はじめに・ご挨拶

はじめまして。兵庫県立豊岡高等学校3年生の河見と山崎です。

私たちは授業の中で地元豊岡の魅力を伝える絵本を作成しました。

皆さんは、豊岡市をご存じですか?

2005年(平成17年)に豊岡市、城崎町、竹野町、日高町、出石町、但東町の1市5町が合併して、現在の豊岡市となりました。志賀直哉の『城の崎にて』で有名な城崎温泉をはじめ、夏は海、冬はスキーと自然に恵まれた兵庫県北部の地方都市です。

私たちが通う豊岡高等学校には、全員が日常生活や社会の中で抱いた疑問からテーマを設定し、仲間と協力しながら情報を収集、分析しつつ仮説検証したり、まとめたりする探究的な学習の時間があります。

2年時の『探究Ⅱ』という授業の中で、私たち2人は絵本の教育的効果について調べました。絵本について調べる中で、対象年齢に応じた工夫や特徴について知りました。それを生かした絵本を自分たちでも作り、その研究結果を校内で発表したところ、是非この絵本を出版してはどうかと言ってもらい、それに賛同する仲間たちが集まってくれました。


このプロジェクトで実現したいこと

絵本を通して親子の触れ合いを増やしたい!という気持ちから始まった絵本。多くの子どもに楽しんでもらいたいと考えて、3歳ぐらいを対象にして、オノマトペや言葉の繰り返しなど工夫しました。そして、一番大変だったのがアプリを使って絵を作製すること。中でもチューリップ畑の絵にはたくさんの花で埋め尽くし、ちょっとした仕掛けもあります。きれいな色彩で豊岡の名所、名物を描くことを心がけたので、この本には地元豊岡の魅力がギュッと詰まっていると思います。


この絵本を地元の保育園や幼稚園、小学校に届けて、読み聞かせをしてもらったり、自分たちで読んだりすることを通して、ぜひ子ども達に地元の良さを感じてもらえたらと思いました。

つい先日、遠足で城崎温泉や竹野浜を訪れる機会がありました。竹野浜では目の前にきれいな春の海が広がり、本当に絵本の世界のように空と海とが一体となったような美しい自然に触れることができました。仲間と潮風に吹かれながら、城崎の町並みを散策しながら、住んでいると気がつかない地元のよさや魅力に気づけて良かったなと感じました。 

だから、今は豊岡を離れて暮らしている方々に、この絵本をお子さんやお孫さんに読み聞かせをしてあげることで、家族の触れ合いを増やし、ふるさとを思い出す機会にしてもらえたらとも思っています。



プロジェクトをやろうと思った理由

絵本を作ろうと思ったきっかけは、スマホの普及によって子ども達が絵本に触れる機会が減っているのではないかと感じたことです。

そこで、絵本を読んでもらうこと、自分で絵本を読むことがどんな効果を持っているのかを調べてみたいと考えました。そして、実際に絵本を作ってみる際に、題材として自分たちが暮らす豊岡市の魅力を取り上げることで、子ども達が共感を持って読んでくれるのではないかと期待しました。

そして、豊岡の名産のカバンから豊岡市の様々な魅力が飛び出してくる、『なかみはなにかな?とよおかカバン』という絵本が出来上がりました。

幸せを運ぶコウノトリに乗せて、この絵本を地元の子ども達や皆さんにお届けしたいと思っています。


これまでの活動

探究的な学習で、私たち2人は絵本の教育効果について調べたいと考えました。 

スマホの普及によって「スマホ育児」という言葉も生まれ、子どもが絵本に触れる、 また、絵本を通して親子が触れ合う機会が減っていることを知りました。また、人気の絵本を読んでみると、対象年齢によって絵本の特徴が大きく異なることに気づき、発達段階に応じた絵本の目的があり、絵本作りがなされていることが分かりました。 

絵本の特徴を調べる中で、ぜひ自分たちでも作ってみたいと思うようになりました。そして、私たちの地元豊岡市、旧一市五町の「豊岡市」「城崎町」「竹野町」「日高町 」「出石町」「但東町」の名物、名所が、豊岡の地場産業である「不思議な豊岡かばん」 から次々に出てくるという『なかみはなにかな?とよおかカバン』という絵本が出来上が りました。



探究Ⅱの学年発表会や『豊高アカデミア』という本校の学習発表会で、私たちの探究的な学習の成果を発表することになりました。ぜひ絵本の読み聞かせを行いたいと近隣の保育園にお願いしてみたところ、コロナ禍ということで残念ながら実現はできませんでした 。

しかし、私たちの作った絵を貼り付けた、手作りの冊子で読み聞かせの様子を先生方や幼稚園教諭をしている母に頼み、録画してもらいました。読み聞かせを通して、より魅力が増した私たちの絵本。そして何より子ども達が絵本を楽しむ反応を見せていただいて、本当に嬉しくなりました。

発表後、大勢の人に「ぜひ実際に絵本にして欲しい」という応援の言葉をいただき、「絵本を地元の保育園、幼稚園、小学校に寄贈してはどうか」という思いに賛同してくれた仲間が集まり、絵本出版プロジェクトが始動しました。

プロジェクトを進めるなかで、たくさんの方にご協力を得ることが出来ました。市役所の環境経済課の方、KDDIの方にご紹介いただき、キャンプファイヤーの方からクラウドファンディングの方法を教えていただきました。


そして、近くの学童施設の方にご協力いただき、念願の読み聞かせも体験できました。「行ったことがある」「そばがおいしそう」などの言葉をはじめ、子ども達の楽しんでくれている様子、生の反応を見ることが出来て、本当にありがたく感じました。


 開学したばかりでお忙しい芸術文化観光専門職大学の平田オリザ学長のもとを訪れ、絵本についてアドバイスをいただきました。絵本についての疑問点を指摘してくださり、そのアドバイスの的確さに圧倒されました。ものづくりに携わる方の本気度を感じました。本当にありがとうございました。



授業で作った一冊の絵本を地元の子ども達に届けたい。そんな思いから始まった私たちの取り組みに対して、大勢の方が賛同して下さり、様々なアイデアを一緒に考えて下さいました。こんな風に大人の方達が私たちのために力を尽くしてくださる、絵本を通して社会と繋がっていくような手応えを実感できたことは本当に有り難い経験です。

ぜひ、地元の子ども達に豊岡って素敵なところなんだよと絵本で伝えてあげる機会にしたいと思いますので、ご協力よろしくお願いします。

豊岡ゆかりの方に、また私たちの絵本に興味を持って下さった方にも手に取っていただき、絵本を通して私たちのふるさと豊岡に思いを馳せ、ふるさとの話を子ども達に伝えて頂くひとときとなればありがたいです。

私たちを支援してくださった方々に更なるお願いをさせてください。ぜひ、応援メッセージをお願いします。そして、できるだけ多くの方々に私たちの活動や、私たちの思いを届けるご支援をよろしくお願いします。

ご協力いただいた方々

最初から最後までご指導とご協力いただいた豊岡環境経済課の皆さん、KDDIの皆さん、平田オリザ先生、松永幸代さん、塚本美智子さん、大倉印刷さん、もじゃこ塾さん、クロスプロジェクトの辻さん、豊岡カバン協会の皆さん、豊岡観光協会さん、たけの観光協会さん、但東シルクロード観光協会さん、NPO法人但馬國出石観光協会さん、NPO法人本と温泉さん、豊岡Ksiteさん、 株式会社PEBORAさん。

多くの方々のご指導とご協力によって、このプロジェクトを始動することができました。

本当にありがとうございました。


資金の使い道 
①印刷代

②送料  

③クラウドファンディング手数料等 諸経費


リターンについて

ご支援いただいた方、全ての方に、私たちから感謝の気持ちを込めたお礼メールを送らせていただきます。さらに、金額に応じてお好きな冊数の「絵本『なかみはなにかな?とよおかカバン』が手に入る権利」等を用意しています。


実施スケジュール
6/7(月) クラウドファンディング開始 

7/7(水)クラウドファンディング終了

7/8(木)~支援者へお礼メール 

7/12(月)印刷冊数決定⇒印刷開始 

8月上旬~リターン送付・地元保育園、幼稚園、小学校へ配布


最後に

探究をきっかけに発足した、このグループ。

最後の部活、受験勉強など各々が忙しい中、協力し合ってここまで進めて来たからには、どうしても成功させたいです!

私たちの絵本を子供たちの所に届けたいです!応援メッセージを含め、どうかご協力をよろしくお願いします!!



  • 2021/06/11 20:58

    ☆ありがとうございます! 募集開始から4日目の夜にして、早くも目標額「100万円」達成となりました!まずは、お礼を言わせてください。本当にありがとうございます‼こんなにも早く達成するとは予測していませんでしたが、多くの方々の応援、支援のお陰で、このような素晴らしい結果になったと思っています。プ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください