性同一性障害で治療中。 戸籍上は女性として生まれましたが、男性として生活しております。 性別を変更するにあたり、手術費が必要です。 ただただ”普通”に暮らしたいです。

プロジェクト本文

初めまして。

このページをご覧いただきありがとうございます。

僕は女性として誕生しましたが、幼い頃から性別に違和を感じており専門医から「性同一性障害」と診断されました。

2008年 高校1年生の頃に教師からの偏見が強く、毎日暴言を浴び 退学させられ、それ以降は現場仕事→飲食店勤務で治療費を捻出してました。

 

治療歴としましては、2009年から2週間に一度のペースで男性ホルモン注射での治療を開始

2016年に乳腺摘出手術を行い、戸籍の名を男性名に変更いたしました。

 

そして今後、

戸籍の性別を変更するにあたり【子宮・卵巣の摘出手術】が必要不可欠

と なります。

 

2週に1度の注射・乳腺摘出手術のローン返済・わずかながら、子宮卵巣摘出手術へ向けての貯金をし、毎月ギリギリの生活をしてきました。

再来月でローン完済となり、貯金に回せる金額が増えるので子宮卵巣摘出手術の予約を済ませました。(手術希望者が多く、手術までは約1年待ちです。)

そんな中、永年勤務していた職場が無くなってしまい現在 無職です。貯金を崩しながら就職活動を続けているのですが、セクシャルマイノリティについて頻繁にメディアで取り上げられている現在でもなかなか理解が得られず、上手くいっておりません。

手術・入院費には約75万円、施術していただく病院までの交通費が往復4万円、そして術後 約1ヶ月の静養期間中の生活費が必要となってきます。 

まずは手術のキャンセルを…と考えていましたが、友人からこのクラウドファンディングの話を聞き、正直に助けを求めてみようと決めました。

全て支援していただくのは難しいお話だと思いますし、就職先が見つかるという望みを込め、今の段階では合計20万円の支援を希望しております。

(目標金額に達しなかった場合も、手術費に充てさせていただきます。)

 

今回 僕自身が助けていただけるのと同時に、同じ悩みを抱えている方々にも”手を差し伸べてくれる人はいる”という温かさも伝えられるのではないかと思います。

 

ただただ”普通に”暮らしたいです。

どうか、お助けください!!

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください