はじめに・ご挨拶

【こどもと一緒に大人も学ぶ!遊ぶ!農業ってこんなに楽しい!】

【学校では教えてくれない!通知表には載らない!知るってこんなに楽しい!!】

放置寸前の田んぼを引き継いで3シーズン。幼児から中学生まで多くの子ども達、大人のボランティアの方々と共に試行錯誤して30反の田んぼでお米を育ててきました。

「農業をとおして子ども達の豊かな心を育てたい。」その思いから休校中も子ども達と一緒に田植えや草刈りに精を出しました。

子供は農業の楽しさや大切さを体験することで、将来の何かになるかと考えています。

思春期の子供も自然の中で一生懸命働いて、普段上手くいかない親とことばを交わす感動もあります。

みんなに農業の楽しさを教えたい!みんなでやれば農業ってこんなに楽しい!!

農作について教えてくださる先輩方や、賛同してくれる仲間も増え、今年からはもっと多くの子ども達と農業を通した企画を考えていた矢先でした泣。

農家として、まだまだ未熟者ですが、安心なお米や野菜を作ることだけは、かわいい子供たちの未来のために貫き通します。

http://www.facebook.com/hotaru.children/?ti=as


このプロジェクトの背景、実現したいこと

色彩選別機…ほたるのお米の半分以上はお米問屋さんが買ってくれていましたが、今期は買ってくれません。コロナ渦でお米が売れなくなってしまい、お米問屋さんの倉庫にはお米でいっぱいです。

直売を頑張ってしていますが、直売をするにはお米の色彩選別機が必要なんです。色彩選別機は、変色しているお米を選別してくれます。お米は、カメムシ等が稲にはりつくことで黒く変色してしまいます。ほたるのお米は減農薬なので、田んぼの周りに沢山の虫さんたちがいます。

ほたる基地の設備…トイレや水の設備が必要です。電気は使わずにソーラーや蓄電池等をつかったエコな施設を作ります。


2021年4月 トイレ工事着工

     5月 トイレ工事完了

2021年5月 色彩選別機、精米機購入

     5月20日 クラウドファンディング終了

     5月下旬リターン発送

 

私たちの地域のご紹介

伊奈町の東部を縦断する「いな穂街道」では一面に田んぼが広がっています。

川沿いを散歩したり、保育園の子供たちが探検に来たりするのどかな地域です。

田んぼは伊奈町の宝ですね。


これまでの活動

農業は大変できついイメージでしたが、子供の笑顔と一緒にここまできました。

みんなで自然の中で遊びながら、学びながらお米を作り始めて3年、おかげさまで、【ほたるのおこめ】はご好評いただき、産婦人科さんや支援活動施設さんがお客さんになっていただいてます。


資金の使い道・実施スケジュール

色彩選別機               ¥1,200,000ー 

精米機                   ¥300,000-

仮設トイレ(ソーラー、蓄電池設備、水道設備)¥500,000-



リターンのご紹介 

お米(彩のかがやき) 5キロ 5,000円 3月~

彩のかがやきは埼玉県のブランド米です。

減農薬で作れるようにされていて、学校給食でも食べられています。

2 農業体験 1人 2,000円 4月~

その時期に取れた野菜やお米をお持ち帰りできます。


 

最後に

農業委員会の方や推進会の方々のご協力もあり、農業放棄地をきれいにしました。福祉施設さんと協力して「農福連携※プロジェクト」を計画しています。

※農福連携

農福連携とは、障がい者等が農業分野で活躍することを通じ、自信や生きがいを持って社会参画を実現していく取り組みです。


放棄地も多いですが、田んぼにごみを捨てる人もとても多く、子供たちがごみ拾いをしています。

子供たちは将来、ごみを捨てない、お米ぐらい作れるようなおおきな人間になってもらいたいです。

沢山の方にほたるほたるを知っていただき、仲間を増やしたいです。


運営スタッフや子ども達に自然の楽しさを教えてくれる方、常時募集中!!


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください