こんにちは!箱根の老舗旅館一の湯です!

2021年で創業391年を迎える箱根の老舗旅館「一の湯」 です。

一の湯は箱根で1泊2食付で1万円以下からの価格で提供するリーズナブルな宿です。


そして、今回プロジェクトを担当しております。営業・広報担当の大野正樹です。

箱根一の湯 営業・広報担当の大野正樹です!


昨年はクラウドファンディングでこんな企画をしており、多大なるご支援をいただいた結果、約2000万円を集め、二つのコンセプトルームを造ることができました。エキサイトルームとファミリールーム

ご支援くださった皆様、ありがとうございました!

今回もお客様に喜んでいただくために、プロジェクトを立ち上げました!少しだけお付き合いください!


自分だけのサウナの世界に没入しませんか?

さて、近頃サウナが注目されて久しいですが、サウナーの皆さんでこんなモヤモヤはありませんか?

「サウナの中、密になってないかな・・・」
「テレビはなくていいんだけど・・・」
「他の方の話し声が気になる・・・」
「もう少し温度、湿度を調整したい・・・」
「プライベートなサウナがあったらなぁ・・・」

普段、仕事や家事・育児を頑張っているあなたにとって、サウナは自分へのご褒美ですよね。せっかくサウナに行ったなら、サウナの世界にとことん没入したいと思いませんか?

私は思いました。だから一の湯にこういう世界観つくります!

あなたのサウナのお悩み解決します!

そして出会ったロシアサウナ

「なんかいいサウナないかねぇ」と悩んでいた我々に「すごいサウナが福岡県の宗像にある」という情報が!そこはロシア人のアルビナさんという方が経営している「IZVA」というサウナ施設。早速箱根から福岡県は宗像市に飛んだ我々が出会ったのは衝撃的なサウナでした。


そして我々を迎えてくれたのは樽型のサウナ。まずビジュアルがキュンです!

木の香りが優しく包んでくれます。

サウナのビジュアルにキュン

早速いっちょいきますか!

自分でロウリュできるという贅沢さ!都会ではなかなかできない経験です。

セルフロウリュができる!

ロシアサウナはサウナストーンに水をかけて大量の蒸気を発生させるのが特徴で、日本で広く普及している乾式サウナよりも湿度が高く、湿度は70~80度にもなります。そのため体感温度は非常に熱く感じられ、世界一熱いサウナとも言われます。

※写真は薪ストーブですが、安全性を考慮し電気ストーブでの運用を計画しています


蒸気は70%~80%ほどになり、体感は100~120度でまさにエクストリームな熱さ!

エクストリームな熱さが全身を襲う!

また、白樺の枝や葉っぱを乾燥させて作ったヴェーニクを使ってのウィスキングや、サウナを通した「裸の付き合い」も、ロシアサウナのイイところ。


サウナのあとはこれ!水風呂でシメる!

箱根でやることを決意した瞬間

灼熱のサウナと冷たい水風呂、外気浴でリラックスという体験を共有し、心を開いてコミュニケーションするというのもロシアサウナの大事な文化だそうです。 日本の温泉の文化と通ずるものがありますね。


テンションと体温が上がった我々はすっかりロシアサウナに恋していました。そしてその場で「コレ、箱根でやろう!」と決意しました。


箱根に来たお客様に、こんな感じでリラックスできて、旅をきっかけに大切な人との関係を深め、明日からまた頑張ろうと思える活力を提供できるとしたら、温泉旅館としてこれ以上があるでしょうか。  


一の湯で実現したいこと
強烈な蒸気と自然の空気で「サウナの世界に没入せよ!」

今回、サウナの設置を考えている宿は箱根の仙石原にある品の木一の湯です。仙石原にはススキの原草原や箱根湿生花園など、箱根の中でも豊かな自然と澄んだ空気を感じられるエリアで夜空もキレイ。


我々はこの品の木一の湯の一角で皆様にロシアサウナをお届けすることに決めました。

自然豊かな仙石原にある人気の宿「品の木一の湯」

敷地内には最大4~5名ほど入れる大きさの樽サウナと水風呂を設置し、時間ごとの貸切で利用していただき、貴重なプライベートサウナで存分に没入感に浸っていただきたいと思っています。  貸切で楽しむプライベートサウナ

ちなみに、このサウナはコンパクトでかわいいんですが、機能も優れており、中にはシャワーブースや休憩スペースもあり、より”おこもり感”を感じられる作りとなっております。

写真は薪ストーブですが、安全性に配慮し電気ストーブでの運用を計画しています。

写真は薪ストーブですが、安全性に配慮し電気ストーブでの運用を計画しています


そしてサウナの満足度を決めるといっても過言ではないのが水風呂。水には箱根の豊かな山々に育まれた天然水を使用し、からだを優しく包み込みます。なお、サウナも水風呂も材料は本場ロシアから輸入するシベリアのシダ材を使用し、機能的にも抜群です。

ロシアの木材で手作りの水風呂です

そして箱根の澄んだ空気を感じ外気浴を楽しんでいただけるよう、休憩できるベンチをおいて、夜空を見ながら最高の”ととのい体験”を感じていただきます。からだはリラックス、頭の中はからっぽにしてリセット完了!強烈な蒸気と自然の空気で「サウナの世界に没入せよ!」 

さらに!

プライベートサウナで楽しんだ後は天然温泉に入ってここぞとばかりにからだを甘やかしていただきたいと思っています。 

天然の温泉でカラダをここぞとばかりに甘やかそう!

そしてサウナ飯ならぬ「サウナ旅館飯」を食べ、至れり尽くせりの体験を通して「明日からも頑張るぞ!」ってなって欲しい!「あぁ~、体が喜んでいる!」と言わせたい! 

 サウナ旅館飯で贅沢に!(写真は一例です)

 今後のスケジュールと予算感

今後のスケジュール感は以下のように考えております。

予算の内訳は下記に記した通りで、合計で約600万円ほどを想定しております。
・樽サウナ購入設置費用
・水風呂購入設置費用
・品の木一の湯の敷地の剪定費用及び工事費用など
・ロシアの職人の工賃

予定しているリターンについて

リターンは1万円分のクーポン券を5千円で購入できるチケットや、一の湯のオリジナル商品の詰め合わせセット、そして目玉は1年間泊まり放題のサブスク宿泊券などなど、お得なリターンがいっぱいです!

お得なリターンをご用意しております

色んな宿を選べるのが一の湯のいいところ

選べる客室と露天風呂
最後に

長引くコロナ禍の中、多くの産業で苦境に陥っていると思います。そんな中で宿泊業にできることは、お越しいただいたお客様をいかに癒し、大切な方々とのコミュニケーションを通して明日への活力を養っていただくかということに尽きます。

一の湯の経営理念は「宿泊の常識を変え、宿泊によって日常生活の豊かさを提案する」です。このようなコロナ禍でも、どのようにすればお客様に喜んでいただけるだろうか?と常に考え行動してきました。

今後も先が見通せない状況はしばらく続きそうですが「冬きたりなば、春遠からじ」(春は来たんだけどまだまだ先は長いなぁ・・・と思わなくないですが笑)ということで引き続き頑張ってまいります。

落ち着いたころに箱根の一の湯でお会いできればと思いますので、ご支援よろしくお願いいたします!箱根一の湯でお待ちしています!


<All-or-Nothing方式の場合>

本プロジェクトはAll-or-Nothing方式で実施します。目標金額に満たない場合、計画の実行及びリターンのお届けはございません。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください