はじめに・ご挨拶

はじめまして!
自然が大好き、お菓子が大好き、喜んでもらうことが大好きな
ココアイのオーナーパティシエ原田知里(はらだちさと)と申します。

このページを見てくださってありがとうございます!!

大好きなお菓子の中でも、私が作るお菓子は、自然派・野菜スイーツです。
小さな頃からアトピー性皮膚炎で悩んでいた私ですが、20代前半の頃にひどく悪化して悩みました。
克服したのは食事療法がきっかけでした。
食べ物のこと、野菜のことを勉強し、体感するうちに、「食べることは生きること」なんだと痛感するようになりました。そして、私が大好きなケーキ作り、人々の幸せな暮らしに欠かせない「甘いもの」の分野で「本当に安心できるスイーツで、人々の心と身体を癒したい」と思うようになりました。

こうして2010年にオープンした「やさい菓子工房ココアイ」。

生まれ育った橿原市・大和八木駅前にオープンした小さな工房は、地域の皆様に愛していただき、
ケーキや焼き菓子のご注文を頂く量も増えていき、だんだんとこの工房では収まりきらなくなってきたことと、かねてからの夢であった「田舎暮らし」を実現すべく、昨年天理市の大和高原地域に移住しました。標高500Mで、家の中は夏でも涼しく、また田園風景が美しいところです。

ココアイの経営者である夫と二人の娘たち、そして子ヤギの、4人+1頭で田舎暮らしを楽しんでいます。八木駅前店の工房の厨房部分を自宅の敷地内に移転し、「ココアイ~大和高原店」として2021年6月より運用を開始。ハーブガーデンを作ったり、畑で野菜を育てたり、果樹を育てたりしながら、お菓子作りをし、自然の中で子育てをしながら仕事をしている中で
大きな空と季節ごとに姿を変える木々や草花が、こんなにも頭や心を癒してくれることを知りました。

この家に住むようになって、街で暮らす友人たちが心を整える場所、癒やす場所として、度々遊びに来てくれるようになりました。その友人たちの姿を見て、この場所は『大自然と街をつなぐ場所』なんだな~と
感じるようになりました。

▼やさい菓子工房ココアイって?

ここで少し、私たち夫婦が営むケーキ店「やさい菓子工房ココアイ」について紹介させてください。

奈良県橿原市の中心部、大和八木駅の高架下にたたずむ小さな工房。
この高架下は古くから続く喫茶店や飲食店、そして新しくできたお店が入り混じって並んでいます。私の祖父は昭和43年にこの商店街で洋食屋「マロニエ」を始め、今でも地域の皆様に愛され続けています。


50年ほど前。祖母、マロニエ前にて。小さな頃から慣れ親しんだ八木駅前商店街の、人のつながりの中で育った私は大人になってから父と洋食屋「マロニエ」で働きながら、「いつか自分も地域の方に恩返しがしたい!」、「お客様にワクワクしてもらえるようなお店が作りたい!」、と思うようになりました。


食事療法で食の制限をしながら、原材料にはとても気を配って生きていた当時の私。

なんでも気軽に食べれる状態ではありませんでした。

食の制限でつらいのは、3度の食事だけではなく、おやつもなんです!!

甘い物を我慢することは、実際にはものすごくつらいこと。



同じようにつらい想いをされている方に、幸せな時間を贈りたい!!


そんな風に思ったのが、野菜を使った自然派スイーツのお店をしようと思ったきっかけでした。

体の為にも、そして地域の為にも、地元で作られた農産物を使用したい。
出来る限り奈良県産、国内産のものにこだわりたい。
砂糖や塩もきちんと選び、出来る限り身体に優しい素材を使いたい。
自分の子供たちにも安心して食べさせられるお菓子を作りたい。

そして、私たちココアイの「やりたい!」だけではなく、
いつもご愛顧いただいている顧客様にもたくさんのお声を頂き
ココアイは11年かけて今の形になっていきました。


▼ココアイが大切にしていること
①白砂糖やショートニング、安価な油等、身体の負担になる材料は使用しないこと。
②甜菜糖やデーツで甘さを表現し、小麦粉・卵・米粉など出来る限りの材料は奈良県産を使用。
③パティシエが心を込めて手作り。



材料さえ身体に優しいものを使えばいいというわけではなく、やはり第一に


美味しいこと! また食べたくなること!


があるべきだと思っています。

ありがたいことに、「身体に優しいのにめちゃくちゃ美味しいケーキ!」
とお客様から喜んで頂くことが多く、
まさにこのバランスこそがココアイのお菓子であると思っています。


▼ココアイのケーキやお菓子をご紹介!!
ここで、当店のメインのケーキや焼き菓子をご紹介させてください。
かなりの種類があるので、全てはご紹介できませんが、ほんの一部!

【お芋とおいものロールケーキ】
 橿原市産の安納芋を米粉の生地に混ぜこんだ、しっとりフワフワのスポンジ。
米粉は大和高原の米粉、大和なでしこ卵、油は太白胡麻油でふんわりと仕上げています。
アンデスの紅塩が引き立てる安納芋の優しい甘さとコク。小麦粉は不使用です!!
紫いろのクリームは、こだわりにこだわった北海道産の純生クリームを使用。ほんの少しの甜菜糖と、
たっぷりの紫芋。甘さが控えめな分、アクセントにサツマイモをバターでグラッセしたものを
クリームの間に並べています。
このロールケーキは、オープン当初から販売していますが、当初とは全く配合も材料も違います。
常に改良を繰り返し、時代に合わせてバージョンアップし続けているロールケーキだから
色褪せることが無く、いつも新鮮です。
お客様のお声:「橿原に来たら絶対これを買うの!他のケーキも食べたいって思うけど、やっぱりお芋ロールが食べたい!」(50代女性)
「これ、初めての味!!今までそんなにケーキは好きじゃなかったけど、こんな美味しいケーキは初めて!!」(30代女性)
「癖になる味。定期的に食べたくなる。」(30代女性)
看板商品である、お芋とおいものロールケーキ。グルテンフリーです。

【低カロリータイプクッキー】

糖質を気にされる方へ向けて開発した低糖質のお菓子がこちらです。

奈良県立医科大学付属病院の糖尿病センターの医師や管理栄養士と共同開発したクッキー、
「低カロリータイプクッキー」を6種類の味と食感で展開しています。
「糖尿病患者さんに勧められる美味しい低糖質のお菓子を開発したい」と管理栄養士さんから共同開発の依頼を頂き、開発を始めたのは10年前。味での改善と栄養の面での改善・・・何往復したかわからないほど病院と工房を行き来し、約8か月ほどかかって商品化できました。
栄養面、糖質のことに精通していなかった私でしたが、病院の先生との二人三脚ということで
とても安心してお菓子開発ができました。ご要望通りの配合で大量に製造することがなかなか難しく、
そこでかなり時間がかかりました。

協同開発した当時の糖尿病センターの先生方と(右:妊婦の私)商品化した後も、十分に小麦粉や卵を使用できないことからの割れやすさにかなり悩みました。
他のお菓子と違って、全て栄養士が計算して数値が出ている為、勝手に微調整することが許されません。
そこもつらいところでした。発送しても届いたときには割れていたことも何度もあり、パティシエたちと頭を悩ませましたが、病院側の再協力を得て改善に改善を重ね、今では自信を持って販売することができるまでになりました。

お客様のお声:「甘い物が好きだけど、糖尿病の父に贈り、喜んでもらえました!」(30代女性)
「普通に美味しいからダイエット中のおやつにいつも買っています。」(40代女性)


【ココアイショート】
こちらは、看板商品のショートケーキです。
ジェノワーズ(スポンジ)が緑色なのは、ホウレンソウの色です。
ホウレンソウは奈良県宇陀市の無農薬ホウレンソウを粉末にしたもの。
奈良県産の小麦粉に混ぜ込んで焼いています。
そして、特筆すべきは生クリームの美味しさ。この生クリームがココアイの生ケーキの売りポイントです。北海道産の純生クリーム、本当に生乳感たっぷりな味わいがお口の中に広がります。
リキュール等を混ぜずに、砂糖の甘さで美味しくせずに、ほんの少しの甜菜糖だけで味を調えて
素材の味を味わっていただきたいという思いで作っています。
ぜひ、フルーツを口にする前に、生クリームの部分からひと口目を召し上がって頂きたいです!!
お客様のお声:「ケーキを食べて胸やけがしないなんて、初めて!!」(40代女性)
「ケーキは普段食べない夫が美味しい美味しいと完食しました!」(40代女性)


【ガトーおから大根】

商品名を見て「え?」となる、このガトーショコラ。
その名のとおり、おからと大根が入ったケーキです。おからや大根の味は?とよく聞かれるのですが
もちろん、ココアイのケーキは野菜感よりも「ケーキとして美味しいこと」が大前提。
大根は、ミキサーで細かくして水気を切り、おからと共に混ぜ込みます。
大根って味がなじみやすく、チョコレートやココアなど強い風味のものと合わせれば
しっかりと馴染んでくれます。食物繊維が豊富なおからと大根は、その分のカロリーが低くなることやおなかに優しいだけではなく、糖分の吸収などもかなり変わってくるのでとってもヘルシーです。
チョコレートとココアは、オーガニックのものを選択し、奈良県産小麦と合わせて焼きます。
生菓子としてのケーキの他に、同じ「ガトーおから大根」のパウンドケーキも販売しています。
お客様のお声:「ガトーショコラなのに、すごくあっさりしていて後味がすっきり。食べやすいです!」(20代女性)「おからと大根が入っているなんて全くわからないほど美味しい。ヘルシーで嬉しい!
」(30代女性)



【ゴボウのフロランタン】

オープン当初から人気の商品です。ゴボウを薄くスライスし、オーブンでカリッとローストしています。
バターたっぷりのリッチなキャラメルにカシューナッツ、ゴボウを混ぜ込んで、ホウレンソウのクッキー生地の上に乗せてオーブンで焼きこみます。ゴボウは香りがとっても良く、そして他の素材を合わせてもしっかりとその香りと風味を出してくれます。なので、キャラメルのような強いお菓子と合わせても、ちゃんとゴボウの存在感があるんです。土っぽい味は、キャラメリゼすることによって消えているので、ナッツの香ばしさとキャラメルの濃厚さ、ゴボウの香りが共存したまさにココアイならではの野菜スイーツ!
お客様のお声:「これ、めちゃくちゃ好きです!ゴボウがすごくキャラメルと合う!」(30代女性)
「キャラメルがねっとりしないので、食べやすい。」(40代男性)


【砂糖不使用!南瓜のチーズケーキ】

砂糖(甜菜糖)や蜂蜜を使わずに、デーツを使って甘さを表現したチーズケーキ。
砂糖を使わなくても、こんなに甘くて美味しいケーキができるんだということに、パティシエ自身が感動したケーキです。こちらは、低糖質とか低カロリーというカテゴリーではなく、自然派スイーツ、ナチュラルスイーツというところで、自然派志向の方に喜んで頂けるスイーツです。
オーナーパティシエ原田自身も、自然派志向、健康志向であり、このようなケーキを作りたいと試行錯誤していたところ、デーツをご自身で輸入して、シロップやスイーツに加工して広めておられる方(福岡市・デーツオアシスさん)との出逢いがあり、このデーツスイーツが現実化しました。
チーズケーキのボトム部分は、エダムチーズのサクッと生地。この部分には甘さはなく、あっさりしているけど素材の美味しさを表現しています。
チーズケーキ部分は、シロップ状にしたデーツで程よく甘さを表現し、北海道産のかぼちゃを滑らかにペーストにしてたっぷりと混ぜ込んでいます。小麦粉はほんの少しだけ。本当に優しい材料だけで作っています。
デーツは砂糖と違って甘みに奥行きと広がりがあり、たくさん食べなくてもほんの少しでも満足できるような、そんなケーキです。
冷凍にて全国発送するために開発されたケーキです。
お客様のお声:「砂糖をやめているので、とても嬉しいです。妻の誕生日に喜んでもらいました」(30代男性) 「1歳のお誕生日にみんなで食べれるケーキをと思い、購入しました。すごく美味しくてリピートしました」(20代女性)




【大和やさいクッキー】

奈良県産の野菜を加えて作ったクッキーは、全7種類。
奈良県産小麦粉と北海道産甜菜糖やバターを使用して作ったクッキーは、
野菜の味や香りを表現することに加えて、日持ちを考慮することで
この大和やさいクッキーの野菜は全て粉末で加えています。
味で主張するのではなく、ほんのりと香る程度に加えることで、子どもさんでも抵抗なく食べれるように、そして、「また食べたい」と思って頂ける味であるように心がけています。
大和やさいクッキーの詰め合わせギフト等は、賞味期限が45日ほどあり、通販やふるさと納税でもとても人気の商品です。



【言葉とお菓子の贈り物】
贈る側も贈られる側も嬉しい、言葉とお菓子の贈り物。
身体に優しいお菓子だけでなく、気持ちも一緒に贈り物としてメッセージギフトに。
メッセージは、言葉のアーティストである「にっくん」こと大西伸哉氏の作品、
イラストはデザイナーである北田智奈美さんの作品です。
原田自身が、自分ならお菓子に一歩踏み込んだ言葉を添えて贈りたい!といつも思っていて、それを形にするのが夢でした。そのギフトから、さらに関係性が深く温かくなるような・・・そんな言葉を添えたくて。
三人で何度か打ち合わせをし、にっくんや北田さんに思いを伝えながら
かなりの期間かけて完成したメッセージ帯はなんと15種類あります。
皆様の大切なお相手に気持ちを伝えるギフトでお役に立てると嬉しいです!!


【やさいのプチフール(焼菓子)】
野菜を使って作ったこだわりの焼菓子です。先にご紹介した「言葉とお菓子の贈り物」の中身でもあります。
人気のものからいくつかご紹介しますね!

【ホウレンソウと黒胡麻のパウンドケーキ】
奈良県産ホウレンソウの生地と、黒練りごまと黒いりごまを混ぜ込んだ生地の2層になっていて、見た目も鮮やかでかわいい。味は、ホウレンソウはほんのりと、黒胡麻はぷちぷち食感を残しつつ香りがふわ~!バターの分量の半分は、米油に置き換え、ヘルシーに。

【奈良漬チーズケーキ】
奈良と言えば奈良漬。この奈良漬を細かく刻み、大神神社のお神酒である「みむろ杉」の酒粕と2種類のチーズとバターを加えて混ぜこんでいます。
この奈良漬チーズケーキは、「奈良漬」という特殊なお菓子に関わらず、とても人気の商品です。
奈良漬が少し塩味なのが、優しいお菓子のふんわりした中にピリリと効いていて
いい味を出しています。

【ハニージンジャーマドレーヌ】
蜂蜜と生姜を合わせて作った自家製ハニージンジャー。奈良県産小麦粉と卵、そしてバターは使わずに米油だけで作った生地にハニージンジャーを混ぜ込んで。ここでの生姜は、香りを活かした使い方。
生姜の香り成分には、精神を癒してくれる効果もあります。しっとりふんわり食感のマドレーヌです。


【小松菜とナッツのマドレーヌ】

葉物野菜を使っている商品は多いですが、この小松菜マドレーヌはとっても珍しく、生の野菜をそのまま使っています。葉っぱが入っている感じを出しているお菓子があっても面白いかな~というイメージです。小松菜の葉っぱの食感まではありませんが、一番栄養が採れるような形で加えて調理しています。
そして、小松菜の味が強く出すぎないように、スライスアーモンドを乗せて焼いています。
このアーモンドの香ばしさが、小松菜の美味しさを引き立てています。


まだまだ、書ききれないほど、1つ1つに愛とこだわりがいっぱいの焼菓子「やさいのプチフール」。
これらをギフト箱に詰め合わせたものがこちら。

お客様のお声:「ギフトとして贈り物をしたときに、すごく喜ばれる!贈り物はこれ!と決めています」(50代女性)
「出産のお祝いに頂きました。産後の身体に、やさしいお菓子が本当に嬉しかったです。」(30代女性) 


次にご紹介するのは、発売して間もないグルテンフリーロール、
【お米の絹ロール ”MUSUBI”】です!!
まずはこの商品名、こちらはココアイのファンの皆様からのご意見・ご提案を頂き、とっても素敵だった名前。名付け親のりえさん、ありがとうございます!
結びは、米粉=お米=おむすび!からつけられた名前です。
そして、ココアイはスタッフ、お客様、地域の皆様、業者さん、皆様の繋がりがあってのお店です。
この繋がりを大切にするココアイであり、ご縁を結ぶという意味もあります。という意味も含められています。

ふわふわの生地は、なんと100%米粉!このスポンジを開発するのに、かなり苦労しています。
小麦粉不使用なのでグルテンフリーですが、小麦粉を使う環境でお作りしている為、完全に除去とは言い切れませんのでアレルギー対応ではございませんのでご注意ください。
クリームは、北海道産の純生クリームにバニラビーンズを混ぜ込んで、スポンジがあっさりしている分
クリームをリッチに仕上げています。

お客様のお声:「米粉と思えないくらいフワフワ!クリームが程よい甘さで本当においしい!」(40代女性)
「今まで食べたロールケーキの中で一番美味しい!」(40代女性)



そして最後にご紹介するケーキは、

【卵・小麦・乳製品不使用のデコレーションケーキ】

なぜこのケーキをご紹介させていただきたいかというと、
必要とされる方に届いてほしい想いからです!
いつもお客様に言って頂ける言葉が『いつもお誕生日でもこの子だけケーキを食べられないの。
ココアイさんのこのケーキだったら、皆で同じものを食べられるから!』
今、食物アレルギーをお持ちのお子さまはとても多く・・・、しかしお誕生日くらいはケーキを囲んでお祝いしてあげたい!親御さんなら皆さんそう思われることと思います。
皆で同じものを分け合って食べることにはとても意義があると思っています。
そして、それが「甘い物」であることも。

見た目はごく一般的な生クリームのケーキ。ですが、このクリームは豆乳クリーム。
そして、スポンジは卵と乳、小麦を使わず、米粉とコーンスターチで作っています。
卵が入らない分、食感はふわっとしているわけではありません。
でも、この生地、素材の味がしっかりとしていて、すごく美味しいです。いつも焼いたスポンジの上部分が少し残るのですが、それをスタッフも我が子たちも大好きで取り合っています。
こちらは店頭でのお渡しのみになるのですが、今、冷凍発送できる商品も開発中です。


さて、ここまでケーキやお菓子の紹介をしてまいりましたが、

私たちが発信する「素材へのこだわり、選び方」などがきっかけとなり、お客様の中で素材への関心が高まり、少しでも健康でいて下さる方が増えることをココアイはミッションとして掲げています。

『ココアイをきっかけにして、世の中から病気で悲しむ人を減らすこと』

これがミッションです。

これからの100年時代、健康に幸せに生きることがテーマになってくるであろう時代、
ケーキを通して皆様の健康を守っていくことができる会社であれるよう、

ここを「大自然と街をつなぐ場所」としてしっかり育てていきたい思いです。


八木駅名店街にあるココアイは、7坪ほどのスペースです。

2名様ほどで満員御礼な具合です(笑)

年々、ご注文頂く数が増え、製造量に対してのスペースの狭さが「もう限界かも」と思うことが何年か続きました。オーブンが小さいため、焼成待ちのお菓子がズラリ。なかなか製造作業も進まない。お菓子が焼きあがったら、その焼けたお菓子を置くスペースを作るのにまた一苦労。
冷蔵庫も冷凍庫もキャパオーバーでした。
そして、いつかは田舎で暮らしながら広い土地に工房を作り、そこでゆったりとケーキを作りたい、といつからか夢を描くようになりました。
今まで作りたくても設備に限界があってできなかったことが、設備を変えればできることが広がる。
もっと美味しい&ワクワクをお届けできる。
そこにはハーブガーデンがあって、山羊がいて、そんな風に夢が明確なイメージとなっていきました。



そして、夢の話ではなく、事業として考えた時にイメージしたのが


『大自然と街をつなぐ場所』としてのココアイでした。

きっとここで小一時間でも過ごしていただければ、頭がすっきりして、心穏やかに本来の自分へと帰るようなひと時になるのではないか。

心と身体を癒すものとしてのケーキを提供していたが、ここには偉大なる自然が存在していて、その自然のエネルギーをお裾分けしたい。
そんな気持ちが内側からわいてきたのでした。


大自然の中のケーキショップとカフェを実現したいっ!!


お店にしようと決めた建物は、土壁と土間と天井は藁ぶきの古い納屋。農機具小屋でした。

自分たちでやるには状態が悪すぎる納屋。大工さんにお任せするより他ありませんでした。
壁がはがれたり、傾いたりしていたのをなんとか整えてもらい、

コンクリート土間を打ってもらったところ

親身に相談に乗ってくださった、地元工務店の宮浦さん

壁ができる前にデッキオーブンが入りました!
(ダイワ冷機当麻さん、本当にお世話になりました!)

壁ができました!

自分たちで色を塗ったり看板を書いたり、ドアを取り寄せて塗ったりしながら作ってきた手作りの工房。

サンダー等、仕事が丁寧なインテリアコーディネーターなおかちゃん。

服がペンキだらけになったわたくし。

デザイナーのちちちゃんと、お友達晃代ちゃん、なっちゃん

子どもたちも集中!集中!

地元工務店の宮浦さんやインテリアコーディネーターの友人、デザイナーさんなど、
本当にたくさんの方の献身的なご協力のもと、
準備はじわじわと進み

工房は2021年6月に運用を開始することができました。

まだ看板もついていませんが、とりあえず店の前にてパシャ!!

ここでは、八木駅前店で販売するケーキを仕込みます。
早朝からケーキを仕上げて、八木駅前店へと運搬します。

新工房への厨房の移転に伴い、八木駅前店は販売スペース(お客様スペース)を広げる模様替えをしました。


八木駅前店では、マフィンやスコーン、クッキー等の焼き菓子を焼いています。



そして、大和高原店は、今年8月8日に

新工房に併設する大和高原店が2店舗目としてグランドオープンの予定です!


大和高原店では、ショーケースに八木駅前店と同じようにケーキを並べ

ケーキ屋さんが無いというこの高原地域の地元の方々に喜んでいただけたらいいな!という思いでいっぱいです。

そして、遠方から来てくださった方には、ケーキはもちろんのこと、大和高原のお土産として焼菓子も。




こちらでは、ケーキをたくさん売りたい!!という気持ちではありません。

自然の中で豊かな時間を過ごして頂きたい。そのきっかけとして、アイテムとしてのケーキでも

いい、ココアイがきっかけとなって元気になっていただければ嬉しい!そんな思いです。

もう少し先の未来には、ハーブを使って人を癒すこともできる場所にしたい。

その為に、ハーブガーデンを作っています。

ガーデンへの苗植えや元々あったビニルハウスの骨組み解体は、
Jplace gardenのオーナー夫妻に手伝って頂きました!!

ゆくゆくは、畑体験などもしていきたいと思っています。

畑から収穫してきた野菜を使って一緒にケーキを作る体験を通して
大地から生まれた自然の恵みから、私たちの食べ物は成っていること

そんなことを伝えれるような体験会をしたい。
それがきっと豊かな暮らしにつながっているんだと
私は感じています。

野菜やハーブを使ったケーキの作り方やレシピはどんどん公開します。
講習なども、この新しいカフェや工房で開いていきたいと思っています。


そして、焼きたてのケーキをその場で食べられるガーデンスペース。

お誕生日会やパーティーもできます!



自然の中、自然との調和を感じられるようなピクニックスペース。

そして、屋内のカフェスペースも、今自分たちでDIY中です!

夏でも涼しい古民家で、ハーブガーデンを舞う蝶を眺めながらケーキとお茶で過ごす時間。


木漏れ日の中で子供が遊んでいるところを眺めながら、お母さんもゆったりした時間。

その古民家は、工房から見ると向かい側に位置し、
お客様はショップでケーキやドリンクを購入して、ハーブガーデンの小道を抜けて
自由にお入りいただけます。


部屋の中には、テーブルセットを4つ設置して、地域のご年輩の方でも座りやすいようにソファーや椅子などのお席をご用意したいと思っています。


代々受け継がれて大切にされてきた古民家。
ここで美味しく身体に優しいケーキを食べながら、自然に癒される時間を過ごして頂く。
週末に、現実社会を離れてこんな場所があったら・・・って思いませんか。

古民家のお部屋から眺める風景はこんな感じです。


▼これまでの活動

2010年にやさい菓子工房ココアイをオープン。
奈良医大付属病院と共同開発したお菓子を、病院売店でも販売。
橿原市や三宅町、下市町など、市町村の洋菓子講座で講師を務め
幼稚園、こども園などでプロのお仕事を実際に見てもらったり感じてもらう機会として
実演講座を務めたりしています。
橿原市の産官学共同事業に参加させて頂き、畿央大学学生さんの商品開発に携わりました。
また、野菜ソムリエ、食育インストラクターとして、「薬膳スイーツ講座」などでも講師を務めています。
株式会社フェリシモより出版されている、「おてらの癒やし甘味」という精進スイーツのレシピ本を
監修させて頂きました。
地域の活動としては、「椽(たるき)~大和高原移住促進プロジェクトin天理」に所属し、高原地域を活性するための取り組みを地元の方とタッグを組んで行っています。
また、森のようちえんウィズナチュラの保護者として、てんり高原マルシェの実行委員メンバーとなり、こちらも地元の方と共に地域活性に取り組んでいます。
「てんり高原マルシェ」は毎月、天理市の高原地域、山田公民館にて開催されている、SDGsに取り組むマルシェです。


▼資金の使い道

・古民家の改修費用
・CAMPFIRE手数料

カフェスペースの古民家の屋根改修工事…396万円

(既存瓦屋根撤去、屋根下地、ガルバリウム立平葺き、壁補修、等)

厨房の納屋改修工事…473万円

(基礎・土間工事、木工事、銅製建具・ガラス工事、断熱工事、木製建具工事、電気設備工事、給排水工事等)


こちらの古民家は、築100年以上。
屋根の瓦が落ちたり、穴が開いてしまっていたり、雨漏りがしていたりで
屋根は葺き替えなければならないと、プロの方に言われてしまいました。

瓦を葺き替えるだけの予算は捻出できないので、今回板金で葺き替え完了しています。



屋根の葺き替えは高額ですが、屋根がダメになるとお家が全てダメになってしまう・・・古き良き古民家を改修して保持していくことの大変さを痛感しましたが
空き家を利活用をすることの意義を非常に感じている為、建て替えではなく改修を選びました。
雨戸や内装は、自分たちでDIYすることで費用を抑えています。


▼リターンについて

10万円 焼き菓子と生菓子、非売品スイーツの定期便セット1年分
    お誕生日に特別なケーキをお贈りします。
     人気の焼菓子や季節のケーキ・ロールケーキ等、パティシエのおすすめのお菓子を1年分お送りします。詳しくはリターンのページにてご紹介いたします。
  1年間のお付き合いになること、とても嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします。

6万円 お菓子定期便セット1年分
     人気の焼菓子や季節のケーキ・ロールケーキ等、パティシエのおすすめのお菓子をお送りします。詳しくはリターンのページにてご紹介いたします。
   1年間のお付き合いになること、とても嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします。

3万円 お菓子定期便セット半年分
    人気の焼菓子や季節のお菓子等、パティシエのおすすめのお菓子を半年分、お送りします。詳しくはリターンのページにてご紹介いたします。

2.5万円 ガーデン半日貸し切り。(3名様分のスイーツと飲み物付)
    ココアイ大和高原店のガーデンを半日(10時~14時まで)貸し切りに。ブランコやハンモックはもちろんのこと、田園風景も貸し切りです。
  ※ケーキ販売は通常営業です。

2万円 限定10名様 25000円チケット
     カフェでも八木駅前店でもWEBショップでもお使い頂ける25000円分のとってもお得なチケットです。先着10名様限定にさせて頂きます。

1.7万円 ガーデン半日貸し切り(2名様分のスイーツと飲み物付)
     ココアイ大和高原店のガーデンを半日(10時~14時まで)貸し切りに。ブランコやハンモックはもちろんのこと、田園風景も貸し切りです。
   ※ケーキ販売は通常営業です。


1.5万円 オススメお菓子定期便セット3ヶ月
     人気のお菓子や季節のケーキ等、パティシエのおすすめのお菓子を3か月、お送りします。詳しくはリターンのページにてご紹介いたします。

1万円 カフェスペースにて、スイーツプレート。(お土産付き)
     お好きなお席と、3名様分のスイーツプレートとお飲み物をご提供させて頂きます。
     ココアイからのお菓子のお土産付きです。

1万円 10名様限定 13000円分チケット
     カフェでも店頭でもwebショップでもお使い頂ける13000円分のとってもお得なチケットです。

7000円 お菓子・ロールケーキのセット
     焼き菓子のセット(マドレーヌ、パウンドケーキ、フロランタン、ガレット等)の詰め合せ。
     お芋のロールケーキ 1本
     お米の絹ロール 1本

  

5000円 心からの御礼のメールを送らせて頂きます。
     開店祝いのお花を・・・と考えてくださっている方、お菓子はよく食べているから今回は支援をと考えてくださっている方、もしいらっしゃいましたらこちらをお願い致します。
     

5000円 焼き菓子のセット(マドレーヌ、パウンドケーキ、フロランタン、ガレット、クッキー、低カロリータイプクッキー等)の詰め合わせ。

5000円 低カロリータイプクッキーのセット
     奈良医大との共同開発商品、低カロリータイプクッキー8個入りセット。(定番の4種類を2個ずつ+大和茶クッキー)

3000円 焼き菓子お試しセット
     ココアイの人気焼菓子(マドレーヌ、パウンドケーキ、クッキー、ガレット等)の詰め合わせギフト。


実施スケジュール
2020年11月~1月 大和高原店の厨房部分の改修工事開始~完了
2021年1月~    大和高原店の庭部分の枯れ木処分、基礎工事、土入れ等 
     3月~5月  大和高原店のカフェ部分の屋根改修工事開始~完了
     4月~    大和高原店のハーブガーデンにハーブ植え込み開始
     5月~    大和高原店のハーブガーデンにレンガ埋め込み開始
     5月末    八木駅前店の機材を大和高原店に移転し、八木駅前店の改修工事
     6月~    大和高原店のカフェ部分の内装(壁)、自分たちで改修を開始予定
     7月上旬~  カフェ部分にテーブル&チェアセットを設置
     ガーデンに、テーブル&チェアセット、パラソルを設置
     大和高原店の店舗部分と敷地入口に看板設置

2021年8月8日~ ココアイ大和高原店(shop&cafe)オープン!!


▼温かい応援メッセージを頂きました!!

松井絵里奈 さん
奈良県橿原市出身
タレント、歌手、料理研究家、エステティシャンと幅広く活動中。
Instagram @erinagohan1987

ココアイさんのケーキを食べた時に、とても幸せで優しい気持ちに包まれました。それは、ここまでお客様のことを考え、食材にこだわり、美味しいを追求しているからこそだと感じました。
私も日々食事を大切にしています。都会に住んでいるからこそ、身体が自然を欲してキャパオーバーになったら、小鳥のさえずりが聞こえる森に行ったりしています。
ココアイさんの愛に溢れるメッセージに共感し、目指されている場所と空間、そしてお菓子がたくさんの人の幸せにつながると思いました。奈良が大好きな私としては、すてきな憩いの場ができることを楽しみに・・・応援させて頂きます^^♪

岡本麻友子さん
合同会社SOULS CEO
森のようちえんウィズ・ナチュラ 代表
NPO法人森のようちえん全国ネットワーク連盟 理事

ココアイさんとはお互いの創業期が近く、その頃に同じフリーペーパーに掲載されたことから親近感を持っていました。その後、同世代の子どもを持つ母親として出逢い、我が子に安心して食べさせてあげられるおやつを探していた私にとってはまさに救世主でした。手作りのおやつ以外で初めて我が子が口にしたおやつはココアイさんのクラッカーでした。あれから誕生日や季節のイベントには欠かせないココアイさんのケーキやお菓子。そして、県外への出張が多い私にとっての悩みだった美味しい奈良土産がない問題にもココアイさんの焼き菓子たちに救われています。自信を持って手土産で差し出せる、美味しいのはもちろんですが、安心安全な食べる人を思って作られた思いを私自身を通して届けられる喜びも体験させてもらっています。
今回、同じ地域に移住した仲間としても、地域の未来を支える存在になろうとするココアイさんのチャレンジはとても励みになり、心から応援しています!共に頑張ろう!


並河 健さん
奈良県天理市 市長
大和高原から、大地の恵みの地元野菜をスイーツに変え、美味しさで町と里山をつなぐ場所づくりを、ぜひご一緒に。
私も3年前から暮らす福住町の集落に、古民家を受け継いだ原田さん御一家が移って来られて一年。 地域のマルシェ等を通じて、地元の「老若男女」も、すっかり、原田さんの想いのこもったスイーツと、御一家の笑顔の大ファンです。
コロナ禍で、人の絆や「豊かさ」の意味を問い直す昨今。蛍舞う福住の里から、幸せを紡ぎ合えるカフェスペースが生まれますように、皆様のご厚志をお願いします。
                                       天理市長 並河健


▼最後に

私が自然を欲したのは、どんなに忙しくて頭や身体が疲れていても、森へ行くと途端に思考がスッキリし、気持ちが晴れやかになり、心も足取りも軽くなる経験が幾度もあったからです。そしてこれこそが本当に人々の健康と結びついているのではないかと思い、ココアイを大自然の場所でやりたい!との想いが強くありました。
このコロナ渦において、大変な思いをされている方や子どもさんたち等、本当にリラックスできる場所となり、幸せな時間をご提供できるお店となれるよう努力していきたいと思っております。
まだまだ発展途上の小さなお店、皆様のお力添えなしには成し得ない大きな挑戦です。
この機会に、ココアイのお菓子をお試しいただき、ご支援いただければとても嬉しく思います!!
どうぞよろしくお願いいたします!


<All-in方式の場合>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください