はじめに

5/1に上演予定だった「3.11 あの日から産まれたもの~想いを風化させないために~」ですが、東京都の緊急事態宣言を受け、会場が閉鎖されることとなり、延期を余儀なくなってしまいました。
ですが、延期をしたことにより、「千の音色でつなぐ絆プロジェクト」を主催するClassic for Japanの全面バックアップを受けて、被災地に残った陸前高田「奇跡の一本松」を使用したTSUNAMI VIOLINを使用した中澤きみ子さん等による演奏会。および、震災語り部 佐藤誠悦氏による講演・和太鼓千代組の和太鼓演奏、そしてTSUNAMI VIOLINとのコラボレーション演奏を含む公演として、9/11に、くにたち市民芸術小ホールにて、開催する流れとなりました。

TSUNAMI VIOLIN


数々の音楽家によって紡がれてきたTSUNAMI VUOLINの演奏

震災で失ったもの、産まれたもの。

そこから受け取った数々の紡がれていく想い。

そう言ったものを公演という形にして、皆様に受け取っていただきたく、また、まだまだ復興し切ったとは言えない現状を少しでも打開するために復興支援を行う

そのために、このプロジェクトは行われます。

是非、復興支援のため、このプロジェクトを成功させるために力を貸していただけると幸いです。


「千の音色でつなぐ絆プロジェクト」

追悼の想いと復興への願いを音色に乗せ、東日本大震災の津波から生じた流木や倒壊家屋の材木からつくらた“TSUNAMI ヴァイオリン”を、千人のヴァイオリニストがリレーのように弾き継いでいくプロジェクトです。

 

プロ・アマを問わず、またクラシックだけでなくジャンルを超えて、世界各地で千の音色を奏で、復興への想いをつなげていきます。
千羽鶴や千手観音。日本人は古来から、心からの願いを叶えたいとき、「千」という数字を用いてきました。千年に一度の大災害といわれる東日本大震災。

このプロジェクトでは千という数字を希望に変え、弾き継ぐことで震災の記憶を風化させず継続的に支援を続けていくこと、支援を訴えていくことを目的としています。

TSUNAMI VIOLIN Project Official PV



このプロジェクトで実現したいこと・支援していただいたお金の用途

このプロジェクトでは、下記のことを行いたいと考えております。

9/11公演の活動資金

3.11で被害にあった地域への寄付(実行委員会を通して、事業全体の売り上げの一部を被災地に届けます)

延期により、会場のサイズがだいぶ小さくなりました。また、延期に伴うかかった経費もあります。そちらの補填にも利用させていただきます。利用内容は活動報告できちんと報告させいていただきます。


プロジェクトをやろうと思った理由

公演企画が発足したのは・・・

本プロジェクトは、和太鼓奏者千代園剛の次のような想いから生まれました。

以前から東北にて震災に関係する活動などを行なっていた千代園剛は、10年前の3.11の時から

「あの日を忘れない」

という想いを持っていました。

これは人によっては26年前の阪神淡路大震災であったり、2016年の熊本地震であったり、それぞれ異なるのかもしれません。

そして、「忘れない」という想いと共に、もう一つの「想い」を持っていました。

それは、私たちは「あの日産まれたものを持っている」という想いです。

それは言い換えれば、あの日に生まれた感情であり、記憶であり、情景であり・・・いずれにせよ「あの日から産まれた何か」をきっと誰もが持っているのです。それを多くの人と共感し、実感したい。

そんな想いで今回の講演会及びコンサートを企画しました。


きっかけとなった千代園剛と佐藤誠悦の出会い


第1部では、震災語り部佐藤誠悦さんに、「あの日からの人生」を語って頂きます。

その中で、「千の音色で繋ぐ絆プロジェクト」の一環としてTSUNAMIヴァイオリンの演奏も取り入れます。

第2部は、まさにその日から産まれた楽器、TSUNAMIヴァイオリンを主体に、その日から産まれたご縁、その日から産まれた想いを、和太鼓、ピアノと共に、産み出し繋ぎ、紡ぎたいと思います。

終演時に、お客様や私たち自身も含め全ての人達と、

「あの日から産まれたものを、どんな形であれ、持っているんだよ」

という想いを共有できれば有難いと考えております。

この企画は、こんな想いで始まりました。


千代園剛による和太鼓演奏



プログラム内容

第1部

シンポジウム

「あの日から未来へ向けて」

~真実を知り記憶を風化させないために~


※出演者の詳しいプロフィールは公演HPをご覧ください。


津波ヴァイオリン奏者

出演者の詳しいプロフィールは公演HPをご覧ください。


対談 「佐藤誠悦氏×中澤宗幸氏」

東日本大震災から10年を経た今、私たちはあの日の教訓をどのように生かし、未来に向けて何を伝えていくべきなのか


出演者の詳しいプロフィールは公演HPをご覧ください。


第2部

ヴァイオリンと和太鼓のコンサート

「いのちの鼓動」

~慰霊と復興への想いを込めて~

ヴァイオリン奏者

中澤きみ子(なかざわきみこ)

和太鼓奏者

千代園 剛(ちよぞのたけし)

ピアノ

村上 藍(むらかみあい)

各出演者のプロフィールは公演HPをご覧ください。

公演チラシ


リターンについて

この公演のために支援をしていただいた方々の協力を得て、魅力的なリターンを多数用意してあります。

詳しくは画面右側のリターンをご覧ください。


実施スケジュール

11月 実行委員会発足。企画会議。

3月 公演正式発表・クラウドファンディング・チケット発売開始 

5月1日 都の緊急事態宣言の為公演延期

5月中 クラウドファンディング支援者へのリターンの完了。

6月 新規公演会場決定・公演日時決定

7月 新規クラウドファンディング・公演案内・チケット発売開始

8月 公演リハーサル

9月11日 公演実施

9月中 各種リターンの発送(リターンによって発送のタイミングは異なります。詳細は各リターンにて)

感染症対策

この公演では、感染症に対して以下の対策を行なっております。

・来場者の住所、連絡先の把握
・37.5度以上の来場者の入場お断り
・受付、客席、ステージ、楽屋及び使用備品の消毒
・入場時のソーシャルディスタンス、飲食禁止、会場内で極力雑談を控えていただくなどの感染症対策


最後に

決して風化させない。大切なコトを伝えたい。

私たちの未来のために 将来の子どもたちのために


3.11あの日から産まれたもの ~想いを風化させないために~

このイベントを通して伝えたい想いがあります。

公演を成功させるために ご支援 どうぞ宜しくお願いいたします。

実行委員と中澤夫妻


3.11 あの日から産まれたものプロジェクト実行委員会

実行委員長 濁川孝志

プロデューサー こんどうのりこ

ディレクター/事務局長 笹浦暢大

実行委員 千代園剛、奇ニ正彦、橋本圭子、木山英子

後援 国立市、国立市教育委員会、立川市、公益財団法人立川市地域文化進行財団、一般財団法人Classic for  Japan

協力 千の音色でつなぐ絆プロジェクト、NPO法人さくら並木ネットワーク


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください