コロナ禍で外出が減り、「食べることだけが楽しみ」とついつい食べ過ぎてしまったり、ストレスで暴飲暴食してしまったり……。運動不足も相まって、体が重〜くなっていませんか?

そんな時にぴったりなのが、「Vege Phyto(ベジフィト)」
ベジフィトは、1日に必要な野菜がとっても簡単にとれる、コールドプレスジュースです。
「私は毎日野菜ジュースを飲んでいるから大丈夫! 」という声が聞こえてきそうですが、実はこのベジフィト、そこら辺のコンビニで売っている「野菜ジュース」とは、味も成分もまったくの別物なんです!

右が私SAYAKA、左がべじ吉のオーナーです。

はじめまして、管理栄養士で野菜ソムリエのSAYAKAと申します。
大阪にあるこだわりの野菜料理店「旨味食堂 べじ吉」とコラボし、私が開発・監修したのが、「Vege Phyto(ベジフィト)」です。

私は幼い頃から野菜が大好き! その一番の理由は、「見ているだけで元気をもらえるから」でした。色とりどりの野菜を見ていると、まるでお花畑にいるような気分になるんです(笑)

ある時、「野菜にはなぜこんなにいろいろな色があるのだろう」と不思議になり、調べてみました。すると、野菜の色は、その「栄養素」と大きく関係していることを知りました。

野菜の色、そして香りや辛みなどに含まれている、「フィトケミカル」という栄養成分があります。「ケミカル」と聞くと、何だかあまり体に良くない気がしてしまいますが、実はその反対で、私たちの健康を助けてくれる栄養素なんです。ポリフェノールやカテキンなども、実は「フィトケミカル」の一種で、近年その効能に注目が集まっています。

「フィトケミカル」は、色で分けられるのが特徴。その色ごとに野菜を厳選しジュースにしたのが「ベジフィト」なんです。

「ベジフィト」は、代表的なフィトケミカル6色を取り上げて開発しました。
色鮮やかなビタミンカラーで「目」からも元気をもらえ、さらに栄養面でも体の不調を整えたり、疲れにくくなったり、うれしい効果があります。

味は種類ごとに異なりますが、どのジュースを飲んだ方も口をそろえておっしゃるのが、「まるで野菜を食べているよう」という感想です。野菜の香りや味はそのままなのに、とっても飲みやすく、「体にしみ込むような」優しい味わいです
6種類それぞれの特徴を紹介しますね。

①トマトレッド

赤パプリカの香りとトマトの酸味を甘糀が包みこみ、やさしい味わいです。

②ロメイングリーン

セロリ、ケールなどの主張が強い味を、キウイ、パイナップル、りんごで飲みやすく仕上げました。

③キャロットオレンジ

人参の甘さとオレンジの甘酸っぱさがベストマッチ! シンプルな味わいで後味もすっきり。

④ラディッシュホワイト

白菜や大根のさっぱりとした味わいと、パイナップルの酸味が絶妙なハーモニーを奏でます!

⑤キャベッジパープル

紫キャベツの味わいを楽しみながら、レモンの風味ですっきりいただけます。

⑥パプリカイエロー

パブリカとオレンジをベースに、レモンの酸味、ショウガのスパイシーな風味で爽やかな味わいです!

ベジフィトは、「体調を整える」栄養素に着目して作っています。野菜不足はもちろんですが、何となくダルい、胃が疲れている、寝ても疲れが取れにくい、などのプチ不調の改善も期待できます。

1パックで180g以上の野菜を摂取することができますので、1日の食事のうち、2食にこのベジフィトジュース追加していただくだけで十分。1日に必要な野菜350gは軽々クリアできます。さらに、クッキーを1食につき1パック追加していただくと、食物繊維もたっぷり取ることができます。

※ジュースとクッキーをプラスすることによる摂取カロリーの過剰を避けるため、通常食の食べ過ぎにはご注意ください。

ベジフィトは、「コールドプレス製法」を採用しています。
コールドプレス製法は、低速回転のジューサーで、熱を加えずにじっくりと野菜や果物をすりつぶして搾ります酵素やビタミンなど、熱に弱い栄養素も壊さずに閉じこめることができるので、高速ミキサーで作るスムージーや、加熱処理してしまう市販の野菜ジュースには含まれない栄養素がたっぷり! 

水溶性の食物繊維がたくさんジュースにとけこんでいるので、腸内環境を整え、デトックスにつながるんです。

ベジフィトを開発する時にこだわったのが、「野菜本来のおいしさ、栄養素をできるだけそのまま届けたい!」ということ。ただ、野菜をたくさん入れると、どうしてもえぐみや苦味などが勝ってしまいます。かと言って、一般的な野菜ジュースのように、果物を野菜以上に入れることは避けたい……

考え抜いた上でプラスしたのが、「甘糀(あまこうじ)※」。発酵食品である甘糀なら、体を冷やすことなく、自然な甘みを追加することできます。

甘糀を追加したことで、「野菜たっぷりなのに、飲みやすい味」を実現することができました。ベジフィトの野菜の比率は6割、果物が3割! 一般的な野菜ジュースだと、野菜と果物が逆転した割合となっていることが多く、ベジフィトの野菜の多さを実感していただけると思います。

※甘糀とは、お米と米麹を発酵させてつくったもの。自然な甘さが魅力で、食物繊維やビタミンB等が豊富に含まれている。

ベジフィトのジュースを搾った後の野菜には、水に溶けない「不溶性食物繊維」が含まれています。不溶性食物繊維は、腸内の老廃物を絡め取る働きがあり、これを捨ててしまうのはもったいない! そう考えて作ったのがベジフィトの「クッキー」です。

ジュースを搾汁後の野菜をパウダー化し、クッキーに練り込むことで、不足しがちな不溶性食物繊維をおやつ感覚で気軽に取ることができます。食物繊維はお肌の調子も上向きにしてくれる効果があり、体の中からキレイにしてくれますよ!

クッキーには、小麦粉も卵も、乳製品も使っていません。グルテンフリーなので、アレルギーをお持ちの方も、ヴィーガンの方も安心して食べていただけます。

今回コラボレーションした「旨味食堂 べじ吉」は、オーナーが奈良県明日香村に毎週仕入れにいくほど、新鮮な野菜にこだわっています。野菜を愛する気持ちは、私に負けず劣らず! そんな私たちの願いは、とにかくたくさんの人に「野菜を好きになってほしい」そして、「野菜で元気になってほしい」ということです。

「べじ吉」の店内

お店だけでなく、家でも手軽にたくさん野菜が取れる商品を作れないか。試行錯誤の上に完成したのが、「ベジフィト」のコールドプレスジュースとクッキーです。

テイクアウトも充実していますので、お近くの方は是非お店にもお越しください!

「ベジフィト」の鮮やかな色味を実現するために、野菜の種類や割合を変え、何度も何度も試作しました。また、クッキーは熱により野菜の色味が変色してしまい、とても苦労しました。でも、搾った後も食物繊維がたっぷりの野菜を廃棄してしまうことは、何としてでも避けたい! あきらめずに粘り強く試作することで、何とか商品化までたどり着くことができました。


見た目も味も栄養も、全てにおいて自信をもってオススメできる「ベジフィト」を、一人でも多くの人に試していただきたいです!

ご協力いただいた資金は、リターンの発送に使わせていただきます。また、今回のクッキーに使っている「野菜パウダー」を使った新たな商品開発も予定しており、資金の一部を使わせていただきたいと考えています。

スケジュールは、以下を予定しています。

・8月末 クラウドファンディング終了
・9月〜 動画作成・リターンの準備
・10月〜 リターンのお届け

以下のような、魅力的なリターンを用意しています。

・【クラウドファンディング限定】
 全6種のジュースお試しセット+特別ジュース1本
 全6種のジュースお試しセット+特別ジュース3本

・生活習慣病予防お試しセット
・疲労回復お試しセット
・デトックスお試しセット
・美肌お試しセット
・あなたが好きな野菜を使ったオーダーメイドメニュー1種を作成
・べじ吉 ドリンク年間パスポート
・VegePhytoのHPに名前掲載 個人/企業

詳しくは、リターン一覧をご覧ください。

「野菜そのもののおいしさを届けたい! そして、野菜の力で元気に過ごして欲しい! 」これが私たちの一番の願いです。
ポップな色合いを目で楽しみ、野菜本来の味を舌で味わい、最後に体全体でその効果(栄養)を実感する。ベジフィトは、3回分の楽しみ、そして価値があると自負しています。
是非、この機会にお試しください! ご支援よろしくお願いいたします。

  • 2021/09/03 09:00

    皆さん、こんにちは!活動報告の投稿が遅くなってしまいましたm(._.)m8月30日にクラウドファンディングの募集期間が終了し、34名様に23万円のご支援をいただくことができました。本当にありがとうございますm(_ _)m目標達成にはならずでしたが、たくさんの方にVege Phytoを飲んでいた...

  • 2021/08/27 21:00

    ご支援頂いた皆様、ありがとうございます♪コールドプレスジュースのクラウドファンプロジェクトもいよいよ3日を残すことになりました!Vege Phytoはコツコツと新商品の開発に取り組んでいます。こちらの写真はジュースの搾りかすの野菜を乾燥にかけるところです!このように天板に並べて、一晩乾燥機にか...

  • 2021/08/21 08:16

    いつもご声援ありがとうございます!コールドプレスジュースのプロジェクトもいよいよ9日を残すことになりました!まだまだ皆さまのご支援をお願いしています!何とぞこの期間にリターンの選択を再度ご覧頂きご声援のほどよろしくお願いいたします!次のチャレンジ「カラー野菜マヨネーズ」の企画も取りかかっていま...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください