憧れていたアイドル、モデル、大好きなダンスやアート デザイナーになって衣装を作ったり、ヘアメイクで演者を輝かせたり… 出演者から裏方まで、みんながそれぞれの『大好き』を持ち寄って 『大人が夢を叶えるステージ』を一緒に創るイベントです。 只今、全国に拡大中!!

プロジェクト本文

 

▼はじめにご挨拶

はじめまして

愛知シンデレラプロジェクト実行委員会です。

平成29年11月25日(土)

名古屋大須の『レジェンドホール』にて

大人が夢を叶えるステージ

『愛知シンデレラプロジェクト』を開催します!!

▼このプロジェクトで実現したいこと、やろうと思った理由

この『シンデレラプロジェクト』とは

人それぞれに抱いている『夢』を叶えるためのイベントです!

子供の頃に憧れていたアイドルみたいに歌ったり

モデルに成り切ってランウェイを歩いたり

ダンスが大好きなら、ステージいっぱい使って踊ったり

絵が好きなら大きなキャンパスに絵を描いてみたり

 

『出来ない理由』を取っ払って

それぞれの『大好き』を表現する

『大人の夢を叶えるステージ』として

今年の1月に東京にて開催されました。

 

その後は

7月に北陸、8月に四国にて開催

11月12日には関西での開催も決定!!

そして、来年の1月には福山でも開催予定。

その活動は全国に広がり始めています。

 

1月の東京でのシンデレラプロジェクトに参加して感じた事…

ステージに立つ人はごくごく普通の人。

言ってしまえば『素人』のステージ

どこの誰かも知らない人たちばかり

 

けれど

内側から発揮されるパワーの強さに

一人一人がキラキラと輝きを放っている

その姿を目の前にして

 

私の心は震え、知らない間に涙が溢れ

 

『がんばれー!』

『夢が叶ってよかったね!』

と、思わず手を合わせ呟いていました。

そして

『愛知でもシンデレラプロジェクトを開催したい!』

そう強く思うのと同時に

愛知での開催が私の『夢』となりました。

 

でも…イベントを開催した経験もない

特別な人脈もない

私自身、これまで自分を誤魔化して夢を諦めてきた人。

『本当にできるの?』

そんな不安もたくさん出て来ました。

 

けれど、そんな私だから

このイベントを通して伝えられる事があるかもしれない。

そして、ここで逃げたら絶対に後悔する。

 

やらない後悔をするより

失敗しても、笑われても

私はこのイベントを開催したい!!!

 

人生で初めての大きなチャレンジに挑む決意をしました。

 

子供の頃に夢見ていたこと

大人になって諦めてしまったこと

自分の気持ちを押し殺して我慢していること

 

本当は○○したかった

本当は○○したい

 

大人になるにつれ、

 

純粋に『夢』を追いかける事が難しくなってくる

仕事、家庭、お金、年齢、容姿・・・

『夢』を諦めなくてはいけない理由ばかりが、頭の中を駆け巡り

 

自分にはムリだから

この年で恥ずかしいから

カッコ悪いから

生活があるから

世間体があるし

常識的に考えて…

 

『けど』や『でも』そんな言葉で

大切な自分の心を閉じ込めて

自分の本当の気持ちに蓋をして

諦めないでほしい

 

大人だって夢を追いかけたっていい

大人だって楽しくはしゃいだっていい

 

大人が本気で楽しんでいる姿は

子供たちにも勇気と希望を与え

生きる力となるはず

 

そんな想いを込めて

みんなで一緒に創るイベント

『愛知シンデレラプロジェクト』開催します!!

 

▼これまでの活動

今まで、自分たちでイベントなどを立ち上げた事が無いメンバー5人ですが、ワクワク☆ドキドキできるステージを、参加者や支援者の皆さんと私たちで一緒に創っていきたいと思っています!!

▼資金の使い道

ステージは本物のステージを創りたい!

でも私たちには資金が無い!

と言う事で、皆さんに支援を募らせて頂きました。

私たちの『夢』を応援して下さった皆様からの資金の主な使い道は、次の通りです。

【資金の使い道】

会場費、照明・音響(プロに依頼します)、パンフレット等の印刷代等に使用します。たくさんご支援いただけた場合、当日の衣装代や次への活動への資金に充てさせていただきます!

 

▼最後に

諦めかけた夢を

この場で叶えよう

あなたの勇気の一歩が

誰かの勇気に繋がるよ

ワクワクのエネルギーは

あなたを笑顔にする

あなたの笑顔が

みんなを幸せにする

これを『愛』とも言う

「愛」を「知る」愛知から

全国に『愛』を伝えよう♪

 

※※※※※※

この活動が全国に広がり

輝く大人が増える事を願っています。

 

 

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください