はじめに

数あるプロジェクトの中から、このプロジェクトをご覧いただきありがとうございます。

兵庫子ども支援団体では、「子どもが笑って過ごせる地域の形成」を目指して、小学生から高校生までの子どもたちへ学習支援を行ったり、勉強や遊びを行うことができる居場所を作ったり、LINEを利用したオンライン相談を受け付けたりしています。

兵庫県が4月にまん延防止重点措置区域に指定された際には、長引くコロナの影響で生活が苦しくなっている家庭が多くなっていると考え、兵庫県内の子育て世帯55世帯に食糧・日用品・文房具を届けました。
生活支援デリバリー


解決したい社会課題

兵庫子ども支援団体が行ったアンケートには、新型コロナの感染拡大による様々な影響が寄せられています。

◯ 収入への影響について

「一般就労しておらず、内職の契約があります。ただし、コロナの影響で内職の依頼がほとんど来なくなりました。」

「会社の人員削減で週2回までのシフトです。更にスタッフがコロナ罹患になり利用者が減り私のシフトも週1に減りました。」

「子供たちも小学校高学年になり、食べ盛りで買ったものもすぐなくなります。 頼りに出来る身内もなく、養育費もなし。最近では食費を切り詰めた生活をしています。」

「就職活動をして40社以上不採用になり、何とか決まったけどシフト制で給料は少なく不安定な状態で、仕事が安定するか先行き不安です。」

◯ 学校の夏休みを迎えるにあたって不安なこと

「今でも、親の食事を削ってでもお腹いっぱい食べさせてあげようとしてるが、夏休みの給食がなくなることで3食満足に食べさせてあげるじしんがない」

「学校が休みになると給食もなくなるので、まずは食費の負担が多く、栄養面もそうですが3食しっかり食べさせてあげることが出来るか不安です。 また家にいる時間が増えると光熱費も増えるので厳しい状況です。」

「給食がないから夏休みの食事に不安があります。2食になるだろうなと…」


普段の土日の昼ごはんを用意するのも大変な家庭がある中で、それが1ヶ月以上も続く、夏休みを本当に心配されている家庭が多くいます。

シングルマザー調査プロジェクトチームが今年4月に発表した「コロナ禍におけるひとり親世帯の子どもの状況」によると、昨年8月、9月には体重が減少したと回答した小学生の割合が10%を超えており、コロナ拡大により、ひとり親世帯などがもとから抱えている困難な状況に拍車がかかっていると見られています。また、同調査によると、お米(主食)が買えないことが「よくあった」「ときどきあった」と答えた世帯が40%もあり、厳しい暮らしを強いられている実態が見られます。


このプロジェクトで実現したいこと

団体では、「浅井スクスク基金」様のご支援によって、兵庫県内の100世帯に食糧支援を実施できるようになりました。7月4日(日)から募集を開始したところ、3日後の7日(水)には定員に達してしまいました。

多くのご家庭に興味をもっていただいた一方で、情報が行き届かなかったり、情報を得るタイミングが遅かったりして申込に間に合わなかった家庭がまだまだ多くあると考えています。そこで、さらに追加で50世帯に食糧支援を届けて、コロナによって生活が大変になっている家庭や子どもたちの健やかな成長を支えていきたいと考えています。なお、食糧支援を実施するにあたっては、各種証明書類の提示を行っていただきます。

《支援内容(例)》
 ・ごはん(白米)
 ・レトルト食品
 ・インスタント食品
 ・飲料水
 ・お菓子

春に行った生活支援デリバリーの梱包内容

《支援希望者の募集方法・決定について》

募集方法:WEB申込フォームから申込いただきます(先着)

対象:18歳以下の子どもを扶養している兵庫県内の世帯で、下記のいずれかの条件に該当する方

  • ・生活保護を受けている世帯
  • ・生活保護を受けていないが、児童扶養手当を受給している世帯
  • ・令和2年度就学援助を受けていた世帯 / 令和3年度就学援助を受けている世帯
  • ・世帯の前年の総所得の合計が基準額以下である世帯
  • ・コロナの影響で減収、無収入となった方

申込に当たっては、対象か確認をするために、「就学援助を受給している旨の証明書」や「児童扶養手当の証明書」、「生活保護の受給者証」、「昨年度の源泉徴収票」など必要な書類を提出していただきます。


資金の使い道

支援費:40万円
配送費:5.5万円
手数料:4.5万円
※1世帯あたりの費用はおよそ1万円です。

実施スケジュール

7月 4日 クラウドファンディング開始
7月中旬頃 支援希望者の募集
7月下旬頃 食糧配送
7月26日 クラウドファンディング終了
9月下旬頃 リターン発送
翌年2月頃 寄付金受領書発送

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合は、配送世帯数などの見直しなどを行うなどして、計画を実行し、リターンをお届けします。

リターン

ご支援いただいた皆さまには、

・サンクスメールとサンクスレター
・年次報告書
・支援を受け取られた方からのメッセージ
・サポーター限定メールマガジン(月1回・1年間)

をお届けいたします。

最後に

私たちはこれまで兵庫県内で子どもたちへの支援を行ってきました。しかし、コロナによって、保護者の方も先行きが見通せず不安に感じていると思いますが、子どもたちもそれを感じ取り不安に思っていることがあります。そのため、子どもたちへの直接の支援はもちろんですが、家庭が安心して過ごせる居場所となるように、家庭への支援をスタートさせました。

このプロジェクトが達成することで100世帯の子どもたちに食糧を届けることができます。子どもたちの健やかな成長を共に支援しませんか?応援のほど、よろしくお願いいたします。

兵庫子ども支援団体について

「子どもが笑って過ごせる地域の形成」を目指して、2013年11月に高校生有志(当時)によって設立。2017年1月にNPO法人として兵庫県より認証。2021年2月1日に「特例認定NPO法人」として特例認定を受ける。学習支援[かがやき]や食育ひろば ひなた、各種イベントの実施、オレンジリボン運動など多岐に渡って子どもに関わる活動を展開。若い人たちの積極的な活動が評価され「第10回よみうり子育て応援団大賞 奨励賞」を2016年に、「あしたのまち・くらしづくり活動賞 振興奨励賞」を2017年に受賞。

(税制優遇について)
特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体は「特例認定NPO法人」として特例認定されています。このプロジェクトへのご寄付は、税制優遇の対象となり、所得税(国税)の計算において「寄付金控除」を受けることができます。控除をお受けいただくためには、確定申告の際に、当団体が発行した「寄付金受領証」(領収書)の提出が必要となります。なお、領収書は基本として2021年分を2022年1〜2月にまとめてお送りいたします。
※領収書はCAMPFIREではなく、当団体が発行・郵送いたします。


本件に関するお問い合わせ先

特例認定NPO法人兵庫子ども支援団体
https://hpcso.com/
E-mail:office-hcso@hpcso.com

  • 2021/08/24 20:58

    こんばんは。NPO法人兵庫子ども支援団体です。リターンとして設定していました、年次報告書についてですが、昨日、郵便にて発送を行なっております。本日より順次到着すると思いますが、データでも公開していますので、リンクよりご覧いただけたら幸いです。 https://hpcso.com/pdf/202...

  • 2021/08/18 17:04

    こちらの活動報告は支援者限定の公開です。

  • 2021/08/01 19:21

    こんにちは。NPO法人兵庫子ども支援団体です。7月30日にクラウドファンディングが終了し、31日に早速追加募集を行いました。今回は10世帯への支援でしたが、開始より30分で定員に達し、終了いたしました。https://hpcso.com/news/6610そして、本日、梱包作業を行い、午後に発...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください