が全てまとまっていれば、病院に着いたら、スキャンして見て貰えば良いので安心ですね。こんな素晴らしい商品を作ってもらって有り難いです。」


1.Scamee! for dog シール3枚セット 

内容   :Scamee! for dog QRシール3枚(防水シール、3枚のQRコードは同一です)
      取扱説明書
サイズ  :シールの直径20mm

有効期間 :愛犬登録日から3年間

定価   :2,200円(税込)


2.Scamee! for dog シール3枚、ペンダント3個セット

内容  :Scamee! for dog QRシール3枚(防水シール、3枚のQRコードは同一です)
     ウレタンドーム付きペンダント3個
     2重リング(接続金具)3個
     取扱説明書

サイズ :シールの直径20mm
     ペンダント円部分直径21mm、厚さ約2.5mm
     2重リング直径14mm(静荷重1kgまで)

有効期間:愛犬登録日から3年間

定価  :3,850円(税込)

株式会社プライムページは、WEB制作・システム開発・製品開発を行う会社です。

代表取締役の洞地一德は、17年に渡ってWEBサイトやシステムを制作して参りましたので、その経験を活かして、ユーザーの役に立つ商品を作りたいという思いがあります。

現在、世間では、落とし物が持ち主に帰らぬままになっていることが多いという問題があり、その問題を解決するために、個人情報を公開せず拾得物を持ち主に連絡できるScamee!と、迷子犬・迷子猫、犬猫の殺処分を減らすために、個人情報を公開せずワンちゃん発見者が飼い主に連絡ができ、普段はワンちゃんの情報管理ができるScamee! for dogを開発しました。

ワンちゃん、ネコちゃんは、本当に大切な家族の一員であるので、その子たちといつも一緒に暮らせて、健康・笑顔でいられるように、このScamee! for dogがお役に立てれば、この上なく嬉しいです。

今回のクラウドファンディングでは、多くの愛犬家、愛猫家の方達にScamee! for dogを使って頂き、ワンちゃんネコちゃんとご家族が楽しく暮らせることに貢献できれば嬉しいです。

どうぞ応援宜しくお願いします。

2021年5月:第一回アウトドアドッグフェスタin宮ヶ瀬に出店
2020年10月:ギフト・ショー出展
2021年1月:関西ペットエキスポ出展
2021年2月:オンライン展示会ZOOTEN 出展
2021年2月:オンライン「ワン・ニャン」フェスティバル出展
2021年2月:ホンマルラジオ出演


6月〜7月:動画作成スタート
8月:動画店頭公開開始

ご支援いただいた資金を活用し、Scamee! for dogの広告動画を作成。
量販店、動物病院、トリミングサロンなどの代理店さんに配布し公開していけるように進めていきます。


・販促用動画作成費・30万円
・広告費など諸経費・10万円
・クラウドファンディング手数料など・10万円
・合計50万円

ご支援いただいた資金はScamee! for dogを広めるための費用として大切に使わせていただきます。
ありがとうございます。


・(早割)Scamee! for dogシール(3枚) +限定デザイン 持ち物用Scamee!シール+メッセージカード
・Scamee! for dogシール(3枚) +限定デザイン 持ち物用Scamee!シール+メッセージカード
・(早割)Scamee! for dogシール(3枚)+ペンダント(3個) +限定デザイン 持ち物用Scamee!シール+メッセージカード

・Scamee! for dogシール(3枚)+ペンダント(3個) +限定デザイン 持ち物用Scamee!シール+メッセージカード
・ワンちゃんの名前入りシール(3枚)+Scamee! for dogシール(3枚)+ペンダント(3個) +限定デザインScamee!シール+メッセージカード

・季節毎4種類のオリジナルデザインScamee! for dogシールが届くプラン(シール4種類各3枚合計12枚・ペンダント4個送付)

・完全オリジナルデザインのScamee! for dog シール(10枚)+ペンダント(3個)
・Scamee! for dogを動物愛護団体に100枚配布するためのスポンサー

以上のようなリターンをご用意いたしました。詳しくはリターン一覧をご確認ください。


ワンちゃんは、普段からちょっとしたことでパニックになってそのまま迷子になるケースが多くあります。災害時ならなおさらです。また保護犬は、引き取っても繋がれることを嫌ってリードからすり抜けることもあります。飼い主のもとに無事に帰すための迷子札を、ぜひつけて欲しいです。

このページを見てくださった皆さんがペットと一緒に笑顔になれる未来を願っています!


※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


<QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です>

  • 2021/05/06 10:05

    昨日は、毎月オンラインで開催されている「ワンちゃん・ネコちゃんお助け隊」に参加し、メインプレゼンテーションにて「愛犬に迷子札を!迷子犬ゼロプロジェクト」とScamee! for dogの説明をさせて頂きました。ゴールデンウィーク中にも関わらず、ワンちゃんやネコちゃんのために貢献したいという想い...

  • 2021/04/29 20:30

    クラウドファンディングスタートから1週間が経ちました。ご支援頂いた皆様には心からお礼申しあげます。先週まで開催しておりましたScamee! for dogプレゼントキャンペーンの発送を行ったのですが、100通でも結構な作業でした。途中で、指の皮がすれて痛くなってきたので、手袋をはめて作業しまし...

  • 2021/04/23 21:51

    昨日のクラウドファンディングオープニングイベント@ZOOMにご参加頂いた皆様、そして本プロジェクトにご支援頂いている皆様、本当にありがとうございます!皆様のご支援のお陰で、プロジェクトスタートから1日で目標金額の20%を超えることができました。より多くの方に知って頂くために、お知り合いの方への...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください