あなたは、【包括的セクシュアリティ教育(CSE)】をご存知でしょうか。

包括的セクシュアリティ教育というのは、主に「性と生殖に関する健康(生殖に関する解剖学、月経、避妊、妊娠と出産…等)」、「セクシュアリティ(ジェンダー、ジェンダーアイデンティティ、ジェンダーと権力の不平等、性的指向…等)」など多くの分野を包括的に学んでいく教育のことを指します。

また、子ども達には知識だけでなく、『私は生きていく上でどのような選択肢と権利があるのか』を学ぶことが目的とされています。


しかし、残念ながら【包括的セクシュアリティ教育(CSE)】を取り入れている学校は少数です。


そこで、私達はその理由を考え、ある事実に気がつきました。


それは「大学の教員養成課程では性に関する知識とその知識を伝えるための教育を十分に学ぶことができない」現状があるということです。

実際、現在の教員養成課程のカリキュラム内で【包括的セクシュアリティ教育】を必修として学ぶことのできる大学はほとんどありません。

この2つは一見何も関係がないように見えるかもしれませんが、よく考えてみてください。


教員が性に関する知識を持っていなかった場合、性教育を受ける子ども達は十分な知識を得られることができません。

また、セカンドレイプ(性暴力の被害にあってしまった人に対して、被害の責任が被害者にあるかのような発言をしたり、被害の大きさを矮小化する発言をしたりすることで、被害者をさらに追い詰めてしまうこと)やアウティング(他者のセクシュアリティを許可なく第三者に言いふらしたり、SNSに書き込むこと)など教員の対応1つで子ども達を深く傷つけてしまう可能性だってあるのです。


しかし、教員が教員養成過程の段階で少しでも性について学び、知識を持つことで、性教育に関する悩みから、子どもたちだけでなく先生たち自身のことも救えるのではないかと考えました。


そこで私達が考えたのが、オンラインでの教育実習で『性教育』をこれからの教育を担う学生たちに伝えていくことです。


コロナ禍において、教職課程のある私立大学の4割で、教育実習の期間が短縮されたり、教育実習自体が中止になったりしています。

例年通り実習が実施されていたとしても、実習期間は3〜4週間と、実際に子どもの前に立つ経験としては不十分ではないかと感じています。

大きな不安を抱えたまま4月からいきなり子どもたちの前に立って授業をすることは、子どもたちにとってもいい循環とはならないのではないでしょうか。


さらに、さまざまな校種でオンライン化が進んでいく中で、オンラインで行う授業形態にも慣れておく必要も出てくるかと思います。

子どもたちにとって見やすいスライド作成の方法や、楽しんで授業に臨むことができる授業構成を考えていくことなど、学校現場に出る前にできることはたくさんあります。


また、教育実習にオンラインを取り入れることで、継続的に子どもたちと関わりながら、授業実践をしていける場になっていくのではないかと考えています。

全国の教育を志す学生とつながることもできるため、より多様な価値観や教育観を知ることができます。

学生が無料で受講できる計13回の授業を通して専門家による講義、ディスカッション、授業づくり、授業実践発表を行うことで、性教育に関する正しい知識と授業づくりの方法を身につけることができる3ヶ月の短期集中型のプログラムになっています。


全13回の詳細については以下の通りです。


包括的な性教育に焦点を当て、多種多様な専門家がそれぞれの専門性を生かした特別講義を行います。


実際に授業を行えるレベルまで性教育に対する理解を深めることができるとともに、講義の受けっぱなしではなく、講師の方からのフィードバックの機会を設けていることも特徴です。

大きくこの4点が、性教育プログラムを行う目的になります。

*画像はイメージです

オンライン教育実習は、1回きりで終わる企画ではありません。

2年間は継続して運営し、自分たちの力で持続可能な事業にしていくために、まずは皆様のお力をお借りしたいと思っています。

(内訳)

講師の方への謝礼:560,000円
講師の方1人につき1万円の謝礼金をお渡しします。1タームにつき7名の講師の方をお呼びし、計2年間で8ターム行う予定です。

オンラインツール設備投資費:60,000円
月額費が発生する有料版のstream yard を使用し、より快適に受講していただけるような環境づくりを行います。

リターンの作成、発送:200,000円
心を込めて、リターンの作成・発送を行わせていただきます。

ホームページ作成と運営:500,000円
もあふるの概要を説明したり、会員限定のコンテンツを提供いたします。

CAMPFIREへの手数料:135,000円(9%)+消費税


尚、本クラウドファンディングはAll-in方式で進めてまいります。



先日、無事にファーストゴールを達成することができました!

本当にありがとうございます!

プロジェクト達成を受け、もあふるの『サブスク会員高校生以下完全無償』を実現させるためセカンドゴールを設定致しました。
親や先生に相談しづらい生徒も安心して学べ、安心して相談できる環境を「もあふる」なら提供できます!

最後まで全力で走り抜きたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします!

オンライン教育実習にご参加いただける人数は最後にある授業実践の関係から各期3人程度を考えております。

参加者の方は「教員養成課程を履修している学生」に限ります。

実習にかかる費用は無料です。


第一期の募集は8月2日から行い、(志望動機→面談)を経て参加者を決定したいと思っております。

*第1期の実習生の募集は締め切らせていただきました。
 第2期以降での申し込みをお待ちしております。


【応募要項】
・教員養成課程を履修している学生(大学・大学院)
・講義のライブ配信及び、講義動画のアーカイブ保存での顔出し出演にご了承くださる方
・週1回の講義に必ず参加できる方(傷病時・忌引きを除く)


実際にオンライン教育実習にご参加いただけなかったとしても、授業の様子は有料の会員ページにてライブ配信、アーカイブとして限定公開させていただきます。(月額1000円程度を予定)

また、このライブ配信並びにアーカイブ動画は学生に限らず、「全ての月額会員」の方がご覧になることができます。

さらに、月額会員限定のコミュニティにもご参加いただけます。


私は現在、性の知識を普及するために活動しています。
ですが、実は高校で行われていた性教育の時間がとても嫌いでした。

私の学校では性教育は保健体育の授業でやることになっていたのですが【包括的セクシュアリティ教育(CSE)】とはすごくかけ離れた【セクハラ教育】でした。

その教員は【セックス】という言葉を乱用しており、性を伝える上で【セックス】はとても重要ですが、性と関係ない授業でもその言葉は頻繁にでてきました。

私には生徒がどのような反応をするのか楽しんでいるとしか思えず、とても苦痛な時間を味わい、傷つきました

だから、性を本格的に学び始める前の私は日本の性教育が遅れている理由は “教員のせいだ” と、ずっと思っていたのです。


しかし性を学び始め、私に【セクハラ教育】をした教員自身も子供の頃は「性=恥ずかしいもの」という日本の考え方に巻き込まれ、十分な教育を受けることができなかったいわば “被害者” なのではないかと考えるようになりました。


また、教員自身の働き方問題にも着目しました。平成28年度の文部科学省による「教員勤務実態調査」によれば教員の半数以上は1週間あたり60時間以上の勤務をしていることも分かっています。

教員になってから性を学びなおす時間、そして「絶対に教員が性教育をやらなければならない」という考えは教員自身の負担の増加に繋がるため、現実的にとても難しいことも分かりました。


では、時間や働き方を理由に教員は性について何も知らなくていいかというとそういう訳ではありません。

背景でも記したように教員が性の知識がゼロの状態で子供と接し、子ども自身の身体や心に一生残る深い傷を負わせてしまう可能性も十分にあり得るのです。


また性の授業に関しては、当然教員自身も人間なので「国語や数学を教えるのがは苦手」というように「性を教えるのは苦手」などやはり得意不得意もあります。


様々な側面から課題を明らかにした結果、教員のみなさんには「外部(性教育講師…等)に委託する方法もある」という選択肢があることを知ってほしいのです。

しかし「外部に委託する」という選択肢を知るためには「外部に委託するほど性に関する教育はとても大切な教育」ということの理解がなければ性教育が今よりももっと【後回しの対象】になってしまうのではないかと考えました。


だから私は子供に一生の傷を負わせないためにも、そして性を知ることの大切さを知ってもらうためにも教員養成課程に所属している段階から性について学ぶことがとても必要だと思ったのです。


このオンライン教育実習では、受講者の皆様に「私は何のために性を学ぶのか」ということを考えながら受けていただきたいです。


包括的セクシュアリティ教育(CSE)ができるようになりたい!将来子供と関わるためにも少しでも知識を学んでおきたい!など学ぶ理由は人それぞれだと思います。

このカリキュラムを受けてみて「やっぱり私には向いてないかも…」そう思っていただいても全然かまいません。
このプログラムを通して「性を伝えることはとても大切なことなんだ」という風に理解していただければ、この先歩む教員人生にはもちろん、あなた自身の人生を歩むときにきっと何かの役に立つはずです

ぜひ、一緒に楽しく性を学びましょう。


最後になりましたがこのオンライン教育実習には様々な方の思いや願いが沢山詰まっています。

当然私だけの力ではこのような壮大な計画を実行するどころか企画することも出来なかったと思います。

このページを見に来てくださった方、クラファンを支援して下さる方、参加して下さる方はもちろん、この企画に賛同し一緒になってプログラムを作ってくださった方々がいてこそできる【もあふるオンライン教育実習】です。すべての方々へ私から感謝の言葉を送ります。


本当にありがとうございます。

  • 2021/08/28 12:19

    こんにちは!もあふる共同代表の今川裕太・竹之内大輝・藤井結愛です。昨日、クラウドファンディングの募集が終了しました。ご支援くださった皆様、プロジェクトを拡散してくださった皆様、運営一同、改めて感謝申し上げます。最終的に314名の方から1,703,001円のご支援をいただきました。本当にありがと...

  • 2021/08/27 12:00

    こんにちは!もあふる運営の吉村奈津(なっちゃん)です!クラウドファンディング募集終了まで、残り12時間となりました!ここまで、294名の方から1,612,412円のご支援をいただいております。本当にありがとうございます。私たちは現在、セカンドゴールである165万円に挑戦中です。セカンドゴールを...

  • 2021/08/25 15:59

    こんにちは!もあふる運営の吉村奈津(なっちゃん)です。クラウドファンディングの募集があと3日となりました!(画像ではあと2日となっておりますが、募集終了は8月27日23:59です!)昨日、無事にファーストゴールを達成し、現在は『サブスク会員高校生以下完全無償』を実現させるべくセカンドゴールの【...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください