ご挨拶

はじめまして、天野と申します。

僕は2018年から地域おこし協力隊として北海道伊達市の大滝地区(以下 大滝)という地域に移住し
間もなく3年間の任期を終えます。

今現在、観光のお手伝いの仕事をする傍ら
プライベートではハンターの一員として、
増えすぎて困っているエゾシカの猟を行っています。





『安心して失敗出来る場所』『人と社会を繋ぐ拠点』をつくりたい。

今回、大滝の定住に向けた事業として
「エゾシカ肉のランチが食べられるお店」を始めるのですが、
人と社会を繋ぐコミュニティスペースを設計するため
本プロジェクトを企画させていただきました。

このプロジェクトを通し、年齢や障がいの有無に関わらず
誰もがボーダレスに対話し、挑戦し、失敗を笑い合える。


そんな暖かい場所づくりをしたいと思っています。



大滝は山間部に集落が点在する山奥の地域で
地区人口が900人程度の高齢過疎化が進む地域です。

特別豪雪地帯である大滝の方々は助け合いの心が強く
僕の様なヨソモノも受け入れてくれる「人が暖かい場所」です。

そんな山奥での生活を通して鹿を獲るハンターとなり、
その延長線でジビエの食肉処理施設をオープンすることとなりました。
※衛生的な旧給食センターをリノベーションし、春から運営します



きっかけは『発達障がいの育児』

僕の息子は発達障がいを持っており、
目に見えない障害ゆえの生きづらさを抱えながら
現在までの15年間を過ごしてきました。

息子が小学生だった時期は特に大変で、
荒れに荒れた日が続きました。

ゴールの方向すら見えない毎日に絶望する時もありましたが、
それでもなんとか今を受け入れ明るく過ごせているのは、
支えてくれる人たちがいて、思いを吐き出せる場所があったから。
泣くことのできる場所があったからだと妻は言います。

親が心配するのはいつも「子の未来」で、親は先に居なくなります。

親なきあと、自分の子供は幸せな人生を歩んでいけるのだろうか。
困ったときに相談できる人や場所があるだろうか。

最近は不登校・引きこもり・発達障がいなどのフレーズが
たくさん目に入るようになりましたが
認知や対応はまだまだ追いついていないのが現状で、
今現在も苦しんでいる当事者が沢山います。

息子を育ててきて、今一番身に染みて感じることは
 『人とのつながりの大切さ』です。

一度は『人』との関わりが原因で
「もういい、もう死にたい」と希望を失った息子が、
いま一度前を向き人を信用できるようになったのは、
やはり『人』との出会いがきっかけでした。

そこに、どれだけ『人や社会との接点』が大切かを
感じずにはいられません。

そんな、いつでもどんな人でも
人や社会と繋がることができる場所をつくりたい。

それが、今回のジビエ&コミュニティカフェ『シカトモ』です。


ロゴは、「鹿の角」と「包み込む手」をイメージしたデザイン。
そして店名の由来のひとつは「シカト」で、語源は花札。



10月を表す鹿がそっぽを向いているので
「シカト」という言葉が生まれたそうです。

どんな人もシカトされない場所がある。
『シカトモ』には逆説的なメッセージも込められています。


デザインを考えてくれたのが
この居場所づくりに賛同し、関わってくれている友人で、
絵本画家としていま活躍中の「太陽と牛」さん。

彼との出会いは「絵本をもらってくれませんか」という一通のメッセージ。

僕の妻は、子供が発達障がいであることをきっかけに、
少しでも同じような辛い思いする人の居場所を作れればと、
発達障がいや不登校など生きづらさを抱えた方たちに関わる活動を続けています。

その中で「もし、自分の絵本が誰かの役に立つなら」と、突然届いたメッセージ。

彼もまた、発達障がいの子供たちとボランティアで関わってきた経験があり、
子供たちの想いに寄り添い、思いをこめて作った絵本でした。



彼が描く絵やイラストには、深く優しい想いやメッセージが、いつも込められています。

絵だけではなく、その人柄や考え方が本当に大好きで
彼に想いの全てを伝え、お店のトータルデザインをお願いしました。





シカトモは「安心して失敗できる場所」「人と社会を繋ぐ拠点」として、
これから社会に出る子供たちが安心して働く経験ができる場所として、
障害児通所支援施設と連携する計画も進んでいます。

そして年齢や障がいの有無に関わらず、
人と人がボーダレスに繋がる暖かい場所として
今後様々な企画や体験を行っていきたいと考えています。


こんな不安定な時代だからこそ、
人との繋がりをより大切にしなくてはいけないのではないかと感じます。


大滝で鹿肉を提供する以外に
自分に何ができるだろうかと考えた時、
自分が扱うジビエという持続可能な『食』を通して
命や食の大切さを伝え、ここに集まる多様な人達が
『共』に『友』となれるように。


安心して挑戦できる居場所がある。

そんな思いをこの『シカトモ』に込めています。



<各種費用>
・店舗修繕       15万円
・外壁塗装、看板作成  10万円
・内装の資材、工賃   40万円
・店内備品       15万円
・諸経費(手数料含め) 20万円
-----------------------------------
合計          100万円

クラウドファンディングと店舗改修は同時進行で行い、
いただいた支援額を上記に充てさせていただきます。


<予定スケジュール>
・2021年 4月     店舗修繕、外壁塗装/看板作成
・2021年 5月(GW)   テイクアウト販売開始
・2021年 5月中旬   店舗内装改修スタート
・2021年 夏~秋    店舗内装完了
            コロナウイルスの状況を見ながら店内のコミュニティカフェオープン


<今後やっていきたいこと>
・子供が主体の飲食提供プロジェクト
・店舗貸し切り型のワークショップ企画
・施設/団体などのお仕事体験学習受け入れ
・鹿肉を通して「いただく」の意味を学ぶ体験イベント



<ポストカード>

プロジェクト終了後順次発送予定。
簡易的な送付となりますのでご了承ください。


<カレースパイス>
2021年夏ごろに発送予定。
インド人の友人と現在進行形で
添加物や着色料を一切使わない
本格カレースパイスを開発しています。
パッケージデザインも含めて
きっと素敵なものを完成させますので、
楽しみにお待ちいただけると嬉しいです。

<鹿肉関連>
春~秋まで順次発送予定。
獲れる数量が不安定なため、
準備が出来次第ご連絡のうえ発送いたします。
最長で秋ごろになる可能性もあり、その際は大変申し訳ありません。
「気長に待つよ!」というご理解のもとご支援をお願いいたします。


■最後に

このプロジェクトとジビエを通して
地域・ 環境・そして人にやさしい
持続可能な事業にしていきたいと考えています。

そんな小さな活動が大きな渦となり
次世代に繋がっていくことを夢見ています。

ご支援の程、宜しくお願いいたします。


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/06/07 22:24

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/05/30 19:54

    沢山のご支援をいただき誠にありがとうございます!!人生初のクラウドファンディングが間もなく終了いたします。つい数日前まで50%以下だった達成率がラストスパートでなんと80%まで来ています。応援いただいた皆様、誠にありがとうございます!!!目標達成はまだ諦めていませんので、最後の最後まで粘ります...

  • 2021/05/25 18:00

    本クラウドファンディング等の情報を見ていただいたNHK室蘭放送局からオファーをいただき収録がありました!ランチの仕込みやシカ肉の調理風景、お店への想いを話すインタビューも含めた取材だったのですが、初めてで非常に緊張したためか、終わってからドッッと疲れました(笑)今回の収録は、6/4の全道放送「...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください