【緊急課題】新型コロナウイルス感染防止の影響下、知的障害のある人たちの社会的孤立が深刻化しています

街の中で障害のない人と知的障害のある人が一緒に過ごすことで、「知的障害のある人」への理解をすすめてきていますが、公共施設の利用制限や、イベントの自粛など、知的障害のある人が接点をもつ機会が大幅に減少している状況です。

多くのガイドヘルパーは、そのような状況に屈せずに取り組みを続けていますが、基礎疾患などのために活動を躊躇せざるえない方がいることも現状です。

風雷社中では、深刻化する状況の中、より積極的にガイドヘルプ事業を活性化させていくことが必要であると考えています。


重点テーマ1】多様な人たちと連携をし、障害のある人たちの外出を支えていきたい

(1)多くの人たちは障害のある人との接点を持つことなく生活をしています。わたしたちは、これまで障害のある人達と接点のなかった人たちにこそ、ガイドヘルパーとなり、取り組みを通して知り合っていって欲しいと考えます。

(2)わたしたちの暮らす地域には様々な背景のある人たちがいます。外国籍、また外国にルーツを持つ人たち、今年度のガイドヘルパー養成研修では、そのような外国ルーツ等を背景のある人へ配慮された研修をデザインします。多様な背景のある人たちが関わることで、多様な文化や視点を取り込み、ガイドヘルプ事業を豊かなものとしていきたいと考えます。


【重点テーマ2】クラウドファンディング2年目の挑戦・一人ひとりが支えていく障害のある人の権利

ガイドヘルパー養成研修にかかる資金負担をクラウドファンディングを通して社会全体で支えていくものとしていきたいと考えます。本来は公費でまかなわれるべきものですが、現在の政府や地方行政は、そこに予算をさこうとはしません。しかし高い賃金とは言えない雇用条件の中でガイドヘルパーを希望する人たちや、ギリギリの介護報酬で運営している介護事業所が費用負担をすることには限界があるのです。


1 自己紹介

NPO法人 風雷社中の定岡(左側)です。


アルバイトを含めるとガイドヘルパーを始めて8年目になります。

私は大学生の時にアルバイトとしてガイドヘルパーを始めて、卒業後も続けたいと思い風雷社中に就職しました。

風雷社中は東京都大田区・目黒区で障害のある方にガイドヘルプサービスを提供しているNPOです。

障害のある人も当たり前に外出できる状況を作るために、ガイドヘルパーを増やすためのアクションを行なってきました。(ガイドヘルプサービス=市区町村が実施している「移動支援事業」のこと。ガイドヘルパー=正式には「移動支援従業者」と言います)

昨年もクラウドファンディングのご支援でガイドヘルパー養成研修を行い、19名が研修を修了しました。

「みんなで支えるガイドヘルパー研修」の実現を目指して、今年もクラウドファンディングを行なうことにしました。

たくさんの方に関心を持っていただけるよう発信していきます。

ご支援のほどよろしくお願いします。


2プロジェクト概要とスケジュール

オンラインで実施します。

講師:合同会社Tkt福祉研究所 田島誠一先生をはじめ、居宅介護事業所管理者、現役医師の先生等、豊富な講師陣がそろっています。

受講者:7月7日から募集 先着順 定員①20名(前期) ②30名(後期)

日程:①(前期)9月1日~10月16日まで(全9日間)②(後期)10月27日~12月22日(全10日間)

3 研修内容

東京都指定移動支援従業者養成研修(知的障害)

※知的障害のある人の外出を支援する移動支援従業者としての基礎研修です。

※市区町村が実施する障害者移動支援事業の従業者(ガイドヘルパー)として市区町村と協定等を締結している居宅介護事業所等で働くための研修。

4 背景

ガイドヘルパー増やしていきたい

障害のある人に、その人が必要としているケアを提供して、外出の手伝いをするのがガイドヘルプサービスです。学校や通所施設に行く時、放課後や仕事終わりの家に帰る時、遊びに行く時、買い物に行く時、ご飯を食べに行く時、、、障害のある人に寄り添い、直接必要なケアを提供しながら一緒に外出をします。 

(1)『障害のある人の外出のための福祉サービスが充分に機能していない』状況が改善されないでいる

わたしたちの暮らす街に、自由に外出することが保障されていない人がいることを知っていますか?私たちはいろいろな理由で街に、外にでかけていきます。一方で、障害を理由に、外出が自由にできない人、そもそも外出をする必要性が想定されていない人が、この街には、たくさんいるのです。

①家族だけが支える?家族としか出かけられない?、それでいいの?

障害のある人が、家族以外の人と外出をすることは、もの凄く大切なことです。なんで大切かって言うと、「それが当たり前なこと」だから。

散歩するのに、映画を見に行くのに、外食するのに、酒を飲みに行くのに、家族としか行かない人って、いますか?それしか選択肢がない人って、いますか?

これってよくないです 説明①

②障害のある人がいない街は、障害のある人を置き去りにしていきます。

(家族としか出会わない)家の中にいることや、(障害のある仲間と支援員しかいない)施設にいることばかりではなく、障害のある人が街にでかけることは、本人にとって当然のことであり、一方で街にとって、障害のない人にとっても大切なことです。

障害のない人たちは、「この街にいるのは障害のない人たちだけだ」なんて思っています。この街にいる人々の中には、必ず障害のある人がいるのに。

でもわたしたちは、障害のある人をリアルに街の中で見ないと、そのことを知らないで、知っていても平気で忘れて、障害のない人だけの為の街を平気で作ってしまうのです。

これってよくないです 説明②


③ガイドヘルパーが必要。でも、足りない!

ガイドヘルプは、障害のある人1名に対してヘルパー1名、つまり1対1で支援をします。学校の放課時間や通所施設からの帰宅時間は重なっているので、同じ時間帯での需要が多く、ヘルパーは利用者と同じ人数が必要になります。

ガイドヘルパーが不足しているために、外出や通学に困っている障害のある人や家族が沢山います。おとなも、こどもも、です。当事者・家族は事業者にしらみつぶしに電話をかけて、ヘルパーを派遣してもらえる事業者を探している現状です。

それでもガイドヘルパーが見つからず、家族が対応することも難しく、結局、どこにも行くことができない、ということが、よく起こっています。

ガイドヘルパーの始まりと現状


(2)ガイドヘルパーが足りない原因のいくつか

利用希望の急増に対して、ガイドヘルパーの養成量が足りないのですが、いくつかの原因が考えられます。

①短時間の業務が多いガイドヘルパーは、副業兼業、余暇の充実を目的とした人たちが担ってくれいる。

①の詳細はこちら

②ガイドヘルパーの資格研修のハードルはまだ高い

 資格研修の受講料は運営主体に異なりますが、1万円~6万円の講座がほとんどです。

②の詳細はこちら

③ガイドヘルパー等、介護に関わる仕事への誤解

介護は「大変な仕事」「やめる人が多い」等のネガティブイメージをマスメディアや政府が印象づけています。しかし、介護職の中でも訪問介護系は、飲食や建築等の職種と比べて離職率は低く、継続している人たちは「やりがいがある」と言っています。


5 目標金額

600,000円


6 資金の使い道

①会場費(講師がオンライン配信をする会場、演習の会場)

②講師諸経費(講師謝礼、交通費)

③広報費用(ポスター、チラシのポスティング)

④オンライン講義の環境(WiFiレンタル)

⑤事務費用(郵送費)

⑥外国籍・外国ルーツの人の支援機関のアドバイス・サポートを受ける

⑦クラウドファンディング手数料、リターン費用


7 短期目標

今年度、ガイドヘルパー研修を2回実施する。

オンラインでも研修が実施できる状況を作る。


8 長期目標

低価格のガイドヘルパー養成研修を毎年継続して実施する体制作りとして、毎年の資金協力者を募る


9 リターン

  • 500円 ありがとうメール 

  • 1,000円 ありがとうカード(PDF)

    • 知的障害当事者の自筆の「絵手紙風ありがとう」カード

  • 3,000円 ステッカー+ありがとうカード(紙)

    • ガイドヘルパーから始めようステッカー

    • 知的障害当事者の手書きオリジナル「ありがとう」カード

  • 5,000円 ポストカード(絵)+ありがとうカード(紙)

  • 10,000円 ポストカード+ステッカー+ガイヘル漫画+ありがとうカード(紙)

  • 50,000円 Tシャツ+ステッカー+ポストカード+ガイヘル漫画+ありがとうカード

  • 100,000円 額に入れた絵 世界に1枚だけの知的障害当事者が作成する絵!

10 これまでの活動

ガイドヘルパー不足を解消するための取り組み

私たち風雷社中は、「支援の一般化」をめざしています。障害のある人と街を架橋するガイドヘルパーを障害者と接したことがない方にこそ、担って欲しいと思っています。ガイドヘルパー不足、という状況を改善していくために、私たちは当事者や周辺地域の事業者とともに「ガイドヘルパーから始めようキャンペーン」を2014年度より継続的に実施してきました。キャンペーンの主要な柱として、地域でのガイドヘルパー研修の継続的実施があります。その特色として低価格での研修実施を実現してきています。

※昨年度もクラウドファンディングを実施し、59名の皆様のご支援の下で、無事に研修を開講することができました。


研修実績

11 最後に

障害のある人が街に出てきてくれることで、私たちは多くのことに気づき、それが、街が成長する契機になっています。

多様性に満ちた豊かな街を作っていくために、障害のある人たちは欠かすことの出来ないメンバーです。街のバリアフリー化が進み車椅子ユーザーなど身体障害にある人たちが街への参加が活発になったように、知的障害のある人たちが街に参加していくためにはガイドヘルパーの整備が必要です。

ガイドヘルパーが増えることは、私たちと街の未来にとって大切なことです。それを支える仕組みを、みなさんと一緒に作っていきたいと考えています。ぜひ、ご参加ご協力をよろしくお願いします!





<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください