出版(本の世界)では、本好きが、寂しさを感じている

 出版の世界は、とても困った状況に陥っています。雑誌や新聞はボロボロですが、じつは書籍(本)はそれなりに読まれています。しかし、似たような本が多いと思いませんか? また、誰が何を読んでいるのだろうか? と思いませんか。
 かつてあった「読書会」やネット上のサークルもSNS化してよくわからなくなってしまったので、本好きは孤独に自分の趣味を追求するか、たまたま見つけたSNSの読書グループで意見交換するしかないのでしょうか。
 それに、自分の本を出そうと思ったときに、すごく高い出費を強いられたり、自分のイメージと違う本になってしまったり、へこむような事が多いのです。
 そこで、この「BOOKSTATION」(ブックステーション)(C)という巨大な本のサイトを立ち上げることを考えました。
 このサイトは、広い意味では「本を紹介するアフィリエイトサイト」です。かといって、ここからリンクして本を買っていただいても数パーセントの売上をいただくだけなので、小さい出版社である平成出版としては、しばらく堪えていくしかありません。
 できるだけこのサイトを多くの人が楽しむための「ベースキャンプ」として利用していただければ、これほど嬉しいことはありません。

 ※註 このプロジェクトで使われている画像は、すべて主宰者の手配したもので、イラストは発注したか契約しているストックフォトのものです。表紙画像は、主宰者の発行した本がメインで、他の映っている表紙画像も「書影」でアフィリエイトとして許されているものです。著作権への抵触はしていません。

現在はテストサイトです。5月上旬までに12万冊ものデータは搭載していますが、検索などの機能がまだ十分に働いていないので、活用されていません。ここにどんどん書き込んでいただけるように、サイトの体裁・機能を整えたいと思っています。サイトを育てるために、皆さんの力を貸してください!

https://bookstation.jp

 ここでは、読者の皆さんが自由に意見を書いたり、動画で語ることができます。自分の「推しブック」「推しメン(著者)」をクリックだけで登録できるようになっています。クラウドファンディングを利用して本を出す人(このキャンプファイヤーに掲載された出版プロジェクトなど)を応援するページもあります。(機能が十分に使えるようになるには、このプロジェクトが成功してから2か月後です)

 みんなで「もっと楽しい本の世界」を盛り上げてもらいたいと思っています。 しかし今のところ、テストサイトの状態なのです。外形だけが出来ています。中はまだガランドウの状態です。この閑散とした状態を、皆さんの力で、他に類のない、「本のワンダーランド」にしてもらいたいのです。どうか皆さん、出資のみならず、書き込んだり人を呼び込んだりしてください!



このプロジェクトで実現したいこと

 本のクチコミサイト「BOOKSTATION」は、様々な工夫によって、サイト設営について、費用や運営費をぎりぎり抑えることができています。現状は、サイトの「外形」はほぼ完成して、本の表紙などのデータも読み込まれつつあります(5月上旬で12万冊の表紙など書籍データを搭載)。しかし、ユーザーの書き込みが加わらないと、がらーん、とした状態で、閑古鳥が鳴いてしまいます。
 このプロジェクトによって、皆さんに存在を知っていただくとともに、協力者になっていただき、まだ足りないサイト設営費用や、書き込みを呼びかける販促費用などを調達したいと思っています。
 このプロジェクトによっていただいた資金をつかって、まだ働いていない機能を働かせて、楽しめる場にしていきたいと思っています。

プロジェクトをやろうと思った理由

Amazonなどの本の販売サイトを見ていて、「レビュー」しかないのがもどかしく感じました。また、大手以外の出版社の本で「すばらしい!」というものがあっても、消えていく悲しさを見てきました。そこで、「レビュー」はもちろん「クチコミ」が書ける機能、さらに動画もYoutubeにあるものならば、投稿できる、そういう機能をつけました。どんどん本に関する動画も上げてください。
 そうやって、「本を軸にして、楽しめるサイト」にできないか、と思った次第です。


これまでの活動

 平成出版は「わかりすく読みやすい本」を編集して、クオリティの高い本を出版してきたという自負はあります。ただし、小さい出版社が舐める無念さも味わってきました。
 現在の状況はかなりヘンだと思っています。流通に強い会社(つまり本を配本する取次会社との既得権がある会社)だけが、たくさんの本を入れることができるのです。そのため、本当に面白い本が埋もれてしまっています。
 それを変えるためには、いまの時代に合った、出版のカタチを追求するしかありません。そこで、この「本の巨大クチコミ・サイト、BOOKSTATION」を構想しました。
 将来的には、自分の欲しい本が何なのか、すぐわかって(教えてもらえて)、買うこともできるし本屋さんで実物も手に取れる、というようになればいいな、と思っています。

資金の使い道
 サイトの機能を働かせて、最後のフィニッシュをするために、資金が必要なのでそれに使わせていただきます。
 また、目標金額を大きく上回ったときには、多くの人に無料ユーザーになってもらうために、販促活動に資金を使います。

リターンについて
 このサイトの開設を機会に、代表須田(スダッチ)が、出版界の現状と知られざる内幕、本を出すときに知っておきたい基礎知識を書いた限定版の小冊子「出版Q&A-お代官様と黒船」を製作します。
 多くの出版セミナーでは、「企画書をどう書くか」「文章はどう書けばいいのか」という事が主ですが、本を出したい人は、「本の流通」についてのことはよく理解していただきたいです。
 この限定版の小冊子は、「お代官様」=取次会社(本の卸の会社)と「黒船」=Amazonなどのネット巨大企業、について解説しています。本は「書き手」と「読者」がいれば成立する、せいぜい「出版社」が関わるだけ、と思っている人にとっては、この「そびえ立つ大きな壁」は知っておいていただきたいと思います。
 ぜひこのサイトを盛り上げていただきたいので、ご協力いただいた方は、「レビュー」や「クチコミ」だけでなく、それぞれの本の情報ゾーンに書き込みができる「特別会員」の資格を付与します。
 リターン品として、小冊子と特別会員の扱いを軸として、バナー提供、イベントご招待などをリターンに加えるようにします。さらに、金額は高価になりますが、本そのものを相場よりもかなり安く出版できる権利も、リターンに加えます。

(シンプル応援のみ)心を込めたお礼のメールと、サイト正式オープン時の協力者一覧への表示
2,000円 無制限

限定版小冊子「出版Q&Aーーお代官様と黒船」、サイト正式オープン時の協力者一覧への表示
3,500円 500人

限定版小冊子「出版Q&Aーーお代官様と黒船」 、サイト正式オープン後の協力者一覧への表示、サイト正式オープン後のオンラインイベント(8月に開催予定)へのご招待
6,500円 100人

限定版小冊子「「出版Q&Aーーお代官様と黒船」、サイト正式オープン時の協力者一覧への表示、サイト正式オープン後のオンラインイベントへご招待(8月に開催予定) 、通常の無料会員が「レビュー」「クチコミ」だけ書き込めるのに対して、本自体の情報を書き込める特別会員の資格授与
10,000円 100人

限定版小冊子「出版Q&Aーーお代官様と黒船」、サイト正式オープン時の協力者一覧への表示、サイト正式オープン後のオンラインイベントへご招待(8月に開催予定)、本の情報も書き込める特別会員の資格を授与、サイトの1分野(8つの分野のうちの一つ)へのサイドバナーに2週間表示してアピールできる設営許可(表示規約に沿えば、自由にバナーで表現できます)
15,000円 50人

限定版小冊子「出版Q&Aーーお代官様と黒船」 、サイト正式オープン時の協力者一覧への表示、本の情報も書き込める特別会員の資格を授与、 サイトオープン後に開かれる出版セミナー付きのリアルのオフラインイベント(東京で8月に予定。交通費宿泊費は参加者負担)へのご招待
20,000円 30人

オンラインで出版の相談(スダッチが対応します。1時間程度、zoomを予定)、実際に平成出版からの出版につながった場合は、格安の金額で対応します。 さらに、サイトオープン後に開かれる出版セミナー付きのリアルのオフラインイベント(東京で8月に予定。交通費宿泊費は参加者負担)へのご招待
50,000円 15人

対面での出版相談(東京都心にてスダッチが対応します。1時間程度)、実際に平成出版からの出版につながった場合は、格安の金額で対応します。さらに、サイトオープン後に開かれる出版セミナー付きのリアルのオフラインイベント(東京で8月に予定。交通費宿泊費は参加者負担)へのご招待
80,000円 15人

実際に、あなたの本を出版します。ただしこちらは、電子書籍(Amazonキンドル)です。内容はモノクロで、8万字以内の文字原稿か、100枚までの写真や絵・イラストです。編集および校正はきちんと行います。5か月以内の発行予定ですので、原稿や画稿は、3か月以内にご用意ください。販売価格はこちらで決定します。印税は実売ベース15パーセントですが、電子書籍の場合、広く読まれるためにアンリミテッド扱いになるので、印税は多くを期待しないでください。
185,000円 15人

実際に、あなたの本を出版します。こちらは紙の本で、印刷部数はベーシック仕様で、300冊、四六判160ページ迄またはA5判128ページ迄の表紙カラー本文白黒の本、またはA4判80ページのオールカラー写真集(並製)とします。オンデマンドではない、ちゃんとした紙の本です。著者には100冊迄を納品します。残りの部数は、Amazonにての販売をいたします。プロジェクト終了後5か月以内の出版前提ですので、原稿や画稿は、3か月以内にご用意ください。販売価格はこちらで決定します。印税はAmazonでの実売ベース10パーセントです。
650,000円 15人

※支援時、必ず備考欄にご希望のお名前を記入してください。また、出版相談や自分の著書出版のリターンを選択した場合は、希望日(プロジェクト完了後に、ご希望する日程)をご記入ください。

実施スケジュール

5月 プロジェクト公開
6月 締め切り
7月 小冊子の製作、配布
8月 サイト正式オープン(予定)、イベント開催

最後に一言!
 「一冊の本」が、あなたの人生を変えることがあります。それは日々消えていくサイトや映像では得られない体験です。そして知性やリテラシーを左右します。池上彰さんも「本屋さんがにぎわっている新興国は間違いなく成長していく」とおっしゃっています。
 世の中には、いろいろなプロジェクトがあると思いますが、オーバーに言うと、この文章を読んでいる「あなた」が参加するかどうかで、「日本人の教養」が今後も守られていくかどうか、というプロジェクトは、なかなか無いと思います。
 このBOOOKSTATION(ブックステーション)には、好きな本が自動的にMYページにのる「推しブック」機能や、「推しメン(好きな著者)」機能など、様々な楽しみ方ができる仕掛けが満載です。クラウドファンディングで本を出したい人を応援するコーナーもあります。
 一日も早く、この、本を軸にしたサイトで、存分に遊んでほしいと思います。同じ趣味嗜好の仲間たちも、たくさん見つけてください。
 ぜひ、誰もいない、「がらんどうの、人がいない高層ビル」にしないでください。楽しく賑わう場にしてほしいと思います。

<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合でも、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください