はじめに・ご挨拶

ライブ配信アプリ17(イチナナ)個人企画にて中編映画「テッテレー大・失・敗!★」を作ります。イチナナ内で活躍中のオフィシャルライバーを集めての自主制作映画で、ご好評につき、前作「仮面舞闘壊」からさらにパワーアップしたキャストを迎え、第二弾の上映が決定!

東京で映像俳優をしてる廣永壱成(ひろなが いっせい)の劇場公開2作品目です。ぜひ宜しくお願い致します!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆さんこんにちは!
俳優の廣永壱成(ひろなが いっせい)です。

この度、わたくし廣永が毎晩配信をしております
SNSライブ配信アプリ17(イチナナ)内個人企画にて
中編映画

「テッテレー大・失・敗!★」を制作することになりました。

今回、新型コロナウイルス拡大防止の観点から

4/3上映予定の

渋谷ユーロスペース上映に足を運びにくい方向けに

キャストの単独チェキ付きDVDをリターンとした

クラウドファンディングを実施することになりました! あらすじ

 

 

中堅YouTuber小田董哉(おだ とうや)は、人気を得るため日々刺激的な動画制作に勤しんでいた。

 

ある日、彼女の杉本笑美(すぎもと えみ)からの逆プロポーズを受ける。

このまま結婚!・・・ではなく、何故か彼女に冷たくする董哉。

 

そして一言、

「正直憂鬱なんだよね」

 

 悲しむ笑美をよそににやける董哉。

 

なんと彼はマリッジブルーを装ったドッキリを仕掛けたのだ。

 

しかし彼の軽い考えとは裏腹に、笑美は行方不明となってしまう・・・

  


キャスト

 小田 董哉    ・・・ヒデト(鶏メンチ)

杉本 笑美・・・ 新海 ありさ

 

西浦 忠・・・杉川新

    佐野 真那   ・・・ 髙尾舞佳

    トオル★マックス    ・・・澤 昌広

 廣瀬 辰也・・・ 仁科 亨

    大島 真希   ・・・光希 真珠



  杉本 輝昭 ・・・ 名村 藍

スタッフ

原作:  大門雄樹
「テッテレー大・失・敗!★」

撮影監督:  ほのか


 音楽 : Tomoya on the Big Moon


主題歌
「Marriage Sky Blue」
Tomoya on the Big Moon


広告:安藤勘太郎
                       

   脚本・演出:         仁科亨(ワントゥーフィニッシュ)

協力:          ワントゥーフィニッシュ

                 鶏メンチ

                   

監督 :      いせぴよ 壱成

制作・著作: いせぴよ映画製作委員会


廣永壱成について

東京でインディペンデント映画を中心に役者活動をしている24歳。

元々パイロットを目指し勉学に励んでいたが、勉強のしすぎで目が悪くなり不合格通知を受ける。

とある日、大阪で仕事をしていた折に、芸能事務所からスカウトを受け、

当時入っていた会社を退職、東京の実家に戻り芸能活動を開始する。

・キャストパワーネクストレッスン生の所属を経て、現在は2人演劇ユニット「ワントゥーフィニッシュ」メンバーとして活動中
・「ワントゥーフィニッシュ」初舞台にて、山崎賢人さん主演「実写版 ジョジョの奇妙な冒険第1章」脚本家 江良至様より特別審査員賞「江良 至賞」を受賞
・出演作「県立武蔵野魔法高校にんきもの部ドラゴン狩り物語」にて「ウルトラマンオーブ」監督田口清隆様主催 「第14回全国自主怪獣映画選手権」グランプリ受賞
・ライブ配信アプリ17(イチナナ)にて、イチナナ公式ライバーとしてライブ配信中(毎晩24:00〜26:00出演)

・ライブ配信アプリ17を通じて、映画「仮面舞闘壊」で監督デビュー。

・2020年9月には2作品目の短編映画「隠し味」を公開








資金の使い道


頂いた資金は

オールキャスト交通費

オールスタッフギャラ

制作費用(ロケ地選定費用、小道具)

予備費

余った資金は、今後の映画祭出品にかかる費用に補填予定。


リターンについて(リターンを受けられる方の人数制限はございません!)



4000円

・「テッテレー大・失・敗!★希望キャストのサイン入りチェキ1枚付DVDセット」

※DVDの著作権はいせぴよ壱成が所有するものとし、公的なイベント、サイトでの無断利用は固く禁止致します。 


発送時期:2021年5月頃より順次発送

※希望者はエンドクレジットにお名前を記載いたします。

備考欄にエンドクレジットに記載希望のお名前をご入力ください。






最後に・・・


この度は新型コロナウイルス感染拡大防止に日々ご協力いただき誠にありがとうございます。

まだまだ余談を許さない状況ではございますが、皆様のお力添えを頂くとともに

是非また皆様に元気を与えられるような、そんな作品にしていきたいと切に願っております。


いせぴよ壱成


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください