はじめに・ご挨拶

はじめまして!

千葉県我孫子市でちっちのアトリエを運営しています坂本千弦です!みんなにはちっちと呼ばれています。

画家兼アトリエ運営兼高校教員と3足の草鞋で過ごす日々です☺️

千葉に住んでますが、生まれは大阪です!趣味は走る🏃‍♀️事と最近はテニスもします🎾好きなアニメは攻殻機動隊です🤣 

レッジョアミリアには大学時代に出会い、気になっていたモンテッソーリ教育に影響を受け、子どもたちとレッスンやワークショップを続けています✏️


このプロジェクトで実現したいこと

生徒たちによる成果報告と作品展示とワークショップを行い、参加者や来場者にレッジョエミリアやモンテッソーリ教育により濃く触れてもらう事です。

保護者の方、子どもたちに幼稚園、保育園、学校教育にある教育内容と、レッジョエミリアとモンテッソーリとの違いを、より多くの人に感じてもらいたいです。


プロジェクトをやろうと思った理由

アトリエを運営していて、子どもたちや保護者の方からの話を聞く機会が増えました。

そこには、他愛もない話からシリアスな話までたくさんあり、その共通点が幼稚園や保育園、小学校と子どもたちとの深刻な関係でした。

わたしにはアートしか教えられないと思っていたので、初めは大きなプロジェクトまで考えていませんでしたが、平日の高校教員の仕事の中で、

「何がやりたいの?」

との質問に高校生の答えが、

「わからない、できることがわからない、自信がない、とりあえず大学いく」

との答えが多数あり、高校生がそのようになる原因を探りつつ、独学ですが、レッジョエミリア、モンテッソーリを学びました。

そこでは、これまで私たちが触れていた内容とは異なりとても感動すると共に、なんとかこれをアートに取り入れたり、より多くの方に知らせないと、気になっていることを、やれることからやってみよう、と決意しました。


これまでの活動

工作やアートを教えるアトリエ、高校教員の仕事をしていますが、

アトリエでは、ガチガチに決められたカリキュラムではなく、「やりたいことを決めていく、選んでいく」と体験、また、子どもたちだけで話し合ったり、教えあったり、片付けなどをしてもらう活動を1年ほど前から続けています。


高校では、

生徒たちへ、結果より、過程に重点を置くことを伝えています。

なるべく「何がやりたい」を考えてもらい、それを試してみる、友達や教員とシェアする体験をして貰っています。


どちらも、

子どもたち、生徒たちが主体的に考え、自分が主人公になるようにすると、

やり方や失敗だと思う結果も子どもたちや生徒が、それらを受け入れることができる。

ということがわかってきました。


資金の使い道

我孫子市民プラザの施設使用料(展覧会会場費)と子どもたちの作品が詰まったアートカレンダー制作費、当日のワークショップ材料費に使用する予定です。

市民プラザ使用料金は1日32,000円です。

5日間借りるため(1日目搬入、3日間開催、1日搬出)

160,000円となります。

カレンダーは、1部 1700円(制作費)ほど

70部ほど制作予定です。(合計12万円ほど)

アトリエの内容、主体性があり、子どもたちが楽しみながら学ぶことができるアートの時間、工作の時間を広く知ってもらうため、展覧会を開くことが効果的だと思ったためです。会場では、ワークショップも開催予定。


リターンについて

3種類の中からお選びいただけます。

①カレンダーと回数券セット。

○子どもたちの作品が載ったアートカレンダー1冊。                 レジンワークショップ1回券を4枚。

②子どもたちの作品が載ったアートカレンダー1冊。

③ちっちのアトリエで使えるチケットセット。                   ○回数券22000円分。
○ちっちのアトリエレッスン券(1回2時間)を2枚。(5500円相当)         ○ワークショップ券(2000円相当)を1枚。

回数券やチケット全てに有効期間はありません。

実施スケジュール

2021年

6月プロジェクト公開。

生徒たちとレッスンやワークショップ等で制作しながら、これまでの作品制作風景をまとめた動画制作、写真の整理

7月レッジョエミリアやモンテッソーリ教育についてのパネルを作成

展示に必要な材料などを揃える

7月23日搬入

7月24日から26日まで、展示、ワークショップ

7月27日に搬出

7月29日からアートカレンダー、チケット送付開始

最後に

高校生や中学生などの思春期の生徒や

小学生、幼稚園、保育園の児童期、幼児期の生徒と接する中で、

特に考えさせられることは、

子供たちはみんな、年齢を関係なく「やるべきこと」をわかっているということです。


「やるべきこと」とは、大多数の大人や教員が望むことではなく、

子供たちが生まれ持ったありのままのイメージする事や好奇心を形にする事です。


大多数の大人や教員の、大人の都合の素敵さや、そこそこのレベル、やり方などは、

子供たちにとっては、あってもいいけど、やらないといけないものではないという事です。


アトリエで、ワークショップを開くと、

大体のお母様や保護者の方が、


「もうそれはいいから、こっちをやりなさい」

「はみ出ないでやってね」「混ぜてばかり、汚くなったじゃない」

「あなたには難しいからやってあげるよ」

手や口を出してしまっています。


子供たちは、


「今はこれをやり続けて、達成感を味わいたい、今はそれには興味ない」

「はみ出たらどうなるのか知りたかった」「これとこれが混ざるとどうなるか知りたかった」

「自分でやりたい、できなくてもチャレンジしてみたい」


と感じているはずです。


このように、わたしの身近なところでも子供たちの学びの機会や場が大人の固定概念や大人の都合で奪われていっています。


多分、その言葉が子供たちの学びの機会を奪っているなんて、大多数の保護者の方も気づいていないのだと思います。


そして、このような状況を目の当たりにしたり、経験したことで、一人でも多く、レッジョエミリアやモンテッソーリ教育の可能性を知ってもらい、

アートの役割やその素晴らしさをシェアできたらと思いこのプロジェクトを思いつきました。

当初は、

『アトリエを開き、わたし一人でなんとかする!』

と思っていましたが、、

現実は、、、一人でやっても追いつかない。。子供たちのキラキラした目を見ながら、どうしたものかと途方に暮れることもありましたが、

途方にくれるほどわたしの中の想いは強いのだと確信しました。

以前より増して、子供たちに、本来のアートのイメージの仕方や、アートとの関わりをさせてあげたい!と強く思うようになりました。


プロジェクトを立ち上げ、皆様からのご支援を募る事で、価値を共有し、理解してくださった方と共に子供たちの学びの機会、場を作り上げたいと思っています。

(目標金額に満たない場合も計画を実行して、リターンをお届けいたします。)

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください