大学進学に必要なんです。

プロジェクト本文

緊急!社会人で優しい方!

このプロジェクトでご支援してくださった、あなたは優しく、貧乏な学生を助けることができます

 

私は高校三年生です

家計が厳しく、バイトと奨学金制度を利用してなんとか大学進学を許してもらってます。ですが大学では工学系に進むためハイスペックなパソコンが必要です。

 

学生で学校もあり一ヶ月に稼げるお金はそんなに多くありません。パトロンになってくださる方にお金をかけたお礼もできないと思います。ですが、お礼の手紙という形で手書きで想いを伝えることはできます!

 

なぜ私がクラウドファンディングでこのプロジェクトを始めようと思ったのか!
私は高校三年生になったのはいいものの部活を一番に考えていたため大学は決まっていませんでした。

部活は6月の初め、高校総体宮城県大会の2回戦で県2位の学校と当たってしまい50-97で負けてしまいました。

部活も終わり、先生にも急かされなんとなく決めたのが「横浜市立大学」です。その時は特に調べもせず何となく行けるんじゃね?と甘く考えていました。ですがそんな甘くはありません。私の高校は偏差値46の底辺高校です。

横浜市立大学は偏差値60。この差を埋めようと勉強は一日6時間くらいやっていました。英語の基礎も出来上がってきて、駿台が出版しているセンター過去問を解きました。。。

結果は偏差値46だったと思います(笑)

自分のバカさにあきれましたね・・・

それからは勉強が手につかず、勉強にやる気が起こらなくなっていた時。

ネットで堀江貴文さんと西村博之さんを知りました。

色々調べていくうちに、こんな人になりたい!!、起業したい!!と強く思い「ホリエモン祭 in 仙台」で実際に会いに行きました。

そのときに質問できる機会があり、質問させていただきました。以下内容

 「僕今17歳の高校三年生で、起業したいんですけど、、、堀江さんが17歳の時に、やっとけばよかったな~とか後悔してることはありますか?」
堀江さん 「僕は特にないですね」

堀江さん 「17歳で、とか関係ないからね。今はインターネットがあるから17歳とか関係なく今から起業するとして、君は僕と同じ土俵に立てるよ。」

堀江さん 「17歳で大変だねぇ~とか、すごいねぇ~とか言われたいのかもしれないけど、そんなの関係ないから。僕からしたら君たちなんて可能性しか感じない。」

と言われ、確かに私は周りの人から、すごいね、大変だねっていう扱いをされたかったんだと思い、反省しました

そんなこともあり、もともとこだわる理由がなかった私は恥ずかしい話大学を変え推薦で行くことにしました。その推薦をもらった大学では工学系プログラミングやwebデザインを学び、サイトを作ったり、アプリを開発して起業したいと思っています!

共感してくださった方のご支援を
この分を読んで共感してくださった方のご支援をお待ちしております。なるべく多くの方の目に留まればと思っています。

夢ある学生をお助けください
  • 活動報告

    パトロンになって!!!!!

    2017/08/24

    緊急!社会人で優しい方! このプロジェクトで出資してくださった、あなたは優しく、 貧乏な学生を助ける ことができます   私は高校三年生です…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください