栃木県は鹿沼市。
旧道沿いの閑静な通りから、しあわせな香りを漂わせる一軒のお店。

築100年の家をリノベーションした自然のぬくもり溢れる空間。
旬の野菜をたっぷり使ったオリジナルミールスが自慢のカレー屋さん。

それが『月とスパイス』です。外観

オープンして早々2度のコロナショックに見舞われながらも、地元や遠方から沢山の方にご来店に頂き、多くの方の支えのおかげでオープンから1年半を迎えることができました。

コロナ禍における急激な社会の変化に対応し、日々試行錯誤を繰り返す中、食べに来て下さる皆様にもっと安心して気軽にカレーを食べてもらいたい。カレーを通じて喜びや健康をもっと多くの方に届けたい、という思いが日に日に大きくなりました。

感染症の拡大によってオンライン化が加速し、ケータイひとつあればどこでも誰とでも繋がれる便利な社会になりましたが、そんな中改めて感じたのは『手の届く範囲でのつながりが、私たちの暮らしに安心感や豊かさをもたらしてくれる』ということでした。

地域に根付き、そこに住む人たちの暮らしを支える。
必要とされる場所へ、いつでもどこでも移動ができる。
月とスパイスがお店を飛び出し、笑顔や繋がりをお届けする。
そんな夢のような「暮らしに寄り添うキッチンカー」を新事業として始めます。

月とスパイス初となるクラウドファンディング。
皆様の暖かいご支援を頂けると幸いです。

月とスパイスでの「出逢い」や「体験」が
皆様の人生に豊かさをもたらしますように。

改めまして、皆さまこんにちは!
栃木県鹿沼市にあるカレー店「月とスパイス」店主の上杉龍矢です。ご存知の方もはじめましての方も、当クラウドファンディングページをご覧下さりありがとうございます。

私店主は、理学療法士と食事療法士の資格を持ち、リハビリ病院に勤務後、整体院を開業し自然治癒力を高める施術や食事指導など通じて、人の健康に関わる仕事をしてきました。

プライベートでは世界一周を経験し、約40ヶ国ほど行きました。その旅先で「とあるカレー」と衝撃の出逢いを果たし、瞬く間にカレーに魅了された私は、帰国後にカレー作りやスパイスの奥深さにハマっていきました。

そんな趣味のカレーが友人に振る舞ったことで評判を呼び、その後カレーイベントをたびたび開くようになりました。

本業の傍ら、趣味で作っていたカレーでしたが、「あるきっかけ」からカレー屋を始める決心に至り、2019年12月に「月とスパイス」はオープンしました。

月とスパイス誕生の想いを語ったミニドキュメンタリームービーは、
こちらをご覧ください。

今回のクラウドファンディングについてお話しする前に、月とスパイスが生まれるまでのストーリーを少しだけご紹介します。

25歳の世界一周でインドに訪れた際、のんびりと時間の流れる自然豊かな田舎の集落に行きました。当然ながら旅人を泊める宿もなく、一般家庭の家に泊めてもらいました。

のどかな暮らし

その時旅の疲れから体調を崩してしまい、それを見たホームステイ先のお母さんが私の体調に合わせた優しい味のカレーを作ってくれました。

その味は今まで食べたどのレストランのカレーよりも美味しく、私の体に染み渡り、心と体を満たしてくれました。

その衝撃的な体験から、体を整える「薬」としてスパイスに興味を持ち、現地でスパイスを買って帰国後に趣味でカレーを作り始めました。

シンプルで優しい味付けのカレー

本業の整体師として活動する傍ら、趣味のカレー作りは続き、作るごとにその奥深さにハマっていきました。

そんなある日、友人にカレーを振る舞ったことをきっかけに美味しいと評判になり、そこからマルシェに出店したりイベントを開催するようになりました。

ゲストハウスでのカレーイベント

ご縁のあったゲストハウスで定期的にカレー会を開催して半年くらい経った時に、初回から毎回欠かさず食べに来てくれていたお客様から

「たっちゃんがカレー会をしてくれたおかげで元気になれた。色んな人と出逢えて価値観が広がった。ありがとう。」と言ってもらいました。

今まで理学療法士や整体師として1対1で人を癒す仕事をしていた私が、カレー会を開いたことで「知らぬ間に人を癒していたということに気づかせてもらった一言でした。

もちろん薬膳の要素を取り入れて作ったカレーのおかげもありますが、それ以上にカレー会を通じての人と人との「出逢い」と「繋がり」が、その友人の生きる力になり、人生を豊かにしたのは言うまでもありません。

その時「やってよかった」と心の底から思い、与える以上に多くのものを与えてもらった瞬間でした。その原体験から、心と体を整えるカレーを提供し、さらに繋がりをつくる場を創りたい!と、カレー屋を開く決心をしました。

ゲストハウスでのインタビュー時の一枚

お店を始める決心から、改めて本場のカレーを学ぶべく南インドに行きました。料理教室に参加したりレストランで作り方を見学させてもらったり、ローカル食堂から高級レストランまで、さまざまなカレーを食べて見聞を広めました。

家庭的なローカルレストランでの一枚

カレー屋を開くことを決意して間もなく、ゲストハウスからほど近い長屋の一角に空き家を見つけました。内見するとそこは一般の家仕様で、建物自体も古くとても飲食店には向いてないと反対されました。

しかし、勢いしかなく無知だった私は「いけるっしょ!」と、すぐにその物件と契約しました。若さゆえにできた決断でした・・・。

借りた当初の様子、築100年ほどの長屋の一角に位置します

内装工事は解体作業から始まりました。先の見えない解体作業に何度も心が折れかけました(折れてました)

解体途中、戦時中の新聞が壁から出てきた時は驚きました。そして同時に、こうして時を越えてここに出逢えたことへの感動と感謝を感じました。

解体途中の店内

挫けそうになりながらも沢山の方の力をお借りして、気がつけば壁も天井もほぼ解体され、約100年前のボロボロの状態が剥き出しになりました。

家は傾いてるし雨漏りはするしで「これはヤバい物件を借りちゃったかも…」と、満身創痍の中もう笑って乗り切るしかありませんでした。

剥き出しになった天井

内装作業の大まかな部分は大工さんにお願いして、細かい仕上げ作業を友人や知人と一緒に行いました。できる限り廃材や古材を使い、自分たちの手でリメイクしました。

店内どこを見渡しても、誰かと一緒に作った思い出で胸がいっぱいになります。

壁塗りワークショップ

そして解体作業の着手から約半年後、2019年12月12日の満月の夜に、月とスパイスはオープンしました。

オープンした日の満月

「月とスパイス」という名前は、体の象徴である「月」と、カレーの象徴である「スパイス」から取りました。

体にまつわる漢字の多くには「月」が入っています。これは、人の体が月の影響を大きく受けていることが由来とされています。また、月は自然の象徴であり、昔の人は月の満ち欠けを頼りに自然のリズムで暮らしていました。整体師としても、心とカラダを整えることがお店のコンセプトでもあったため、体と自然をつなぐ「月」という一文字を入れました。

また月は女性性の象徴でもあり「受容」や「調和」といったエネルギーを持っています。。

月とスパイスも、月のように遠くからそっと見守り、来てくれた人を優しく包み込めるような、癒しの場になったらいいな、という思いで名付けました。

オープニングパーティの様子


月とスパイスの看板メニューは「ミールス」という南インドのカレー定食です。

化学調味料や小麦粉は一切使用せず、味付けは天然海塩とスパイスのみで、全て一から手作りで作っています

使う食材は地元の旬野菜を中心に、日本の季節を感じてもらえるようなカレーを日々創作しています。本格的なインドカレーでありながら、どこか懐かしくホッとするようなカレーです。

スパイスの効能と食事療法や薬膳の知識から、食べてくれる方の健康を意識したカレーで、インドカレーに馴染みのない日本の方でも食べやすい味付けにしています。

味の根底には、やはりあの時インドで食べた家庭料理の優しいカレーがお手本になっています。

看板メニューのミールス3種テイクアウトのカレーも販売しています。自宅でも本格ミールスを楽しんで頂けるよう、お店で出している内容をそのままお弁当にしました。

そのほかにも、単品のカレーや計り売り、チャイやラッシーなどのドリンクもご提供しています。

お店のミールスをそのままお弁当に

お店ではあまり健康的な要素を主張していませんが、食べてくださったお客様から「月とスパイスのカレーを食べると元気になる」「体が整う」「疲れた時に来たくなる」といった声をかけて頂きます。

言葉で伝えずとも、お店の味や雰囲気を通して月とスパイスのコンセプトが伝わっていることを実感できて、とても嬉しく思います。

オープン早々、新型コロナウイルスの危機が栃木県鹿沼市にも訪れ、2ヶ月間店内営業を休止、テイクアウトのみの営業に切り替えました。

夜の営業も休止し、ランチ一本に切り替えクオリティの向上に努め、創意工夫を繰り返しながら2度のコロナ危機を乗り越えることができました。地元で応援して下さる方、遠方からわざわざ足を運んで下さる方、たくさんの方の支えのおかげで今まで続けてくることができました。

店内入り口レジカウンター

去年の12月から今年の1月にかけて、過労から心と体のバランスを崩し、2ヶ月間営業を停止するという事態にも陥りましたが、今年の2月から営業を再開することができました。その時本当にたくさんの方にねぎらいの声をかけて頂いて、涙が出るほど嬉しかったです。

それと同時に、月とスパイスがたくさんの方に必要とされていることに気づき「この場所で続けていきたい」と、さらに強く思うきっかけでもありました。

店内正面カウンター

月とスパイスはこれからも心と体が整うようなカレーを作り続け、喜びや楽しさを感じてもらえるような食のエンターテイメントを提供していきたいと思います。

そしてカレー屋という枠を越えて、人と人との繋がりや癒しや安らぎを感じてもらえるような時間と空間を創っていきます。

月とスパイスでの「体験」を通じて、訪れる人の人生がより豊かになってもらえたら、心から嬉しく思います。

前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ本題のキッチンカーについてです。

新型コロナウイルス第一波の時に、店内営業を一時休止しテイクアウトのみの営業となりました。店内営業を再開した後も、テイクアウトはそのまま継続しました。

しかし、いざ店内営業と同時にテイクアウトを始めると、当日のテイクアウト予約に対応しきれず、やむなくお断りしなければならないことが多々ありました。さらに店内が混み始めるとテイクアウトの方を待たせてしまい、一時的に密になる場面を作ってしまいました。

さらに、店内と並行してのご提供により、作れるお弁当の数に限りがあり、仕込みや調理などにおける厨房のキャパシティにも限界を感じました。コロナをきっかけにテイクアウト営業を始めてみたものの、やっていくうちに色々な弊害が出てきました。夜の空間をイメージした店内そんな中「お客様がもっと安心して、手軽にカレーを食べてもらうためにはどうすればいいだろう」と思い、そこで考えついたがキッチンカーでした。

キッチンカーは屋外での販売となるため、お客様も密にならず安心して買うことができます。そして店内とキッチンカーを分けることで店内の混雑を防ぎ、どちらも円滑に案内することができます。さらにキッチンカーの調理スペース確保により、多数の注文にも対応できます。

キッチンカーを作ることで、上記の問題が全て解決されます。

さらに、地元の方が日常的に使うスーパーや直売所に出向くことで、普段お店に来れない方にも普段の買い物と一緒に気軽に利用して頂ける。月とスパイスを知らなかった方にも知って頂くきっかけとなる。など、さまざまな利点が見えてきて、キッチンカー事業を始める決断をしました。

古材の床板を利用したお座敷

「キッチンカー」と聞くと、大型のマルシェや単発のイベントによく出店しているようなイメージがありませんか?

月とスパイスのキッチンカーは、そういった「お祭り」的な場面ではなく、「日常」的な場面で活躍していきたいと思っています。もっと言うと「暮らしの一部になる」ということが、月とスパイスのキッチンカーの目的です。

人々の暮らしに寄り添い、その地域にしっかりと根付いていくようなキッチンカーです。

なので、基本的に出店は地域の方が多く利用する地元のスーパーや直売所などを考えています。そうすることで普段の買い物と一緒に、密にもならずに安心して気軽に買うことができます。

「毎週何曜日はカレーの日!」なんて、月とスパイスのカレーが皆様の日常の一コマになれたら嬉しいです。

さらにキッチンカーの強みを活かし、求められる場所へはいつでもどこでも移動ができます。例えば様々な施設や学校などへのケータリング、遠くへ移動できない高齢の方が住む地域などへの出店も可能です。

普段食べないスパイスカレーが、皆様の日常に彩りを加えることができれば嬉しいです。

いつもの平穏な日常と、ちょっとした刺激的な体験。そのどちらもが、私たちの暮らしをより豊かにしてくれるのではないでしょうか。

暮らしと旅の真ん中にあるような、まさに「暮らしに寄り添うキッチンカー」になっていきたいと思います。

今後キッチンカーを通じて新たな繋がりや出逢いが生まれ、そこがまた誰かの「居場所」や「心の拠り所」になったら嬉しいです。

キッチンカーで作りたい未来のイメージをイラストにしてもらいました。ベンチを出して外で食べたり、ちょっとしたマルシェを開いたり、沢山の方が憩う空間を皆様と描いていけたら嬉しいです。

キッチンカーで創る未来

キッチンカーはオーダーメイドで製作しました。まず軽トラックを購入し、荷台部分に手作りのキッチンを取り付けました。月とスパイスの雰囲気やコンセプトに合わせてデザインして、友人大工に製作してもらいました。

友人大工チーム

完成したキッチンカーがこちらになります。量産型のキッチンカーにはない自然の風合いで、街中を走れば注目されること間違いなしの可愛くてオシャレなキッチンカーです。

受け渡し正面

出入り口

軽トラックとキッチン部分は脱着式で、取り外して好きな場所に据え置くこともできます。災害時には非常用キッチンと運搬用トラックとしても活躍できるような仕組みになっています。

軽トラックとキッチン部分は脱着式

好きな場所に移動できて、好きな場所に設置もできる。
旅と暮らしを両立する、ハイブリットなキッチンカーです。

キッチンカーで販売するのは、月とスパイス自慢のスパイスカレーとチャイやラッシーといったドリンクです。本店で提供しているカレーだけでなく、キッチンカーオリジナルのカレーにも挑戦していく予定です。

地元の旬野菜をたっぷり使ったカレーセット

「暮らしに寄り添う」というコンセプトのもと、ご利用させるお客様の日々の健康を支えられるような、体に優しくヘルシーなカレーを作っていきたいと思います。

直売所で地元の農家さんから新鮮な野菜を購入して、その場で作ったりできたら最高です。月とスパイスの目指すカレーは、インドのホームステイ先のお母さんが作ってくれたような優しくてホッとする味。心と体を満たして元気にしてくれる愛情たっぷりのカレーです。

テイクアウトのカレーたち感染症の影響で健康への注目度がますます高まる中、月とスパイスのカレー皆様の日々の健康や食の楽しみに一役買えれば嬉しいです。

環境問題を考慮してカレーの計り売りも行っていきます。いつものお買い物はエコバック、カレーは専用のエコ容器でなんて、地球にも身体にもいいことをして清々しい気持ちになれるかもしれません。

お客様ご持参のオシャレなテイクアウト容器

地元でお世話になっている人や、同じ志を持ったカレー仲間、月とスパイスでライブをしてくれたミュージシャンなど、いつも月とスパイスを支えてくれる方々から応援メッセージを頂きました!

お店に来られる範囲でご支援くださる方には『本店やキッチンカーで使える割引チケット』など、
遠方からご支援くださる方には『月とスパイスの冷凍カレー』や『オリジナルスパイスセット』など、
どんな方でも楽しんで頂けるようなリターンをご用意しました。

またキッチンカーのクラウドファンディングならではの、CAMPFIRE限定となる『キッチンカー1日体験スタッフ権』や『キッチンカーで一緒に出店権』『キッチンカー1日貸出権』など

さらに月とスパイスをより深く楽しんで頂ける、同じくCAMPFIRE限定となる『プライベート料理教室』や『プライベートカレー会』『月とスパイスの貸切権』などもご用意しました。

皆様にぴったりのリターンがあれば幸いです。

リターン例〜1日体験スタッフ権〜

今回皆様から頂きた資金は、キッチン製作費用、車両購入費用、厨房備品設備費用、リターン準備費用に充てさせていただきます。自己資金を100万円として、残りの100万円を目標金額としてクラウドファンディングにてご支援頂きたいと思います。

キッチン部製作費用:100万円
車両購入費用:60万円
厨房備品設備費用:20万円
リターン準備費用:20万円

合計:200万円

※目標金額を越えた分は、残りのキッチンカー製作費用と、今後展開していくレトルトカレーやスパイスセットの商品開発費用、ECサイト開設による販路の拡大、運転資金等に活用させて頂きます。

▶︎2021年6月:クラウドファンディング開始
▶︎2021年7月:クラウドファンディング終了。キッチンカーの営業許可申請
▶︎2021年8月〜:リターン順次発送予定。キッチンカー営業開始(仮)
※準備が整い次第、順次発送いたします。

クラウドファンディンと同時進行で、キッチンカーの営業許可や内装の準備を行い、7月くらいから営業をスタートする予定です。何件か出店場所のお話を頂いていますが、まだまだ探していますのでご連絡頂けると嬉しいです。

キッチンカースタッフも募集していますので、興味のある方は月とスパイスの公式SNSまでお問い合わせください!

月とスパイスのミッションは
「カレーを通じて誰かの人生をより豊かにする」こと。

そして月とスパイスが提供するものは
カレーだけではなく、それにまつわる全ての「体験」です。

その体験は
食べる楽しみや喜びかもしれません。
大切な人との幸せなひと時かもしれません。
一人で過ごす自分へのご褒美かもしれません。
人と人との出逢いや新たな発見かもしれません。

カレーは一つの入り口にすぎず、月とスパイスで味わう全てが「あなたの人生を豊かにする体験」であってほしいと願っています。

そのために美味しい「カレー」があって、月とスパイスという「場所」があります。

これからも月とスパイスは皆様の健康を支えるカレーを作り、疲れた時には安らぎや癒しをもたらす「心の拠り所」であり続けたいと思います。

そしてキッチンカーを作ることでその輪を広げ、より多くの人に月とスパイスのカレーをお届けしたい。そうして新たな繋がりや出逢いが生まれ、地域の健康や暮らしを支えていくことができれば幸いです。

月とスパイスの新たなステージ、ご支援のほどよろしくお願いいたします。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

住所:栃木県鹿沼市末広町1916(駐車場8台完備)
電話番号:0289-88-9064(営業日の9時〜15時対応)
営業時間:11:30~14:30(ラストオーダー14:00)
(現在ディナーは休止中、再開は未定)
定休日:月火

公式SNS
Instagram:https://www.instagram.com/tsukitospice/
Facebook:https://www.facebook.com/tsukitospice/

YouTubeも始めました!
ぜひチャンネル登録お願い致します!
https://www.youtube.com/channel/UCQQgqm6c46-u8Cpa7Z1A7WQ

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください