はじめまして、サックス奏者の松下洋です。日本全国、海外(主にアジア全般)でソロコンサートや、オーケストラ、吹奏楽のゲストなどの演奏活動をしています。この度、遂にソロの1stアルバムを作ることにしました。

CDの内容は15曲となり、全て久石譲氏作曲による「スタジオジブリの映画音楽」です。

全曲がサックスとピアノで、このCDのためのオリジナルアレンジです。

収録曲: 天空の城ラピュタ、となりのトトロ、海の見える街、星をのんだ少年、風の伝説、天人の音楽、あの夏へ、アシタカとサン、他 (名曲が多すぎて15曲に絞るのも難しかったです)

超絶技巧あり、シンフォニックなサウンドあり、ジャズバラードありと、自分に出来ること全てと、挑戦しないと出来ないことを全て詰め込んだCDとなります。有名な曲の多いジブリですが、その世界観をさらに掘り下げるようなアレンジと響きを詰め込みます。音と音楽、どちらも極上に楽しんでもらえるようなCDにしようと思っています。


早速ですが、このCDのコンセプトは「家で聴けるコンサート」です。

コロナ禍では特にそうでしたが、仕事や子育て、病気や介護などで、コンサートに行ってみたくても中々行けない人が多いのではないかと思いました(その理由は後ほど) 。それなら、まるでホールで聴いているようなパッションとサウンドのするCDを作ってしまおうと。そうすれば、まるでコンサートに行ったような体験をすることができる、と思いました。

制作チームにはベストを尽くせるメンバーで臨み、素敵なホールと最高のピアノとサックス、そして何よりも研ぎ澄まされた集中力で演奏してそれを録音します。

アレンジも、良い意味で「えっ?これジブリ?」となるほど素敵です。

かっこいいアレンジですのでシビアなコントロールも満載のCDです。緊張感の高い演奏が続くので、もしかしたらBGMとして部屋で流すには少し聴きづらい時があるかもしれません。そこはちょっと心配です。でもその代わりに聴いたら「何度でも聴きたくなる瞬間」に溢れたCDを作ります。それは今までの演奏活動と最高の共演者がいるからこそ出来ることだと思います。

そして、なぜジブリなのかは以下に続きます。

   大勢の人に喜んでもらえる演奏家である前に、まずは誰か一人を幸せにできる演奏家でありたい

と、CDを作ろうと決意したきっかけは、とても身近なところから始まりました。

今年、あまり体調の優れない父が入院しまして、その時には、あぁ遂に自分にもそういう日の来る順番がやってきたのかなぁ、と感じました。今は幸いにも退院して元気なのですが、もう33歳にもなる自分は音楽ばっかりやっていて。

吹奏楽部でサックスに出会ってから20年でしょうか、自分のやりたいことばっかりでマトモな親孝行なんてコンサート後に花束を持って帰るくらいでした。小さい頃から手間をかけさせ続けた長男として、親孝行を一生しないままで、出来ないままの人生でいいのかなと、音楽を続けながら、さらには自由に音楽活動をできればできるほどに考えています。

現在の両親の楽しみは週末によく遊びにくる姪っ子との時間で、妹夫婦にはもう本当に感謝しかないのですが、そのお陰で、まぁ孫を見せるみたいな定番のプレッシャーから逃れて、また一段と自由に音楽活動に没頭できています。


そもそも自分が音楽活動を出来ているのは、応援してくれるかたがいてこそ、聴いてくれるかたがいてこそです。しかしその一方で、赤ん坊のころから大切に育ててくれた両親含め、家族にはなんにも恩返しの一つもできていないんだと感じていました。

身近な人に何もしてやれずに音楽を続けた先に何があるのかと少し心配な気持ちもあります。大きな名声があるかもしれませんし、歴史的な偉人になれるのかもしれません。そこへ向かうにはまだまだ没頭する時間が足りていないだろうとも思います。

それらは多くの音楽家の夢ですし、沢山の人に音楽を届けることは一生かかってもやりきれないほど素敵な仕事です。でも、すぐそばの人に何も届けられずに...?

ということで、恩返しが叶ううちにせめて家族を幸せにできるようなことがしたいと思ったので、出来ることから始めたいんです。


家族で見れる映画のように、家族で聴けるCDを作れば、自分の家族は皆んなで聴けるな〜と思いました。あんまり難しい曲だと姪っ子が寝ちゃいますからね。それに、小さな頃に『もののけ姫』を観に、家族で映画館に並んだ思い出があります。他にも沢山の親子がいました。

そして金曜ロードショーでもお馴染みのジブリです、家族でジブリを観た人も多いのではないでしょうか。個人的な感情によりアルバムは最も近い人へ、と思いましたが、それが沢山の人に共感できるものになるのであれば、それは音楽の最も素敵なところだなと思いました。広く浅くではなく、深い気持ちの部分を音にして届けてみたいなと思いました。おじいちゃんも孫も知ってる「街の音楽家」久石譲氏の音楽は、日本の文化を代表するといっても過言ではない作品です。


家族の幸せをというきっかけで作りはじめているCDですが、きっと素晴らしいCDになると確信しています。それとこれとは別なのかもしれません、これはもう音楽的にも世界中に発信したい、するべきだ!!そんなCDとなってしまいました。

さすが親不孝ミュージシャンの思考だなと、自分で書いていて恐ろしいです。やっぱりみんなのエンターテイメントでありたい。それが自分の夢ですし、どうせCDを作るなら世界中のみんなに楽しんでもらえるものを作ります。なので、音楽に集中した時間を詰めること。結局の所、それしかできないんです。

でも聴いてくれる人がいる、もしかしたら喜んでくれる人がいるかもしれないと思って一生懸命やります。「うぉぉぉ!素敵だぁぁぁあ!!」なんていう瞬間を身近な人と共有して欲しいです。


自分のきっかけはなんでも良いのかもしれません。それよりも大切なのは聴く人それぞれの人生があるということです。それが少しでも豊かになるように。たとえ1万人の前で吹いても、1人の前で吹いても、自分が届けるべき大切なものは、一人一人にとって全く同じものなのだと思いました。それは自分自身にとってもです。

結局なにを言っても演奏がしたいだけの理由になる、という結末に至っているような気がしますが、まだまだどんな演奏家になりたいのか、なれるのか、どうすれば良いのかは模索中でわかりません。日々考えながら過ごしていますし、いつか答えがでるものかどうかもわかりません。ただ今は、両親が生きているうちに何か親孝行がしたい、家族に誇ってもらえるようなモノを作りたいと思いました。お父さんの出身も久石譲氏と同じ長野県ということも、まだまだ数あるCD制作のきっかけの一つです。


4/30~5/2 レコーディング

5/3~6/30 MIX&マスタリング

7/1 CDジャケット制作開始

7/20頃 アルバム完成

8月下旬 全国発売開始予定

9月〜CD発売ツアー開始(日程決まり次第、追記いたします)

曲目一覧

天空の城ラピュタ,となりのトトロ,海の見える街,星をのんだ少年,時代の風〜人が人でいられた時,風の伝説,谷への道,竜の少年,天人の音楽,旅立ち,あの夏へ,アシタカせっ記,アシタカとサン,君を乗せて,おかあさん

ホール代と機材・共演者への謝礼で130万円ほどかかります。著作権料で25万円(曲数多くて,,,)、CDのプレス、デザインで25万円と、大体100万円前後でできることの多いCDが180万円ほどかかりそうです。正直に、制作にお金かけすぎです。でも無駄遣いはひとつもないです。折角だから妥協しないで作りたいと、最優先はそこです。

全額支援してもらえなくてもCDは売り物ですからそれを製作費に充てようと思っています。直近ですぐに支払いに必要なぶんが支援で集まりますととてもありがたいです。

※支援金額の17%はクラウドファンディングの手数料となります。

サクソフォン  松下洋(まつしたよう)- 略歴

『彼は私の名を冠する国際コンクールにおいて見事に勝利し、その人格の豊かさを世界に証明した。生れながらのアーティストであり、私はその輝かしい未来が来ることを確信している。私は自信を持って彼を薦挙します。』- ジャン=マリー・ロンデックス

世界中でネクストエイジを象徴すると称されるサクソフォン奏者。主としてソロで活動、超絶技巧のコントロールを駆使し多種多様かつ膨大な量のレパートリーを擁す。新曲発表および初演に多く携わり、独自奏法の開発や失われつつあるCメロサックスの復旧など、21世紀の聴衆の興味を惹く新企画の実施に余念がない。現在ジャズを勉強中。TokyoRock'nSAX主催。元YSA実行委員長。2020年株式会社Mouton&Company設立、取締役。MoutonStore代表。

【略歴】1987年生まれ横浜市出身。洗足学園音楽大学首席卒業ならびに優秀賞受賞(池上政人門下)。東京芸術大学別科ならびに東京芸術大学院を、大学院アカンサス音楽賞を得て首席卒業(須川展也門下)。慶應大学SFC環境情報学部中退。卒業後は数多くの客演ソリストを務め、ダリウス・ミクルスキ、堺武弥、伊藤康英、茂木大輔、グドゥ二・エメルソン各氏を始めとする指揮者の下、世界中の著名オーケストラおよび吹奏楽団と共演。タイ、中国、台湾、マカオ、フランス、韓国など世界各国でも講師や招聘奏者、国際コンクール審査員として活躍している。世界各国で催されるワールドサクソフォンコングレスへの参加や海外でのマスタークラス、コンサート、レコーディングも多く行う。2020年発売「EVANGELION FINALLY」のレコーディングに参加。

主な受賞歴 : 第1回いちのみや音楽コンクール優勝、第4回ジャン=マリー・ロンデックス国際サクソフォンコンクール優勝、第31回日本管打楽器コンクールサクソフォン部門第2位、第6回アドルフサックス国際コンクールセミファイナリスト、2015年度文化庁海外短期派遣制度研修員(フランス=ボルドー) 他

〈10時間ライブのインタビュー〉

〈NIKITA✖︎Yo Duo ALBUM インタビュー〉

Twitter: @YoMatsushita

Instagram: yomatsushita

Facebookページ

ピアノ 岩 航紀(くろいわ こうき)

一言で紹介しますと、日本のピアノコンクールを制覇してしまった一流のピアニストです。いつもはソロでの活動が多いですが、その合間にいつも共演してもらう素晴らしいピアニストです^^ 黒岩航紀オフィシャルサイト

アレンジャー 柳川瑞季(やながわ みずき)

一言で紹介しますと、天才作曲家です。15曲全て柳川さんのアレンジですが、譜面をみて心が武者振るいしました。想像を超えるジブリの数々です、お楽しみにしていてください。柳川瑞季さんのプロフィール

音響サポート 田中 克(たなか まさる)

一言で紹介しますと、録音の最優秀賞も受賞した、空間を録音するアーティストです。

東京藝術大学音楽学部卒業ならびに同大学院音楽研究科修了。学生時代には、自らの趣味であるダムと音楽・音響を掛け合わせた制作活動に取り組む。自称「ダム音響家」。2019年、日本オーディオ協会主催「学生の制作する音楽録音作品コンテスト」にて最優秀賞を受賞。現在は大手企業の研究開発部門に勤務。一方プライベートにおいて、知人演奏家に対する録音や音響面でのサポートを行っている。

学生音楽録音作品コンテスト授賞式の様子

以上の素晴らしいメンバーと、最高の環境で録音します!!

いろんなリターンを用意しました。どれも心に残るようなものにしようと思ってご用意いたしました!!

【1,500円】全てのレコーディング風景を視れる券

【3,000円】 通常盤ジャケットCD1枚贈呈

【5,000円】クラファン限定盤ジャケットCD1枚+ご希望でサイン付き贈呈

【10,000円】各都市で催す発売記念コンサートにご招待(ご家族なら何名でもご招待)

【15,000円】クラファン限定盤CD+好きな曲の楽譜3つ贈呈

【30,000円】クラファン限定の記念オリジナルマウスピース贈呈

【30,000円】アルバムの支援者としてお名前をブックレットに掲載・ご紹介

【50,000円】アルバム支援者としてお写真とお名前をブックレットに掲載・ご紹介

【100,000円】好きな曲なんでも1曲録音して送ります

【200,000円】フルコンサートしにどこでも行きます券(2時間のコンサート)

【1,500,000円】クラファン限定盤CD1枚+松下使用のセルマーGPのSAX1つ

人に聴いて喜んでもらえることは、音楽活動の中での最大の喜びです!!

何よりも良いCDを作ること、良い演奏を残すことを大切に作りますので、お楽しみにお待ちください!!

それでは、何卒ご支援のほど、よろしくお願いいたします。


<All-in方式>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください