はじめに・ご挨拶

私は大野遼。73歳。元メディアの記者。在職中から、国立民族学博物館、筑波大学、奈良国立文化財研究所、東京大学、青山大学、大阪医科大学の当時学会のリーダー的研究者と一緒に北方ユーラシア学会(初代会長江上波夫、二代目会長田村晃一)を創設、ソ連科学アカデミーと協定書を交わし、アルタイ山脈のパジリク王墓発掘や渤海港湾遺跡の総合プロデュースなどにかかわり、内陸アジアと日本列島とのかかわりを考古学、民俗学、人類学、言語学、人類遺伝子学の視野から相互学術調査の組織に携わってきた。1991年、アルタイ山脈で王墓発掘中にゴルバチョフ大統領が拉致される事件が発生したが調査は継続、その後のアルタイでの発掘調査の基礎を築くとともに、旧ソ連の崩壊を目の当たりにして、現在生きている人々の「多様性に敬意 民族共生」を模索するNPOユーラシアンクラブを創設、インターカレッジ文化講座、アジア・シルクロード音楽フェスティバル、アムール先住民族村の展覧会開催を総合企画、サハ共和国の太鼓文化再生のため若者を招聘して和太鼓研修と音楽祭の開催、キルギスで井上靖生誕100周年記念イッシククル湖岸フェスティバル開催、ウズベキスタン日本国交20周年記念シルクロード音楽祭の開催など多岐にわたる活動を続けてきた。


このプロジェクトで実現したいこと

この出版プロジェクトは、本来大手出版会社が発刊に携わるのが本来の姿だと考えている。なぜ特定非営利活動法人が出版プロジェクトに携わることになったのか。

今中央アジアは「トルキスタン」といわれることがある。「シルクロードの要」として日本人観光客を集めているが、「シルクロードの主役」はペルシャ系のタジク・ソグドと呼ばれる人々であった。「タジク・ソグド」という中央アジアの人々について、中央アジアですらその歴史文化的意義が正当に評価されておらず、日本においては、特に、ほどんど知識も理解もないと言っていい状態にある。鎖国から明治維新に移行し、日本人が「脱亜入欧」を志向し、今日に至っている近現代史の教育の結果で、中央アジア史、アジア史、日本古代史の再評価が必要だと考えている。東イラン系ペルシャ人であるソグド人が各地にソグド人集落を作りグローバルネットワークを形成してビジネスに励み、仏教を日本まで伝えるなど「シルクロードの主役」であったことは、唐招提寺の第4代住職がブハラ出身の安如宝であったこと、「秘められたシルクロード タジクの黄金遺宝」で著者のハムロホンザリフィ氏(元タジキスタン共和国外務大臣、前駐日タジキスタン大使館特命全権大使)が奈良県の荒井正吾知事から高松塚古墳壁画の女性衣装を示され「これはソグドの女性の宮廷衣装、現代タジクの女性の民族衣装と同じ」とのコメントでも明らかだ。日本で初めての仏教僧がペルシャ人の女性であったことや東大寺二月堂のお水取りや頭塔がタジキスタン共和国のあるパミールに系譜をたどれる可能性が強いことなども視野に、シルクロードと日本の古代文化の形成におけるソグド人の活躍を再評価するべき時期に来ていると言える。今年がタジキスタン共和国30周年、来年がタジキスタンと日本の国交30周年となる節目は、ソグド人の後継者タジクとタジキスタン共和国を知ってもらういい機会だと考える。ソグド語は、突厥第一可汗時代の公用語、ウィグル文字、モンゴル文字、満州文字の起源でもある。中央アジアはサーマーン朝以降トルコ系諸国のイスラム化を受け入れたのを契機に、トルコモンゴル時代を経て「トルキスタン」と呼ばれるようになって現在にいたり、トルコ系諸国がシルクロードの主役だと思っている人が多いと思います。本当のシルクロードの立役者はタジク・ソグドです。「本当のシルクロードの主役」を多くの日本人の間に普及する機会とするととともに、アジアの諸民族の中でも、民族を超えてタジク・ソグド人を再評価し、敬意を表する機会としたい。ソグドはなぜ歴史の舞台から消えたのか?以下ミニ解説で紹介する。

●  中央アジアのソグド人はイスラム化で、中国のソグド人は安史の乱で歴史の舞台から消えた  

 

【ミニ解説】中央アジアは、タジク・ソグドのペルシャからトルキスタンに変貌  

 今中央アジアは「トルキスタン」と呼ばれることが多い。しかし、トルコ系の民族突厥が中央アジアに派遣を広げた6世紀においても、ペルシャ系のソグド人が優勢で、突厥第一可汗時代はソグド語を公用語に使用していた。7世紀にイスラム教を奉じたアラブ軍がササン朝ペルシャを滅ぼし、中央アジアに進入した際にソグド人の都市ペンジケントなどを支配し、8世紀末にソグド人社会は崩壊するが、このイスラム化した中央アジアでソグド人の運命は二つに分かれる。一つは、中央アジア各地のソグド人はペンジケントのようなソグド人集落を離れ、一部は東方に逃れ、一部は山岳部に逃れ、その子孫がドゥシャンベ北方の山中に暮らすヤグノブ人(8000人)だ。もう一つの道は、ソグド人の宗教であるゾロアスター教からイスラム教に改宗することであった。以来、中央アジアのソグド人は歴史の舞台から消え、イスラム教に改宗したソグド人は、タジク(人)と呼ばれて今日に至っている。二つ目の道を歩んだソグド人(タジク人)は、中央アジアで最初のイスラム国家サーマーン朝を建てる。そしてこのサーマン朝がアジア史の転換点となった。サーマーン朝はアッバス朝の中央アジアの前進国家として、カラハン朝などトルコ系民族をイスラムに改宗させ取り込んでいたが、これが後に中央アジアのペルシャからトルコ系諸国へ、現在のトルキスタンと呼ばれる中央アジアの形成に道を拓いた。ペルシャ系基層文化が、ソグド人のイスラム化を介在して、逆にトルコ系文化に上書きされるアジア史の転換が起きた。

中央アジアにおけるペルシャ系文化の形成は、起源前2000年から紀元後1000年のほぼ3000年を刻んだが、今「シルクロード」と呼ばれる東西交易に占めたソグド人の活躍の時代、「シルクロードの主役がソグド人(東イラン系ペルシャ人)」だった時代でもあった。 ソグド語は、突厥語、その後ウィグル文字、モンゴル文字、満州文字と時空を超えて継承され、タジク人のサーマーン朝でペルシャ文学、自然科学が活性化し、トルコ文学誕生を促した。

 

【ミニ解説2】福江島にソグド人集落。遣唐使を支える。中国のソグド人集落は壊滅。  

パミール高原の山麓で活躍したソグド人は、時々パミール高原を超えて東進した。第一回目は、アレクサンダーの東征に際して、ソグド人のリーダースピタメネスのように徹底して抵抗したソグド人がいた一方で、スキタイと一緒に東方に移動した人もたくさんおり、彼らは月氏と呼ばれる民族集団を形成した。第二は、クシャン朝で誕生した大乗仏教を奉じて東方に移動し、五胡十六国時代から隋唐にかけて中国各地でソグド人集落を形成し、その一部は、揚州から東シナ海をまっすぐ東900キロに位置する五島列島の福江島にソグド人集落を形成し、飛鳥時代から奈良時代にかけて遣唐使を支え、鑑真の来日、空海の渡唐を支援したと考えられる。奈良には、ソグド人(ペルシャ人)の僧、安如宝が住職を務めた唯一の寺・唐招提寺があり、奈良時代の平城宮にはペルシャ人の役人がいたことを証明する木簡も出土、1300年間、毎年途切れずに行われている春の行事、東大寺二月堂のお水取りには、パミール高原で形成されたゾロアスター教のカレーズの世界観が投影されている。唐の人口の3分の1とも3分の2ともいわれる死者を出した安史の乱(755-763)を最後に、中国のソグド人は弾圧され歴史の舞台から消えた。


プロジェクトをやろうと思った理由

私は小学校の頃から、隣接する海の向こうの大陸に憧憬を抱いて成長した。高校二年生の時川越駅前の書店で「シベリアの歴史」(紀伊国屋書店)を手に取り感動した。10年後大阪のメディアの記者だった時できたばかりの国立民族学博物館に赴任してきた「シベリアの歴史」の著者加藤九祚先生(特定非営利活動法人ユーラシアンクラブ名誉会長)に面会、以来、加藤九祚信奉者として活動してきた。

今回取り組むことになった「秘められたシルクロード タジクの黄金遺宝日本語版」は、元タジキスタン共和国外務大臣で前駐日タジキスタン共和国特命全権大使だったハムロホン・ザリフィ氏が企画執筆したこの本は、A4版460頁総カラーで、これまでに、世界の10か国の言語;タジク語、ロシア語、英語、アラブ語、中国語、ペルシャ語、フランス語、ドイツ語、トルコ語そしてスペイン語で発刊されており、日本語版は11か国語目の出版。

 【本書の構成、図版点数】 図版点数は500点以上。A4番460頁。この本の目次は、「日本語版序言 オクサスの遺宝 11頁、シルクロード 15頁、細密画 21頁 金属加工 28頁、陶器 20頁、彫刻 20頁、タジクの芸術作品 16頁、絵画 20頁、カンバス油彩画 30頁、建築装飾 46頁、アラバスターとガラス 12頁、夏の家(東屋) 16頁、石器 4頁、宝石デザイン 13頁、女性宝飾 23頁、民族衣装 16頁、刺繍 26頁、金刺繍 14頁、頭飾りと履物 12頁、綿織物の製織と印刷 14頁、楽器 14頁、さまざまな民族工芸 7頁、タジクの美術工芸 12頁、これまでの翻訳出版等を内容とする、1冊3.5キロの豪華本です。

 「秘められたシルクロード タジクの黄金遺宝日本語版」には、服部英二・元ユネスコ事務総長顧問(大シルクロードプロジェクト企画実施責任者、加藤九祚先生を顕彰する会代表幹事)と田中哲二・中央アジアコーカサス研究所長(元日銀国際局参事、キルギス共和国大統領経済顧問、加藤九祚先生を顕彰する会代表幹事)、日本を代表するソグド語・ソグド文化研究者である吉田豊・京都大学名誉教授(英国学士院客員会員)による書評が掲載されています。この本を通覧すれば、中央アジア各国で現在目にする文化遺産、シルクロードの文化遺産の多くが、サーマーン朝に遡り、ペルシャ系のタジク・ソグドの文化に系譜を有することが理解でき、日本の歴史文化遺産との関わりを理解するヒントがカラー画像の中に大量に含まれています。例えば日本で、シルクロードの音楽や楽器と言われる文化も西突厥やサーマン朝に遡りペルシャの音楽が波及した結果であるとの再評価に至るでしょう。アジアの音楽史でソグド人が果たした役割については大野遼が「チンギスハンがいなかったら誕生しなかった江戸歌舞伎」(ネット公開連載アジアの眼)ですでに紹介していますが、その一端を大野遼の「別冊特集」で捕捉解説しています。

  この本は本来、2016年9月12日、ウズベキスタン共和国テルメズ市の仏教僧院遺跡発掘中に倒れ、逝去した加藤九祚国立民族学博物館名誉教授(特定非営利活動法人ユーラシアンクラブ名誉会長)が監修するはずでしたが、駐日タジキスタン大使館で監修を快諾した後2か月後に亡くなったため、私大野遼(特定非営利活動法人ユーラシアンクラブ会長)が遺志を継承し、在京の大手出版社に働きかけましたが、「タジク」「ソグド」では採算が取れないと断られ、特定非営利活動法人が、既にあった翻訳テキストの一部再翻訳、校正、購入予約者、出版協力提供者に手作業で届ける発刊活動に挑んでいます。秋には、トルコの印刷会社で印刷し、シッピングで日本の港まで搬送、茨城県かすみがうら市に設置する「加藤九祚記念アジア共生センター」で保管、協力者に郵送する計画です。この本の出版は、特定非営利活動法人ユーラシアンクラブ名誉会長である加藤九祚先生の遺志を継承し、「アジアを知ってほしい」「アジアの多様性に敬意 民族共生を模索」という特定非営利活動法人の目的に適う活動だと考えています。



これまでの活動

大野遼はかつて旧ソ連が崩壊するまで5年間、加藤九祚先生と一緒に毎年アルタイ山脈を訪ね、人類史を韜晦する気持ちで、「アルタイ・シベリア歴史文明展」を開催したり、アルタイ山脈各地の洞窟遺跡を視察、最後はアルタイ山脈のパジリク谷を訪ね、スキタイの騎馬民族文化に触れた。またアンドロノヴォに先立つアファナシェヴォ文化の古墳一基の発掘にも、加藤先生と一緒に取り組んだ。加藤先生はその後、アルタイ山脈から天山山脈に南下、クラスナヤレーチカ仏教遺跡の発掘をはじめられ、さらにウズベキスタンとタジキスタンの国境の川スルハンダリヤ川沿いのダルヴェルジンテパ、そして人生最後の終活の場所としてウズベキスタンテルメズ市のカラテパ仏教僧院遺跡の発掘を初め、2016年9月12日、遺跡発掘中に倒れ、急逝されました。アジアの東西の境となるアルタイ山脈、天山山脈、パミール高原を南進して人生の幕を閉じられた。大野遼は終始、加藤九祚先生に寄り添って活動してきた。加藤先生は生前私たちに「心はいつも旅する」「生きていることはいいことだ(ゲーテ)」と私たちの志となる言葉を残し、励ましています。「タジク・ソグド」を考えることは、国家民族宗教を超えるコスモポリタンであるソグドの世界であり、加藤九祚先生の世界でもあります。「秘められたシルクロード タジクの黄金遺宝日本語版」は多くの日本人、中央アジア、シルクロード、日本の歴史文化の基層に興味ある人の必携の書であると考え、出版協力をお願いしています。特定非営利活動法人ユーラシアンクラブは、「多様性に敬意 アジアの民族の共生」を模索するボランティアの団体です。


資金の使い道

特定非営利活動法人は、2021年8月31日を目標に、226万4千円の出版協力支援金を募金しています。支援金の内訳は、トルコでの印刷経費193万2千円、トルコ-日本のシッピング経費23万2千円、日本の港からかすみがうら市の「加藤九祚記念アジア共生センター」への搬送費10万円。1冊3.5キロの本2000冊を保管し、特定非営利活動法人のボランティアが出版協力購入予約者、協力寄付者に手作業で郵送するために使用する。プロジェクトの実施は確定しており、より広く普及するため、協力者を募集する。


リターンについて
基本的に一口500円以上の協力者は全員、ご芳名を印刷し、大野遼の「別冊特集」に「出版協力者一覧」として指名を掲載して挿入、また「別冊特集」を提供、オンライン講座アジア共生塾の案内をメールで送信します。一冊購入者には、日本語版460頁一冊と大野遼の「別冊特集」を提供、オンライン講座アジア共生塾の案内をメールで送信。8月末日までにいただいた1口3万円以上の高額協力者に対しては、「秘められたシルクロード タジクの黄金遺宝日本語版」の本体の最終頁に、著者ハムロホン・ザリフィ氏の名前の最後に、後援;タジキスタン共和国外務省、駐日タジキスタン共和国大使館の下段に、「出版協力者ご芳名一覧」に提供者の氏名を記載します。

さらに高額協力者に対しては、「秘められたシルクロード タジクの黄金遺宝日本語版(A4版460頁総カラー)」1冊、大野遼の「日本語版別冊特集(A4版28頁総カラー)」1冊、大野遼の「岩に刻まれた古代美術 アムール河の少数民族の聖地シカチアリャン展解説図録(A4版116頁総カラー)」1冊を提供します。

お礼のメール、お手紙、電話などで差し上げます。

オンライン講座アジア共生塾「タジク・ソグドとシルクロード」をメールでご案内します。


実施スケジュール

2021年8月31日 日本語版本体にご芳名を記載する出版協力支援の募集締め切り

2021年9月 トルコの印刷会社に「日本語版印刷発注」

2021年秋から年末にかけて、印刷物の完成、シッピング、茨城県かすみがうら市まで搬送

2021年年末から2022年3月までに、購入予約者、出版協力者に特定非営利活動法人のボランティアが手作業で郵送

2022年春以降、オンライン講座アジア共生塾「タジク・ソグドとシルクロード」開催



最後に

「タジク・ソグド」から見えるシルクロードが、秘められた本当のシルクロード。

パミールは「太陽神が降臨する日出国」。日出国(扶桑国)日本とアジアを繋いだソグド人に敬意を。

東シナ海を渡海した遣唐使をサポートしてのは、揚州と福江島(五島列島)のソグド人集落。

日本の古代国家形成にソグド人がもたらした仏教が大きな役割を果たした。ソグド人はペルシャ人。日本最初の仏教僧は、ペルシャ人の女性善信尼ら。唐招提寺の第四代住職はソグド人(ペルシャ人)の安如宝。二月堂のお水取り、頭塔はペルシャ・パミール起源の可能性

世界最初の一神教(善悪二神教)は、パミール高原の太陽神崇拝の中から誕生した可能性

パミールの「ミル」は「ミフル」、ミスラ、ミトラ、ミトラスの起源で太陽神を指す。ローマ時代にキリスト教徒国教を競ったミトラス教の淵源はパミール。

中国の詩人李白も、ソグド人の可能性が否定できない

日本の楽器琵琶、三味線の起源は、ペルシャの楽器バルバット

シルクロードの起源は、ラピスラズリの道と4000年前の地球規模の寒冷化乾燥化

⇒ ソグド人、加藤九祚にあるコスモポリタン世界が現代人には不可欠。

  「心はいつも旅する」「生きていることはいいことだ(ゲーテ)」という加藤九祚ワールドにあなたをお誘いします。ぜひ「秘められたシルクロード タジクの黄金遺宝日本語版」発刊普及に協力を要請します。8月31日までに支援募集に応じて、日本語版最終頁の奉加帳にあなたの氏名を記載しましょう。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

■ 特定商取引法に関する記載  ●販売事業者名: 特定非営利活動法人ユーラシアンクラブ ● 事業者の住所/所在地:〒243-0303 神奈川県愛甲郡愛川町中津6314-1  ● 事業者の電話番号:Tel: 046-285-4895 代表者携帯090-3814-5322    ●送料:送料込み  ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。  ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし  ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください