はじめに・ご挨拶

 甲斐市社会福祉協議会は、社会福祉活動を行う営利を目的としない民間の社会福祉法人です。地域に暮らす皆様のほか、民生委員・児童委員、社会福祉施設・社会福祉法人等の社会福祉関係者、保健・医療・教育など関係機関の参加協力のもと、「人と人がつながり安心して暮らせる福祉のまちづくり」の実現をめざした様々な活動を行っています。その活動の一つとして、平成27年度に設置した「甲斐市パーソナルサポートセンター」では、生活困窮者に対し、生活全般にわたる相談・支援を行っており、特に生活の基盤である‟食”については、企業・家庭等から食品等の提供を受け、食料等の支援を実施しています。

 令和2年度は、生活に困窮している子育て世帯を支援するため、学校給食のない夏休み・冬休み期間中の食料等の支援を実施し、令和3年度は食料のほか、生活用品(生理用品、トイレットペーパー等)の支援に取り組みます。

 また、新たな取り組みとして、子供の居場所づくり等を目的に、小中学生を対象とした「子ども食堂」を開催します。

社会福祉法人 甲斐市社会福祉協議会(山梨県甲斐市島上条3163)


私たちの地域のご紹介

 山梨県甲斐市は、甲府盆地の中西部に位置し、人口は約7万6千人です。市の地形は南北に細長く、南部は住宅地と農地が混在する平坦な市街地区域、北部は、昇仙峡などの景勝地を有する森林資源や自然景観のある緑豊かなエリアとなっています。南部地域は、度重なる釜無川の氾濫と、氾濫を鎮める人間の知恵と努力が肥沃な土壌を生んだところで、四百数十年の歴史を経て今なお雄々しい姿をとどめる信玄堤があります。その釜無川左岸の南部地域では、市特産の「やはたいも」の栽培が行われており、市のマスコットキャラクター「やはたいぬ」は、特産のやはたいもと甲斐犬をモチーフとしております。 

 甲斐市までのアクセス方法としては、世界的に有名な建築家・安藤忠雄氏が設計した中央本線のJR竜王駅のほか、JR塩崎駅があり、中央自動車道の甲府昭和インター・双葉スマートインターチェンジ、国道20号、中央高速バスを利用することができます。

甲斐市上空からの富士山

赤坂台総合公園(愛称:ドラゴンパーク)

赤坂台ドラゴンパークのドラゴンのモニュメントです。

山梨県甲斐市では市特産のさといも「やはたいも」や「龍王源水」、「うめジャム」や「甲斐の本格芋焼酎 大弐」、「甲州小梅ワイン」などバラエティーに富んだ特産品も有名です。 

撮影場所「農事組合法人 ゆうのう敷島」


これまでの活動

 令和2年度には、新型コロナウイルスやそのほかの事情で経済的に困っている児童・生徒のいる世帯に対して、子供たちが安心して過ごせるように給食のない夏休み・冬休み期間中に食料支援を行いました。対象は甲斐市立の小中学校に通う児童生徒がいる世帯で、児童扶養手当を受給している世帯や住民税非課税世帯、新型コロナウイルス等の影響による困窮世帯のいずれかに該当する世帯を対象とし事業を実施しました。支援した食料については、1世帯当たり、お米(2~3Kg程度)、レトルトカレー、カップ麺、袋めん、のり、ふりかけ、菓子等(概ね1週間分)を支援しました。

【支援世帯数(令和2年度実績)】

 夏休みこども食料支援 

   249世帯 394名

 冬休みこども食料支援 

   154世帯 225名     

 合計 延べ403世帯 619名

  夏休み・冬休みこども食料支援 支援した食料品



 食料支援に際しては、精米作業からはじまり、お米の袋詰めなど、大勢のボランティアさんの力により支えられています。また、市民や企業のご協力により多くの食料等の寄付が寄せられました。


このプロジェクトで実現したいこと

 日本の子供の約7人に1人が貧困です。(厚生労働省「平成28年国民基礎調査/貧困率の状況」)

 甲斐市社会福祉協議会では子供たちが安心して過ごせるようにサポートをしたいと考えています。

 一人でも多くの子供を笑顔と元気にしたいという願いがあります。

 未だ収束の兆しの見えない新型コロナウイルスの影響により、経済的に困窮している世帯は依然として多く、生理用品を十分に買えない「生理の貧困」も問題視されています。

 こうしたことから、今年度はこのプロジェクトを通じて通常の食料品に加え、生活用品(生理用品・トイレットペーパー等)の支援に取り組みたいと考えています。

 また、新たな施策として子供たちの孤食の解消や居場所づくり等を目的として、子ども食堂を8月から11月の間、月1回、計4回開催を予定しております。

 会場では、アルコール消毒や子供たちが座る場所には透明なパーテーションを設置するなど新型コロナウイルスの蔓延防止対策を徹底し、子ども食堂事業を開催いたします。

 皆様の支援金は、経済的に困窮している子育て世帯への支援事業に役立たせていただきます。


 子ども食堂開催チラシ

子ども食堂の開催予定場所【敷島保健福祉センター】

子ども食堂の食事は調理室で衛生管理を徹底し作ります。

季節に合ったメニューを子供たちに提供します。

調理した温かい食事やデザートなど子供たちに喜んでもらえるメニューを考えています。

様々なレクリエーションで子供たちに楽しんでいただく予定です。


資金の使い道

 令和2年度までは、市民や企業からの寄付、中央共同募金会からの助成金により実施して参りましたが、対象者の拡大と支援内容の拡充等に伴い、クラウドファンディングを活用し資金を確保したいと考えています。

 事業へのご協力をお願いいたします。なお、資金の使い道については次のとおりです。

計画のスケジュールについて

令和3年

  7月中旬 夏休みこども支援事業及び子ども食堂事業の周知と協力依頼の開始

  8月  2日 夏休みこども支援事業の支援開始(~8月20日)

  8月21日   子ども食堂1回目を開催

  9月18日 子ども食堂2回目を開催 

  9月下旬 クラウドファンディング終了

10月23日 子ども食堂3回目を開催

11月27日 子ども食堂4回目を開催

11月下旬 リターンを発送

11月下旬 支援結果についてHPに掲載

 

リターンのご紹介

 4つの支援コースを用意してあります。

 全てのコースが寄付金控除の対象となります。

◇こども支援応援①コース・・・

 支援金2,000円コース

 お礼状と寄付金領収書を発行

◇こども支援応援②コース・・・

 支援金3,000円コース

 お礼状と寄付金領収書を発行

 ※甲斐市マスコットキャラクター「やはたいぬ」コラボオリジナルフェイスタオルを1枚送付(色の指定はできません)

◇こども支援応援③コース・・・

 支援金5,000円コース

 お礼状と寄付金領収書を発行

 ※甲斐市マスコットキャラクター「やはたいぬ」コラボオリジナルバッグを1個送付

◇こども支援応援④コース・・・

 支援金10,000円コース

 お礼状と寄付金領収書を発行

 ※甲斐市マスコットキャラクター「やはたいぬ」コラボオリジナルバッグポーチ型を1個送付


「本プロジェクトへのご寄付は(甲斐市社会福祉協議会)への寄付となり、甲斐市社会福祉協議会が寄付金の受付及び領収証発行を行います。
このプロジェクトの寄付は寄付金控除の対象になります。
「寄附金控除」をお受けいただくためには、確定申告の際に、(甲斐市社会福祉協議会)が発行した領収証をもって
確定申告をしていただく必要がございます。(領収書の発送は11月を予定しています)
※領収証はCAMPFIREではなく甲斐市社会福祉協議会が発行・郵送いたします。」


結びに

 甲斐市社会福祉協議会では、このクラウドファンディングを通じて経済的に困窮している子育て世帯への支援事業を実施します。皆様の支援金を有効に活用させていただきます。ご支援をよろしくお願いいたします。


<All-in方式の場合>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください