精神的な病気や、薬や手術では治らない病気を抱えながら限られた世界のなかで生きている人は沢山います。 病気があっても、趣味を持ち、それを仕事にして沢山の人に夢を与えたい 私は車が大好きで体が弱くても、病気持ちでも「楽しいことはいっぱいある」ということを車を通じて伝えていきたいです

プロジェクト本文

薬や手術では治らない病気を抱えていたり、心に傷を負った人など、普通の生活ができずに苦しんでる人は沢山います。

私もその一人です。

保育園の頃からイジメに遭い、小学校2年生頃からイジメに耐え切れず不登校になってしまいました。

その上、家庭は崩壊していて、学校にも家にも居場所はありませんでした。

そんな中、だんだんと自分の身体がおかしくなってきたんです。

朝起きることができない、ハンマーで殴られているような頭痛が突然襲って来たり、目が見えなくなったり、息苦しくなったり、過呼吸になったりと、とても苦しい毎日をおくってきました。

どこの病院へ行っても、治す方法はなくって「精神的な事なんで」ということでした。

ずっと治ることなく、学校も行けずに、楽しいことも、やりたいことも、趣味もないまま高校生になり、当然、普通の全日制の高校には精神的な面、体力的な面で行けず、近くの夜間の定時制高校に入学しました。

定時制高校なので、いろんな仕事、いろんな趣味、いろんな生き方をしている人が沢山いて、そこで「カスタムカー」というものに出会ったんです。

いろんな仕掛けが施されていたり、見たことのないデザインで、カラフルで、見ているだけで「楽しい」って思えました。

「カスタムカー」という物を通じて、人とコミュニケーションをとることができるようになって、いろんな事を教えてもらい「やってみたい」「楽しい」「もっとしりたい」という気持ちがどんどん強くなっていきっました。それと同時に、精神的な病気、心の苦しさが少しずつ楽になっていきました。

無事高校を卒業して、運転免許を取って車に乗るようになり、最近は仕事に行けるようにまで回復しました。

今、「私もカスタムカーを作って沢山の人を笑顔にしたい!」「楽しいをみんなに届けたい」と強く思っています。

沢山の人と触れ合いながらみんなを笑顔にできるカスタムカーを作っていきたいんです。

 

自分自身、まだ精神的な面や心の面は完治はしていないので仕事も正社員として毎日出勤することはできない状況です。

自分で賄えるお金にも限界があり今回ご支援を募っています。

集まった資金を使って、私と同じように苦しんでる人達に「笑顔」と「希望」と「楽しい」を届けることができるカスタムカーを作ります‼

リターンについて

私は、書道や水墨画が好きでたまに描いています。その作品を送ります

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください