‖ ご挨拶「はじめまして、実行委員長のイカ侍と申します。」

こんにちは、実行委員長の佐藤 丈典(さとう たけのり)です。鼠ヶ関(ねずがせき)で創業約100年の鮨屋を営みながら観光協会の支部長を務めております。
昨年の鼠ヶ関では全ての魚イベントや海水浴が中止となり、これまで経験したことのない静かで寂しい一年でした。残念ながら今年もそれが続いています。「そんな地域を元気にしたい!」という熱い想いで花火打ち上げプロジェクトを立ち上げましたので、どうか応援のほどよろしくお願いします。
※写真は2018年6月に撮影した「うまイカ、干しイカ、イカまつり」イベント時のイカ侍(佐藤丈典)

‖ 海と暮らす。港マチ鼠ヶ関のご紹介

山形県と新潟県の県境に位置する鶴岡市鼠ヶ関は417世帯1092人の集落です。平安時代には白河関・勿来関とともに奥羽三関と呼ばれ、日本海側に位置する東北地方への玄関口となっていました。
主要産業は水産業で10人に1人は漁業関係従事者です。県内有数の鼠ヶ関漁港ではスルメイカ、ハタハタ、マダラ、ズワイガニなど四季を通じた多種多様な魚介が水揚げされます。中でも「紅エビ」と呼ばれる甘エビは、日本でも5本の指に入るほどの水揚げ量です。
また、マリンスポーツやアクティビティも盛んで、週末になればマリンレジャーを楽しむ多くの方々が訪れます。

‖ 惜しまれつつ幕を閉じた、鼠ヶ関花火大会

このプロジェクトで実現したいことは花火の打ち上げです。今から21年前まで、鼠ヶ関では毎年8月2日に花火大会が開催されていました。その始まりは古く、戦後に起きた大火を乗り越え絆を深めようとしたのがきっかけだったそうです。そこから住民に愛され50回続いた花火大会。しかし、長引く平成の大不況により運営が困難となり、2000年に惜しまれつつも静かに幕を閉じました。

‖ 閉塞感を打破する!花火に託した想い

それから時が経ち、昨年のコロナ騒動。皮肉なことにそれがきっかけで鼠ヶ関の花火大会は一夜限りの復活を果たします。鶴岡市内で毎年40万人規模で開催されていた「赤川花火大会」がやむを得ず中止となり、「かわりにどこか小さくてもいいので打ち上げられないか?」という話が6月頃に舞い込んできたのです。
「閉塞感が漂う空気を一変させたい!」そんな想いで、16人の有志が集まり実行委員会を組織しサプライズで打ち上げることを決めました。

‖ 空が笑った!?奇跡の幕開け

感染拡大防止対策として住民へのアナウンスは前日の夕方まで行わず、準備も目立たないように進めました。全てが整いあとは打ち上げるのみです。
ところが、打ち上げ当日9月26日のお天気はどうも不安定。スタッフは朝から心配でそわそわしっぱなしです。こういった時はいやな予感が的中します。開始30分前に恐れていた雨が激しく降り注いできたのです。「これは中止になるかもしれない。」と誰もが思った開始1分前、空は突然微笑みます。「これまでの雨は開始を告げるドラムロールでした。」と言わんばかりにサッとあがっていきました。

‖ 包まれた感動。芽生えた「生きる勇気」

会場の浜辺に集った地域住民は約300名。花火はかつてと同じ港防波堤から打ち上げられました。
奇跡のような演出で始まった打ち上げ花火は、マイケル・ジャクソンの名曲”Heal the World”の音符にのってリズミカルに舞い上がり、夜空を次々に彩ります。
見学者は花火を見つめながらかつての思い出を幾重にも重ねたことでしょう。6分50秒という短い時間でしたが、凝縮された特別な時間。曲終わりにこの日一番の大きな花火が打上げられフィナーレが飾られました。

全ての火花が空に吸い込まれBGMがさざ波に切り替わったとき、ふと辺りを見渡すと大人も子どもも涙を流しています。感動は波紋のように広がり、見る者全てを包み込んでいるようでした。そして、不思議なことに全身から生きる勇気がみなぎってきます。その場にいた一同がその気持ちを味わったはずです。

‖ 続くコロナ禍。もう一度花火を打ち上げたい!

残念なことに今年もコロナ禍が続いています。ここまで長引くとは誰が想像できたでしょうか。
鼠ヶ関はご多分にもれず主産業の水産業はもちろん、民宿、飲食店など全ての業種で活気が取り戻せずにいます。私たちはそんな故郷にもう一度花火を打ち上げ「生きる勇気」を与えたいです。
花火大会などとは言えないような小さな花火イベントかもしれません。それでも、多くの人に勇気を与えることができます。
鼠ヶ関に活気が戻るきっかけとなるように、どうか私たちに力をお貸しください。
何卒、よろしくお願いいたします。

‖ 花火イベント主催

コロナ退散祈願・海の安全祈願花火実行委員会
実行委員長 佐藤 丈典

‖ 資金の使い道・実施スケジュール

◎目標金額:200万円
◎費用内訳
花火打ち上げ費用(返礼品費用含む) 100万円
返礼品・DVD製作費用 43万円
警備・感染拡大防止対策費用 20万円
CAMPFIRE手数料(決済手数料含む) 37万円
合計200万円

‖ リターンのご紹介

★全ての返礼品に「鼠ヶ関花火イベント開催日時の特別なお知らせ」が含まれます★
※ご案内はeメールで実施予定

3,000円で
お礼状と花火イベントのDVDをお届け!

10,000円で

3,000円の商品に加え、オリジナル鼠ヶ関Tシャツをお届け!
サイズ表
S(身丈63 身幅47 肩幅42 袖丈18)
M(身丈68 身幅52 肩幅46 袖丈22)
L(身丈72 身幅55 肩幅50 袖丈22)
XL(身丈75 身幅60 肩幅55 袖丈23)

~ お詫びと訂正 ~
【完全オリジナル!NezTEEコース】のお届け日が2022年10月となっておりましたが、正しくは2021年10月となります。誤記載をしてしまい大変申し訳ございませんでした。(2021/07/09 21:20訂正)

30,000円で

10,000円の商品に加え、厳選した地魚の干物をお届け!

50,000円で

30,000円の商品に加え、地域限定酒3本セットをお届け!

100,000円で

50,000円の商品に加え、山形県産のつや姫10kgと庄内北前ガニ(ズワイガニ)を1杯お届け!

※酒類販売免許番号:鶴岡酒指第1076号
※DVDの著作権に関しましては製作者が所有するものとし、複製、転売、改変などの行為を禁止します
※写真は全てイメージです

<募集方式について>

本プロジェクトは目標金額に満たない場合も計画を実行し、リターンをお届けする「All-in方式」で実施いたします。

  • 2021/07/24 12:55

    朝から快晴です!打ち上げ準備も順調に進んでいます。9:30に鼠ヶ関の厳島神社で安全祈願を執り行いました。夜が楽しみです!支援者の皆様、気をつけてお越しください。

  • 2021/07/16 23:25

    この度は多大なる寄付金!勇気づけられる励ましの言葉頂き誠にありがとう御座いました。これからが本番です!皆様方からの御心必ずや感動、勇気、希望になる一生心に刻まれる花火をあげたいと思います。あげます!感謝!感謝!です!ありがとう御座いました。

  • 2021/07/15 21:44

    おばんです。「奇跡の花火をもう一度!鼠ヶ関花火大会を実現したい!」プロジェクトオーナーの佐藤 丈典です。私達の挑戦も早いもので明日が最終日となりました。現在まで171名様から1,898,333円のご支援をいただき達成率は94%です。応援いただいた皆様に心より感謝申し上げます。この挑戦を開始して...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください