◆松坂屋静岡店⇒SNSで応援!地下告知看板にて紹介!お試し会開催(6月26日・27日)! 

◆静岡PARCO⇒SNSで応援!地下MIRUIプロモーションボードにて応援!

◆静岡新聞⇒朝刊掲載(5/29)!

◆SBSラジオ⇒「WASABI」出演(6/3)!

*************************************

01.はじめに

令和三年四月撮影 大家族で賑やかに生活しています。
二列目の左から二番目が私です。

初めまして。静岡県牧之原市で製茶業を営んでおります、小笠原製茶の五代目の嫁の小笠原仁美です。

小学四年生の女の子、小学三年生の男の子、一歳半の女の子の三児の母です。

私自身が妊娠糖尿病と診断されるギリギリの数値で食事のコントロールに大変苦労した経験を基に、

“妊娠中の食事制限や体重管理で辛い思いをされている方、健康のためにカロリーオフや糖質オフを心がけている方とそのご家族がストレスを感じず食べられるジェラートを届けたい”という想いが生まれ、この度、

添加物の入らない素材の美味しさいっぱいの糖質を抑えたジェラート【g-Low’s(ジーロウズ)】を開発しました。

広大な茶畑が広がる台地と海のまち『静岡県牧之原市』の生産者とタッグを組んだ荒茶生産者「小笠原製茶」の挑戦です。是非皆様に知って頂ければと思い、しずおかMIRUIプロジェクトに参加致しました。


02.小笠原製茶のご紹介

令和三年四月撮影 牧之原は新緑の茶畑と青い海が自慢の町です。

日本一の茶処、静岡県の中でも有数の茶産地「牧之原」で茶の栽培と製造を行っています。大正13年に初代平蔵が牧之原にて緑茶の製造を始めてから、現在5代目まで引き継がれています。

以前は茶箱を使ってお茶を出荷していたそうです。
写真中央の「マルヘイ」は屋号になります。

◆ちなみに、牧之原ってどこかご存知でしょうか?

東京方面から名古屋方面へ高速道路で静岡県を横断する時、「どこまで運転すれば静岡県を抜けるんだろう?」「静岡県って横に長すぎて迷惑!」と疲れがMAXになり、皆さんがお手洗い休憩をするのが牧之原SAだと思います。そう、そこが牧之原です。

屋外のベンチで抹茶ソフトクリームを食べた経験がある方が多いのでは?静波海岸など海が綺麗で、賄賂政治で有名な田沼意次、塩の道、相良油田など自然だけでなく、歴史もある面白い町です。そして、お茶をはじめとして、いちご、メロン、レタス、大根など太陽の恵みがいっぱいで、本当に食事が美味しいです。


03. 糖質オフと旨味を両立したジェラート【g-Low's(ジーロウズ)】に込めた想い

◆きっかけは、自身の妊娠糖尿病との向き合い。

私は大学を卒業後、オーストラリアのメルボルンで旅行代理店に勤務し、帰国後は育児を優先して生活をしていました。

長女と長男が幼稚園に入園してから、パート勤務でお仕事をさせていただいたこともありましたが、長女が手術のために入院をしたり、私自身もハードな毎日に体力的にも精神的にも疲れ果ててしまい体調を崩したり、勤務先にご迷惑を掛けてばかりで、育児と仕事の両立にとても悩んだ時期があります。

そんな時に第三子を妊娠し、妊娠糖尿病と診断されるギリギリの数値で食事のコントロールに苦労し、ひどい悪阻の後は切迫早産と診断され、不安で暗い毎日を過ごしていました。

二回の手術を頑張った長女の写真です。

◆「不安」や「大変」で終わらせず、解決策を考える。

私自身が第三子を妊娠中に、ひどい悪阻で点滴に通ったり、切迫早産と診断され、不安で暗い毎日を過ごしているうちに「家族と元気に笑顔で過ごせること」は当たり前のことではなく、とても幸せなことなんだと改めて実感しました。

そこで食事の管理が必要な方もそうでない方も家族皆で同じスイーツを食べて、美味しい時間を共有できる商品を作りたいと思いました。

私は妊娠中、自分の分だけ特別な糖質オフの商品を買っていたのですが、出来れば、お子様から高齢者の方まで安心して皆で同じスイーツを食べて、笑顔になれたら素敵だなと思いました。

そして、私が妊娠中に購入して食べていた糖質オフの商品には添加物が入っていたり、少しお薬のような不自然な味がしたり、なかなか心から美味しいと思える商品に出会えなかったので、糖質を抑えるだけでなく、牧之原の特産品を贅沢に使用したジェラートを作ろうと決めました。


◆出会いに恵まれ、ジェラート開発が前進。

「ジェラート開発をしたい。」

私は今まで食品に携わるお仕事をしたことがなく、小笠原製茶は小売りをしていないお茶屋さんなので、どこからスタートをしてよいか分からない状態の時に「メディシェフ×静岡県」の健康食開発事業に出会いました。

メディシェフとは一般社団法人日本医食促進協会さんが運営をする「医療・栄養・調理に関する知識を一気通貫で学び、健康・予防・疾患に適した食を提供する人材」のことです。

有難いことに令和二年度にこの事業に参加をさせていただき、メディシェフの青木一敏シェフ(ホテルクエスト清水調理長)と商品開発をさせていただきました。また、お医者様や管理栄養士の方からアドバイスをいただいたり、私自身もメディシェフの講座を受講して、医学的な知識に基づいた食事作りを勉強する機会を得ることが出来ました。

素敵な仲間に恵まれ、刺激をいただきました。

納得のいく商品を作るために、何回もミーティングを重ねました!

04. 【g-Low's(ジーロウズ)】の特徴

◆糖質オフジェラートの【g-Low's(ジーロウズ)】は「砂糖なし&卵なし&添加物不使用」の心にも身体にも優しい、罪悪感の少ないジェラートです。

砂糖の代わりに植物由来の甘味料を使用しているので、甘さも十分感じることが出来ます。

また、糖質を抑えるだけでなく、牧之原の自然の恵みを贅沢に使用しており、おいしさや自然の恵みを感じられるようにこだわりました。



◆【g-Low's(ジーロウズ)】の名前に込めた想い

①【g-Low's(ジーロウズ)】のgはgreen tea

②【g-Low's(ジーロウズ)】のLowは、
 「Low sugar, Low fat, Slow food, Local food」のLow

を意味しています。


◆現在、【g-Low's(ジーロウズ)】 には「深蒸し茶」「ほうじ茶」「静波レッドいちご」「相良の塩」「みるく」の五種類のフレーバーがあるのですが、全て生産者様から直接素材を購入しているので、安心安全な商品です。

特に、静波レッドいちごは粒が大きく、甘味だけでなく、酸味もしっかりと感じることができ、私の子供達も大好物です。また、実際に手作りで作られている相良の塩のお塩作りの見学に行かせていただいたり、牧之原市史料館へ牧之原の歴史の勉強に行ったり、ジェラート作りを通して、意外と知らない自分の住んでいる町の面白い発見をすることが出来たことで、新たな生産者との出会いや、新作フレーバーのアイデアが浮かぶようになりました。

お塩の見学では、パチパチと薪が燃える音や匂いがとても新鮮でした。
また、出来立てのお塩はまろやかな甘みがあり、ビックリしました。

濃い目の粉末緑茶をアフォガード風にかけると風味が増します。


お茶好きの方には「追い粉末緑茶&ほうじ茶」がオススメです。

牧之原産のはちみつ「Honey boy」とフルーツグラノーラで、贅沢なザクザクスイーツに変身!

◆ジェラートのカップのデザインにもこだわり、牧之原の新緑が綺麗なお茶畑、太陽がいっぱい降り注ぐ海、ゆっくりと堂々と回る風車となっています。小さなお子様にもワクワクしていただけるような遊び心のあるデザインが自慢です。

令和三年四月撮影 ジェラートのカップのデザインを通して、この壮大な牧之原の風景を皆様にお届けしたいです。



05.現在、新作フレーバーを求めて新たな挑戦中

今回はしずおかMIRUIプロジェクトに参加させていただき、暑い夏にぴったりの「糖質を抑えた青島みかんのシャーベット」を【g-Low's(ジーロウズ)】 の新フレーバーに加えるべく試行錯誤を重ねています。

※ジェラートはねっとりとして味にコクのあるものを想像しますが、イタリア語で凍ったお菓子全般を指す言葉になるので、シャーベットもジェラートの一種になります。

実は牧之原市は夏場に収穫される作物が少なく、夏のマルシェで販売する商品が少ないのです。ですので、今回はいたくら農園さんが生産された青島みかんを使用し、真夏に食べたい爽やかな青島みかんのシャーベットを作り、年間を通して牧之原の美味しさを皆様にお届けしたいなと考えております。


化学肥料に頼らず、土地の土壌や気候、地形を生かして愛情いっぱいに育てた青島みかんは、味がとても濃く、甘みと酸味のバランスが絶妙です!また、口に入るものなので除草剤にも頼らず、丁寧に手間ひまをかけて草刈りをして成長した青島みかんには、いたくら農園さんの「安心安全、美味しく、楽しいものを提供したい」という想いが詰まっています。

食欲のない夏でも食べやすいサッパリ&シャリシャリしたシャーベットを試作中です。

06.これからの目標

1)今回のクラウドファンディングをきっかけに、様々な販促手法を学び、活用しながら皆様に小笠原製茶の存在、【g-Low's(ジーロウズ)】を広げていきます!

2)糖質オフジェラートを通して、食卓を元気にします!

3)お茶農家って面白いなって興味を持ってもらえる若い世代を増やします!

4)夏場でも一年を通して牧之原の旬の美味しさを皆さんに味わっていただけるジェラートに進化します!

※牧之原市は夏場に収穫出来る作物が少なく、夏場のマルシェで販売する特産品が少ないので、年間を通してイベントを賑やかにしたいです。

5)外国人観光客に糖質オフジェラートと深蒸し茶のセットを販売します!

※海外のお客様にも日本の本場のお茶の味を体験して欲しいなと願っています。私の最終的な目標は海外進出です!


07.さいごに

出会いに恵まれ、【g-Low's(ジーロウズ)】を開発することができました!これで終わりではなく、皆さんと一緒に美味しいジェラートの食べ方などを研究しながら、【g-Low's(ジーロウズ)】を世の中に羽ばたかせたいです。そして、一家団欒や大切な人と過ごす時間に「美味しい笑顔」を増やすことが出来たらと思っています。

牧之原市の美味しさ、生産者の想いを詰め込んだ身体にも心にも優しいジェラートの応援をしていただけると嬉しいです!

よろしくお願い致します。


[特定商取引法に関する記載]
・事業者名: 小笠原製茶
・運営責任者:小笠原 一智
・所在地:〒421-0524 静岡県牧之原市須々木1249-2
・メールアドレス: h-ogasawara@hotmail.com

[本プロジェクトはAll-in方式で実施]
目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/09/05 10:32

    こんにちは。9月に入り、牧之原は秋らしい気候になってきました。これからさつま芋や梨など美味しい食べ物がいっぱいの季節になるので、とても楽しみです。さて、小笠原製茶の糖質オフジェラート「ジーロウズ」がふるさと納税の返礼品に仲間入りしました!※画像はふるさとチョイスのホームページから引用させていた...

  • 2021/08/24 14:08

    こんにちは。牧之原はどんよりとしたお天気が続いていますが、今日は午後から晴れ間がのぞき、気持ちもスッキリしてきました。さて、小笠原製茶のティーバッグと粉末緑茶のラベルをリニューアルし、「ジェラートとお茶のお得なセット」販売を開始しました!牧之原の緑のお茶畑、青い海、堂々と回る風車をイメージしま...

  • 2021/08/01 16:50

    こんにちは。厳しい暑さが続いていますが、お変わりありませんか?我が家は三番茶が終わり、落ち着いた生活が戻ってきました。さて、小笠原製茶のWebサイトがリニューアルしました。 小笠原製茶Webサイト牧之原の広大なお茶畑の風景を皆様に知っていただきたく、今年の四月にドローン撮影を行い、心がホッコリ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください