ご挨拶

こんにちは!愛知県岡崎市で靴のリーガルのお店を19年間経営している尾崎と申します。

私はもともと東京出身で、リーガルの靴を作っているリーガルコーポレーションの社員でした。

リーガルの本社でリーガルの専門店を統括する部署に14年間いたのですが、ある時、岡崎店のオーナー様より「店を閉店したい」と言われて、本社側の担当として閉店セールのお手伝いをしておりました。

その際に、何人ものお客様から「リーガルのお店を閉めないでほしい」「西三河からリーガルのお店をなくさないでほしい」とのメールを頂き、それに返事をしていたりいました。

さらに閉店セール期間中にお店でお客様にも似たようなことを言われているうちに、「それならば私が後を継いでやろう」と決めてしまい、本社を退職して私が後を継いでリーガル岡崎店を運営することになったのです。

その後19年間、リーガルシューズ岡崎店を経営することで、優秀店賞を5回、努力店賞を2回受賞し、さらにはリーガルのお客様関係指数全国1位を10年連続で達成するほどお客様とつながることができました。

それでもこれまでの19年間で私が思っていたことは、「だんだん日本に元気がなくなっていくなあ」ということでした。


このプロジェクトで実現したいこと

突然ですが、あなたはおじさんですか?年齢の定義はまちまちだと思いますが。だいたい40~60代くらいの方はおじさんと言われて良い年齢かと思います。私も年齢は55歳なので、おじさんど真ん中期くらいという自覚があります。

あの喧騒のバブル後、失われた30年と呼ばれ、仕事をしてもあまり報われる感がなく、それでも頑張ってきているのに、なんとなく邪魔者扱いをされて、最近では中高年の社員さんのことを「いるのだかいないのだかわからない存在として妖精さんと呼ばれている」と半笑いでテレビで言っているのを見て、私は一人で怒っていました。

若手社員にはなんとなく敬遠され、本来は能力も高く、経験も人脈も豊富なはずなのに、それを使いこなす人も正当に評価する人もいないので、ひたすらくすぶっているという人も少なくないのに、「いらないもの扱い」する世の中に理不尽を感じていました。

でもですね。おじさんがそうやってくすぶっていたり、若い人との断絶を「それでもよい」と受け止めていればいるほど、日本から元気がどんどん失われていくと私は強く感じているのです。

だってですよ、若い人は近くに尊敬する相手も、目標とする相手もいないまま、未来に希望が持てなくなっていくわけで、それで未来の日本が良くなるわけがないと以前から考えていました。

そんな折に、私が尊敬する経営者の人から「娘から2年間口をきいてもらえなかった」という話を聞き、「けっこうそういう人いるよ」と言われたときに、本気でなんとかしなければいけないと強く思ったのです。

今オンライン上では若者の教祖とも言われる人たちがちょっと極端な(そして耳障りの良い)意見を毎日発信して人望を集めています。彼らは勉強量もすごいし、言っていることに説得力もあります。だから彼らのことは否定はしませんが、本当は身近なおじさんたちがその役割をすべきだと思うのです。それくらいの力は持っているはずなのです。

だけど若者たちに受け入れられないのはなぜか?

なぜかというと若者が話を聞く以前に、おじさんたちの好感度が高くないからです。はっきりいうと低いわけです。

「ボロは着てても中身は錦」などという言葉はもはや死語で、若い子たちからすれば見た目や第一印象が悪ければその先に進めないのです。おじさんたちは非常に高いポテンシャルを持っているにも関わらず、それを活かすことができてないわけで…

だったらリーガルで20年以上の経験を持つ私達が、「足元だけ」じゃなく、おじさんたちを中も外も輝かせて、少なくとも相手に嫌われないように…いや、さらに好感度を高めて「ちょいモテおやじ」にしてやろうじゃないか!と。

そして、ちょいモテおやじが増えれば確実に日本が良くなるわけで、そんな「ちょいモテおやじ」のたまり場を作って、未来の日本のために貢献してやろうじゃないかと立ち上がったのです。


プロジェクトをやろうと思った理由

目指すべき目的は決まりました。「日本の未来のためにちょいモテおやじを増やす」です。

本来ならリーガルのお店でそれを実現すべきところでしょうが、バブル後の世の中のカジュアル化の流れの中でビジネスシューズの需要が大幅に減っていき、革靴の出荷額は1991年の5,000億円から2017年の1,160億円まで減っていきました。(令和2年経済産業省調べ)

さらに昨年からのコロナで世の中のテレワークが拡大し、1年半ほどで日本のビジネスマンがスーツを着ることも革靴を履くことも激減しました。リーガルコーポレーションも2004年度売上高は382億円だったものが、2020年は290億円まで低下、最新の2021年3月末時点売上予測はコロナの影響により約3割ダウンが見込まれて210億円となっていて、26億円の当期損失が予測されています。(会社四季報より)

世の中がそのような流れの中、リーガルシューズ岡崎店もご多分に漏れず、2019年度に対して2020年度は20%以上の売上ダウンによる大幅な赤字を計上しており、アフターコロナでもテレワークの定着によるビジネスシューズ需要が戻らないことを想定すると、このままでは目標を実現する前に消えてしまうことになるという強い危機感を抱いたのです。

何度も書きますが、おじさんたちが元気にならないと日本に未来はないと確信しています。日本の労働人口の半分以上がおじさんなのです。そのおじさんたちを腐らせておいて、経験も人脈も塩漬けにしていることは日本経済の損失だと思うのです。だから一刻でも早くおじさんたちを元気にする場所を作りたい。そのためには、今動かなければいけないと決意したのです!


資金の使い道

・「ちょいモテおやじの厳選屋」(飲食と物販、セミナー施設の融合店舗)設立資金

ホットドックなどの軽食(薬を使わずに育てた豚で作ったフランクフルト)やドリンク(オリジナルブレンドコーヒーや環境に配慮して作った飲み物)を提供できる飲食スペース、おじさんたちの好感度を上げる革製品やファッショングッズを販売する物販スペース、おじさんたちが集まったり知識を広げたりするセミナースペースを融合した店舗になります。

・おじさんたちの交流の場を作り、おじさんたちの能力を活かす組織を作る資金

おじさんたちが集い、相互に持っている力を出し合って、相互教育するための活動資金

・「ちょいモテおやじ」講座運営のための資金

おじさんたちの好感度を上げるための教育セミナーなどの開催資金。

例として「靴磨き教室」「ビジネス活用講座」「人生を聴く会」「想いやこだわりのある生き方講座」など

NEXT GOALの使い道は下記に使われます。

・セミナールームの充実(PA器材、プロジェクター、スクリーン)等

・情報発信用器材(ネット動画、音声発信用資材の購入)



現在の準備状況(21年7月現在)

店舗物件:岡崎城正門より徒歩1分の1号線を挟んだ反対側にある

     岡崎康生通郵便局隣に15坪の物件を確保済です。

【所在地】〒444-0059 愛知県岡崎市康生通西4-32 電話:未定

*商標登録出願中  *店舗基本設計完成済  *事業再構築補助金採択事業



実施スケジュール

21年9月~10月     上記住所に店舗建設開始

21年12月頃       プレオープン予定

22年春          グランドオープン予定

なお、店舗人員は当面1名(尾崎正紀)の予定


各種講座について(実施予定講師)

・靴磨き講座:シューケアアドバイザー 尾崎正紀(店長)

・ビジネス講座:中小企業診断士 市川正人(弊社取締役)

・人生を聴く会:尾崎正紀(店長)、澤田隼人(ほみにす法務事務所代表)

        クレッグ・モーリー(ビール会社経営)

        豊橋百儂人(各種農産物生産者)等

・想いやこだわりのある生き方:市川敬晃(ビーンズワーク代表) 


リターンについて

「厳選屋」の名前に負けないような意味のあるリターンを用意しました。

1.コーヒーは日本のブレンド100選に入ったことのあるコーヒー豆屋のものを使用

2.ホットドック用のソーセージは無薬で育てる豚肉を使って作っています

3.オーダーシャツは国内の専用工場で作成するシャツを提供します

4.スタイリストで経営者3,000人にスーツを提供した末廣徳司氏にもご協力いただきます


\3,000   お礼&近況のメール

\6,000 レギュラーブレンド1ヶ月飲み放題

\7,000 プレオープン前試食会

\10,000 靴磨き講座+靴磨き券5枚

\30,000/\50,000 店頭レンガにお名前入り金属プレート掲示

その他にも 店長と一緒に選ぶパターンオーダーシャツや、経営者専門のスーツ仕立て屋によるメンズスタイル一式の提供等いろいろご用意しております。詳しくはリターン品一覧をご確認ください。


最後に

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

もう少しだけお付き合いくださいね。

コロナで世の中が大きく傷つきました。もうシッチャカメッチャカです。多くの人が自信をなくし、収入も仕事も大幅に減り、未来に希望が持てなくなりました。その影響を一番受けているのは中高年でしょう。その次が子どもたちです。中高年は老後や未来に不安しかなく、そんな世代を見ている20代30代は年金制度や終身雇用はもう無いものと思って絶望し、子どもたちはそんな大人たちを見てわけも分からず…。日本というか世界をどんよりしたものが覆っています。このままでは何十年先までも不安しかない世の中になっていきます

そんな今、日本のどこから手を付けるべきかは「本来なら社会の中枢にいて自信を持って周りを引っ張っていくべきおじさんたち」だと思うのです。

おじさんたちが自信を持って目指すべき方向を指し示し、周りを巻き込んで世の中をもとに戻していくのが一番早いと考えていますが、実は長~い不景気でおじさんたちは傷ついているし、自信を失っているのです。

それではこの先いくら技術が革新しても日本は良くなりません。おじさんたちが自信を持って気分よく毎日を過ごせるように、そしてそれが未来の日本に好結果をもたらすために少しでも役に立てるように厳選屋を立ち上げます.

それがおじさんたちだけじゃなく、未来の日本をより良くすると信じて。

皆様のご支援のほどよろしくお願いいたします。

(岡崎市内の中学校での講演写真)


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

クラウドファンディングは複数の返礼品を組み合わせることもできますので、いくつでもお選びください。

■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:有限会社ムーンライト
 ● 事業者の住所/所在地:〒444-0051愛知県岡崎市本町通1-10
 ● 事業者の電話番号:0564-23-9261
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

■ 食品衛生責任者 認可番号 岡崎第令二ー一八三 尾崎 正紀

  • 2021/10/04 19:07

    こんばんは!有限会社ムーンライトの尾崎です。本日、厳選屋の工事契約にサインをしました!いよいよ建築が始まります。現在のところ、12月下旬にプレオープンができそうです。当初は10月プレオープンとお伝えしておりましたが、2ヶ月遅れてしまいました。大変申し訳ありません。返礼品につきましては、それに合...

  • 2021/09/30 22:38

    こんにちは!尾崎です。9月30日に皆様からのご支援をキャンプファイヤー社からご入金いただきました。ありがとうございます!いざ通帳に入金額が刻まれるとそれはそれで感慨深いものがあります。(というか、ドキドキ?)皆様からのお金は決して無駄にしないように使わせていただきます。皆様にメールを差し上げま...

  • 2021/09/26 12:10

    こんにちは!尾崎でございます。先日お店で、「東海テレビから電話です!」と言われて出たところ「情報番組の取材でお伺いしたいのですが、よろしいですか?」とのお話でした。「ついに来たか!」という感じですよ。私は、最初このクラウドファンディングを見たのか、中部経済新聞とか中日新聞を見たのか、はたまたO...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください