社長はアメリカ人、社員は3人の小さいゲーム会社が「世界一ゆるカワなパズルゲームを日本のみんなに届けたい!」を合言葉にパズルゲーム製作を開始!だけど作っていくと、資金的にも人材的も全然足りない…… そこでクラウドファンディングを利用し、ゲームの完成に必要な「仲間」と「資金」をあわせて募集します!!

プロジェクト本文

当プロジェクトページをご覧いただきありがとうございます!
沖縄にある3人のゲーム会社Left Foot Games(レフトフットゲームズ)代表のマットです。

ぼくたちが心をこめてつくっているパズルゲーム「あわわばぶるん」(略して『あわばぶ』です)にご協力よろしくおねがいします!

「すみっこぐらし」「Dr.スランプ アラレちゃん」「キティちゃん」など
ぼくたちは日本のゆるカワキャラクターが大好きです。

 そんな「ゆるカワ」キャラクターの世界観をもった、世界一ゆるカワな癒されるパズルゲームをどうしても、みなさんにお届けしたいのです!!

目標金額達成しなかった場合には、ゲーム業界からの撤退も考えているという、
とても切羽詰った状況です!みなさまからのご支援をお願いします!! 

<第1関門:100万円突破で!>
「あわわばぶるん」製作継続決定!

<第2関門:200万円突破で!>
全員のお礼メールをオリジナルポストカード(非売品)に変更!

<第3関門:300万円突破で!>
全員のお礼メールをオリジナルポストカード(非売品)+ステッカー(ランダム1種類)に変更!

<第4関門:400万円突破で!>
全員にゲーム内の課金アイテム(ジェム)を1500円分追加プレゼント!

 

今、このプロジェクトは大きな3つの問題を抱えています。
ひとことで言うと『大ピンチ』なのです!!

現在抱えている問題

その1 制作資金がかなり足りない!(経営のピンチ)
その2 やはり作る人数が足りない!(開発のピンチ)
その3 ご意見いただける人がいない!(方向性チェックのピンチ) 

しかし「ピンチはチャンス !」という言葉があります。
ぜひみなさんのお力を貸してください!

クラウドファンディングをやろう!と決めてから
さまざまな過去のプロジェクトの成功事例を研究させていただきました。

そんななかで出会ったのが、キングコング にしのあきひろさんの作った
絵本「えんとつ町のプペル」でした。

えんとつ町のプペル

絵本とゲームで、ジャンルは違いますが
「全員クリエイター、全員オーディエンス」という活動理念と
考え方に衝撃を受けました。

そして、ハッと気が付きました。

これは、ぼくたちに足りなかった考え方だと。
3人しかいないのに、全部のことを自分たちの力だけで
やろうと思っていたから、こんなにピンチになっているのか!

そこで「あわわばぶるん」も、「えんとつ町のプペル」のように、
普段はゲーム開発が本業ではない、たくさんの人たちとつながり、
一緒になって「ゲーム製作」する体験と、このゲームを1人でも
多くのユーザーに届ける体験をエンターテイメントにしよう!

ぼくは、そう決意したのです。

 「全員クリエイター、全員オーディエンス」はゲーム製作に置き換えれば
「みんなで作って、みんなで遊ぶ」ということ。

これは最高のアイデアだと思います!!

・むかし、ゲームクリエイターになりたかった
・これから、ゲーム業界で働いてみたい
・自分のイラストや音楽をゲームに登場させたい人
広報プロモーションインフルエンサーの仕事に興味のある人
イベント企画や運営に携わってみたい人
・とにかくおもしろいことが好きな人
・作るのは得意じゃなくても遊んだり、盛り上げたりするのが得意な人

お金をそんなに持っていない、だけど
ゲームのアイデアと、デッカイ夢だけは持っている。

そんなぼくたちが提供できるものは何だろう、と考えた時
やはり「ゲームを作ることの体験」「クリアイティブな現場に携わる経験」だと思いました。

開発者の人ならわかってくれると思いますが、ゲームを作るほうが、
遊ぶよりも何倍も楽しいんです!(もちろん大変なこともありますが!)

そしてパトロンになっていただいた方には
こんなメリットもあるんじゃないか、と考えています。

・これから、ヒットするかもしれないゲーム制作に直接関われる!
・学生さんは就職活動の履歴書に書ける、ポジティブな話題づくりにつながる!

ぜひ、いっしょにゲーム製作を体験していただき、
リリースをたくさんの人たちと共に喜びたいと思います!!

 

ここは海の底。
あわわ王国で楽しく暮らしていたエアリー姫と海のお友達たち。
ある日平和な海に異変が…!
タコチャッピーと名乗る大きなタコ(?)が海を汚して回っていたのだ!
このままでは海が危ない!助けてエアリー姫!
泡の精霊、ばぶるんの魔法を駆使してみんなの海を守ろう!

 

同じ色のばぶるんを3つ以上なぞると、ポン!と弾けるよ!
大きなばぶるんの近くで弾ければ爆発の連鎖! たくさん弾けさせて爽快大連鎖を狙おう!

お供のキャラクター「ポム」はゲージが溜まったらスキルが使える!
ばぶるんを一気に消して、不利な場面も覆せ!
ステージごとに決められたミッションのクリアを目指そう!!
ステージの最後には手強いボスが待っている…!かも。

 

〜プレイ動画〜

現在開発中! 本来チュートリアルステージのステージ1のプレイ様子です。
下の再生ボタンをクリックするとプレイの様子が実際に見れます。
※製品版とは異なります。 

  

Left Foot Gamesは
いままでに3本のアプリをリリースしています。
正直いってあまり売れているとは言えないです。
「あわわばぶるん」は4本目の社運をかけたプロジェクトです!

今回のクラウドファンディングで目標金額達成しなかった場合、
ゲーム業界からの撤退も考えています。とても切羽詰った状況です!
みなさまからのご支援をお願いします!!

 

 

作品の製作とクオリティアップに使う予定です。
具体的にはこんな内訳になります。

開発費
・グラフィック
・プログラム
・サウンド/SE制作
・ゲーム内イベントの企画制作
・デバッグ費用
プロモーション費
・動画制作
・プレスリリース
・広告出稿 等

 

予定しているリターンは下記になります。

今回、特にイチオシしたいのは『オンラインサロン』に参加できるリターンです。
できるだけ多くの方に参加いただきたいと考えています。

【オンラインサロン参加 リターン】(5000円)
オンラインサロン『あわわラボ』参加権

【もらえるもの】────────────
・オンラインサロン「あわわラボ」参加の権利(6ヶ月)
・「あわわラボメンバー」欄にお名前記載の権利
────────────────────

リターンは「オンラインサロン『あわわラボ』の6ヶ月参加権」と「ゲーム中のクレジットの『あわわラボメンバー』欄にお名前記載の権利」です。
『あわわラボ』6ヶ月参加権のみで通常は6000円なので、大変お得なリターンになっております。

オンラインサロンでできる事

・ベータ版アプリの先行テストプレイ
新しいキャラ、ステージのアイデアディスカッション
プロモーションプラン
クロスメディア展開についての計画
・その他、様々なアイデアの評価
オフ会など  

→こちらはFacebookの限定サークル「あわわラボ」の6ヶ月間の参加権です。
ベータ版アプリの先行テストプレイや、様々な議題のディスカッションを行います。
実際に市場に出ているゲーム制作を体験できる機会は、ココにしかありません。

→ごく一般的なゲームでは「まだ企業秘密」とされる時期に情報を得て、
 考えたりディスカッションできるようになります!
 (もちろんオンラインサロン以外の場所で話すのはNGです)

→また「みんなで作る」という新しい製作アプローチで、
ゲームが成功すればゲーム史を更新する「先駆者」の一員に!
(一緒にゲームの歴史に名前を残しましょう!) 

その他のリターンはこんな感じです。

【とにかく支援!リターン】(3000円)
スタッフクレジットにあなたのお名前掲載権 

【もらえるもの】────────────
・「スペシャルサンクス」欄にお名前記載の権利
──────────────────── 

A スペシャルサンクス欄
B あわわラボメンバー欄
C 公式アンバサダー欄
D 公式クリエイター欄
E  BGM付きポムクリエイター欄
文字の大きさは A < B < C < D < E です。

リリースされるゲームにあなたのお名前を残すチャンスです!
スタッフクレジットにお名前が載る喜びは、後からじわじわきます!

※公共良俗に反すると判断される単語は使用できません。

 

【ステッカーセット リターン】(6000円)
限定ステッカーセット

オリジナルステッカーです。全10種類を予定しています。
全種類入り以外のリターンには、絵柄はランダムでお送りさせていただきます。

【もらえるもの】────────────
・ステッカーx10枚(全種類)
・「スペシャルサンクス」欄にお名前記載の権利
────────────────────

  

【缶バッジセット リターン】(6000円)
限定缶バッジセット
オリジナル缶バッジです。全10種類を予定しています。
全種類入り以外のリターンには、絵柄はランダムでお送りさせていただきます。

【もらえるもの】────────────
・缶バッジx10個(全種類)
・「スペシャルサンクス」欄にお名前記載の権利
────────────────────

 

 

【公式アンバサダーとして参加 リターン】(15,000円)
公式アンバサダー認定!

オンラインサロン「あわわラボ」参加権(6ヶ月)に加えて、さらに
あわわばぶるん『公式アンバサダー』の称号が得られます。
そして、SNS等を通して『あわわばぶるん』の面白さを、
積極的に届けていただきたいと思います。

【もらえるもの】────────────
・オンラインサロン「あわわラボ」参加の権利(6ヶ月)
・「公式アンバサダー」欄にお名前記載の権利
・「公式アンバサダー」用資料(社外秘)
・ステッカーx10枚(全種類)
・缶バッジx10個(全種類)
────────────────────

リターンは「オンラインサロン『あわわラボ』の6ヶ月参加権」と「ゲーム中のクレジットの『公式アンバサダー』欄にお名前記載の権利」と「あわわばぶるん公式アンバサダーの称号と専用資料」です。全種類のステッカーと缶バッジも当リターンに含まれています。
「あわわばぶるん公式アンバサダー」の称号はTwitterやFacebookのプロフィール欄や履歴書、職務経歴書等にも記載いただけます。
ぜひ、SNSなどで発信力に自信がある方、PRや広報、プロモーション等の職種に興味のある方のご協力をお待ちしております。

 

【公式クリエイターとして参加 リターン 1】(30,000円)
公式クリエイター認定!

オンラインサロン「あわわラボ」参加権(6ヶ月)に加えて、さらに
あわわばぶるん『公式クリエイター』の称号が得られます。

【もらえるもの】────────────
・オンラインサロン「あわわラボ」参加の権利(6ヶ月)
・「公式クリエイター」欄にお名前記載の権利
・コンテンツ1点の製作権
・ステッカーx10枚(全種類)
・缶バッジx10個(全種類)
────────────────────

下記のコンテンツの中から1点を、製作いただくことができます。 

 A パズルステージ制作権
  あなたの考えたパズルステージがゲーム内に登場します。
   *ゲーム開発にはUnityを利用しています。
 B エンドカード制作権
  あなたの描いたイラストがエンドカードとして、ゲーム内に登場します。
 C LINEスタンプ制作権
  LINEスタンプのセリフや、キャラクター選定ができます。

 ※スタッフクレジットには何を制作したかも分かる形で掲載させていただきます。


リターンは「オンラインサロン『あわわラボ』の6ヶ月参加権」と「ゲーム中のクレジットの『公式クリエイター』欄にお名前記載の権利」と「A・B・Cのコンテンツから1点の製作に直接関わることができる権利」です。
「あわわばぶるん公式クリエイター」の称号はTwitterやFacebookのプロフィール欄や履歴書、職務経歴書等にも記載いただけます。
あなたの制作したコンテンツが、世界に発信され、楽しんでもらえるチャンスです。
ぜひこの機会にゲームのクリエイティブ製作現場を体験してみてください。 

  

【公式クリエイターとして参加 リターン 2】(60,000円)
公式クリエイター認定!


オンラインサロン「あわわラボ」参加権(6ヶ月)に加えて、さらに
あわわばぶるん『公式クリエイター』の称号が得られます。

【もらえるもの】────────────
・オンラインサロン「あわわラボ」参加の権利(6ヶ月)
・「公式クリエイター」欄にお名前記載の権利
・コンテンツ2点の製作権
・ステッカーx10枚(全種類)
・缶バッジx10個(全種類)
────────────────────

下記のコンテンツの中から最大2点を、製作いただくことができます。 

 A パズルステージ制作権
  あなたの考えたパズルステージがゲーム内に登場します。
   *ゲーム開発にはUnityを利用しています。
 B エンドカード制作権
  あなたの描いたイラストがエンドカードとして、ゲーム内に登場します。
 C LINEスタンプ制作権
  LINEスタンプのセリフや、キャラクター選定ができます。

 ※スタッフクレジットには何を制作したかも分かる形で掲載させていただきます。


リターンは「オンラインサロン『あわわラボ』の6ヶ月参加権」と「ゲーム中のクレジットの『公式クリエイター』欄にお名前記載の権利」と「A・B・Cのコンテンツから最大2点の製作に直接関わることができる権利」です。
「あわわばぶるん公式クリエイター」の称号はTwitterやFacebookのプロフィール欄や履歴書、職務経歴書等にも記載いただけます。
あなたの制作したコンテンツが、世界に発信され、楽しんでもらえるチャンスです。
ぜひこの機会にゲームのクリエイティブ製作現場を体験してみてください。 

 

【公式クリエイターとして参加 リターン 3】(80,000円)
公式クリエイター認定!


オンラインサロン「あわわラボ」参加権(6ヶ月)に加えて、さらに
あわわばぶるん『公式クリエイター』の称号が得られます。

【もらえるもの】────────────
・オンラインサロン「あわわラボ」参加の権利(6ヶ月)
・「公式クリエイター」欄にお名前記載の権利
・コンテンツ2点の製作権
・ステッカーx10枚(全種類)
・缶バッジx10個(全種類)
────────────────────

下記のコンテンツの中から最大3点を、製作いただくことができます。 

 A パズルステージ制作権
  あなたの考えたパズルステージがゲーム内に登場します。
   *ゲーム開発にはUnityを利用しています。
 B エンドカード制作権
  あなたの描いたイラストがエンドカードとして、ゲーム内に登場します。
 C LINEスタンプ制作権
  LINEスタンプのセリフや、キャラクター選定ができます。

 ※スタッフクレジットには何を制作したかも分かる形で掲載させていただきます。


リターンは「オンラインサロン『あわわラボ』の6ヶ月参加権」と「ゲーム中のクレジットの『公式クリエイター』欄にお名前記載の権利」と「A・B・Cのコンテンツから最大3点の製作に直接関わることができる権利」です。
「あわわばぶるん公式クリエイター」の称号はTwitterやFacebookのプロフィール欄や履歴書、職務経歴書等にも記載いただけます。
あなたの制作したコンテンツが、世界に発信され、楽しんでもらえるチャンスです。
ぜひこの機会にゲームのクリエイティブ製作現場を体験してみてください。 

 

 

【オリジナルのポム製作権!ゲームクリエイター リターン】(100,000円)
オリジナルのポム製作権(ゲームクリエイターになろう)

「ポム」はお供としてセットして、パズルステージにつれていけるお助けキャラクター。
このポムのデザインを恋人やお子様と一緒につくってみませんか?
ゲームのキャラクターのデザインと名前をつけるという体験は、
きっと一生モノの素敵な想い出になると思います。
※最終的なデザインの調整は、デザイナーが一緒にお手伝いさせていただきます。

【もらえるもの】────────────
・オンラインサロン「あわわラボ」参加権(6ヶ月)
・ステッカー x10枚(全種類)
・「公式クリエイター」欄にお名前記載の権利
・缶バッジ x10個(全種類)
・専用のディスカッションx3回
────────────────────

リターンは「オンラインサロン『あわわラボ』の6ヶ月参加権」と「ゲーム中のクレジットの『公式クリエイター』欄にお名前記載の権利」と「ステッカー&缶バッジ(全種類)」と「専用のディスカッション3回する権利」です。
恋人同士や親子で、LFGのメンバーでSkype等でディスカッションをしながら、ゲーム中に登場するキャラクター『ポム』の新しいデザインを制作します。
「あわわばぶるん公式クリエイター」の称号はTwitterやFacebookのプロフィール欄や学校の宿題、履歴書、職務経歴書等にも記載いただけます。
ぜひ、『ゲームクリエイターになりたい!』と思ったことのある方の参加をお待ちしております。 

 

【日本全国!LFG代表マットの講演会開催 リターン】(150,000円)
LFG代表マットの講演会(90分)開催権

【もらえるもの】────────────
・LFG代表マットの講演会(90分)開催権
────────────────────

リターンは「日本全国でLFG代表マットの講演会(90分)を開催する権利」です。
ゲーム制作について、クラウドファンディングについて、リモートワークでの仕事の進め方について、外国人経営者の苦労話、などについてお話させていただき、質疑応答にもお答えします。
日本から、世界に向けてコンテンツを発信したい方に、お話できることはたくさんあると思っていますので、ぜひ呼んでいただけますと幸いです。
※交通費は別途いただきます。
※スケジュールは別途相談させていただきます。
※スケジュールの都合等により、調整がつかない場合は
 お断りさせていただくこともございます。  

 

【BGM付きポム 制作権】(300,000円)
BGM付きオリジナルポムの製作権

「ポム」はお供としてセットして、パズルステージにつれていけるお助けキャラクター。
このポムにお好きなBGMがセットになった「BGM付きポム」を一緒につくってみませんか?

【もらえるもの】────────────
・「BGM付きポム」製作権
・オンラインサロン「あわわラボ」参加権(6ヶ月)
・「あわわばぶるん公式BGM付きポムクリエイター」の称号
・「あわわばぶるん公式BGM付きポムクリエイター」専用ピンバッジ x 1個
・ステッカー x10枚(全種類)
・缶バッジ x10個(全種類)
・専用のディスカッションx6回
──────────────────── 

リターンは「ゲーム中のクレジットの『BGM付きポムクリエイター』欄にお名前記載の権利」「BGM付きポム 制作(ディスカッションx6回含む)」です。
※BGMや絵柄が著しくあわわばぶるんの世界観に合わない場合は
ご期待に添えないこともございます。

 

 

みなさんからの、応援メッセージをいただきました! 
こちらに掲載させていただきます。ありがとうございます!

 

”ユーザーと一緒に作ったゲームを世界へ”
マットさんだからこそ、実現できると信じています。
地方の小さな開発会社としても、
子供を持つ親としても
完成が待ち遠しいです〜。
(代表取締役 at 株式会社ArAtA 村下涼子)

 

マットさん、まさかこんな可愛いのが好きだったとは…w
私も80年代の世界観は好きなので、どんなアプリになるか楽しみです…!
(株式会社ハラペコーポレーション 代表 えださとみ)

 

マットさん、沖縄で出会ってもう4年ですね。
教育関係で活躍していたマットさんが、
ゲーム業界で何をやるのかと思っていたら、
やっぱり優しいキャラクターのアプリ開発!
ゆるいキャラクターがみんなを繋げていってくれたら良いですね。
応援してます!
(フォトグラファー 岡本尚文)

 

今回の「あわわばぶるん」プロジェクトが成功することで
LFGゲームラインナップ過去最大の名作がうまれることに期待しています!
(Chorus Worldwide 大柳竜児)

 

私が幼い頃、パステルカラーでフワフワでキラキラのファンシーな
グッズが大流行していましたが、お小遣いが足りなくて、
なかなか買えませんでした。まさか、2017年の今、
お友達のマットさんがそのフワフワキラキラの世界のゲームを作るとは!
あの頃憧れていたファンシーな世界を、ゲームで思う存分楽しめるのを、
今から心待ちにしています。
(ラジオパーソナリティ 山内恵美)

 

Left Foot Gamesさんの新作!
ほのぼのとした懐かしいタッチのイラストとは裏腹の、
しっかり作られたカジュアルゲームは何度も遊ばせていただきました。
今回も目標を超えて、楽しいゲームを制作してください!応援しています!
(代表取締役 at 株式会社りゅう 上原昌樹)

 

現実でも、デジタルでも、
みんなで1つのものを作るのって楽しいですよね。
「みんなでつくるゲームにしたい」というマットさんの思い、
形にできたら嬉しいです。
もちろん僕もお手伝いいたします!
優しくて奥深い「あわわばぶるん」の世界を、
多くの方と共有できることを願っています。
(TaleFactory 池村 匡哉)

 

最後までこんなに長いページを読んでいただいてありがとうございます。
会社設立から1年ちょっと、低予算で何とか今日までやってきてます。

『あわわばぶるん』は今までリリースした作品よりも、自分たちのやりたいことを詰め込んだ作品になっているので
完成までの道のりが長く、このままでは予算の関係で開発終了になってしまいます。

まずは無事にリリースをさせ、その後は「公式LINEスタンプ製作」や「様々なコンテンツとのコラボレーション」、2018年までには「あわわばぶるん英語版」への移植を完成させて、世界中のみんなが笑顔になるゲームアプリ運営を目指します!

ぼくたちLFGにとって、始めてのクラウドファンディングでドキドキしています。
日本語もむつかしいので、わかりづらいことがあったら、質問していただければうれしいです!

「あわわばぶるん」をリリースできたら、一緒になって制作してくれた仲間や、遊んでくれるユーザーのみなさまをきっと笑顔にできると信じています!世界一ゆるカワなパズルゲームを、世界一愛されるアプリにして、たくさんのひとのちょっとした空き時間を幸せにできたら、こんなにうれしいことはありません。スタッフ一同がんばりたいと思います。応援とご支援よろしくお願いいたします!!

Left Foot Games代表 カー・マシュー(マット)

  • 活動報告

    ぼくたちと一緒に「あわばぶ」を作ってみませんか?

    2017/10/06

    様、こんにちわ! Left Foot Gamesの かのん です! 本日は代表のマットさんから動画にて 「あわばぶ」の紹介、そして「あわばぶ」に対する思いを語…

  • 活動報告

    エアリー姫描くときに苦労したこと

    2017/10/03

    あわわばぶるんを作って行く時に、あわばぶの主人公的なポジションのキャラクターを作ろうって話になりました。かわいいばぶるんが登場する世界だから、もちろ…

  • 活動報告

    LFGを立ち上げた理由

    2017/10/02

    子どもの頃、複数のゲームコンソールを持っていました。ゲーム会社に拘らぬどんなゲームもプレイしました。もちろん友だちと外で遊ぶことは多かったし、一緒に…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください