【追記】ビジネスコンテストの名称変更について

ビジネスコンテストの名称を『ZERO Suicide Biz』から『Mental Health Biz』に変更いたしました。ZERO Suicideという言葉が、全ての自殺を否定している、自死遺族を傷つけるような表現に読み取れる、というご指摘があったためです。名称は変更しますが、実施する企画内容に変更はありません。少しでも自殺やメンタルヘルスの問題で生まれる悲しみのうち、防ぐことができるものを防いでいきたいと思います。

はじめに

こんにちは。自殺予防共創ラボ 代表の田中康雅です。

2021年1月から、『自殺予防共創ラボ』という自殺予防を目指した仲間を集めたコミュニティ創りと、『Mental Health Biz』という自殺予防ビジネスコンテストを開催する挑戦をしようと決めて、構想の実現に向けて奔走しています。


こちらの8分30秒の動画で、なぜ、何を僕がやろうとしているのか説明させていただいてます。少しでも興味のある方は見ていただけたら嬉しいです。

なぜ『自殺予防共創ラボ』?

僕がこの自殺予防共創ラボを立ち上げようと思ったきっかけは、2020年に日本の自殺者数が11年ぶりに増加に転じたという事実に直面したことです。著名人の自殺報道も重なり、自殺について考えた人は少なくない1年間だったかと思います。「自殺を減らすために、日本の産業保健を変革すること」に挑戦していた僕にとっては、2020年度の自殺者数が増えたという結果を自問させられました。間接的に産業保健というフィールドで仕事をしてきたけれど、もっとできること、やるべきことがあるんじゃないか、と。

そのため、今の自分にできる行動を起こそうと決意しました。

自殺予防に対して、何か行動を起こしたいとあらゆるアイデアを考えて、色んな人からフィードバックをもらい、『自殺予防共創ラボ』を立ち上げる決断に至りました。

「自殺予防」「自殺対策」について、既に多くの方が心血を注いで真摯な活動をされています。一方で、業界の特性として、新しいアイデアの仮説検証や、活動の持続性が起こりにくい課題があります。

社会が急激に変化し、価値観や生活様式も多様化する中で、「これからの時代にあった自殺予防の新しいカタチ」を個人や民間企業から生み出していくことが、未来の自殺を1人でも防ぐことにつながると信じています。

既存の取り組みにビジネスの視点、テクノロジーの視点を掛け合わせたり、他の業界での知見を自殺予防・自殺対策に転用したプロジェクトを立ち上げたりと、このコミュニティから大小様々なイノベーションを生み出していけたらと考えています。

自殺予防の新しいカタチを共に創る

『自殺予防共創ラボ』で実現したいことは、「自殺予防の新しいカタチを共に創る」ことです。

「新しい自殺予防のカタチ」をみんなで考え、実践し、共創していきます。自殺予防について、何らかの想いは持っているが、行動に移すことができていないという方は少なくありません。僕自身も、ずっとその1人でした。

自殺や死について考えるのは、とてもエネルギーがいります。それはすなわち生と向き合うことでもあります。1人で孤独に向き合うのは、とてもしんどいです。だから自殺予防・自殺対策に興味のある仲間を集めて、みんなで共に未来の自殺予防・自殺対策のあり方を考えて、自分たちにできることを行動に移す応援をしたいのです。

生み出したい事業の例

「自殺予防の新しいカタチ」として、あくまで一例ですが、僕が生み出したい事業の例を2つご紹介します。このようなプロジェクトが1つでも個人や民間企業の挑戦で生まれてほしいと切に願っております。

【1】NPO法人OVA(夜回り2.0)

リスティング広告で自殺関連のキーワードを検索した自殺ハイリスク者をオンライン相談窓口へ誘導し、その後のケアを支援する『夜回り2.0』を行っているNPOです。最初にこのアイデアを思いついた時は、私財を投じてこの活動をやり続けていたそうです。

リスティング広告を用いた斬新な方法で、これまで自殺相談の窓口がアプローチできていなかった自殺ハイリスク者にケアを届けることに成功。末木新先生と共に数多くの研究を進めながら事業展開しています。論文での成果報告や政策提言を重ねた結果、自分たちの事業を行政がやるべき事業として位置づけることに成功し、受託事業という形でマネタイズして活動を持続性のあるものにしています。

【2】株式会社リミー(Reme)

LINEでの心のオンライン相談サービスReme(リミー)を提供している会社です。初恋相手の自殺をきっかけに事業を立ち上げ。何度もキャッチボールが発生するメンタル系のチャット相談はビジネスとして成功しにくいと言われる中で、非常に質の高いチャット相談ができる体制を構築されています。

WEBメディアでの情報発信をしつつ、広告収入、企業向けのサービスでマネタイズして事業の持続性を高めています。

『自殺予防共創ラボ』のメンター紹介

このコミュニティが目指すミッションに共感し、自殺予防・自殺対策に向けた挑戦を支援いただけるメンターの方が2021年4月時点で12名おります。

自殺予防、産業保健、精神科医療、メンタルヘルス、ビジネス、スタートアップ、ベンチャー投資、技術、疫学研究、政策、教育、などなど様々な視点で知見のあるメンターの力も生かして、自殺予防の新しいカタチを共創していきます。

コミュニティに参加いただきたい方

コミュニティやビジコンに参加いただきたい人は、「自殺予防・自殺対策について何か行動を起こしてみたい」と考えている方です。

Twitterでのヒアリング結果

先日、Twitterでこのプロジェクトに興味のある人を募ったところ、20名近くの方からご連絡いただき、ビデオ通話でディスカッションさせていただきました。ご自身がうつ病や自殺企図を経験された方、大切な方を自殺で亡くされた方、既に自殺予防・自殺対策に向けた取り組みをされている方など、さまざまな背景からフィードバックをいただきました。


難しいテーマであり、一定の批判やご懸念の声もいただきました。例えば、「自殺予防」と「ビジネス」という言葉が共存することに違和感がある、というご意見です。

もちろん、ビジネスでお金儲けをすることを目指すわけではありません。あくまで、自殺予防・自殺対策を目指した取り組みを持続性のあるものにしていく1つの視点としてビジネスの視点を活用したり、市場の力を活用するということです。

様々な考え方はあるかと思いますが、個人や民間企業がオンラインコミュニティでつながり、自殺予防・自殺対策に向けて業界や専門分野の垣根を超えて意見交換し、事業のアイデアを考えたり、研究デザインを考えたり、プロジェクトを立ち上げるために仲間を集めることには意義があると信じています。

実施スケジュール

【2021年6月】ロゴステッカーなどお礼の品のお届け、オンラインコミュニティ『自殺予防共創ラボ』Facebookグループへの招待開始

【2021年7月】『自殺予防共創ラボ』WEBサイト公開

【2021年8月】ビジネスコンテスト事前登録開始

【2021年9月】ビジネスコンテスト書類選考開始

【2021年10月】ビジネスコンテスト個別面談(メンタリング)

【2021年11月】ワークショップ

【2021年12月】ビジネスコンテスト最終選考イベント

※初年度はZoomを利用してオンライン開催とする予定です。

今回のクラウドファンディングを通して支援いただいた方を中心に、アクティブなコミュニティ会員数を増やして自殺予防の新しいカタチを共創していくことを目指します。

※3,000円以上の支援をいただけた方をコミュニティに招待させていただきます。Facebookグループのため原則実名アカウントでの参加となることをご了承ください。

コミュニティの熱量を高めるために、イベントを開催したり情報発信をしつつ、ビジネスコンテストを年に1回主催して継続的に自殺予防・自殺対策に向けたアイデアが全国から凝集してノウハウや人と人とのつながりが生まれていく場にできたらと考えております。

初年度は8月からビジネスコンテストの事前登録を開始し、2021年12月5日(日)16:00〜オンラインにて最終選考会を実施します。

資金の使い道

クラウドファンディングの目標金額は「100万円」です。

・自殺予防共創ラボのコミュニティ運営経費

・WEBメディアの運営経費

・ビジコンの運営経費

・広告宣伝費

にあてさせていただきます。

なお、本プロジェクトは<All-in方式>で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

足りない資金は、私財で補填して、このプロジェクトを実現しようと思います。

リターンについて

『自殺予防共創ラボ』のコミュニティ運営はFacebookグループにて行います。支援のリターンとして、自殺予防共創ラボのコミュニティに参加をご希望される方は、お手数ですが「備考」にFacebookのプロフィールURLをご記入いただくようお願いします。

※未記入のまま入力した場合でも、後日TwitterのDMなどでご連絡いただければ招待させていただきます。

最後に

自殺予防・自殺対策は社会科学です。10年前の自殺予防の正解と、10年後の自殺予防の正解は、全く異なるカタチになります。そのため、「時代の最先端で自殺をなくすために何が必要かを考え、実践し、挑戦し続けるエネルギー源」が社会に必要だと僕は信じています。

ゼロからの挑戦にはなりますが、自殺予防共創ラボがそのエネルギー源として役割を果たせるよう、試行錯誤してこのプロジェクトを成功へ導きたいと思います。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください