福島県いわき市には様々な面で精一杯活動する若者がたくさんいます。 その姿を定期的に発信し、たくさんの方に「若者のチカラ」を感じていただき 新しい世界を知って欲しいと考えております。このプロジェクトにお力を貸していただける方を募集させていただきます。 詳細は下記をご覧ください。

プロジェクト本文

はじめにご挨拶

初めまして。関東地方の大学にて映像分野の勉学に励む大学1年生の遠藤太郎と申します。

私は福島県いわき市で生まれ育ちました。勉学のために関東への進学を決め、現在は新たな生活を送っています。

高校時代では、学業や部活動だけでなく、高校生によるボランティア団体を設立し活動してきました。

そんな私は、今後は「若者」にフォーカスを当てて活動したいと考えております。

いわき市はもちろんのこと、日本全国には挑戦し続ける若者がたくさんいます。

一人でも多くの方に「若者のチカラ」を感じていただき、映像・写真を学ぶ大学生スタッフで

大きな影響を与えるような映像を制作しYouTubeにて定期的に発信していきたいと思います。

温かいご支援をご協力をどうぞ宜しくお願い致します。

▼いわき市の現状

いわき市は福島県の沿岸沿いの場所に位置する、福島県内で一番の面積を持つ市です。

スパリゾートハワイアンズやアクアマリンふくしま、いわき石炭化石館などの観光地も多く存在し、

「夏は涼しく、冬は温かい」という気候が特徴であり、「東北のハワイ」とも称されるほどです。

そんないわき市は2011年3月11日の東日本大震災の被害を受け、被災地として歩むことになりました。

しかし、そんな被害に負けずに前進する姿が多々見られ、現在では「被災地」という飾りが無くなりつつあります。

その勇姿は若者の姿が多く、中でも高校生ながら「町のために〜」という意識で活動する姿は

それまでの「常識」が変わるきっかけでもありました。

あれから6年が経過しましたが、精一杯活動する若者は現在も多く存在します。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

上記で述べさせていただいたように、精一杯活動する若者の姿は多く見られます。(自分も活動していました。)

しかし、その姿を知る人はまだまだ少ないのが現状です。

大人の方はもちろんのこと、同級生でさえも活動してることを知らないのです。

だからこそ私は「熱い若者」を全力で発信し、「若者のチカラ」を知っていただきたいと考えました。

その姿を見るだけで、以前までは知らなかった若者も大人の方も、

自分の中での常識が変わり、新しい一歩を踏み出せるきっかけになると思います。

「同じ年代の子が・・・自分も!」「若者が・・・負けてられない!」

など感じることは様々ではありますが、心を動かせる映像を制作し定期的に発信していきたいです。

▼これまでの私の活動

2014年 TOMODACHI SUMMER 2014 softbank リーダーシッププログラム にて渡米

      学生団体CONNECT 設立

2015年 国連防災世界会議 in仙台 にて登壇

             いわき太平洋・島サミット2015 応援隊として参加

              全国マイプロジェクトアワード2015 へ出場

2016年 学生団体CONNECT主催イベント 参加者100名達成

      3.11いわき追悼の祈りと復興の誓い2016 にて登壇

      復興・創生推進大会~共に創るこれからの"いわき"~ にて登壇

2017年 関東の大学へ進学

▼資金の使い道

使い道のほとんどが機材と人材です。

「良い映像は良い環境から」ということもあり、

できる限りの資金が必要になります。

※交通費・食費・撮影地場所代は撮影5回分の金額となっております。

 

撮影機材・・・¥400000(カメラ・照明・マイク)

スタッフ交通費・・・¥150000(東京と神奈川よりスタッフが来ます)

スタッフ食費・・・¥15000

撮影地場所代・・・¥10000(公園での撮影にかかる費用です)

 

以上が最低でもかかる費用となっております。

「定期的な撮影・発信」ということでこのようになりました。

▼リターンについて

いわき市を舞台に撮影を行うということで

「いわき市らしさ」を十分に取り入れた物をお送り致します。

 

[3,000円コース]

・お礼のメール ・フォトデータ(三種類)

・特製フォトアルバム〜いわきで生きる〜

[5,000円コース]

・お礼のメール ・フォトデータ(三種類)

・特製フォトアルバム〜いわきで生きる〜 

・「協力者」としてスタッフロールに記載(匿名も可能です)

[10,000円]

・お礼のメール ・フォトデータ(三種類)

・特製フォトアルバム〜いわきで生きる〜 

・「協力者」としてスタッフロールに記載(匿名も可能です)

・番組特製Tシャツ

 

※「フォトデータ(三種類)」「特製フォトアルバム〜いわきで生きる〜」で使用される写真は、

 いわき市の風景や観光地を実際に撮影したものです。

※スタッフロールに匿名での記載を希望される方はお声掛けください。

▼最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます。

いわき市で生まれ育った私だからこそ、いわき市の素晴らしさ・美しさを知っていると思います。

しかし、それを発信することができていない現状です。今回は「いわき市の若者」にフォーカスを当てていますが、

同時にいわき市の姿をも写していきたいと考えております。

なお、今回のプロジェクトを成功に繋げることができましたら、

福島県や東北地方、日本全国へと範囲を広げ、「若者のチカラ」を発信したいとスタッフ一同考えております。

皆様のご協力とご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

  • 活動報告

    ミーティングを実施しました!!

    2017/10/30

    本日の夕方にミーティングを実施しました。 大学での授業の関係上、ミーティングの機会が取れないということで 貴重な時間を有意義に使いました。 &n…

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください