プロジェクト本文

~ご挨拶~


今このページ見ている貴方!!

 

何で使って見てますか?

パソコン?タブレット?スマホ?

それ、まだまだ使える裏技たくさんありますよ!!!

 

 

 

失礼、自己紹介でした。

大内 仁(オオウチ ヒトシ)と申します。年齢は若干の23歳、好きな飲み物はカレーです。

横浜の都会じゃないほうで一人暮らししてます。

職歴というほど経験はしてませんが、ざっくりと記しますね。

19歳から22歳まで 母親がスナックを経営していたのでお手伝いさん

23歳 実家を離れ一人暮らしと同時に近くのパソコン屋さんへ就職

そして今に至るわけです。

ざっくりしすぎたかな?

 

趣味は諸々ありますが、中でも特に好きなのはドライブ、音楽鑑賞、写真です。

インドア・アウトドアどっちも来い!ってやつです。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと


表題の通り、スマホとパソコンの教室を開きたいと思っています。

電話とメールができればよい、、、だけの人はもちろんそういう機械ですから全然いいと思います。

でもそれにプラス写真が加工出来たら、、、

音楽を編集出来たら、、、

SNSってなに?TwitterはSNSじゃないよ!

 

パソコンほしい!でも高いから手が出せない、、、

たくさんありすぎて分からない、、、

いろんなことができるのはわかっていても何から手を付ければ、、、

 


その疑問、解決に導きます。同時に僕も学べるんです。

教室を構えてやるのはもちろん、出張サポートということも考えています。


▼プロジェクトをやろうと思った理由


もともと教師を夢見ていました。

人に何かを教えることの充実感が好きで好きで、、、

しかしながら家の手伝いで諦めざるを得なかった部分がありました。

 

第二にパソコンは今現在仕事で扱っているもので、好きになった理由がPSPです。

当時全盛期でPSPが流行ってた頃にたまたまパソコンがあり何かできないかといろいろ調べて、

パソコンにどんどんはまって好きになっていきました。

 

そして淡い経験を重ね行き着いた結果が、

「スマホとかパソコンを教えられたら一石二鳥じゃないか!?」

と簡単な理由です。

迷わず、好きなことを仕事にしたいをイコールで結びつけました。

 

▼これまでの活動


今現在の仕事で得たのは機器の知識と操作方法です。

いざ教えるってなったときに0から100まで知っておかないと、、、

 

 

 

とは思ったものの、僕もまだ発展途上です。

教えるということは同時に自分への理解と復習も兼ねてということになります。

教え方ひとつで、相手は理解ができずに無駄な時間を過ごさせてしまいます。

 


いかに楽しく内容が濃いものにするかを常に考えてトライ&エラーを繰り返しています。

 

▼資金の使い道


箇条書きで分けます

①教室の確保

場所がなければ何もできないので、、、

あまり広すぎず、堅苦しくないところを選びたいと思います。

駅から近いやバス停から近いのも視野に入れてます。

デスクや業務の必要な物も総じてと思ってます。

 

②教室のデスク、清潔さを保つための維持費

汚いところにわざわざ人は寄り付きません。

奇麗なほうが気持ちもいいと思います。

 

③出張訪問の際に使う商用車の購入

公共の交通機関がいいのでは?っていう方々は大勢いると思います。

 

それが通じるのは都会です。

 

都会ではない田舎に住まれている人に訪問する場合、電車やバスは都会ほど本数は限られています。

移動時間が大変もったいないです。

その移動時間を一人でも多くの人に教えられるとしたら車のほうが断然時間を細かく分けることができます。

 

 


▼リターンについて


まずは報告です。

この人がこんな事を学び、このようなことにチャレンジをしたという報告や、

このページを見て体験講習に来た!って人は期間限定の無料講習なども開きたいと思っています。

そして、(これは僕の個人的な話ですが)画面がきれいに拭けるクリーナーをお送りしたいと思います。

画面の保護フィルムシートについてくるような小さいサイズではなく、ハンカチサイズで持ち運びもできるようなものを考えています。

ゆくゆくは懇親会なども兼ねてのお食事なども考えてはいますがそれはまだ先の話、、、

 

▼最後に


説明不足で本当に申し訳ないです、、、

でも、二つの得意なことが同時にできるチャンスはここでしかできないと思っています。

今僕ができることはこれだと思って常日頃成長とその知識を皆さんに知ってもらうために尽力いたします。

進化しかないこの業界、少しでも最先端に触れてみたい一心です。

よろしくお願いいたします!

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください