赤坂見附にて『BISTRO MA-TSU』として6年目を迎え、この度店名の変更を始めとした若干のリニューアルをさせて頂きます。 より一層の隠れ家を目標にゆっくりとお寛ぎ頂ける【Salon】的な空間創りを考えております。 6年間ご支援頂きました皆様にも感謝を込めて特別なリターンをご用意致しました。

プロジェクト本文

▼はじめにご挨拶

はじめまして。

ご覧頂き有難うございます。

赤坂随一の繁華街である一ツ木通りにお店を構えて6年、

フレンチ主体のお料理とワインを提供致しております。

この度心機一転の意味も込めて店舗名の変更も含めたプティリニューアルを行います。

 

今までは『BISTRO』の名を冠して営業して参りましたが、

当店の魅力及びイメージをもっと分かりやすく感じて頂く為

今まで目指してきた『SALON』という言葉を含めた名称に致しました。

直訳してしまうと『夜の応接間』の様な訳になってはしまいますが、

美味しいお料理とワインでゆっくりと寛いで頂き、会話と音楽を楽しんで頂ける空間創りを心掛けております。

元々私自身が幼少期からピアノを習っていたこともあり、

現在も営業中はクラシックを始めとした美しい音楽と共に時間を忘れてお過ごし頂いております。

 

また、店内には趣味が高じたアールヌーヴォーの絵画等を飾り

ワインに合わせたグラス選びにも拘っております。

今後更に推し進めていきたい店舗のコンセプトは

【日常の中の非日常】です。

忙しい毎日の中で癒しの空間を演出出来ましたらそんなに嬉しい事はございません。

 

▼プロジェクトをやろうと思った理由

リニューアルするにあたって、何よりも支えて頂いたゲスト様への感謝の気持ち及び、これから出逢う可能性のあるゲスト様へのアプローチとして企画致しました。

 

▼資金の使い道

寛ぎの空間をより良いものとする為に細かな内装の手入れやセラー等の設備の購入、皆様に提供するワインの仕入れ等ゲストの皆様に何かしらの形で還元出来ます様に大事に使わせて頂きます。

 

▼リターンについて

幾つかのリターンを考えさせて頂きました。

◆当店を初めてご利用頂くゲスト様へ向けたお試しのリターン。

◆ディナータイムは勿論ですが、当店のもう一つの顔でもあるランチタイムを支えて頂いたゲスト様へのリターン。

◆日頃部署内でのご会食等にご利用頂いてる幹事様向けのリターン。

◆接待やカップルでのご利用が多いディナータイムのゲスト向けのリターン。

◆どんな方とご一緒にいらして頂いても心おきなく楽しんで頂けるV.I.P権利のリターン。

 

※詳細はリターンの項をご覧頂き、ご不明な点などがございましたら遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

 

▼最後に

私は学生時代から約20年という期間、バーテンダーという素敵な職業に巡り合い続けておりました。

芸術性の高いクリエイティヴな職業で今でもバーという空間は大好きです。

六本木という街で独立をし、さらに色々な方々から啓発を受けその際に食とお酒の組み合わせの妙を知りえました。

その後イタリアのヴェネツィアで半年間生活をし、現地の一流店で心地よく砕けたサーヴィスを受けた事が現在に繋がっていてその経験からかやはりフランクかつ非日常な空間の居心地の良さを実感しております。

いらして頂ける全てのゲスト様にも是非この感覚を味わって頂きたく、御支援の程宜しくお願い申し上げます。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください