【セカンドゴール達成しました!!】

6月5日より行っておりましたクラウドファンディングですが、昨日を持ちましてセカンドゴールの75万円を達成いたしました

皆様のおかげでわずか1週間もたたないうちに目標額に到達することができました。
ここまでのご支援並びにご協力本当にありがとうございました。
正直ここまで集まるとは当初時点で全く思っておらず、いただいたご支援と期待の大きさに身が締まる思いです。

現時点ではこれ以上の金額を必要としてはおりませんでしたので、正直な思いとしては「期間はまだあるけれどクラウドファンディングを終了したい」というのが本音です。
ただ、クラウドファンディングの規定では募集期間の変更は延長・短縮どちらもできないという決まりになっています。

従いまして、残り13日間クラウドファンディングは続きます。
リターンで設定しておりますツアーなどは通常のじゃらんやHPでご予約いただくよりもお安く設定しております。
例を挙げますと「海岸探検ツアー2~3時間」の場合、通常価格では5500円のところ、クラウドファンディングでは5000円、2名様分のリターンでは9000円(1名あたり4500円)となっております。

隠岐在住の方、島外の方で今後隠岐にご旅行を計画されておられる方など、もし宜しければご支援いただけたら幸いです。
尚、ここまで集まった金額は殆どがカヤックの購入費及び完成後に取りに行く際の移動費用等になります。今後集まった金額分につきましては当初予定にあげておりました、修行旅のための費用の一部に上乗せしていきます。

また、クラウドファンディング活動報告のページではリターンの紹介及び隠岐でのカヤック活動報告を随時追加していきます。
お時間に余裕のある時や読み物として楽しんでいただければと思います。

それでは、残り13日間、最後までお付き合いの程よろしくお願いいたします!!
森山 敬介
(2021年6月12日追記)

【ご報告】
皆様のご支援ご協力のおかげで、公開初日にして目標の20万円を達成することができました。
これまでの人生で多くの方々に背を押していただいて生きてきた自覚はありましたが、改めて応援してくださる皆様の存在を強く感じる公開初日でした。
ご協力いただきました皆様、本当にありがとうございます。

本クラウドファンディングは終了までまだ20日以上の日数があります。
ココからは本文にもありますフォールディングカヤックの購入を目指してストレッチゴールを設定することにいたしました。

初期目標金額20万円 → ストレッチゴール75万円

本文中の50万円ではなく75万円に設定したのは、より厳しい環境下でも渡っていくために既製のカヤックに更に多くの機能を搭載するための資金という目的です。

すでに多くの応援を頂いておりますが、ストレッチゴールの達成に向けて引き続き、ご支援ご協力の程何卒よろしくお願いいたします。
(2021年6月5日 追記)
=============================

皆様はじめまして

島根県の北方約70㎞に浮かぶ隠岐諸島で「Nature Guide 遊び屋」という屋号でシーカヤックやその他アクティビティのガイドをしている森山敬介と申します

写真からもわかりますがとにかく海が大好きです

海好きが高じて自然豊かな隠岐の島でシーカヤックガイドやトレッキングガイドの傍らカニ漁師、素潜り漁師、ワカメの水産加工業等海にかかわる仕事ばかりして暮らしています

そんな私と海の出会いは記憶がありませんが4歳の時だったと聞いています

4歳の時に父から魚釣りを教えてもらい、ものの見事にハマりました

※小学二年生 カンパチの幼魚とともに

 泳いでいるのを見つけてどうしても釣りたくて、エサを撒き続けて何とか釣った一匹だったと思います

その後現在に至るまで24年間ずっと魚釣りをしています。そしてテスト期間だろうと宿題があろうとひたすら釣りに行く生活をしていた私がシーカヤックと出会う日がやってきます


シーカヤックとの出会いは13歳の時でした


※13歳の森山少年 この2か月後にシーカヤックに出会います

 この頃の夢は漁師でした


夏のある日、地元の港に見たことのない船を10艇以上積んだトラックがやってきました
当然、気になって我慢できなかった森山少年(13)は運転しているお兄さんに話しかけます

少 年 「これなんですか?」

お兄さん「これ?シーカヤックっていうんだよ。」

    「・・・・乗ってみる?」

これがすべての始まりでした

初めてカヤックに乗った時のスピードと軽さ、そして何より魚を獲るための船としての素晴らしさに気づき、「なんてすばらしい乗り物に出会ってしまったんだ」と感動したことを鮮明に覚えています

それから15年、後に師匠となるお兄さんに連れられ、年上のカヤック仲間の方々に社会のイロハを教わりつつ、ツーリングに連れて行ってもらったりインストラクターの資格を取得してアシスタントとして活動してきました

もともと釣り好きでもあったことから22歳の時に隠岐の島へ移住

自然の圧倒的スケール感に感動し、お客様にも体験してもらうために定住し、3年前にガイドとして起業しました

漁師もし、海のガイドもする。あまりにも「森山君は何をしている人なの?」という問いをいただくので最近は「海屋さんです」と答えるようになりました


そんな私にとって現在シーカヤック、そして自然の中で食べ物を獲ることはもはや生活の一部となっています

・カヤックで魚釣りに行き、夕ご飯の確保

・友人、そしてお客様とのレジャー

・自然を楽しむための海岸キャンプ

・カヤックサーフィン

等々、思い立ったらすぐカヤックに乗れ、海で遊べる今の生活が楽しくて仕方ありません


ガイド業を起業したのは3年前ですが、シーカヤックインストラクターとしては15年活動している中で最近思っていることがあります



「自分の楽しんでいる『カヤックのある生活』を僕はお客様に伝えられてないのでは?」


ガイドとして今行っているツアーの多くは海岸探検ツーリングが主です

もちろん海岸を探検し、洞窟に入り、風景を楽しむこともカヤックの楽しみの一つであることに変わりありません。実際お客様からは大好評です

ですが、僕にとってカヤックとは海を通して「うみから命を受け取ること」であり、

自分を通じて命がつながることを実感できるという魅力もあると思っています

初めて隠岐に来てから5年が経ち、漁業権も取得し漁業にも従事、そしてカヤックのアクティビティも開業してから3年が経った今

自分の思うシーカヤック生活を体験できるツアーをしたいと思うようになりました



そして同時に理想のツアーを作るうえで現在圧倒的に足りていない部分を強く認識するようになりました

それが「カヤックでの旅の経験と知識」です

もともと北極圏で生まれたシーカヤックにはアザラシなどを狩る「狩猟のための船」としての歴史の他に、「航海を行うための船」として長く活躍してきた歴史があります

ひどく冷たく、容易に命を落としうる危険な海を旅するための「最強の船」として圧倒的信頼を得てきた時代があるのです

2年前、カヤック専門紙の取材が隠岐で行われた際、その取材班の方々と交流させていただく機会がありました

その取材班の方々は国内外問わず、シーカヤックを用いた長期の冒険を行い、まさしく旅を行ってきた方々でした

その方々の圧倒的な存在感とカヤッカーとしての厚みを感じ、同時に「僕は旅のことを何も知らない」と強く実感しました


「カヤックのある生活」をお客様に伝える以上、自分もカヤックの旅の素晴らしさ、そしてカヤックの持つ果てしない可能性を感じたい!!


現在コロナウイルスでお客様が非常に少なく、かなり時間に余裕ができた現状を利用して、カヤックでの旅の経験を積むことを決心しました

今回のクラウドファンディングが成功した場合、全国各地で海旅の経験を積み、その経験を自分のツアーに反映させることで

より「海で生きること、旅するためのシーカヤック」を身近に感じられるツアーを作ります

自分の力で海を渡り、自分の力で獲得した食材の命を頂いてまた進む

そんな海を通して自然の一部になる経験をお客様に提供したいと考えています

【資金の詳細】

今回のクラウドファンディングでご支援いただいたお金は7月以降計画している旅の資金の一部にいたします

現在6月下旬から計画している屋久島での旅の資金は自身で用意できているので、それ以降の旅の資金にさせていただきます
候補地は三重県熊野、北海道知床、滋賀県琵琶湖等全国屈指のシーカヤックガイドがいる場所でまずは海旅のためのナビゲーションやキャンプ技術等を学びに行く予定です

そして、もし今回のクラウドファンディングでご支援いただいた金額が50万円を超えた場合、今後の海旅で一生のパートナーとなるシーカヤックを購入したいと考えています。

こちらが購入したいカヤック「クルーソー500」です

フォールディングカヤック(組み立て式カヤック)と呼ばれるこのタイプのカヤックの最大の特徴は

組み立て、収納できるという特性から発生する「持ち運び、運送が可能という点」です

このようにスーツケースとほぼ同じ大きさまでコンパクトにたたむことができます

また、フレームでできている為、波に対して適度に撓り(しなり)、高い安定性を持っています

これらの点を活かし、ベーリング海やグリーンランドといったとても厳しい海での旅に挑んだ方々にもこのタイプのカヤックが用いられてきました

普段ツアーなどで使用しているFRP(強化繊維プラスチック)の艇は車で運ぶのですが、隠岐の場合、車をフェリーに積むとそれだけで約6万円が必要になります

しかもそのうえ移動費等がかかるため、2~3回どこかに行けば新品のカヤックが1艇買えてしまいます

暫くは現地ガイドのショップでシーカヤックを借りての旅になりますが、将来的には自分のカヤックで旅を完結させたいという思いもあります。

自分のカヤックを携えて更に多くの経験、そしてより濃い経験を積むために今後のパートナーとなるこのカヤックを必要としています

【今後のスケジュール】

6月クラウドファンディング終了 カヤック注文

6月末~7月上旬 1週間程度の旅1回目

7月中旬~    カヤックツアーの提供、コースや体験の開発、試行

8月上旬     1週間程度の旅2回目

8月中旬~    カヤック完成 納品

9月       1週間程度の旅3回目

2022年5月中旬~6月中旬 1か月程度の旅

※この間にも来島されたお客様とはその時点での経験を反映させたツアーを行います

※緊急事態宣言など今後のコロナウイルスの状況次第でスケジュール変更の場合があります

※注文したカヤックが届くまでの間の旅は現地ガイドの長期間ツーリングなどに申し込みます

今回のクラウドファンディングでは、すべて現在僕が過ごしている「海とともに過ごす日々」を少しでも身近に感じられるものをご用意しました

コロナウイルスが落ち着いてきたら旅をしようとお考えの方々にはカヤック体験や宿泊プラン

キャンプ好きには宿営地を探しながらカヤックツーリングをし、晩御飯を自分で獲って食べるサバイバルキャンプ

隠岐への旅行が難しい方には僕が直接海で獲ってきたサザエや魚、そしてさらにその魚たちで作った干物などをご用意しました

アフターコロナの楽しみのため、また日々の生活にちょっと潮の香りと島の雰囲気を求める皆様、ぜひご支援のほどよろしくお願いいたします

【最後に】

今回クラウドファンディングをするにあたり、これまでの自分の人生を振り返っている時に三枚の写真に出会いました

この3枚を見つつ、自分のこれまでを振り返ると私は間違いなく『海で育ててもらった』といっていいと思っています

波を通して自然の怖さを知り、魚を通して命を知り、海で出会った人々に人生を教わってきました

私が多少危険なことにチャレンジすることも広い心で見守り、時に教え育ててくれた両親には本当に感謝しています

新型コロナウイルスの流行により、三密を回避できるということでアウトドア業界に注目が集まり、キャンプブームやアクティビティの人気度が高まっています

個人的にはレジャーとしての側面だけでなく、自然のことや生きることを考えるきっかけになる「海に触れる」という経験をお客様に伝えることのできるツアーを作りたいと夢見ています


ここまでの長文、最後までお目通しいただきありがとうございました

ご支援・ご協力のほどよろしくお願いします!!


  • 2021/06/17 10:25

    お二人とも初めての方です。こんなにゆったり漕いでも中々早くシーカヤックは進んでくれます。力いっぱい漕ぐ必要はあまりありません。先日地元の方に「海岸探検ツーリング」をご利用いただきました。動画でもご覧いただける「ベタ凪」で日差しも強くなく、とても漕ぎやすい日でした。また、二人ともあまり運動してい...

  • 2021/06/12 18:10

    【ご報告】6月5日より行っておりましたクラウドファンディングですが、昨日を持ちましてセカンドゴールの75万円を達成いたしました皆様のおかげでわずか1週間もたたないうちに目標額に到達することができました。ここまでのご支援並びにご協力本当にありがとうございました。正直ここまで集まるとは当初時点で全...

  • 2021/06/11 20:12

    皆様こんにちはもう第2目標の75万円も目前に迫っています。ここまで本当にありがとうございました。残り14日間、最後までよろしくお願いいたします。さて、今日はリターンに設定している『海岸探検ツーリング』のご紹介です。日本海の荒波にさらされる隠岐の島では、とても荒々しい海岸線が広がっています。この...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください