はじめに

はじめまして。写真を発表している石野祐美と申します。

写真を撮って生きていく夢を叶えていくため、日々制作に取り組んでいます!

東京工芸大学の写真学科で4年間写真を学び、グループ展を多数行ってきました。今回は4年間、母親をテーマに撮影を続けてきた作品を初となる個展で発表いたします。


プロジェクトをやろうと思った理由

私と母の4年間が詰まった想いの個展のプロジェクト。

それをたくさんの方に見てもらうために今回貸しギャラリーのJam Photo Gallery様で開催させていただけることとになりました。

ギャラリーの様子

個展でこのようなプロジェクトを立ち上げたのも人生で初めてなので、見てくださっている皆さまのご支援とお力をお借りできればとクラウドファンディングを始めました。


▼展示テーマ

私は母の事が嫌いだ。

母はフィリピン人で首都のマニラで生まれました。その国での生活は大変だったために不法入国し、フィリピンパブで不法就労をしていました。そんな母ですが、昔は母の事が自慢でした。

それは私が幼い時もフィリピンパブで働いていた母は、「化粧」をして「きれいな服」を着た姿で仕事をするのが自慢でした。

そして昔は多分、幸せだったと思います。

母のことが嫌いな今、母にカメラを向けると私と母の間に何かが繋がった気がしました。それは親子である「血」でしょうか。私と母の関係は何かと聞かれれば、それは今も分かりません。ただ、昔へその緒でつながった母子であることには違いないのです。

これまでの活動

2014 東京工芸大学カラー写真部 写真展「好きなもの」(東京工芸大学き)

2014 東京工芸大学カラー写真部 写真展「確かなこと」(東京工芸大学)

2015 東京工芸大学カラー写真部 写真展「必需品」(下北アートスペース)

2015 東京工芸大学カラー写真部 写真展「非日常」(東京工芸大学)

2015 東京工芸大学カラー写真部 写真展「光」(東京工芸大学)

2016 東京工芸大学カラー写真部 写真展「頭の中」(TODAYS GALLERY STUDIO)

2017 東京工芸大学芸術学部写真学科 視覚コミュニケーション研究室「ひとり旅」(Alt_Medium)

2018 東京工芸大学芸術学部卒業制作展(東京工芸大学 芸術情報館)

2020 フォトコン編集部「構成──家族のかたち」(JAM PHOTO GALLERY)

2015作品「夕日に溶けて死にたい。」


資金の使い道

ギャラリーのレンタル料金、ZINE(小冊子)の制作費として主に使わせていただきます。

ギャラリー利用規約

https://www.jamphotogallery.com/rental


リターンについて

個展会場にて作品をお選びいただいても構いませんし、TwitterやInstagramで発表した作品の中からもお選びいただけます。 遠慮なくご希望をお聞かせください!!

ギャラリーにてお会いできますことを楽しみにお待ちしております。


▼実施スケジュール

2021年11月30日〜12月12日

▼個展会場

Jam Photo Gallery様

〒153-0063 東京都目黒区目黒2-8-7鈴木ビル2階B号室

目黒駅より徒歩5分

展示の詳細はTwitterやInstagram、DMにて告知いたしますので、フォローしていただけますと幸いです。

https://twitter.com/la__lalaaa

https://www.instagram.com/___lalalaaa/

最後に

母をテーマにした写真と写真集を用意した初の個展。写真家として成長するためにまずはこの一歩を成功させたいので皆さまのご支援、ご協力を何卒よろしくお願いいたします。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

  • 2021/08/27 19:45

    フォトコンペ“Pitch Grant”のファイナリストに選出されました!来年の4月に公開最終審査があり、残った10人がそれぞれ作品のプレゼンテーションを行います。私は以前から撮影を続けている作品「臍の緒」を発表します。皆さまの応援、よろしくお願いします!https://thebackyard.jp/

  • 2021/07/27 23:54

    クラブハウスでクラウドファンディングの公開ミーティングを行いました!今回の公開ミーティングでは個展や写真家の生い立ちなど情報交換を行いました。目標金額達成のため、今後もこのような公開ミーティングを行う予定です︎︎︎︎☺︎

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください