はじめに

コロナ禍におけるワンちゃん・ネコちゃんを取り巻く生活環境の変化により、カロリーの摂取過剰や運動不足による肥満、ストレスが増えてきていると聞いた事がありませんか。このような環境にいるペットたちは、健康を損なう恐れがあります。ペットにこのような思いをさせないようにするためには、私たちがペットの健康管理に十分気を付けることが必要であると考えています。特に食事は、その摂り方次第でペットを簡単に太らせてしまいます。そこで、食事面からこの健康問題を解決する方法を考えてみました。

コロナ禍以前のように元気を取り戻してもらいたい。すべての飼い主さんはそう思われるのではないでしょうか。家族の一員であるペットの健康問題は、私たちが真剣に考えていけなければならないことなのです。

ところで、皆さん、菊イモという植物をご存知でしょうか。菊イモはキク科ヒマワリ属の多年草で、原産地は北部アメリカで、江戸時代に日本に到来し、大事に世界大戦中は食用として各地で栽培されていました。掘り出したイモは生姜に似た形で、触感は大根のようにサクサクしています。菊イモは「イモ」とありますが、イモの仲間ではありません。「イモ」と聞くとデンプンを思い浮かべますが、菊イモにはデンプンは含まれておらず、イヌリンにより構成されています。菊イモの主成分であるこのイヌリンこそが天然のインスリンといわれる多糖体なのです。イヌリンの生理的効能は多くあり、奇跡の産物と言っても過言ではありません。イヌリンは膵臓が糖を吸収するのを遅らせ、また脂肪・糖・塩を吸収させない食材とも言われています。イヌリンは果糖ですので、血糖値を上げない働きがあり、消化吸収を促したり、善玉菌を増やしてくれる効果もあります。 

菊イモの花と塊根 この菊イモを乾燥させパウダー状にし、毎日のペットの食事に加えてあげれば健康問題を無理なく改善できるのではないかと考え、いつも食べているお気に入りのペットフードにかけるだけのペット用菊イモふりかけを作れないかと考えたのが本プロジェクトのスタートでした。薬ではなく、天然の菊イモのパウダーですので、無理せず毎日安心して食べられますし、ほぼ無味無臭のため、ストレスにもなりません。私たちは、本プロジェクトにより、ペットの健康改善に貢献し、さらには素晴らしい菊イモを育てる日本の農業をも守ることができると考えています。地域振興としても大きな可能性を秘めたペット用菊イモ健康ふりかけ「キクイモンくん」をご紹介します。

パウダーにした「キクイモンくん」

私たちが契約している菊イモ栽培委託農家は、周囲を美ヶ原・浅間山・蓼科山で囲まれた、水と空気の美味しい自然豊かな長野県の依田窪南部地区の方々です。現在、綺麗なピンク色のフランス菊イモの栽培をしています。また、最近「きくいも研究会」も立ち上げ、栽培技術の向上や菊イモの普及に精力的に活動されています。

私たちが菊イモを育てています! 

本プロジェクトのスケジュール

菊イモの植え付け作業

5~7月
契約農家に菊イモの植え付けを依頼します。菊イモは害虫にも負けないので栽培は比較的放任で大丈夫です。消毒も不要です。植えてから2~3週間ほどで芽が出ます。天候具合で遅くなることもあります。寒暖差の大きい所ほどイヌリンの豊富な菊イモが作れます。

9~10月
夏頃になると大きく成長し、草丈は2mほど(場合によって3mにも!)となりますので、倒れないよう支柱を立てます。黄色い花が咲いてとても綺麗です。

菊イモ堀り作業11~12月
葉が枯れてきた秋頃になったら、土から菊イモ掘り起こし、収穫します。菊イモはかなり生命力が強く翌年同じ場所に菊イモが残っていると、その菊イモからも芽が出ます。1株当たり約2kg、1反で約1トンの菊イモができます。

収穫した菊イモを洗います

菊イモをスライスします

スライスした菊イモを寒冷紗の上に一枚一枚並べて干します

菊イモをスライスすると中は大根のように白くなっています。3mm程の厚さにスライスした後、5分程、水に浸し、水をよく切って、寒冷紗の上に一枚ずつ並べて天日干しにして十分乾燥させます。 完全に乾いたら保存袋に入れて涼しい場所で保管します。

1~3月
乾燥した菊イモは、ひきっ粉という機械を使って粉末にして、成分検査とパッキングを行います。これで「キクイモンくん」の完成です。すべて手作業で行うので一度に大量には作れません。菊イモ150kgは、乾燥すると約80kgになり、さらに粉末は約65kgになります。

7月~ 
支援者様へリターンの発送を行います。本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も本計画を実行し、リターンをお届けします。


菊イモの主要成分と効能

綺麗な黄色の花が咲く菊イモの塊茎には、イヌリンをはじめとした様々な有用成分が含まれています。一般的には、以下の効能があると言われています。

菊イモは有用成分の宝庫です

<イヌリン>
膵臓が糖を吸収するのを遅らせます。脂肪・糖・塩を吸収させない食材とも言われています。このイヌリンが一番多く含まれているのが菊イモなのです。イヌリンは果糖ですので、血糖値を上げない働きがあり、また消化吸収を促したり、善玉菌を増やしてくれる効果もあります。

<ビタミンB1>
神経ビタミンとも言われ、神経の維持のために不可欠なビタミンです。心臓の状態を整える作業もあります。生命維持に必要な成分を助ける働きがあり、それによって代謝が上昇して血糖値を下げる働きがあります。

<ビタミンB2>
皮膚や粘膜の健康維持や肥満予防に効果があります。

<ビタミンC>
病気予防・免疫力向上・老化予防に効果があると言われています。健康長生きに重要な働きを持つ最も良く知られたビタミンです。

<ミネラル>
身体に必要な五大栄養素の一つです。


ご支援の使い道

ペットの未来のために

皆様からのご支援は、ペットの健康改善のためのペット用菊イモ健康ふりかけ「キクイモンくん」 の開発等に関する下記経費に使わせて頂きます。

● 栽培委託費
● キクイモ粉末加工機購入費
● 成分検査料
● パッケージング機購入費
● パッケージ代
● 広告宣伝費
● リターン配送料
● 人件費
● CAMPFIREプロジェクト管理料


リターンのご紹介

ご支援頂いた方に「キクイモンくん」をお送り致します。

● 名称:ペット用菊イモ健康ふりかけ「キクイモンくん」
● 数量:1個
● 内容量:90g
● パッケージ:チャック付きアルミパウチ

※中型犬で一日2回食事を与えている場合、一回の食事につき1gお使い頂くのが目安です。
※一日2gお使い頂くと、本商品1個で1.5ヶ月分の量となります。
※与えすぎると体調不良を起こす場合がありますので状況により調整して下さい。
※イヌリン含有率は通常10~20%になります(収穫される菊イモによりこの範囲外になる可能性があります)。
※まずは3ヶ月お試しいただくことをお勧めします。
※パッケージのデザインは予告なく変わる場合があります。

<「キクイモンくん」の特徴>
● タブレットではなくパウダーですので食べやすいです。
● 大型犬・小型犬、年齢によって与える量を調整可能。
● 収穫後すぐにスライスして乾燥しますので、イヌリンの劣化が少なく高濃度・高品質。
● 水と空気が綺麗な長野県で育てられた国内品なので安全。
● いつものペットフードを変える必要はございません。
● アルミパウチにより長期間保存可能。


最後に

弊社、ターリー・セキュア・ウォレット株式会社は、「キクイモンくん」 の供給を通して、ペットの健康問題改善、栽培農家の保護、長野県の地域振興が同時に行えるものと信じております。菊イモの植え付けは「今」行う必要がありますので、「今」ご支援が必要なのです。


  • 2021/05/19 21:39

    プロジェクトを開始して早いもので1週間が経過しようとしています。今後は、活動報告(本ページ)を通じて皆様に本プロジェクトの最新情報や進捗をお知らせします。皆様からご支援を頂けるよう、本プロジェクトの意義や魅力をお伝えしてゆく所存です。今後とも宜しくお願い申し上げます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください