はじめに・ご挨拶

はじめまして(^^)

私は個人で動物保護活動をしております。

子供の頃母から、地球は人間だけのものじゃないから動物が生きやすい環境を作らなければならない。と教えられてきました。母の動物への無償の愛を見て育ち、私とゆう人間が作られたと思っています。

人間が動物に犯した罪は、違う人間が償うしかないと思い、まず私のできることを考えはじめました。

それから輪が広がり、応援してくださる方々や、お手伝いしてくれる方も増えました。

動物への愛と行動力だけは自信があります。

このプロジェクトで実現したいこと

ずっとの家族を待つ間過ごしてもらう環境を作る為、DIYでコスト削減しながらも快適な居場所を保護動物たちに与えたいです。また、シェルターの一部では見学に来てもらう為にふれあい室も設けたいです。

私たちの地域のご紹介

大阪の南部にある"泉大津"とゆう毛布が有名な市です。残念ながら動物保護に関してはあまり進んではないですが、私が積極的に活動を続けることによって関心がむけばいいなと思っています。

プロジェクトを立ち上げた背景

現在自宅にてたくさんの保護動物を常にお世話している状態です。正直個人宅では限界があり、狭すぎると痛感しております。

ボランティアさんたちも自宅でお世話してるので、里親応募者さんから見学に来たいとお申し込み頂いてもタイミングが悪いことが多く、よくお断りしております。

なのでどなたでも見学に来て頂けるようにシェルターを作りたいと考えました。

また、シェルターがあるとよりたくさんの子が家族を待つ場所にできると思ってます。

これまでの活動

初めは母のすることを見様見真似で野良猫ちゃんたちのお世話をし始めました。それから某団体さんのボランティアとして預かりボランティアや、レスキューのお手伝いをしておりました。その後やり方や保護するにあたってのルールを学び、個人で活動をしています。現在は地域で声かけなどを積極的におこなっています。家族が決まった子たちのカルテファイルを作っており、8冊目が終わろうとしています。たくさんの子たちが卒業してきました。

資金の使い道・実施スケジュール

大阪府泉大津市内物件契約料約40万円(敷金、礼金、仲介手数料)、改装費50〜60万円(DIY材料や空調設備)に使わせて頂きます。

令和4年の春までにシェルター完成を目指します。

秋までには場所を確定し、すぐに改装に進みます。

春頃には保護動物たちが暮らせる環境を整え、里親希望者様にも来てもらえるようにします。

シェルター内は、隔離が必要な子の為の部屋、みんなが主に暮らす広場、里親希望者様来場の際のお見合い室、計3部屋に区切る予定でございます。

リターンのご紹介

シェルター完成時に、ご協力頂いた皆様全員に写真ハガキをお送りさせて頂きます。

最後に

助けれるはずの命がそこにある限り、私は保護活動をし続けます。ですがその為には皆様のお力を借りたいです。

■ 特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名: socks_kai
請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください