こんにちは!私たちは『つづく みんなの猿島プロジェクト』と申します。


神奈川県横須賀市にある無人島・猿島(さるしま)。ここは、東京湾にあるただ1つの自然島として知られています。

しかし近年の地球環境の変化によって、この島の自然や歴史遺産にも大きな影響が及んでいます。


そこで、豊かな【環境】をこの先もずっと守っていくことはもちろん、ユニークな自然を見ていただくことで【観光】が活発になり、なおかつ島を訪れた皆さんの【学び】にもできないだろうか?──このプロジェクトによってプラスの循環が生まれ、地域が発展するシンボルの場所になったら! と思うのです。


取り組みがスタートしたのは2020年の夏。航路運航会社、旅行会社、金融機関、地域の高校、教育団体・・・など12の組織がタッグを組んで、これからできることは何か?を考えてきました。

その第1弾が、「猿島に【エコステーション】を作ろう!」です。




このプロジェクトでは、 国連が設定したSDGs(持続可能な開発目標)の17個あるゴールそれぞれに目標を定め、『猿島未来宣言2030』として打ち出しました。

再生可能エネルギー100%達成、電気推進船の就航、食品ロスを減らすフードループの仕組みづくり・・・など夢を膨らませながら、できるところから着実に取り組みを行っていきます。



この大きな目標の実現に向けた最初の一歩が、みなさんと一緒につくる【猿島エコステーション】です。


現在、猿島にあるゴミ捨て場では、横須賀市のゴミ分別ルールに従い「燃せる」「不燃」「缶・ビン・ペットボトル」に分けて回収をしていますが、分別がうまくできていなかったり、再利用できるものとそうでないものが混ざったりする時も多くあります。

しかも、考えてみたらここは無人島。
回収されたゴミは島内で処理できないために、“船で陸まで運搬する“必要があるのです!
それだけ、ゴミ処理に多くの化石燃料などのエネルギーが使われているということ。
ですから、ゴミがしっかり分別されたり、ゴミ自体を減らしていくことは、地球環境を考えたうえでも島の管理の面でも、非常に重要になります。

さらに現在のゴミ捨て場は写真の通り簡易的なもの。
雨ざらしになってしまったり、風で看板が倒れてしまったりする現状です。



これを、楽しみながら資源とゴミを分別できる「猿島エコステーション」に変えるのが、今回の私たちの取り組みです。

猿島に遊びに来た時の「エコステーション」での分別体験から、一人ひとりが自然と環境について考える。また、何気なく分別をしたことが環境配慮への取り組みにつながっている──。
大人も子供もワクワクしながら分別ができ、同時に自然環境に対する「学び」となり、広がっていくような【猿島エコステーション】の建設を目指します。



猿島(さるしま)は神奈川県横須賀市、東京湾に浮かぶ無人島です。
市内から船を使って10分程度で渡ることができ、島全体が横須賀市の公園として整備されています。

古くは幕末から第二次世界大戦にかけて要塞が築かれた、という歴史を持つ場所でもあり、島内では日本最古といわれるレンガ積みのトンネルや、砲台跡などの旧軍施設を間近で見ることができます。その歴史的価値から「国史跡」に指定され、「日本遺産」にも登録されています。

現在では要塞跡を見て歩けるだけでなく、釣りやバーベキュー、海水浴など一年を通じて楽しむことができ、2019年には約23万人もの方にご来島いただくなど、多くの方々に親しまれているスポットです。




猿島がそんな盛り上がりを見せる一方、我々は「このままでいいのだろうか?」という思いを持つようにもなりました。多くの方にご来島いただき、島や地域の良さを知り楽しんでいただけることは我々にとって最も大きな喜びです。しかし昨今、お客様を呼ぶことやお金を稼ぐことを目指すばかりに環境のことを考えない開発が行われていたり、それが大気汚染や貴重な生態系の破壊につながってしまうなどのニュースも目にするようにもなりました。

加えて、新型コロナウイルスの流行が世界中に影響を与えました。
“Withコロナ”“Afterコロナ”の時代をどうしていくか? が世の中のテーマとなり、みんなが豊かな暮らしや社会をどう次世代に繋いでいくかを考えさせられるようになりました。

猿島も例外ではありません。
むしろある意味で閉鎖的といえる「無人島」という場所だからこそ、とりわけ「循環」や「持続」という観点が求められると私たちは考えます。

猿島を、もっと長期的・持続的な目線で「観光」「環境」「学び」が循環する、ワクワクと魅力がどんどん生まれてくる場所にできないか──。

コロナ禍にあってお客様が減ってしまっている今だからこそ、今後に向けてお客様が楽しみながら学び、それが実は“島にも地球にも優しい”という仕組みづくりと準備をしたいのです。

そんな想いを持つ12の企業、学校、団体がタッグを組み、まずは今から2030年に向けて取り組みを進めるために立ち上がりました。
それが、『つづく みんなの猿島プロジェクト』です。


2020年10月に猿島でこのプロジェクトを発表させていただきました。

そして2021年、エコステーションからひとつずつみなさんと実現させていきます。




皆様から頂戴いたしましたご支援は全額「猿島エコステーション」建設のために使わせていただきます。


●「猿島エコステーション」建設費 300万円
(内訳:建設費総額600万円。うち300万円をクラウドファンディング資金で充てさせていただきます)

※2021年7月の完成に向け、建設を進めて参ります。
※完成後は、猿島の所有・管理者である横須賀市にエコステーションを寄贈し、以後の管理をお願いします。
※今回の建設にあたって、税金や猿島基金(入園料)の充当はありません。



2021年7月に完成する予定の「猿島エコステーション」をぜひ直接見に来ていただき、これから始まる環境への取り組みや豊かな自然、歴史あふれるエリアを存分に体験いただきたいと思っています!

そこで、ご支援いただきましたお礼として【猿島航路の乗船引換券】や、大人気の【無人島猿島・探検ツアー参加券】などをご用意いたしました。
また、1万円以上ご支援くださった方のお名前をエコステーションに記載させていただきます(希望される方のみ)。

さらに・・・今回は【船のチャータープラン】もご用意!
企業の皆さまはもちろん、個人の方もお申込み可能です。
東京湾を存分に楽しめるクルージングはもちろんのこと、船を使った企業研修などにも活用できます!

猿島ファンの皆さまはもちろんのこと、初めての方もぜひこのフシギな無人島を一度訪れていただければと思います!


■リターンのプラン■

●3,000円【サンクスレター】1通

●5,000円【サンクスレター&乗船チケット】
・「猿島を愛する高校生からの直筆サンクスレター」 1通
・猿島航路乗船引換券「PREMIUM TICKET」 1枚 ※1

●10,000円【ペアで無人島さんぽ!~乗船チケット&猿島探検&ガイドブック】
・「無人島・猿島探検ツアー」参加券 2枚 ※2
・「猿島オフィシャルガイドブック」 1冊
・猿島航路乗船引換券 「PREMIUM TICKET」 2枚 

●30,000円【お土産もついた猿島満喫ペアセット!~お土産&乗船チケット&猿島探検&ガイドブック】
・お土産詰め合わせセット(5,000円相当) ※3
・「無人島・猿島探検ツアー」参加券 2枚
・「猿島オフィシャルガイドブック」 1冊
・猿島航路乗船引換券「PREMIUM TICKET」 2枚

●150,000円【東京湾に出かけよう!~船まるごと1時間チャーター】
・船まるごと1時間チャーター権(10口限定)※4

●300,000円【東京湾大満喫!~船まるごと2時間チャーター】
・船まるごと2時間チャーター権(5口限定)※4

●500,000円【気分はクルーザーのオーナー!~「シーフレンド8」3時間チャーター】
・2019年10月就航の「シーフレンド8」で超贅沢な3時間まるごとチャーター権(1口限定)※5


※ お名前の掲載について
建造されるエコステーションに、1万円以上ご支援くださった方のお名前を入れさせていただきます(希望される方のみ)。掲載ご希望の場合はリターン選択時の備考欄にお名前をご記入ください。

※1 PREMIUM TICKETについて
三笠ターミナル窓口にて「猿島航路乗船券」に引き換えることができます。引換時に別途、横須賀市が徴収する猿島公園入園料(大人200円、小中100円。現金のみ)が必要です。→→→乗船料の詳細はこちら
チケット有効期限は発送日より一年間とさせていただきます。

※2 「無人島・猿島探検ツアー参加券」について
猿島島内を30分でコンパクトに周ることができるガイドツアー「無人島・猿島探検ツアー」に参加できます。毎時50分スタートで、お好きな回にご参加いただけます。猿島島内にある「Sarushima Welcome Center」にお越しください。なお、猿島航路欠航時にはツアーも中止となりますので当日の運航状況をご確認の上お越しください。→→→運航状況はこちら

※3 【5000円相当】お土産詰め合わせセットについて
猿島、横須賀にちなんだお土産品【5000円相当】を中身シークレットでお届けします(時期によって仕入れの状況が異なるため)。「お菓子メインがいい!」「タオルなどのグッズがほしい!」「バランスよくチョイスしてほしい!」などお知らせいただければ、その時点の仕入れにより、可能な限りご希望に沿えるよう準備いたします。

※4【船まるごと1時間(2時間)チャーター権】について
上限に達し次第募集終了の早いもの勝ち!!
普段猿島航路で活躍している船舶(19トン)を1時間 or 2時間まるごとチャーターできます!!

その他詳細につきましては以下をご確認ください。
・ご利用可能期間はCAMPFIRE掲載終了日から1年以内といたします。
・日程や行程はCAMPFIRE掲載終了後、メールや電話にて互いに協議のうえ決定することとします。可能な限りご希望の日程にて調整いたしますが、配船の都合によりGW期間や夏休み期間などの繁忙期には対応できない日もあります。
三笠桟橋離発着、東京湾のクルーズとなります。
・昼間(9:00~16:00)のみの運航となります(夕陽を見たい!などの要望はご相談ください)。
・新型コロナウイルス感染対策のため、また船内をゆったりと使っていただくため、定員は原則50名までとさせていただきます(それ以上をご希望の場合は要相談)。
・リターンは船舶チャーターのみとなっており、飲食などの費用は自己負担にてお願いいたします。
・地元食材を使ったケータリングなどをご希望の場合は、地元業者様をご紹介することが可能です。

※5【2019年10月就航の新造船「シーフレンド8」で超贅沢な3時間まるごとチャーター権】(1口限定)
法人向けでの企画となりますが、もちろん個人の方でもお申込みいただけます。限定1口のみ。
普段猿島航路や特殊チャータークルーズで活躍している船舶(82トン)をドーンと3時間まるごとチャーターできる、まさに夢のような1口限定プランです!!

その他詳細につきましては以下をご確認ください。
・ご利用可能期間はCANMPFIRE掲載終了日から1年以内といたします。
・日程や行程はCAMPFIRE掲載終了後、メールやお電話にて互いに協議のうえ決定することとします。可能な限りご希望の日程にて調整いたしますが、配船の都合によりGW期間や夏休み期間などの繁忙期には対応できない日もあります。
・原則三笠桟橋離発着、東京湾のクルーズとなりますがご要望に応じて寄港地の設定も承ります。
・昼間(9:00~16:00)のみの運航となります(夕陽を見たい!などの要望はご相談ください)。
・定員は船内をゆったりと使っていただくため原則100名までとさせていただきます(それ以上をご希望の場合は要相談)。
・リターンは船舶チャーターのみとなっており、飲食、寄港地係船費用等は自己負担となります。
・地元食材を使ったケータリングなどをご希望の場合は、地元業者様をご紹介することが可能です。



このプロジェクトで実現したいのは、 エコステーションの建設をきっかけにして、

(1)誰もが観光で楽しみながら、環境への取り組みを知らず知らずのうちに学ぶことができる

(2)「SDGs を学べる場所」として、より多くの方にご来島いただく

(3)入園料の活用も含めて、プラスの循環がこれからも長続きするような仕組みをつくる

ということです。


そして猿島を、日本・世界でも数少ない“環境ショールーム”にすることです。

「SDGsを実践しましょう」と言っても、少し難しく聞こえてしまうかもしれません。何をしたらいいか分からないし、いきなり地球規模でのことを考え、行動することは難しくもあります。「自分ひとりがやったところで・・・」と思われる方も決して少なくないかもしれません。

しかし、私たちには猿島という恵まれたフィールドがあります。そしてこの小さな無人島では、一人ひとりの行動がとっても重要です。この場所から環境に負担をかけない暮らしの在り方と観光の在り方をぜひ、一緒に考えていきましょう。

お子さんは猿島でたくさん遊んで自然に学び、おうちに帰ってもゴミの分別など小さなことから実践していただく。
大人の方にも「そういうことだったのか!」と猿島で再発見をしていただく。

そんな循環を生み出していくのがこのプロジェクトであり、そのファーストステップが【猿島エコステーション】の建設です。このエコステーションでみんながより細かい分別を意識できれば、出たゴミを処理する労力も減らすことができ、管理運営の面でも向上が期待できます。

それだけではありません。食べ残しを肥料にして新たなフードループを実現したり、アルミ缶をリサイクルして猿島に渡る新しい船をつくったりする計画も立てています!
〝ゴミ〟から〝無人島の未来〟をつくることができる。このプロジェクトはそんな夢につながっています。

このプロジェクトは私たちだけではなく、みなさんとつくっていくところに大きな意味があります。
素晴らしい資源である猿島をずっと素晴らしいまま残していくために、みなさまのご協力をどうかよろしくお願いいたします。

※本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/05/07 13:30

    5/6(木)、猿島へ向かう船が停泊している三笠ターミナル内 "猿島ビジターセンター" にて【トライアングルラボ】プレイベントが開催されました!これは各地で教育プログラムを展開している一般社団法人ウィルドアが行う「よこすかラボ」の取り組みに猿島航路を運航する株式会社トライアングルが参画し、行われ...

  • 2021/05/05 10:03

    いきなりゴミの写真でごめんなさい。。。今週はゴールデンウィーク。コロナウイルスの影響があるので猿島も例年通りとはいきませんが、それでも多くの方にお越しいただいています。その真っただ中、5/3のゴミがこれ!!上は猿島から出た缶・ビン・ペットボトルの写真です。島から出たものだけでこれだけあるんです...

  • 2021/05/01 17:35

    4/26(月)、【猿島ミーティングVol.2 2021春】を開催しました~!!昨年10月に行われたVol.1に続き、今回はプロジェクト協賛企業や地元の方とラフな雰囲気で猿島の未来像のアイデア出しをしてもらいました!↓↓昨年のVol.1の様子↓↓今回は横須賀・三浦半島のおいしいものを食べながら、...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください