欧米人と比べタンパク質の消化酵素が少ない日本人。タンパク質を効率よく吸収できる腸内環境は健康な身体・透き通るような美しい肌にとても重要です。乳酸菌が豊富なステビア草を2年間丁寧に熟成・発酵させたエキスを使い顆粒化したサプリメントを使い日本人の健康・美容寿命の向上を図りたいと思います。

プロジェクト本文

 

▼株式会社医健化学研究所はステビア乳酸菌エキスを使った「ヒトに常在する微生物」を有効に活用するための「シンバイオティクスサプリメント・基礎化粧品」を開発・販売する企業です。

肌や腸には、ヒトの「健康と美容」を維持・向上させるために必要な細胞が集まっています。
ヒトが健康かつ美しい状態で生きていくためには、「微生物」と「良い形で共存」していくことが重要です。

私たちは、ヒトに存在する「微生物」に着目して、乳酸菌をはじめとする「善玉菌」を活用したサプリメントや基礎化粧品を開発、販売することで「ヒトが健康で美しい状態を維持した生活期間を延伸していきたい」と考えております。

 

▼このプロジェクトで実現したいこと:「日本人の健康・美容寿命を延ばす」

日本人は欧米人と比較して腸が短く、筋肉や細胞を作るために必要なタンパク質を分解する消化酵素が少ないです。

身体の健康寿命や美容寿命を延伸していくためには、高齢になっても、少量で充分なタンパク質を摂取できる「牛肉」などの動物性たんぱく質を積極的に摂取する必要があります。

しかし、動物性タンパク質は、ただ「量」を増やしただけでは、体内で吸収されず消化不良によって「腐敗した便」が腸にとどまることになり、悪影響がでます。

そこで日頃から「腸内環境」を改善する生活習慣を取り入れることで、様々なたんぱく質を分解・吸収できる「腸内細菌」を育てていくことにつながり、強いてはプロジェクトの実現につながると私たちは考えます。

▼プロジェクトをやろうと思った理由

超高齢化社会になった日本で、高齢者が自立・充実した生活を送くれる身体づくりを推進していく必要があると考えたからです。私たちのようなサプリメントメーカーは「治療」ではなく「健康維持」をお手伝いする商品を日々研究開発しております。
病気を治すのではなく、「病気にならない身体づくり」はまさに得意分野であるので、医療費削減や皆様の「快適な生活」を創造する手伝いができると考えました。

▼これまでの活動

南米原産の植物である「ステビア」を2年間熟成・発酵させることで完成した「ステビア乳酸菌エキス」

高い抗酸化作用(緑茶の7倍)や腸内環境の改善効果(便秘・過敏性大腸炎への改善効果 治験例7例)があります。

このステビア乳酸菌エキスには「ステビア草由来の乳酸菌」が存在します。この乳酸菌は「耐熱性(100℃以上)」に優れ、顆粒化などサプリメントへの加工を行う際にも死滅することがありません。
そこに「真空凍結乾燥技術」を用いて原料を乾燥・粉末化したことで乳酸菌を「生きた状態(静菌)」で商品化することに成功しました。
服用することで、ヒトの体内で「目を覚まし」、「生きた状態のまま」お腹に届けることができるのです。


完成した商品 ステビア乳酸菌顆粒サプリメント「LACTOFLORA・BIO(ラクトフローラ・ビオ)」

1箱30包入(1包2g)

原材料:還元麦芽水飴末、でんぷん分解物、ステビア発酵濃縮液、難消化性サイクロデキストリン、クエン酸、微粒二酸化ケイ素、甘味料(アスパルテーム、L-フェニルアラニン化合物)、ヒアルロン酸

▼資金の使い道

ステビア乳酸菌エキスは腸のみではなく、ヒトの「常在菌」が存在するところに有用な原料です。
ご支援いただいた資金で、さらなる商品開発を行ない、皆様の健康や美容に役立つアイテムをご提供していきたいと
考えております。

▼リターンについて
本商品(1箱30包入)とスキンケア基礎化粧品(化粧水・乳液)をご準備しております。
画像下の商品名をクリックすることで詳細をご覧いただけます。

ステビア乳酸菌顆粒サプリメント「LACTOFLORA・BIO(ラクトフローラ・ビオ)」


LENARTモイスチャーウォーター 100ml

LENARTモイスチャーミルク   100ml

 

▼最後に

いくつになっても「元気でキラキラした」毎日を過ごすために

私たちはそのお手伝いをサプリメント・基礎化粧品の開発販売を通してお手伝いしたいと考えています。

美味しい食事も・素敵な洋服も、そして「楽しい想い出」は「健康な身体・輝く笑顔」によって何十倍にも感じることができます。

腸内環境を整えることは、より良い毎日を送るためにもっとも手軽で、最適な健康方法であります。
皆様の暖かいご支援で、もっとたくさんの「元気でキラキラした毎日」を過ごせる方を増やしていきたいと思っております。

何卒よろしくお願いいたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください