はじめに

私たち菜音プロジェクトが、東京から淡路島に拠点を移して10年の月日が経ち、最初は縁もゆかりもない土地で四苦八苦の日々でしたが、この島で出会った方々や昔からの仲間達の助けもあり今ではお米や玉ねぎを中心に年間約30種類の野菜とレモンやライム•ブルーベリーなどの果樹を栽培し、自家農園で採れた野菜や農園ピザが食べれる石窯ピザ菜音カフェと小さな丘の上にあるキャンプ場、菜音キャンプを営んでいます。


そして、昨年新たに淡路島の長畠地域の山頂近く、瀬戸内の海風のあたる土地に、葡萄畑「恵ヴィンヤード」を開園することが出来ました。


ワイン用の葡萄栽培を始めるキッカケとなったのは、私たちファミリーの一人の女性からでした。
彼女は、元々東京の老舗料亭でスーパーバイザーとして、皇族や国賓の宴席のコーディネートを任されるなど活躍していました。
淡路島への移住を機に、お酒について学ぶのも飲むのも好きだったことから、苗を植えるところから醸造までの全てを自分たちで造る決意をしました。
完全無農薬での葡萄栽培をするにあたって、地域の方々や先輩農家さん達から多くの励まし、ご協力を頂き、時には厳しい指導も受けながら自分の目標に邁進する彼女の姿はとても美しいです。

キッカケとなった女性を紹介します!

初めまして、菜音プロジェクトの吉井千恵子です。
このプロジェクトページに興味をもって頂き、ありがとうございます。

私は、調理師専門学校で「食」について学んだ後、ホテルや料亭での接客を通じ、日本のおもてなしの奥深さを感じました。お客様の好みを踏まえて料理とお酒のマリアージュを考えメニューに盛り込んだりするうちにワインへの興味が深まって行きました。

2011年の東日本大震災の激しい揺れに襲われた時、「私にはまだやりたい事がある」と強く感じ、自然に囲まれて暮らすという10代の頃からの夢への想いが強くなっていきました。
そして3年前に小学校時代からの親友が移住していた、淡路島へ移り住みました。
親友のいる菜音ファームは、自然栽培で固定種の野菜やお米を栽培していて、ただ自然に囲まれて暮らすだけではなく、自然に寄り添い生きることの大切さを学びました。

ワインを造るきっかけは、菜音代表のMUDOさんに「そんなにワインが好きなら自分で造ってみたら?」の一言から始まりました。宮崎県綾町の香月ワイナリーへ見学に行った際に化学肥料、殺虫剤、除草剤などを一切使わない葡萄の栽培方法に深く感銘をうけました。
そして、その時に飲ませていただいたワインの自然な味わいに感動し、私も自然栽培のオーガニックワインを一から造りたい!!と決意し今に至ります。

このプロジェクトを通して実現したいこと

恵ヴィンヤードは、自然栽培で葡萄を栽培し、最終的には栽培から醸造を全て自分たちの手で行い、この島の自然の恵みがギュっと詰まったオーガニックワインを造りたくてスタートしました。
今年の2月28日にブドウ栽培を始めるにあたって出会った地域の先輩農家さんや仲間たちの助けもあり、ワイン用の葡萄品種「シャルドネ」の苗木を160本、植樹することができました。

ワイン用のブドウは永年作物であり、植えてから3年間は収穫できません

しかし、その間も畑を増やし栽培面積を増やしていく為の費用、苗木や支柱などの資材代等の費用が発生していきます

この先、美味しいオーガニックワインを皆さんに届けるため、未来への投資として皆さんからご支援をいただけないかと思いクラウドファンディングに挑戦することにしました。
これを機に少しでも多くの皆様に、私たちの挑戦に関心を持っていただけたらと思います。

私たちが造りたいオーガニックワインとは

淡路島は国生み神話でも知られ、海と山に囲まれた豊かな大自然、万葉の昔より御食国とうたわれ食材の宝庫の島でもあります。
果樹や葡萄などの自然栽培は難しく、天候や病気に弱く収穫量は通常の半分位になるともいわれています。
確かに収穫量も大事ですが、それよりも環境に負荷をかけていないか?持続可能なのか?をいつも考え、答えは自分達側にはなく、自然の方にあると思っています。
実際、自分達も畑にいて「土は自分の身体と同じ」と感じるようになり、太陽、風、雨、全ての恵みを受け、持っている自然の力で循環していく…。
まさに「身土不二」の思いで自然と向き合っていきたいと思っています。

沢山の善きご縁で出会った淡路島の人達のその穏やかで温かい人柄にふれ、飲んだ人が笑顔になる、人にも自然にも優しく美味しいオーガニックワインを造りたくて、良いワインは良い葡萄からと葡萄の栽培を始めました。

栽培中の品種とこれから育てる品種

今年2月に植えた160本の 白ワイン用ぶどう品種【シャルドネ

ホテルや料亭に勤め多くのワインと出逢い 白ワインの中でもシャルドネは味わいの幅があり、和洋中全ての料理とも合わせられる懐の深さを感じられる白ワインだと思います。
淡路島に移住して3年、色々な飲食店へ足を運び 海山の幸、食材との相性が抜群で島の気候、風土にピッタリと思ったのと畑から眺められる瀬戸内の海、風を感じた時に、この畑でシャルドネのワインを作りたい!!と決めました。

来年2月に定植予定の葡萄は【マスカットベリーA】 

日本固有の黒ぶどう品種で 日本の気候に合わせて育成されたぶどうです。
国産ワインの中で 最初に美味しいと感じたワインが、マスカットベーリーAの赤ワインでした。
生食用もあり淡路島の特産品、常盤のマスカットベーリーAを初めて食べた時に 凝縮された旨み、口の中で広がる余韻がとても美味しいぶどうだと思い淡路島で赤ワインを造るなら、このぶどうをワインにしたい!!と思い今回、マスカットベーリーAを選びました。


なぜオーガニックなのか?

日本では、ほぼ100%(厳密には97%)の人が「オーガニック」という言葉を知っているそうです。

多くの人はオーガニックというものを「農薬や化学肥料を使わないで、食品の安全性を高めること」と答えるかもしれません。オーガニックに何を求めるか、それは人それぞれで「安全」「健康」「美味しい」「綺麗」などなど、いろいろな捉え方があると思います。
でも忘れてならないのは、私たち人間は微生物や植物がいなければ生きていけないという事実です。
土の中の微生物達が有機物を分解し、それを植物の根が吸収して育ち、葉は光合成で栄養を作る。人間や動物はそれを食べて生きている。

土の中でも、水の中でも、地球上の生命はすべて食物連鎖でつながっています。

自分や家族・子孫が末永く健康であろうと願えば、微生物や植物の生存環境(汚染のない水・大気・土)を考えるのはとても大切なことだと思います。私たち人間は、環境負荷を減らし自然を豊かにする事も出来れば、二度と取り戻せないほど破壊することもできます。
先人達から受け継いだこの大地を未来に繋げ、できる事ならより豊かな状態で次世代にバトンを渡せたら素敵だなと思っています。
だからこそ、農薬や化学肥料は一切使わずに自然と人間の調和を目指しそのために物質の循環や微生物の環境を考え、自然のままを基本に野菜やお米を生産しています。

とてもシンプルで、それが基本の考え方です。

最後に

恵ヴィンヤードの最終目標は、自分たちで育てた完全無農薬の葡萄を使って自分たちの手で醸造したオーガニックワインを造り、皆さまの手に届けることです
まだまだ、その道のりは長く、たくさんの越えなければならない壁がいくつもあります。
もちろん栽培や醸造の技術もまだまだ学ばなくてはなりません。

何より、ワインにかかわらずお酒を造るには免許が必要です。
特に酒類製造免許を取得する為には、ワインの場合750mlのボトルで、8000本の醸造量が必要となります。
ですが、今回ワイン用の葡萄を栽培するにあたって出会った地域の葡萄農家さん達とワイナリー特区を取得しようと自治体に働きかけています。
このワイナリー特区を取得できれば、2700本の醸造量で酒類製造免許を取得する事ができます。

自然栽培でワイン用の葡萄を育てると300本の葡萄の木から500本〜600本のワインを造る事ができます。
2700本のワインを造る為には、約1500本の葡萄の木が必要です。
1500本の木を植える為には、2ヘクタールの耕作面積がいります。

今後は、最初に植えたシャルドネの収穫が始まる3年の間に葡萄畑の拡大ワイナリー特区申請をしていき酒類製造免許酒類販売業免許の取得を目指していきます。

今回のクラウドファンディングでは、400本の葡萄の苗を植樹する事ができます。
山を登るように急がず休まず一歩一歩、歩んで行けば必ず辿り着ける目標だと思っています。

最後まで読んでいただき、本当に有り難うございました。

どうかこれからも、末長く応援していただけたら幸いです。


資金の使い道

葡萄の苗木代(400本)     100万円

支柱などの資材費          100万円

リーターンの送料など雑費  49万円

キャンプファイヤー手数料    51万円


実施スケジュール

2021. 7月 圃場測量       
   8月   葡萄の苗木注文
   9月 土壌改良
   10月 隅柱設置
   11月 耕運作業
   12月 中柱設置•アンカー設置
2022.1月 定植位置決め
     2月 植樹


本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください