ご支援者の皆様のおかけて、 PocketDrum 2は過去2ヶ月で信じられないほどの大成功を収めました。530人以上の支持者+7100,000円以上の調達資金を与えられました。次はの出荷の段階に入り、4月に出荷する予定です!

皆様、誠にありがとうございます!今、呼びかけに応えており、PocketDrum 2を二度と発売されます。今回はこの商品をお見逃さないでね!




プロのドラマーのように演奏したい。でも、ドラムは触ったことがなくて、どうしたらいいかわからない……。そういった悩みを抱えていませんか?大丈夫です。そういった方にぴったりなのが PockeDrum 2 です。没入型デバイスでリアルなドラム体験が可能なため、効率的にドラムの練習を行えます。色んなリズムやフリースタイルをたった数分で作成できるので、すぐに練習に没頭できます。

PocketDrum 2 は、今までドラムキットで不可能だったことを可能にします。とてもコンパクトなため、いつでもどこでもドラムの演奏が可能です。従来のように重くて高価なドラムを持ち運ぶ必要はありません。羽のように軽くポケットサイズなので、気軽に演奏を開始できます。スマートフォン、タブレット、テレビ、その他のデバイスに接続し、ビートに合わせてグルーヴを作ったり、自分のリズムに合わせて友人や家族と自由にジャムセッションを行えたりします。 



PocketDrum 2 を一度使い始めると、すぐに夢中になって時間を忘れてプレイしてしまうでしょう。さまざまなステージモードがあり、本物の没入型ゲーム体験を初心者でもプロでもお楽しみいただけます。また、レイテンシーはとても低く、音質も良く、ノイズも非常に少ないので、演奏に集中できます。スタートボタンを押すだけで、いつでもどこでもドラムの演奏を始められます。



最大 3 か月間無料で Apple Music を利用でき、その間はすべての曲にアクセスできます。ドラム上達の近道は、自分のお気に入りの曲で練習することです。そこで、BGM (Background Music) 再生が可能な AeroBand アプリをご用意しました。これにより、Apple Music を起動したまま曲を再生できます (Android 版は Play ストアでダウンロード可能)。 

シンプル、直感的、そして操作が簡単なインターフェースとなっています。PocketDrum 2 AeroBand アプリにより、次世代のユーザーエクスペリエンスを実現します。

PocketDrum 2 は、クラッシュ、ハイハットシンバル (クローズ/オープン)、スネア、ベース、タム、ライドシンバルといった、ドラムの一般的なサウンドを完全に再現しています。スティックの動き方に合わせてさまざまなサウンドを再生したり、触覚振動フィードバックによって実際にドラムを叩いているような感触を得られたりします。サウンドとフィーリングが一緒となっているだけでなく、独自の慣性 AI チップと、三次元空間の動きを正確にキャプチャする空間計算アルゴリズムを使用しているため、驚くほどリアルなドラミング体験が可能です。

PocketDrum 2 は、GarageBand との完全な互換性があります。そのため、多数のサウンドライブラリを用いて、よりクリエイティブでさまざまな用途にご使用いただけます。GarageBand の 5 ピースキットに接続すると、リアルなドラム体験を実現できます。自分の演奏を録音して、世界中の人と共有しましょう。 


PocketDrum 2 は、従来のドラムスティックよりもさらに演奏しやすいデザインとなっています。厚み、長さ、素材、デザイン、仕上がりなど、ドラマーのことを考えて設計されました。また、高度でスマートなアルゴリズムも備わっています。 

PocketDrum 2 のバッテリーは最大 40 時間動作可能なため、バッテリー切れを心配することなく、長時間自由にドラムを演奏できます。 







優れた製品は、優れたチームによって生み出されます。チームは、7 人のハードウェアおよびソフトウェア開発者、1 人の 10 年以上の豊富な経験を持つハードウェアプロジェクトマネージャー、1 人の製品の品質を厳密に管理するプロダクトマネージャーで構成されています。PocketDrum では、計 5,282 人もの方々からご支援をいただけたことを光栄に思います。そして、皆さんのおかげでこの度は PocketDrum 2 もリリースできました。パワフルで経験豊富なチームメイトが一丸となってより優れた品質を追い求める。これが私たちのやり方です。




・特商法に関する情報記載について

1.事業者の名称: Dale tech
2.代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名 Frank
3.お問い合わせ先
4.メールアドレス aeroband.jp@gmail.com



このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください