ネクストゴール150万円挑戦中!!

通常、グッドごはんでは、対面で食品を配付することで生まれる、利用者とのコミュニケーションを大切にしています。

実際に会うことで、利用者の方の様子や困っていることがないか等を確認でき、必要な支援へと導くことができます。また、ひとり親家庭の親御さんは、仕事以外で大人と会話をする機会が少なく孤独を感じている人がとても多いので、お話をすることで、普段抱えている不安が少しでも和らぎ、リラックスしてもらえたらと考えています。

子どもたちが一緒に来ることもありますが、私たちのような、「他の大人」が子どものことを気に掛ける機会というのは、ひとり親家庭の親にとっても子どもにとっても、想像以上に安心に繋がるものです。短い時間ではありますが、「私たちのことを気にかけてくれる人がいるんだ」と思えるような場を提供したいと思っています。

それから、対面配付のメリットとして、たくさんの食品の寄付や、冷蔵・冷凍が必要な食品の寄付をいただいた場合でも、配送の箱のサイズに縛られずに多めに渡したり、冷蔵品などを配ることも可能になります。このようなことから、6月20日の緊急事態宣言解除後は、対面での配付を予定しています。

これまでは、首都圏の配付拠点は大森(大田区)と大崎(品川区)のみでしたが、より多くの、食品を必要としている方が利用できるよう、6月より池上、上野、川崎、横浜でも配付ができるよう、手配しています。同じく大阪でも、6月は大阪市内複数の地域(都島、城東、阿倍野、住之江、天王寺)での配付を予定しています。 

ネクストゴールでは、食品を保管している東京・大阪の倉庫からその配付拠点先への食品輸送費・拠点場所使用料・備品代(ビニール袋、テープ類、保冷剤等)・スタッフの交通費を募ります。

ネクストゴールの資金の使い道
食品輸送費:30万円
拠点場所使用料:2万円
備品代:8万円
スタッフ移動交通費:3万6千円
手数料・返礼:約6万4千円

※ネクストゴールを超えましたら、アルバイトの人件費に充てる予定です。
※緊急事態宣言が6月20日以降も延長されることになれば対応を見直す可能性があります。

子どもたちとその家族が笑顔で健康に暮らすことができるよう、引き続き、ご支援をよろしくお願いいたします!

-------------------------------------------------------------------------------------
はじめに

はじめまして。グッドネーバーズ・ジャパンです。この度は、数あるプロジェクトの中から【グッドごはん】ひとり親世帯の子ども達に食品を届けたい!をご覧いただきましてありがとうございます。

私たちは国内の子どもの貧困対策への取り組みとして、ひとり親家庭のフードバンク事業「グッドごはん」を実施しています。通常は対面で食品を配ることで利用者とのコミュニケーションを大切に活動していますが、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、配送に切り替えて食品配付を続けてきました。

そしてこの5月より、9か月ぶりの対面配付を予定していましたが、緊急事態宣言延長に伴い、急遽配送に変更することとなりました。実はこれまでの配送費用は助成金でまかなっていたのですが、今後はそれがありません。そこでこの度クラウドファンディングにて配送費用を集めることといたしました。

私たちの事務所には、「授乳中ですが私は一日一食しか食べられません」「子どもの体重が8キロも減ってしまった」こんな声が寄せられます。この状況下でこそ食の支援を絶やさず、必要とする家庭に届ける必要があります。食品を必要としている全世帯に届けるため、ご協力をお願いいたします!

プロジェクトの概要

2人にひとりが相対的貧困と言われるひとり親家庭の問題は、「誰かが悪い」で済むような問題ではなく、社会の問題です。2020年3月に政府が臨時休校の要請をする考えを示した際に、私たちはひとり親家庭が困窮すると考え、支援の強化に努めてきました。関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)では、配付対象者数を4倍に増やして対応してきました。8月からは大阪府でも食品提供を開始し、多い時は約500世帯までカバーしてきました。これからもできるだけ多くの利用者に食品を提供できるよう努めます。 

グッドごはんの仕組み

倉庫での配送作業の様子

解決したい社会課題

新型コロナウイルス感染拡大は、平時から不利な立場に置かれているひとり親家庭に更なる打撃を与えました。グッドネーバーズ・ジャパンは、昨年5月・9月・12月と継続して、食品支援に申し込んだ 「グッドごはん」利用者にアンケート調査を行い、新型コロナウイルスの影響が出始める前との収入や食事の変化や子どもへの影響について聞きました。その結果、コロナ禍の経済難が子どもの心や体にも影響を与えていることが分かりました。

〇収入への影響について

「月給10万以上あったものが、7,8万程度になってしまった。」

「失業後、面接を受け続けていますが、20社以上落ちました。精神的にもダメージを受け、鬱気味ですが諦めずに探している状態です。」

「子供が風邪で熱をだして休みをとったら、"コロナかもしれないから会社にこないでほしい"と一方的に派遣契約が途中で切られいきなり無職になりました。」

「子供4人育ててきて ひどい時はガスや電気 水道まで止まった事がありましたがなんとか普通に生活できるようになってきたとこで 収入が減ってなかなか厳しい状態です。」

「子供がお金をかなり気にするようになり、うちにはまだお金はあるの?クリスマスプレゼントは欲しいものがないからいらない。ご飯ももっと少なくていいよ!お菓子もお金ないからいらないと、言うようになりました。親としては本当に悲しくなりますし、悔しいし、情け無いしで子供の前で泣いてしまう事が多くなりました。」

〇食事への影響について

アンケート調査の結果、親が中心に量や回数を減らし、子どもにも一部影響が及んでいる状態が続いています。「一度も食事ができない日があった」という回答する人も、東京・大阪どちらにも見られました。また、食事回数が3回でも、お昼はインスタントラーメンが増えた、肉や魚を買わなくなった等、食事の質が落ちているという回答も見られました。

現在、新型コロナウイルスの影響でひとり親がその日を生きるために続けてきた仕事から離れざるを得ない状況が多くみられます。ただでさえ就職に不利と言われているひとり親が、今の社会状況で仕事を見つけるのは本当に難しいことです。ひとり親家庭には悲しいことに、「必死で働けば何とかなるだろう」といった批判が付いて回ります。たしかに、心身ともに親子が健康ならば、必死で働き子どもを育てることは可能かもしれません。しかしそこに、「心または身体の病気」「障害」「介護」「子どもの障害や病気」「誰かの借金の返済」などひとつ、または複数の要素が追加されたらどうでしょうか。乳幼児がいて実家に頼れなかったり、子どもが4人もいる場合はどうでしょうか。ひとり親に限らず、人が困窮状態に陥るのは、複合したいくつかの要素が重なる場合が多いと言われています。そこへ「新型コロナ」が加わったら、ただでさえ困難を強いられている家庭は、金銭的にも精神的にも限界を迎え、その影響は子どもたちに及びます。

失業等の理由でグッドごはんの利用を希望する世帯が未だに増え続けています。最近は子どもの進学に伴う出費を理由に、食費をさらに切り詰め、不安を抱えている家庭が多く見受けられるようになりました。このような多くの家庭に、食品寄付を通じ、継続して支援をしていきたいと考えています。

このプロジェクトで実現したいこと

「グッドごはん」の食品配付が、緊急事態宣言延長に伴い、対面配付ではなく配送にしなければならなくなりました。配送費用は1世帯当たり約1,000円で、さらに配送に関わる梱包資材費(段ボール費など)や梱包用の送付状などの費用も必要となります。例えば5月は、約760世帯への食品の配送を予定しています。

この活動を通して定期的に食品の無料配付を行うことで、子どもの健やかな成長を支えています。配送に変更することで、配送料や梱包資材費などで対面の時よりも毎月100万円前後の支出増となる見込みです。それでも、この状況下でこそ食の支援を絶やさず、必要とする家庭に届ける必要があります。5月の配送では、食品を希望している約760世帯すべてへ食品を届けられるよう、支援します。

グッドごはんを利用できるのは、「ひとり親家庭等医療費助成制度(マル親)医療証」をお持ちで、利用登録をしている方です。

これまで、食品を受け取った利用者の方々からは、写真や絵、メッセージと様々な形で感謝の気持ちやお子さんの様子が届いています。

〇子どもたちからのメッセージ

〇食品を受け取った方からのメッセージ

「皆様のおかげで子供が”お腹空いた”と言わなくなりました。 子供が自分では買えない物も届きますのでワクワクして待っています。 」

「私が仕事で遅くなる日があっても、子供が自分でレトルトカレー等を温めて食べたり、とりあえずお菓子を食べたりして本当に助かっています。 」

「育ち盛りの娘たちに食べ物を我慢させるのは本当につらいです。買ってやれない甘い物が入っていると、本当に嬉しそうにしています。」

「食べ盛り3人の子供達と宝箱を開けた気持ちになりました。ありがとうございます。」

米、レトルト食品、調味料、お菓子などを送っています。

応援メッセージ

〇2020年から国内子どもスポンサーとして「グッドごはん」事業を応援してくださっている、モデル、ジャム作家として活躍されている岡田美里さんより。

『昨年、休校や緊急事態宣言が発令されたとき、小さいお子さんを育てているシングルのお母さんは絶対にコロナで思うように働けなくなって困っている状況なんじゃないかなと思っていました。
これまであまりシングルマザーとして公に発言してこなかったのですが、私もひとり親として、仕事柄、ロケで家を長時間空けることもありましたし、シングルママとして子どもを育てるのはすごく大変だということはわかるので、少しでも力になれれば、と思いグッドごはんの活動を支援しています。

たくさんの社会課題がある中で、何に自分のお金を寄付するか、どこを選ぶかは人それぞれだと思います。私はとにかく日本の子どもがお腹が空いている、それは支援を一番急がなければならないことだと思っています。今回のプロジェクトも、お母さんお父さん、そして子ども達の元へ安全に食品を届けることができますように。応援しています』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

グッドごはんの利用者向けにとてもかわいいパンのギフトを寄付してくださった、大阪市にある素敵なパン屋さん「パンとカフェの店BRUNO」の店主・山口様より。

グッドごはんに関わる事になるとは想像していませんでした。ひとり親=貧困と言う事に納得が出来なかったんです。私の母も2人の子を育てながら必死で働いていました。お陰で寂しい思いはしたもののご飯が食べれないと言うことはありませんでした。

しかしグッドごはんの担当の方とお話しをして考えが変わりました。やはり今はコロナ禍という非常事態。仕事を失う方も多くなっています。また、体や心などそれぞれに抱える問題もあります。私の周りでも1人で頑張るお母さん達がいます。それを支えてくれる身近な人がいない方もいます。小さな子を置いて働きに行く事はままならない事です。学校ではコロナの陽性者が出れば学級閉鎖になるところも少なくない。その度に仕事を休む事になる。私も母です。同じ立場になれば泣く泣く仕事を休むでしょう。収入も減り気持ちも落ち込みます。

そんな中、グッドごはんから届く食料を手に出来る。それが励みになっていることと想像します。利用者の方からのメッセージで1人じゃないんだと書かれるのを見て、今自分がやっている事は誰かの心の支えになっているんだと。お腹と心を満たして今をしのいでもらいたい。コロナが終息する頃にはまた元気に働ける様に力を蓄えて頂きたい。そんな思いで私に出来る事をさせて頂いています。』 

資金の使い道

配送費(資機材費含む):76万円
梱包資材費:7万円
手数料・返礼:約17万円

実施スケジュール

5月 クラウドファンディング開始
5月~6月 食品を配送
6月30日 クラウドファンディング終了
9月 リターン発送

<All-in方式で実施します。>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

リターン

ご支援いただいた皆さまには、「お礼メール」「子どもたちからのメッセージ」「活動報告書」「グッドごはんシール」「感謝状」など金額に応じてお礼のリターンをご用意しております。
※子どもたちからのメッセージと活動報告書はPDFをメールにて一度送付します。

最後に

わたしたちは、ひとり親家庭へ食品を無料で配付するフードバンク事業「グッドごはん」を通じ、日々の生活に困難を抱える家庭が安定し自立した生活を送れるよう支援しています。

現在、新型コロナウイルスの影響により、人々の生活が大きく変化しつつある中、収入減により、貯蓄を切り崩しながら生活をしている方が多くなっています。その中でも、特に「ひとり親世帯」の困窮が深まり、食事に困っている状況です。

このプロジェクトで約760世帯の子どもたちに食品を届けることができます。子どもたちが笑顔で健康に暮らすことができるよう、ぜひ応援、ご支援のほどよろしくお願いいたします!

グッドネーバーズ・ジャパンとは

グッドネーバーズ・ジャパン(GNJP)は、国際組織であるグッドネーバーズ・インターナショナルの一員で、海外と国内で子ども達のこころと身体を守る国際NGOです。アジア・アフリカでは教育や水、医療などの支援、国内ではひとり親世帯を対象とした食料支援を行っています。 2004年に日本事務局を大阪で開設、2007年には東京へ事務局を移しました。2013年11月8日より、公益性の高い団体である「認定NPO法人」として東京都から認可を受けています。

(※寄付型クラウドファンディングの税制優遇について)
特定非営利活動法人グッドネーバーズ・ジャパンは、「認定NPO法人」として認定されています。このプロジェクトへのご寄付は税制優遇の対象となり、 所得税(国税)の計算において「寄付金控除」を受けることができます。控除をお受けいただくためには、確定申告の際に、当団体が発行した「領収証」の提出が必要となります。 詳細は当団体ホームページ(https://www.gnjp.org/contents/gn/nintei)をご覧いただくか、当団体へお問い合わせください。
※領収書はGoodMorning又はCAMPFIREではなく、当団体が発行・郵送いたします 。

本件に関するお問合せ先
認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン
http://www.gnjp.org/
Tel: 0120-916-010(平日10:00~17:00)
E-mail: admin@gnjp.org

  • 2021/06/09 10:17

    ※皆さまの温かいご支援・ご協力のおかげで、目標金額の100万円を達成することができました。本当にありがとうございます!こちらは、758世帯への5月分の配送費用として使わせていただきます。さて、今現在、プロジェクト終了日まであと21日残っています。そこで、ネクストゴール150万円に挑戦させていた...

  • 2021/06/07 17:26

    皆さま、こんにちは。グッドネーバーズ・ジャパンです。本日、目標金額の100万円を達成しました!ご協力いただきました全ての皆さまに心から感謝します。本当にありがとうございます!ネクストゴールは近日中に発表しますので、引き続き応援よろしくお願いいたします。

  • 2021/06/04 12:55

    放送後に寄付が増え、目標に大きく近づきました!ご協力くださった皆さま、本当にありがとうございます。https://twitter.com/ntvnewszero/status/1400472701743951878?s=20引き続き、応援よろしくお願いいたします!

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください