はじめに・ご挨拶

はじめまして!私は極楽パンチ実行委員会代表の篠田朱美と申します。
極楽パンチは2004年10月23日に発生した新潟県中越地震の復興イベントとして2006年から新潟県小千谷市にある極楽寺を会場に毎年開催しているイベントです。
今年は7月11日(日)の夜にキャンドル×バルーンナイトライブをライブ配信にて開催します!


新潟県小千谷市は震災当時、震度6強の大きな揺れに見舞われた地域です。
私たちの生活はこの大きな揺れによって一変してしまいました。

大切な方を失った方、住まいを奪われた方、先祖から守ってきた土地を離れなくてはならなくなった方、それだけではなく数字には見えない多くの方々が震災によって大きな影響を受けました。

そのような中で「このままではいけない、自分たちで地域を盛り上げたい」と有志が集まって作り上げたのが極楽パンチというイベントです。

極楽パンチは昼間は境内でフリーマーケット、夜は本堂でお寺の古蝋燭を溶かしてリメイクしたキャンドルで空間演出するキャンドルナイトライブの2部制というスタイルで毎年開催してまいりました。
現在は夜のキャンドルナイトライブのみの開催となっていますが、空間演出にバルーンアートも加えて、より幻想的な空間で音楽を楽しんでいただけるイベントとして、今では全国各地からお客様が遊びにきてくれるようになっています。

極楽パンチのテーマは「エコ(環境保全)」です。
震災直後、小千谷市ではゴミ処理場の稼働がストップしてしまい、大量のゴミが市民の憩いの広場に山積みになってしまいました。

この経験からせっかく復興イベントをやるなら生活を見つめ直すものにしたいと考え、エコをテーマに設定しました。
フリーマーケットではゴミの出ない取り組みのほか、環境保全活動をされている方からご参加いただくことで、ほとんどゴミの出ないイベント運営を行うことができました。キャンドルナイトでは電気の照明を一切使わない取り組みを行う中で便利で強いエネルギーに頼らなくても、豊かな生活は可能なのではないのかと言う思いに至ることができました。

私たちは被災という大変な経験をしましたが、ただ辛い経験で終わらせるのではなく、「そんな経験をしたからより良い生き方が出来るようになったよね」と言えるようになることを復興と位置づけて活動してきました。
このような思いを大切にしながら7月11日(日)に極楽パンチ2021 キャンドル×バルーンナイトライブをライブ配信で開催いたします。
いつもお越しの皆さんだけでなく、今まで遠方で来れなかった方、はじめて知ってくださった方もぜひご参加いただけたら幸いです。

極楽寺住職です。ご挨拶させてください。

皆様はじめまして。
私は極楽パンチの会場となっている極楽寺で住職をやらせてもらっています麻田弘潤と申します。

私も極楽パンチ実行委員会のメンバーとして、初回から関わらせてもらっています。
極楽パンチのキャンドル×バルーンナイトライブでは毎年ライブ中に、中越地震の被害に遭われた方々への追悼の読経も行われています。

寺院でおこなう復興イベントだからこそ、このようなことが出来るのではないかと考え、毎年大切にお参りしています。
ライブには宗教も立場も違う様々な方がお越しですが、それぞれ思い思いに手を合わせたり黙祷されたりして、この時間を過ごされています。
昨年はコロナ渦ということもありライブは開催できませんでしたが、開催予定日だった日に本堂にキャンドルを並べて無料開放し、訪れた皆さんと追悼の読経をいたしました。

私はこのような時期だからこそ、ただ手を合わせる、目を瞑ることの大切さを感じずに入られません。
追悼のお参りや誰かのことを考えることは、日常の忙しさやコロナのことで常にピリピリしている自分を一旦置いておいて、心に隙間を作らないと出来ないことです。この心の隙間によって自分に余裕が出来、自分自身を見つめる時間にもなり、またそのことが周りに目を向けるきっかけになるのだと思います。

ぜひ今年は皆様とこのような時間を共有できたらと思います。
出演アーティストさんも毎年素晴らしい方々からお越しいただいています。今年も最高の時間を過ごすことができそうで今から楽しみにしています。
皆様のご参加をお待ちしています!
https://gokurakuji.info/


イベント詳細

開催日時 2021年7月11日(日)19:00〜20:30
会場 浄土真宗本願寺派 青木山 極楽寺(新潟県小千谷市平成2−5−7)*無観客でライブ配信のみ


出演アーティスト

Caravan                             

1974 年 10 月 9 日 生まれ。幼少時代を南米ベネズエラで過ごし、その後 転々と放浪生活。 高校時代にバンドを結成、ギタリストとして活動。2001 年よりソロに転身。全国を旅しな がらライブを重ね 2004 年 4 月 「RAW LIFE MUSIC」でインディーズデビュー。2005 年 メジャーへ移籍して活動後 2012 年 プライベートレーベル “ Slow Flow Music” を立ち 上げた。独自の目線で日常を描く、リアルな言葉。聞く者を旅へと誘う、美しく切ないメロ ディー。 様々なボーダーを越え、一体感溢れるピースフルな Live。世代や性別、ジャンル を越えて幅広い層からの支持を集めている。これまでに Donavon Frankenreiter、Calexico、 Tommy Guerrero、Ray Barbee、Beautiful Girls、SLIP、Sim Redmond Band 等、

多くの来日アーティストのサポートアクトや共演を果たし、YUKI「ハミングバード」 「Wagon」、SMAP「モアイ」、渡辺美里「Glory」「Hello Again」などの楽曲提供も手掛け ている。
http://www.caravan-music.com


U-zhaan

オニンド・チャタルジー、ザキール・フセインの両氏からインドの打楽器「タブラ」を師事。00年よりASA-CHANG&巡礼に加入し、『花』『影の無いヒト』など4枚のアルバムを発表。10年に同ユニットを脱退後、U-zhaan × rei harakamiとして「川越ランデヴー」「ミスターモーニングナイト」等をリリース。14年には坂本龍一、Cornelius、ハナレグミ等をゲストに迎えたソロ名義のアルバム『Tabla Rock Mountain』を発表した。17年に蓮沼執太との共作アルバム『2 Tone』、18年にはフルカワミキ÷ユザーンとして『KOUTA LP』をリリース。20年はインド・アーメダバードで開催されたインド音楽フェス「Saptak Annual Festival of Music」に出演した。21年、U-zhaan×環ROY×鎮座DOPENESSによるアルバム『たのしみ』をリリース。

19年、ベンガル地方の家庭料理に特化したレシピ本『ベンガル料理はおいしい(著:石濱匡雄)』を監修。20年には、36チャンバーズから発売されたレトルトカレー「べンガリーマトンカレー」も石濱匡雄&ユザーンとして監修している。
http://u-zhaan.com

毎年出演していただいてるU-zhaanさんからメッセージをいただきました!

極楽パンチには何度も出演しています。極楽寺の住職に「タブラ演奏用の台が必要です」と伝えておいたら、なぜか豪華な細工が施された謎の仏具が用意されていて困惑したり(サイズはぴったりだった)、住職の読経とのセッションに挑戦したり(お経とタブラのキーが合わなくて、頑張ってハンマーでチューニングしているうちにお経が終わってしまった)、様々な思い出があります。

今年は無観客での配信イベントになるとのことですが、キャンドル×バルーンによるデコレーションはきっと例年以上に会場を彩ってくれるでしょう。キャンドルの炎に囲まれて、Caravanと2人で汗びっしょりになりながら演奏するのを楽しみにしています。


空間演出

キャンドルアーティストとバルーンアーティストによる幻想的な空間演出をお楽しみください。

Hand made candle TAiMU
蝋燭作家 馬場一樹 により、新潟県を拠点とし 展開されている キャンドルブランド。
新潟の特色を取り入れたキャンドルを日々 新たな研究を繰り返しつつ製作している。また、キャンドルを使った空間演出・ワークショップ等も行っている。
見た目の美しさもさることながら、灯された炎の色まで計算して製作されたキャンドルは、多くの人の心を癒し続けている。
http://hmctaimu.jp/


DAISY BALLOON
バルーンアーティスト細貝里枝とアートディレクター・グラフィックデザイナーの河田孝志からなるアーティストユニット。 2008年結成以来、「感覚と質」をテーマに掲げ、バルーンで構成された数々の作品を制作。
http://www.daisyballoon.com


このプロジェクトで実現したいこと

〜本堂は無観客にしてライブ配信にします〜

本来は会場にお越しいただき、キャンドルの熱気も含めてお楽しみいただきたいのですが、コロナ渦にあっていつも通りの開催は難しく、それだったらライブ配信だけに絞って、ライブ配信だから出来ることを提供しようと考えました。
撮影もプロのカメラマンさんに依頼して、会場全体の雰囲気を楽しめるだけでなく、アーティストの表情やキャンドルの炎の揺らぎもお楽しみいただけるように企画しています。


資金の使い道

集めた支援金は配信に必要な経費(撮影スタッフ、必要機材の確保等)と、空間演出に必要な経費の他、クラウドファンディング手数料に使われます。


リターンについて

〜自宅でもキャンドルナイトの雰囲気を楽しめるように数量限定のキャンドルを作りました〜

端末から見える風景だけでなく、電気を消してキャンドルを灯しながら一緒にライブを楽しんでいただけるように、Hand made candle TAiMUの馬場一樹氏に依頼して数量限定のオリジナルキャンドルを製作しました。
バリエーションは3種類あります。
HmcTAiMUの中でも人気あるデザインの「KASANE」シリーズから1種と「Stained」シリーズから2種 の合計3種類を用意しました。

「KASANE」(キャンドル小)サイズ5cm×5cm 燃焼時間約4時間


「Stained」(キャンドル中)7.5cm×10cm 燃焼時間約50時間
「Stained」(キャンドル大)10cm×15cm 燃焼時間約80時間


カラーは出演アーティストから選んでもらいました!住職も選んでいます。
Caravan ブルー
U-zhaan ターコイズブルー
Daisy Balloon グリーン
Hand made candle TAiMU パープル
住職 イエロー

〜このキャンドルができるまで〜
このキャンドルも含め極楽パンチで使われているキャンドルには、お寺で使った使用済みの蝋燭が材料に使われています。

お寺の本堂で灯した蝋燭は通常だとそのまま廃棄されます。

その蝋燭を捨てずに焦げた芯や汚れた部分を取り除いて、Hand made candle TAiMUの馬場一樹氏に受け渡します。
全国各地のお寺から集めた蝋燭は2、3000本もの量となります。

集めた蝋燭は一旦溶かし、芯と汚れを取り除いたあとに、硬い素材を混ぜて色をつけて成形して完成となります。

1つの灯りを作るだけで多くの手間と時間がかかる作業ですが、逆に言うと普段スイッチ一つで何でも出来る便利さの向こうには多くのエネルギーが消費されているということになります。
ライブでは便利さを優先させなくても豊かさは感じられるのではないかということを訴えています。


実施スケジュール

6月末から7月初めにかけて、配信用URLとリターン品のキャンドルをお送りします。


最後に

新潟県中越地震をきっかけに始まった極楽パンチは小さな街の小さな寺院を会場に開催されています。
始めたばかりの頃は手作りの学園祭のような雰囲気でしたが、続けていくことでたくさんの人が関わってくださるようになり、地域を超えた大きなイベントに成長しました。
災害というと「失う」というイメージが一般的かもしれませんが、こうやって新たに生まれるものもあるということを、このイベントを通じてお伝えできたらと思っています。
皆様からも応援いただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。



  • 2021/05/22 11:31

    極楽パンチに毎年出演いただいているタブラ奏者のU-zhaanさんからメッセージをいただきました!"今年の極楽パンチはU-zhaanと誰なの?"と聞かれるくらい、極楽パンチにとってなくてはならない大切な存在です。今年もタブラの音色が本堂に響き渡ります。どうぞお楽しみに!U-zhaanメッセージ極...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください