「CoiCoi」はカープ女子のためのリトルプレス(自費出版雑誌)です。 Vol.1を2014年に制作。30書店で扱われ、300部を販売しました。 ちなみに広島東洋カープとは一切関係は無く、 カープ女子を揶揄するためだけにつくりました。 今回その第2号を制作したいんです!

プロジェクト本文

水野しずさんにご登場していただくことが、決まりました。 ※2017年10月19日更新

 

表紙・巻頭のグラビアページには、

水野しず さんに登場していただきます。

2017年10月15日、撮影を終えました。

それに伴い、特別なリターンも追加。

水野しずさんと鯉が戯れるポラをプレゼント。

直筆サイン入りです。

特別に13枚をご用意いたしました。 

 

【13個限定!特別リターン追加しました】※2017年10月19日更新

☆水野しずさん直筆サイン入りポラロイド

※一枚一枚異なる写真に、異なるサインが入っています。

ここでしか手に入らない、特別な一枚です。

 

↑鯉のぼりを愛でる水野しずさん。13枚のうちの1枚です。

 

 

 

 

なぜCoiCoiをつくろと思ったのか。

 

カープ女子全力応援マガジン「CoiCoi」を発行するに至ったのは、完全なる思いつきです。

CoiCoiをつくった2014年当時「カープ女子」が流行しました。

僕は生粋の広島東洋カープファンです。

カープ女子という名のにわかファンの登場が嫌で嫌で仕方が無く、

なんとかそれを皮肉り、揶揄したいというねじ曲がった気持ちだけで、

「鯉女子」を思いつき、「鯉女子」をテーマに何か企もうと考えたのです。

 

本来なら女の子に鯉をもってもらって、写真をSNSにアップすれば、

それですむことなのかもしれません。でも、そんな安易な手段はとりたくなかった……

という誰得にもならない意地と、

やるからにはきちんとした大人の悪ふざけをしたくなり、

「鯉」というテーマだけで一冊の雑誌をがんばって作った次第です。

 

 

 (↑表紙をめくると、鯉を持った女の子が。「そっちのカープかよ!」という

ツッコミが成立した時点で、この雑誌の面白さの9割を堪能したことになります)

 

Vol.1の販売実績は。 

精魂こめてつくった甲斐もあり、CoiCoi Vol.1は

約30の書店さんに取扱していただき、

計300部を販売することができました。

以下取扱していただいた主な書店さんです。

●SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS)

●ガケ書房

●ミシマ社の本屋さん

●銀座モダンギャラリー

●タコシェ

●blackbird books

●ポポタム

●451BOOKS‏

●タナカホンヤ

●シカク

etc……

 

(↑鯉の種類を紹介する鯉図鑑ページ)

 

 

(↑鯉料理が食べられるお店を紹介するグルメMAPページなど)

 

さらに、書店での取扱だけでなく、

雑誌『ソトコト』のリトルプレスを紹介するページに

1Pを使って掲載していただいたり、

『ビートたけしと北野武』『タモリと戦後ニッポン』の著書である

ライターの近藤正高さんのブログで紹介していただきました。

(↑雑誌ソトコトの誌面)

 

なぜVol.2をつくりたいとおもったのか。

 

Vol.1をつくってから3年が経ちました。

正直、Vol.1を完成させたことで自分の中で満足した部分はあったんです。

しかし、時間が経てば経つ程、

CoiCoiをつくったときのワクワク感を

また味わいたいと強く思うようになったのです。

 

僕はふだんコピーライターをしています。

ですからものづくりの喜びは知っているつもりでした。

しかし、見ず知らずの人がCoiCoiというわけのわからない雑誌を

本屋で手に取り、クスッとして、レジに持って行く姿をこの目で見た時、

これまで体験したことのない歓びが待っていたんです。

 

 
Vol.2で実現したいこと

 

Vol.1は全16ページでした。

今回制作するVol.2では読者の方により満足してもらうために

大幅にページ数を増やす予定です。

現在の想定は50ページ前後。

冊子中身の企画は以下のようなことを考えています。(※変更の可能性はあります)

 

●表紙・巻頭グラビアページ

●鯉のぼり職人のインタビューページ

●鯉図鑑〜錦鯉篇〜

●コイ占い

●コイ漫画

●鯉が出てくる小説、音楽、映画の紹介

●鯉にまつわるグッズページ

●鯉料理

 

※表紙はいかにもカープ女子の雑誌感を出し、開くと「鯉!」という出オチ感はVol1同様に死守します。

(くだらないこだわり)

 

 

Vol.2の店頭販売価格は?

 

Vol.1は16ページ程度の冊子ということもあり300円で販売しました。

今回のVol.2は50ページ前後の冊子になることもあり、

店頭販売価格は、800円〜1200円を想定しております。

 

 

さいごに……

 

Vol.2の制作を実現するために、

取材費や、撮影費、スタッフのギャランティ、印刷代など

たくさんの費用がかかってしまいます。

みなさんの無理のない範囲で構いませんので、

ぜひご支援いただけるとありがたいです。

 

Vol.2ではみなさんに支援していただくこともあり、

販売部数にもこだわっていきたいと思います。

Vol.1は300部の販売でしたが、

800部〜1000部を目指します!欲を言えばもっと!

イベントに出たり、書店への営業も頑張りますので

なにとぞよろしくお願いします!!

 

 

広島カープ好きがこうじて、鯉と関わるようになりましたが、

鯉の魅力ももっと多くの人に広めて行きたいと思っています!!

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください