SPEKS.(スペックス)は『大人をもっと楽しくする』 をコンセプトに作られた大人のためのデスクトイです。
512個のマグネットボールは、「楽しい」だけでなくあなたの「集中」と「リフレッシュ」のお供に!

この不思議な中毒性のあるデスクトイは、欧米を中心に多くの人を虜にし、ForbesCNNをはじめ多くの海外メディアで取り上げられています。

日本でもそのユニークさから、フジテレビの「めざましテレビ」(5/25放送)でご紹介頂きました!
きっとあなたを夢中にする』デスクトイSPEKS.をぜひご覧ください!

512個のマグネットボールはあなたの想像力を掻き立て創作欲を刺激します。形を作り始めると、あっという間に集中モードに!時間が経つのを忘れるほど没頭します。

次に待っているのは壊すステップ!頑張って作ったものだけど・・・でもこれをぐしゃっとつぶすのがなんだか気持ちいい!!妙な快感です!

そして手の中でただ ぐしゃぐしゃしていると不思議となごみます。

「作って」「壊して」「ぐしゃぐしゃして」その時のあなたのモードに合わせて自由にお使いください!

子供のころ、時間を忘れるほどおもちゃに夢中になったことありますよね。周りの声が聞こえなくなるほどの集中力や想像力は今からするとうらやましく思えるほど・・。

何かに没頭して夢中になる楽しさ!!その楽しさをもう一度SPEKS.で体験しませんか?

仕事や家事、時間に追われて日々ストレス社会を生きる大人にこそ「無心になれる」そして「リフレッシュできる」そんな手遊びできる大人のためのおもちゃ必要。

楽しみたい?
夢中になりたい?
集中したい?
何か作りたい?
手先を動かしたい?
ストレス発散したい?
リフレッシュしたい?
暇つぶしを手軽に持ち歩きたい?
デスクをおしゃれに飾りたい?

あなたがどれか1つでも当てはまるなら、ぜひSPEKS.を手に入れてください!


SPEKS.は「作ったり」「壊したり」「ぐしゃぐしゃする」ことで、楽しみながらストレスを解消するために作られたマグネットのデスクトイで「回転させない。電池を使わない。」というシンプルなコンセプトですが、驚くほど効果的です。

その魅力を示すようにSPEKS.は、アメリカの数々の大手メディアに取り上げられています。

その中からほんの一部をご紹介!!

ルービックキューブ以来、最も想像力に富んだデスクのおもちゃであるSPEKS.は、大人が一日中心を解きほぐし、全国のワークスペースに新しい次元の創造性をもたらすようにデザインされています。幸せなそわそわ(一部抜粋)

約100万通りの方法でアレンジ(&再アレンジ)ができる小さな磁気ボール。これらは間違いなく3時間の長い会議のために便利にされるでしょう。(一部抜粋)

512個のマイクロマグネットが接続し、反発し、相互に作用して3Dデザインを作り出す様子は、デザインの驚異であり、信じられないほどクールです。(一部抜粋)

デスクワークをしていて落ち着かない人向けの商品がある。パズルは集中力を必要しすぎ、砂はすぐに粘り気を失い、ふにゃふにゃのおもちゃはやや単調です。私はかなり文字通り解決策を見つけました。このSPEKS.がもたらしてくれたのは多幸感のような安堵感。(一部抜粋)

そわそわしていませんか?これらのアクセサリーで集中力を高めよう
ストレス解消、爪噛み防止、手が顔に触れないようにする(一部抜粋)

これらの磁石は妙に満足感があり、集中力を高めることができます。私たちのチームは当初、SPEKS.で遊ぶことは「指にヨガをするようなもの」という主張に少し懐疑的でした。しかし数週間後には、私たちがブレインストーミングしたり、レビューを書いている間マグネットを様々な形に作ったり、砕いたりする姿を見ない日はありませんでした
個人的には、記事を書きながら手に取ることが多かったです。指の間にSPEKS.を挟むことで、自分の心を軌道に乗せることができました。(一部抜粋)

などなど!

海外メディアで絶賛されるデスクトイをぜひあなたも体験してください!!



指にヨガさせるようなもの」SPEKS.がそう評されるのは、集中とリフレッシュのどちらにも使えるという点からです。
普段動かさない身体の筋肉や筋を意識的に伸ばすときの気持ちよさってありますよね。

SPEKS.はまさにそれを感じられます。あえて利き手ではない手を使ってやろうとすると、普段感じられないような指の動かしづらさにびっくりされるかもしれません。

普段あまり意識していない部分に意識を向ける。そして形作る中で意識が集中して無心になっていく。そういう感覚は不思議とヨガに似ているかもしれません。

そして、もう一つ大事な要素がリフレッシュ
手の中でぐしゃぐしゃとしていると2.5㎜の小さなマグネットボールの一つ一つが手のひらや指を刺激してこれがなんとも気持ちいい
指の間にはさんだ状態で、ぎゅっと手を握ると指の間が刺激されてこれも気持ちいい。手にマッサージしてる感じ

その時のあなたの気分に合わせて、「集中」と「リフレッシュ」を味わってください!


ジグソーパズルは集中できるけれど出来あがった後、飾るところにも困るし、集中力がいるようで実は単調な作業です。何よりパズルの完成形は1つですよね。
そしてただ回すだけのデスクトイはデザインは素敵だけれど、これも単調な動きですぐに飽きてしまってずっとそのまま・・・なんていう方も多いのではないでしょうか。

SPEKS.は一見シンプルに思える構造ながらとても革新的なおもちゃで、遊び方は無限
複数のSPEKS.を組み合わせることでさらに創作の可能性が広がります。

初心者の方も安心!まずは付属のスターターガイドで基本的な動作を学びます。
基本形はどれも簡単!
慣れてきたらInstagramで紹介しているアイデアを真似したり、あなたの中に湧きだしたインスピレーションをどんどん形にしてください!
創作が好きな方は、マグネットボールの色や数を増やして、組み合わせを楽しんだり一回り大きな作品作ってみるのもおススメ!まだだれも作ったことのない形が無数にある!だからワクワク!

ところで「手」が【第二の脳】や【外部の脳】と呼ばれるのをご存じですか?
脳の指令により、全身でさまざまな動作ができたり、手触り等の質感や量感などを感じることができるわけですが、大脳のおよそ1/3が「手」をコントロールするために指令をだしていると言われています。

身体の部位の中で「手」は小さな部位ですが、脳と密接に関係しているから【第二の脳】等と呼ばれているんですね。
手を動かすことが楽しく感じたり、夢中になってしまうのは、脳が刺激されている気持ちよさとも言えるのかもしれません。たくさんのインスピレーション手を使う動作で、あなたの脳を刺激してください!!



SPEKS.は512個の小さなマグネットボールで構成されています。
マグネットボールの直径は2.5mm
この小さいマグネットボールの素材は希土類磁石(レアアース磁石)と呼ばれる強力な磁石です。磁石なので半永久的に遊べます

「小さいからだんだん磁力が弱まってしまうのでは?」という心配は無用!SPEKS.の5%の磁気が失われるのにかかる時間はなんと100年!!完全に磁気を失うのは2000年かかるという計算になります。
長く使えるのも特性ですが、コンパクトなのもSPEKS.のいいところ。
手の中に隠れてしまうサイズなのでデスクで気分転換したいときにも悪目立ちません

持ち運びたいときは、付属のケースに入れてください。このケースも3㎝×3㎝というコンパクトなサイズなのでどこへでも気軽に持ち運びできますね!

夢中になって作って出来上がった作品はあなただけのもの。時間をかけて作った作品はちょっと愛おしくすら感じてきます。
誰か見てもらいたくなる瞬間です!
すぐ崩して次の作品を作るのもいいけど、しばらくこのまま楽しみたい!
そんな時は、ぜひあなたのデスクに飾って下さい!
名刺スタンドとしても使え、あなたのデスクをクールにセンス良く飾ってくれます。
SPEKS.はコンパクトだからスペースを取ることなく、あなたのデスクをセンスアップしてくれます。

お客様の口コミでは、SPEKS.を会社のデスクの上に置いていたことで、同僚との会話のきっかけになったという方も会社のデスクだけてなく、あなたのお部屋の少し寂しいちょっとした空間ありませんか?そこにSPEKS.をコロンと置いてみてください!きっと不思議とマッチします。

SPEKS.は存在感はありながら空間の邪魔をしないサイズです。
そしてSPEKS.が特徴的なのは、そのカラーバリエーション30人のデザイナーによる洗練されたカラーはどれも魅力的!シンプルな形でもたちまち素敵なオブジェに仕上がるから不思議。

お好きなカラーをお選びください!

遊び方はまさに無限。ルールはありません。好きなように使ってください。16ページのハウツーガイドがついているので、基本的な動作が学べます
後は自分の想像力のままに!
お手本は公式サイトやInstagramなどでどんどん公開していきます!

【利用シーン】
会社で:長時間の会議で/ちょっとしたブレイクに/気分転換に/アイデアを構想するときストレス発散したいとき/デスクを飾りたいとき/名刺やカード立て

自宅で:楽しみたいとき/何か作りたいとき/退屈なとき/暇なとき/映画を見ながら/手持無沙汰なとき/いやなことを忘れて集中したいとき/寝付けない夜に/ストレス発散に/PCやスマホの画面から離れたいとき

SPEKS.はアメリカでForbesはじめ様々なメディアで取り上げられた大人のためのデスクトイ。リフレッシュはもちろんあなたの想像力を掻き立て、あなたのひらめきを形にすることができます。
もちろんただぐしゃぐしゃするだけでもOK!
いつもそばに置いておきたくなる!子供のためではない。おとなのためのおもちゃです。

商品名:SPEKS.(スペックス)
カラー:original(塗装なし)
    Luxeカラー全6色/Toneカラー全6色
サイズ:2.5mmのマグネットボール512個
重量:約33g *収納ケースに入れた状態約40g
素材:ネオジム希土類磁石(レアアース磁石)
塗装:ポリマー塗料、電気メッキ
生産国:中国
付属品:キャリングケース/メタルベース/スプリッターカード/スターターガイド

・本製品は14歳以上の方を対象とした大人のためのデスクトイです。
・テーブルや机の上など、子供の手の届かないところで安全に遊んでください。
・遊んだ後は、各セットに付属の収納ケースに入れて保管してください。
・必ず子供の手の届かないところで保管してください。
・鼻や口に入れないでください。鼻や口からも避けてください。
・磁石を飲み込んだ場合、内臓に損傷を与え、重傷または死を引き起こす可能性があります。直ちに医師の手当てを受けるようにしてください。

今回のプロジェクトでは、SPEKS本体と遊びながら学ぶオンラインワークショップとのセットでご紹介!SPEKSとワークショップのセットリターンです!ぜひこの機会にお得に手に入れてください!

SPEKSについてより詳しく知りたい方は下記公式サイトを参照下さい!!
■SPEKS公式サイト
https://speksjapan.com/

■SPEKS(original)1個+ワークショップ参加権/最大15%OFF!!

■SPEKS(カラー)1個+ワークショップ参加権/最大15%OFF!!  *下記12色から選択 

■SPEKS(カラー)2個+ワークショップ参加権/最大20%OFF!!  *下記12色から選択 
■SPEKS(カラー)3個+ワークショップ参加権/最大25%OFF!!  *下記12色から選択 

■SPEKS(カラー)5個+ワークショップ参加権/最大30%OFF!!  *下記12色から選択


*【カラー紹介】 ≪12色≫
◆Luxeカラー:ラグジュアリーな大人カラーがお好みの方にお勧め!


◆Toneカラー:2色のカラーミックスを楽しみたい方にお勧め!


【オンラインワークショップについて】


Retrospective Goods,LLCはアメリカで大ヒットしたマグネットのおもちゃ「バッキーボール」や「Zen Magnets」を作っている会社の元CEOとクリエイターたちにより設立され、2017年に完全磁気のデスクトイであるSPEKS.発明しました。

「電池を使わない、くるくるまわさない」デスクトイを作るというコンセプトの元に発明されたSPEKS.は20人のデザイナーと共にデザイン性にも優れた製品を発信をし続けるメーカーです。

細かく設計された512個のミニチュアマグネットで構成されたSPEKS.は、その革新性からアメリカの各種メディアから多くの高い評価を得ています。

「SPEKS.」正規代理店 Giftym合同会社

私がSPEKS.に出会った時、ひとめぼれの状態でした。どんどん色々な形に姿を変えていくマグネットボールの動画から目が離せなくなって、終わるころには「これやりたい!!!!」とうずうずしていました。

器用ではないけど手先を動かすのは好きで、特に子供の頃はジグソーパズルやブロックタイプのパズルが大好きでした。でも大人になるにつれて自然と離れていきました。

正直「いいおもちゃないかなぁ」と探すことも「おもちゃが欲しいなぁ」と思うこともありませんでした。少し前(だいぶ前?)にクルクル回るデスクトイが大ヒットした時も心は動かず「私自身そういうものにもう興味がもてないんだなぁ」と思っていました。そんな自分がなんだか少しだけ寂しく感じていたりもしました。

でも、SPEKS.に出会って「心惹かれるものに出会ってなかっただけなんだ!」と思いました。大げさかもしれませんが純粋に「遊びたい!!!」と思ったのです。子供の頃に「あのおもちゃがほしい!!!」と思った時の感覚を思い出しました。

デスクトイやパズルが好きな方にはもちろん、私と同じようにこういったものから離れていた方にも、SPEKS.ならワクワクするような楽しみを経験してもらえるのではないかと思います。
とにかく今回、SPEKS.を知って頂くことができ本当にうれしいです。

今後も一人でも多くの方にSPEKS.を知って頂けるよう活動してまいりますので、皆様のご支援ならびにSNSでの情報の拡散のご協力を頂きますようよろしくお願い致します。

Q.ハードドライブ、ペット、ペースメーカーに近づけるのは危険ですか?
A.SPEKS.はすべてのハードドライブ、ペットおよびペースメーカーから遠ざけてください。

Q.PCやスマートフォンには影響しませんか?
A.SPEKS.が電子機器に影響を与えるという知見はありません。

Q. マグネットを飲み込んだと思ったらどうすればいいですか?
A. 磁石を飲み込んだ場合、内臓に損傷を与え、重傷または死を引き起こす可能性があります。レントゲン撮影や速やかな外科的処置が必要な場合がありますので、直ちに医師の診察を受けてください。

Q. SPEKS.はどのようにして安全に遊べますか?
A. テーブルや机の上で、子供の手の届かないところで安全に遊んでください。遊んだ後は、全てのマグネットを付属のケースに入れ、必ずお子様の手の届かないところに保管して下さい。

Q. SPEKS.は何歳以上を対象としていますか?
A. SPEKS.大人のためのデスクトイです。対象年齢14歳以上です。

Q. 汚れた場合、水洗いしても大丈夫ですか?
A. 変色を防ぐ為、水洗いではなく濡れた布で拭き十分乾かすことをお勧めいたします。

Q.お風呂で使えますか?
A.使えません。SPEKS.は水に浸すことは出来ません。

Q. 磁力はどれくらい持ちますか?
A. 100年ごとに5%の磁気を失います。完全に磁気を失うのは2000年かかります。

※初期不良以外に関する返品・返金はお受けいたしかねます。
※モニター環境によって、画像の色が実物と異なって見える場合がございます。
※ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。
※想定を上回る皆様からご支援を頂き、量産体制を更に充実させることができた場合、一般販売価格が予定価格を下回る可能性がございます。
※並行輸入品が発生する可能性があります。正規以外での個人輸入等は、完全に防ぐことができない場合がございます旨、予めご了承のほどお願いいたします。
クラウドファンディングの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上でご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。
最後に、本製品を手に取った皆様に喜んでもうえるよう、 チームメンバー一同心を込めて対応していきますので、 応援よろしくお願い致します。


■ 特定商取引法に関する記載
◯ 販売事業者名:Giftym合同会社
◯ 事業者の所在地:〒107-0061 東京都港区北青山2-7-20猪瀬ビル2F
◯ 事業者の連絡先:メール:info@giftym.com / TEL:050-5898-9030
※こちらでは当該製品に対するお申し込み、質問等は受け付けておりません。
◯ 商品の販売価格・役務の対価:各リターン記載のとおり
◯ 対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり
◯ 申込期限:当ページ記載のプロジェクト終了期限どおり
◯ 代金の支払時期:
各プロジェクトが募集期間内に成立した時点で、支援金の決済が行われます。コンビニ払いは、コンビニエンスストアで所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。銀行振込(ペイジー払い)は、ATMまたはネットバンキングにて所定の方法により支払いが完了した時点で、決済が行われます。auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い、ドコモ払い、PayPal、FamiPay、PayPayは、各決済画面により支払いが完了した時点で決済が行われます。
◯ 支払方法:
クレジットカード払い(Visa/Mastercard/JCB/Diners Club/American Express)/コンビニ払い(全国の主要コンビニエンスストア)/銀行振込(銀行ATM・ネットバンキング)/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い/ドコモ払い/PayPal/FamiPay/PayPay。お支払いの手数料に関して、コンビニ払いの場合 350円(税込)が、お客様のご負担となります。また、銀行振込ご利用の場合は、所定の振込手数料がお客様のご負担となります。
◯ 商品引渡しまたは役務提供の時期:各プロジェクトが募集期間内に成立した場合のみ、支援金の決済が行われ、約定されたリターンを得る権利が発生します。なお、リターン毎の発送(履行)時期は各プロジェクトの記載・連絡に準じます。諸般の事情により遅延・遅配が生じる場合は、プロジェクトオーナーより記載・連絡されるものとします。
◯ キャンセル・返品: 利用規約記載のとおり、お客様都合による返品・キャンセルはできませんのでご注意ください。尚、製品到着後に破損や初期不良がある場合には交換させていただきますので「メッセージで意見や問い合わせを送る」から、または納品書記載の連絡先までお問い合わせください。
※上記以外の事項に関しては、お取引の際に請求があれば遅延なく提示いたします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください