はじめに

はじめまして、千本財団です。このページをご覧いただき有難うございます。

当財団は、2018年よりアジア太平洋出身の留学生に対して返還不要の奨学金を給付する財団として活動を始めました。

日本の大学進学を目指す留学生の多くは、まず日本語学校に入学し、大学受験に備えます。留学生向けの奨学金団体は、大学生・大学院生対象が多く、日本語学校生を支援する団体はほとんどありません。特に東南アジア出身の学生は、日本語学校生の時代もアルバイトをしながら学業に励むケースが多く、中国などの留学生と比較して大きなハンデを背負っています。

日本での私費留学生の70%はアルバイトで生計を立てており、働きながら勉学に励んでいる状況です。アルバイトの内訳は飲食業が全体の40%と最も多く、新型コロナ感染拡大の影響で、シフトが大幅に減り生活に困窮する留学生が増えております。(令和元年 私費外国人留学生生活実態調査より)

特に、もともと日本の大学進学を目指し、日本語学校に在籍しながらアルバイトをしている留学生は大切な受験期間に勉学に集中できない状況が続いており、中には留学継続が困難となる者もおります。

このプロジェクトでは、日本語学校に在籍しながら2022年4月から日本の4年制大学への進学を目指す、アジア太平洋出身の留学生が受験勉強に専念できるよう応援する仲間を募集します。

【支援対象国籍】
インドネシア共和国 カンボジア王国 タイ王国 フィリピン共和国 ベトナム社会主義共和国 マレーシア ミャンマー連邦共和国 ラオス人民民主共和国 アメリカ合衆国 (*但し、アメリカ合衆国については所得制限有。家計所得を年間50,000ドル以下とする)

お金の心配なく勉学に励める留学生を一人でも増やしたい

千本財団は2018年から奨学金事業を開始し、日本の大学進学を目指す日本語学校生がお金の心配なく受験に集中できるよう、現在まで計17名の学生を支援してまいりました。 

今回のプロジェクトで支援する留学生たちは、コロナ禍で日本にすぐに入国することが叶わなかったため、2020年春からオンラインで学習し、入国許可がおりた2020年10月~2021年1月までのわずかな期間で来日しております。日本のコロナ感染状況、アルバイト先が見つからないことの不安を乗り越えて来日した、日本で勉強したい意欲が非常に高い留学生たちです。

奨学生の声(1)グエン バオ フン/同志社大学2年生/ベトナム出身 2018年、大きな抱負を持って日本に来た当時の私は、経済的な負担を初めて感じました。各大学の学費を計算したところ、学費が比較的高い私立大学を選ばず、関東地方の国公立大学だけを志望しました。しかし、千本財団のご支援のおかげで、私立大学、近畿地方の大学にも積極的に挑戦しました。その結果、私が現在所属している同志社大学とのご縁を結ぶことができました。また、入学した後も、安心して興味深い分野を学ぶことができました。
 更に、コロナ禍で、ストレスが多くたまっていた私は、千本財団の方々と相談して、貴重なアドバイスを頂くことで、気持ちが楽になりました。千本財団は、勉強から生活まで、私をサポートしてくださって誠に感謝しております。この御恩を忘れず、これからも一生懸命頑張っていきたいと思います。

奨学生の声(2)タン ズー シェン/山梨大学3年生/マレーシア出身私はタンズーシェンと申します。マレーシアからの留学生です。今は山梨大学の3年生です。来日する前に、父が仕事中にケガをしてしまって、そのせいで足が折れてしまって、仕事があまりできなくなりました。叔母が長年貯金してきたお金を貸してくれたおかげで、来日できました。しかし、やはり日本での出費が高くて、経済的に厳しいという事実は変わりませんでした。そんな時に、日本語学校で千本財団からの奨学金の募集案内が来て、応募させて頂きました。そのおかげで、経済的に困ることがなくなり、学費以外は自分を養うことができるようになりました。経済的な支援だけでなく、時々研修旅行もあり、そこからいろいろな経験ができました。

資金の使い道

ー目標金額の内訳、具体的な資金の使い道

■奨学金:210万円
給付額:月額5万円
定員:7名
給付期間:2021年10月~2022年3月の6カ月間
全国の日本語学校から奨学生を選定し、最大7名の留学生に月額5万円の奨学金を6カ月間給付します。また、目標の大学に合格進学する場合、原則として大学4年間も継続して支援します。その場合、1人当たり月額8万円の奨学金を給付します。

■クラウドファンディング手数料:25万円

実施スケジュール

6月中旬 募集要項の発表

8月下旬 奨学金への出願締切 

9月上旬 書類選考の結果発表

10月上旬 面接選考

10月下旬 最終選考の発表

11月10日 奨学金給付の開始

11月中  リターン(御礼)送付開始

選考について

■書類選考:2021年度募集要項を元に、原則として今年の6月に開催された日本留学試験の試験結果(3科目)の上位9名までを合格とします。

■面接選考:主に大学教員で組織された選考委員によって面接選考を行い、最大7名までの奨学生を選抜します。選考基準は下記の通りです。
①日本で学ぶ学生としての資質(動機、思考力、論理性、意欲、熱意)
②千本奨学生としての資質(誠実さ、好感度、リーダーシップ、問題意識、コミュニケーション力)
③将来のビジョン(日本と母国との架け橋の要素、社会貢献への熱意、計画性)

募集方式について

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

リターン

■御礼のメール
■寄附金領収書
■活動報告書(ニュースレター)

※本プロジェクトへのご寄附は千本財団への寄附となり、当財団が寄附金の受付及び領収証発行を行います。このプロジェクトの寄附は寄附金控除の対象になります。

「寄附金控除」をお受けいただくためには、確定申告の際に、当財団が発行した領収証をもって確定申告をしていただく必要がございます。領収書は2021年11月頃にプロジェクト報告書(ニュースレター)と共に郵送させて頂きます。

※領収証はCAMPFIREではなく当団体が発行・郵送いたします。


最後に

このプロジェクトは、日本での留学経験を元に、将来出身国のリーダーとなり、日本との架け橋となる人材を育成することを目的としております。

当財団の代表の千本倖生は、フルブライト奨学金を得てアメリカに留学し、その時の出会いと経験が元になって現KDDI、Y!mobileの創業に携わりました。奨学金がなければ留学も叶わず、留学が叶わなければ起業家としての千本もありませんでした。この奨学金プロジェクトは、奨学金制度への恩返しです。

現在コロナ禍により、世界は想像もしない変化をしつつあります。このような時だからこそ、日本に憧れ日本の大学進学を目指す若者に、愛と寛容の精神で助けの手を差し伸べるべきだと考えます。どうか、一緒にサポートするメンバーになってください。


千本財団の役員について

代表理事 千本倖生京都大学工学部電子工学科卒業、フロリダ大学Ph.D

日本電信電話公社(現在の NTT)入社、その後、1984年に第二電電株式会社(現在の KDDI)を稲盛和夫氏らと共同創業し、専務取締役、取締役副社長を歴任。

1995年に慶應義塾大学、大学院教授に就任。

その後カリフォルニア大学バークレー、カーネギーメロン大学の客員教授を経て、シリコンバレーのエクセレントカンパニーのネットアップや世界最大の通信社のロイターの取締役を務める。

1999年にはイー・アクセス株式会社を創業。代表取締役社長、代表取締役会長などを歴任。

2005年イー・モバイル株式会社を設立し、代表取締役会長CEOに就任、同社の拡大をリードしてきた。

2014年4月に株式会社レノバ社外取締役に就任。

2015年8月より株式会社レノバ取締役会長に就任。

2017年9月に一般財団法人千本財団代表理事に就任。

理事 小長 啓一
元通商産業省事務次官

理事 橋本 徹
株式会社富士銀行元頭取、 日本経営者団体連合元副会長、日本政策投資銀行 元代表取締役、フルブライト日本同窓会元会長

理事 日比谷 潤子
学校法人 聖心女子学院 常務理事 国際基督教大学 前学長

理事 小林 英夫
多摩大学 経営情報学部 経営情報学科 教授 学長室長 経営情報学科長

評議員 川口 順子
武蔵野大学客員教授 、元外務大臣、元環境大臣

評議員 藤﨑 一郎
一般社団法人日米協会会長(前駐米大使)

評議員 大角 幸枝
日本工芸会正会員 重要無形文化財保持者(鍛金)

評議員 飯田 さやか
株式会社ベルデザイン CFO

評議員 千本 祥子
株式会社フランシス 代表取締役

監事 中村 亨
日本クレアス税理士法人代表 公認会計士 税理士

  • 2021/09/16 10:58

    こんにちは。公益財団法人千本財団の事務局です。「コロナに負けるな!日本の大学進学を目指すアジア太平洋出身の留学生を支援したい」のプロジェクトをご支援頂き、誠に有難うございました。本日までに17人の方から125万5000円ものご支援を頂きました。こちらは4人分の留学生の支援分に相当し、目標の53...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください