はじめに・ご挨拶

 はじめまして。ぱんだハウスの清水です。数あるプロジェクトの中からご覧頂き、誠にありがとうございます。
 ぱんだハウスでは、これまで東京の浅草を拠点とし、空き家をリノベーションしたシェアハウスやゲストハウスを10件以上手掛け、利用されていなかった建物に息を吹き込み、人と人との交流が生まれる施設に蘇らせることで、空き家を再生してきました。

2015年に東京浅草でリノベーションして再生したシェアハウス

 

そんな折、昨年からのコロナウイルスの影響により、三密の回避、テレワークの広がり、郊外への疎開などを通じて急激に地方への社会の関心が高まりました。実際に私の身の回りでも、東京から地方に移住したり、自然豊かなエリアにワーケーションに出かけ、リラックスした雰囲気の中で仕事をする仲間が増え始めました。

 元々、岡山県の田舎で育った自分は、以前から地方での暮らしや過ごし方に懐かしさを覚え、ぱんだハウスとしても、地域創生やリモートワークの流れを促進するべく、東京浅草を離れ自然溢れる地域で空き家再生を行うことを決めました。いつも、プロジェクトはお気に入りの物件との出会いからはじまりますが、知り合いを通じて御縁のあった伊豆高原の地で、元大企業の保養所だった巨大施設に出会うことができました。

 こうして、敷地面積1000坪、建物面積1100平米という、ぱんだハウス史上最大の物件再生に取り組むこととなりました。施設の外観図(リノベ前)

エントランスホール

ロビーの吹き抜け

海を一望 屋上展望デッキ
海の反対には大室山 伊豆の景色が360°楽しめる
鏡張りのスタジオ(多目的スペース) 窓の外の自然も楽しめる
温泉地ならではの楽しみ!浴場で温泉が味わえる

このプロジェクトで実現したいこと

 現在利用されておらず、せっかくのポテンシャルを活かしきれていない空保養所を再生し、ワーケーションリゾートとして活用することで、地域創生とリモートワーク促進に貢献する施設を立ち上げたいと思っています。
 伊豆高原エリアはかつてバブル期に大企業の保養所が立ち並び、多くの人で賑わうエリアでした。ところがバブル景気の崩壊と長引く不況のため、企業が保養所を手放す流れが続いています。大型物件であるが故に再利用する担い手も少なく、空き家のままとなっている保養所も少なくありません。そんな取り残された有効資源を活用し、街の活気を取り戻したいと思います!

やるからには、楽しいものを創りたい!!
と思い妄想していると、どんどんとアイデアが。

・海を見ながらのテレワーク。そうだ、そこに足湯もあったら最高だ!ちょうど温泉引いてるじゃん!
・整うために、サウナもあったらいいなぁ。サウナと言えば水風呂のあとの外気浴。屋上最高じゃん?
・合宿や研修やるならプロジェクターと大型スクリーン要るな。音響も充実させてシアタールーム創ろう!
・既存のBBQ場があるなぁ。となりにピザ窯もあったら最高じゃん!!
・敷地が広くて庭が広いな。しかも自然に囲まれてる。じゃあキャンプ場創ろう。グランピングもできる!
・キャンプと言えばキャンプファイヤー。焚火台を作って、ファイヤーしよう!(東京でやってたらすぐ消防車くるな。。)
・樹齢100年以上の巨木がたくさんあるなぁ。ツリーハウス作ってみたい。そこに泊まれると更に最高?
・ジブリの中の世界感。アースバックハウスも作りたい!

 でも、あんまり、あれこれあると「ワーケーションリゾートなのに、仕事にならん!」ってなるかな?
だけど、ワーケーション『リゾート』なので、いいのです。
図書館やカフェに籠って集中して仕事したい。そういうニーズとは異なるニーズに応えたい。
・非日常空間で、突拍子もないアイデアを考える!(新商品・新サービスの開発、新規事業開発など)
・現実を忘れて、超アグレッシブな目標を設定する!(経営目標、営業目標など)
・BBQやキャンプ泊。アウトドアを取り入れたチームビルディングやワークショップ!
・仕事環境もある宴会場で、上司も部下も立場関係なく、ビール片手に無礼講でディスカッション!
・短期集中!数日の合宿で製品を開発しきる!(ベンチャー企業の開発合宿など)

日常から離れたワーケーションで、発想を飛躍させよう!

 客室18室、定員50-70人という適度なサイズなので、企業研修や社員旅行、ベンチャー企業の開発合宿、宿泊型セミナーなどのビジネス利用から、部活やゼミ合宿、ヨガスクール等の趣味・習い事の合宿、ファスティングなどのリトリート合宿、イベント開催、ウェディングなど、
1日1組限定の一棟全体の貸切プランでの利用も積極的に提案していきたいと思っています。

 ただ泊まれるだけでなく、癒され、仕事が捗り、交流が生まれる。そんな施設を目指しています。

立ち上げを手伝ってくれているメンバーとの初の晩餐。まだ備品が何もない。。


地域のご紹介

 首都圏からほど近い観光地として、高い人気を誇る伊豆半島。その中でも東海岸の中部に位置し、高級別荘地が集積するなど人気の高い伊豆高原。自然や温泉、グルメ、レジャースポットや美術館などさまざまな楽しみ方ができるので、インドア派の方にもアウトドア派の方にもおすすめです。

 自然が豊富な伊豆高原では、四季折々の楽しみ方ができます。例えば春と秋は、桜や紅葉といった色づく草木が楽しめます。夏は、伊豆の海でアクティビティ。冬は温暖な気候のため寒さが厳しくなく、温泉に浸かって温まることもできて快適な滞在ができます。

伊豆高原のシンボル 大室山

絶景の断崖絶壁 城ケ崎海岸

イルミネーションが素敵なグランパル公園 

グルメの面でも伊豆高原は魅力を持っています。数々の漁港から水揚げされる新鮮な魚介はもちろん、東京から移住してきたシェフたちが構える、素敵なレストランやカフェも多数。地方にいながら東京のクオリティがリーズナブルな価格で楽しめます。

是非、足を運んで伊豆高原の魅力を感じてください。


これまでの活動

 2021年2月から準備を行い、業者さんとの打ち合わせを繰り返し、最低限のインフラ復旧と工事計画を練ってきました。

 5月からは、電気や水道、ガス、インターネットなどのインフラが整い、宿泊ができる状態が整ってきました。GWには知人・友人を集めて体験宿泊会を行い、GWの9日間で、合計101人の関係者に体験宿泊をしてもらいました。 その中で、どんな環境があったら理想か、どんな風にワーケーションしたいか、などの要望をヒアリングし、今後のリノベーションに活かすためのアイデアを募りました。

 集まったメンバーで、施設内にあるBBQ場でBBQをやったり、作ったピザ窯でピザを焼いて食べたり、オープン前から相当盛り上がってしまいました(笑)


 広い畳の宴会場ではボードゲーム大会も開催されました。大勢集まれるからこそできる楽しみもありますね。

夜通しでモノポリーで盛り上がる!

 集まったメンバーで、DIYセルフリノベーションも行いました。地元のプロの塗装屋さんを講師にお招きして、ペンキ塗りの技術を教わりました。参加したメンバーも疲れながらも頑張ってくれ、DIYとは思えないクオリティで仕上がりました。自分たちで塗った壁は、やはり愛着がわき、いいですね。


 6月からは、いよいよ業者さんが入って本格的なリノベーション工事が始まってきました。どんな風に変わっていくか、今から楽しみです。


資金の使い道・実施スケジュール

 2021年夏のオープンに向け、ご支援頂いた支援金は、物件のリノベーション費用に充て、より魅力的で充実した施設を作りたいと思っています。

現段階でのリノベーション計画では、合計2,700万円を予定しています。
・外壁・外構工事 1,000万円
・内装工事 800万円
・温泉設備リニューアル工事 400万円
・備品・什器代 500万円

リターンのご紹介

 リターンは、新たに立ち上げるワーケーション施設の利用チケットを中心とし、ご自身と施設との関わりをのちにまで残せる記念品や体験会、現地に来られない方向けに、伊豆のお土産もご用意しています。


最後に

 コロナに端を発した今回の地方物件の再生プロジェクト。今後のwithコロナの時代に合わせた先進的で時代を捉えた施設にしたいと思っています。現在の社会の流れともなっているリモートワークの推進と地域創生にも貢献していきたいと思っていますので是非ご支援宜しくお願い致します。

現在0歳の娘も応援してくれています!!


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。



  • 2021/08/03 17:48

    7月半ばから、足場をかけて本格的な外壁修理を行っています。建物が巨大なため、ぐるっと一周回す足場の量もハンパではないです。手際良く足場を組んでいく職人さんたち、足場がかかり次第、早々にペンキやさんや屋根屋さんが仕事にとりかかり、連携が素晴らしいなと思いました!足場をかけての工事も終盤に入ってき...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください