福岡市平尾にあるキッチンから、皆さんの体調やココロを整える薬膳料理を発信しています。これまで延べ2000人の生徒さんに、体調別のおススメ食材、季節のテーマに合わせた薬膳レシピをご紹介してきました。

「美味しく楽しく体質改善」をモットーに、ご自宅でもリピートできる薬膳レシピをお伝えしています。

薬膳レッスンをしていく中で
◎「薬膳料理を食べて冷えが取れカラダが楽になりました」
◎「今年は花粉症が出ないです!」そういった生徒さんからの声が増えてきました。
そして、私自身も薬膳料理で体調が良くなり生活が楽になった1人です。

「もっと手軽に、もっとたくさんの方に薬膳料理を食べてもらいたい!」

そんな想いが私の中で大きくなっていき、生まれたのがこの薬膳ハウス金木犀のスープです。

(株)熊本チキンさんのハーブ鶏で作られた丸鶏のスープ。そこに薬膳の理論をプラスして、こんな時代だからこそ、心身ともに健康を保てる薬膳チキンスープを作り上げました。

薬膳ハウス金木犀のスープは、無添加、化学調味料・保存料不使用、徹底的に素材にこだわったスープです。素材の風味を活かした優しい味わいをご自宅てお楽しみください。






新たなスーパーフードとして近年アメリカを中心として話題の「ボーンブロススープ」をご存じですか?

「ブロス」とは肉・魚や骨などをじっくり煮込み、そのエキスがたっぷり溶け込んだだし汁のことです。長時間煮込むことで、ゼラチン・アミノ酸・ビタミン・ミネラルといったあらゆる栄養素が溶け出したスープはまさに「飲む美容液」




また「飲む万能薬」または「飲む免疫力」と言われ、NYをはじめアメリカ都市部ではコーヒースタンドと同じようにボーンブロススタンドがあり、習慣的にボーンブロスを飲む人が増えています。液体なので肉や魚をそのまま食べるより腸に負担をかけにくく、骨の栄養分も吸収するというメリットもあります。栄養成分がたっぷりのスープは美味しいだけでなく美容、ダイエット、お通じなど体への栄養も抜群。セレブ界きっての健康オタクとしても知られる、女優のグウィネス・バルトローも愛飲してると言われています。





今回紹介するチキンブロススープは、グループ会社の九州産「うまかハーブ鶏」の丸鶏を使用。本当に美味しい鶏肉をお客様に届けたいと飼料から養鶏場、処理加工まで一貫してグループで行っています。

飼料にはタイム、セージ、ローズマリーと言ったハーブが入っていて鶏の臭みをおさえています。だから、このスープに使う鶏はどこよりも安心安全な新鮮な鶏を贅沢に直で使う事ができるんです。

薬膳では素材を丸のまま使うのが一番栄養を取ることができると考えられています。丸鶏を6時間じっくり煮込んだスープは食用の肉の部分からは得られにくい栄養素を抽出して、コラーゲン・カルシウム・ゼラチンといった栄養を丸ごととることができます。さらに鶏肉には最近話題の認知症予防のプラズマローゲンが豊富に含まれており、まさに栄養満点です。

毎朝1杯のコーヒーの代わりに1杯のチキンブロススープを習慣にしませんか?

もちろん、鍋やお料理の下味、ラーメンスープ等様々な応用も効くスープです。





(株)熊本チキンのハーブ鷄では、「健康でたくましい鶏」を育てることを大切にしています。私が幼い頃、鶏は庭先で飼育されていました。食べ物が豊富にあったとは言えませんが、当時の鶏肉は深い味わいと程よい弾力があり、本当に美味しかった記憶があります。

生産者としてあの頃の「鶏肉本来の味」を多くの人に知ってもらいたい、笑顔溢れる食卓と健康的な生活の一助となりたい、そんな想いもあり、出来る限り自然に近い形で健康でたくましい鶏を育てています。現在、多くの生産現場では病気などの問題から、徹底した消毒や予防目的で抗生物質を投与しています。しかし、本来は鶏に限らず全ての生物は病気にならないよう自己免疫機能が備わっています。そこで、私たち(株)熊本チキンのハーブ鷄では、必要以上の消毒や投薬投与は避け、鶏が持つ本来の抵抗力が損なわれないよう配慮しつつ、鶏のポテンシャルが活かせるように餌や環境整備に努めています。

本来の風味や弾力が味わえる鶏肉になっていると思いますので、ぜひ多くの方に食べていただき、食卓にたくさんの笑顔が生まれることを願っています。




【環境づくり】

自然に近い環境育てることで、鶏が元気で健やかに育つという考えのもと、全国でも珍しい薬剤に頼らない「戻し堆肥」を使った寝床作りや、熊本山鹿市のきれいな地下水を飲み水として使うなど、熊本の大自然を活かした自然に近い環境づくりをしています。


【飼料】

成長段階によって4つの餌を使い分け、餌の中には厳選したハーブを混ぜることにより、鶏が本来持つ自然治癒力を高めるようにしています。また、休薬期間を国が定める期間より3-4倍長く取ることにより、消費者の皆様が抗生物質などの残留の心配をすることがないようにしています。


【こまめな飼育】

当たり前のことですが、農場のメンバーが鶏の状態を逐一管理し、必要に応じて飼育方法を毎回調整しています。言葉に出来ない鶏が何を求めているかを長年の経験から判断し、鶏が健康に元気に育つことができるようにしています。


では、この薬膳ハウス金木犀のスープ。どんな考え方が軸になっているのでしょうか。

皆さんは「薬膳」という言葉を聞いてどんな食べ物を想像しますか?

◎薬膳カレー?

◎薬膳粥?

◎薬みたいな食事?

◎美味しいの⁈


皆さん、それぞれ色んなイメージをお持ちだと思います。
でも、一言で言うと、薬膳って「カラダに良くて美味しいお料理」なのです。
そして、素材を組み合わせることで、カラダに吸収されやすい優しいお料理になります。

具体的には、薬膳ハウス金木犀のスープは、次のような理論をもとに食材を組み合わせています。


〜薬膳ハウス金木犀スープの3つのこだわり〜

【こだわり① 素材の味を感じるスープ】
無添加、化学調味料や保存料は不使用、塩味の分量にもこだわりました。味付けは素材の味わいを最大限に活かしています。飲むとカラダが喜ぶスープです。
【こだわり② うまかハーブ鶏の丸鶏スープ】
基本となる丸鶏スープは、ハーブを混ぜた飼料で育てられた(株)熊本チキンのハーブ鶏を使っています。ローズマリーやセルフィーユなど西洋のハーブと薬膳との画期的なコラボレーションです。
【こだわり③ 国際薬膳師による監修】
国際薬膳師の資格を持つ薬膳料理研究家・SATOEが約二年間の歳月をかけ、6つのスープを作り上げました。素材の組み合わせ方、丸鶏スープとの相性、ご家族皆で楽しんでいただけるよう最終的な味の調整など、細部までこだわりぬいた薬膳スープです。

【薬膳料理研究家・SATOE】
1979年福岡生まれ・薬膳料理研究家。国際薬膳師。「薬膳ハウス金木犀」主宰。株式会社金木犀代表。株式会社LeQUALIA共同代表。2019年西南学院大学コミュニティカレッジ講師。
同志社大学大学院修了後、約12年間法律系国家公務員として勤務。
その後自身の体調不良をきっかけに薬膳と出会い、一念発起して薬膳料理家に転身。
福岡市内に料理教室「薬膳ハウス金木犀」を開講。

「楽しく美味しく体質改善」をテーマに、ハーブやスーパーフードも取り入れた新しいかたちの薬膳料理を追求。合わせて四診による体質診断も研究中。

薬膳教室では、クッキングと理論の2つのコースを設け、作りたい人、知りたい人、それぞれが気軽に薬膳にふれられるカリキュラムを提供。薬膳理論を応用し、どのジャンルの料理にも合わせた薬膳料理を得意とする。



商品紹介





*支援金使い道

・薬膳おにぎりの開発費

・薬膳サラダチキンの開発費

・その他、薬膳関連商品の開発費

・リターン等の送料

・クラウドファンディング手数料



「自分を大事にする『一日一薬膳』」

なたが美味しいと感じるものは何ですか?

あなたが今この瞬間に食べたいものは何ですか?

毎日違う自分自身。

本当にカラダが喜ぶものを知るために。

一日に一度の薬膳料理。

自分自身を大事にする瞬間を味わってください。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください