はじめに・ご挨拶

はじめまして。「夢見る焼き芋おじさん」こと、三浦宗平と申します。
山形県の鶴岡市で、サツマイモスイーツメニューが日本一多い焼き芋屋「やきいも処 DoCo 弐番館」を営んでいます。

焼き芋屋を生業にしてから約5年、移動販売、店舗での販売、イベント出展を通じて、たくさんのお客さんたちに支えられながら、少しずつ成長をすることができきました。

しかし、そんな中、突如訪れたコロナ禍。

これまで売上を支えてくれていたイベントは全て中止となり、移動販売・店舗営業のお客さんも激減し、店の存続がかかった、大きな危機に瀕しています。

各種給付金と借入により、なんとか事業を続けられるよう辛抱の日々を過ごしながら、時代に合わせてネットでの商品販売を伸ばすべく、慣れないネットを駆使し、チャレンジを続けています。

やきいも処 DoCo 弐番館 店頭の様子

偶然の出来事から生まれた「さつまぶし」で、現状を打破し、世界一を目指したい!

ピンチはチャンス」という言葉があります。

現在、私のお店は間違いなく大ピンチを迎えています。ですが、このピンチは、考え方を変えてみたらチャンスでもあるのではないか。現状維持を目指すのではなく、この機会にさらなる成長を目指すべきなのではないか。

そのような思いを抱えていたある日、偶然の出来事から、今回クラウドファンディングを行う、超極薄ギルティーフリーチップス「さつまぶし 」は誕生しました。

さつまぶし

ある日、ペットのワンちゃんと共にお店を訪れた一人のお客さん。
飼い主さんは人気メニューのむらさき芋チーズクレープを注文し、美味しそうに食べていました。

一方、ワンちゃんは、甘え鳴きをして、自分も食べたいとねだるものの、
健康面を考えると、食べさせてあげる訳にはいきません。

むらさき芋チーズクレープ

その時のワンちゃんの鳴き声が頭に残っており、次にワンちゃんがまたきてくれた時は、何か食べさせてあげたいという思いから、安心してワンちゃんに食べさせてあげられるウェルカムフードとして、「さつまぶし」は誕生しました。

それ以来、ワンちゃんが飼い主さんと共にお店を訪れるたびに、さつまぶし をあげていたのですが、興味を持った飼い主さんも試しにさつまぶし を食べたところ、「とても美味しい!」との声が挙がるようになったので、さつまぶしの店頭販売を開始しました。

お店で売り始めた「さつまぶし」は、お店を訪れるお客さん達からは好反応。

アクセルを踏むべく、百貨店で開催されたイベントに出展したところ、ほとんどが初見のお客さんだったのですが、「美味しい」「身体に良さそう」「ペットや家族と一緒に安心して食べられそう」と、大好評を頂くことができました。

このイベント出展以降、この「さつまぶし」であれば、ネットでも販売することができ、苦しい現状を打破できるかもしれない。また、「世界進出できる商品を手がける」という私の長年の夢を叶えることができるかもしれない。そんな思いが高まっていきました。

「ピンチに喘ぐ山形の焼き芋屋が、いきなり何を言っているんだ…」というご意見も十分に理解できます。その通りかもしれません。

ですが、それ以上にロマンを持って、「さつまぶし 」で一気に大逆転し、世界を目指す、そのチャレンジに挑みたいのです。ぜひ皆様の力を貸していただけませんでしょうか。


超極薄ギルティーフリーチップス「さつまぶし」について


特徴①:調味料、添加物一切不使用。小さなお子さんもペットも、家族全員が安心して食べられるギルティーフリーチップス

「さつまぶし」は元々、ワンちゃんも安心して食べられるように作ったお菓子ですので、身体に負担をかけるようなものは一切使用しておりません。

スライスしてあくぬきしたサツマイモを一枚一枚並べてオーブン焼きしたとてもシンプルな作りなので、油、塩、調味料、添加物、保存料、香料を一切使用しておりません。

そのため、小さなお子さんやワンちゃんがいるご家庭でも、家族みんなで気軽に楽しんでいただくことができる自然食品です。

また、賞味期限も60日間以上あり、まさにこの時代のご家庭でのお菓子にぴったりです。

家族全員で楽しめる「さつまぶし」


特徴②:薄さ約1mmの世界最大級の薄さのチップス。

「さつまぶし」の特徴は、その薄さにあります。チップスの薄さは約1ミリ。市販のポテチは約2ミリ。この1ミリの差は、食べることで衝撃に変わります。

「世界一薄いチップス」として、今後ギネス申請を予定しています。

もともとお店に飼い主さんが連れてきていたワンちゃんが小型犬だったので、そのワンちゃんでも食べられるような薄さのチップスにしようということから始まり、様々な工夫を経て、現在の薄さ・大きさになりました。

この薄さにより、ダイエット中でも気にせず食べることができるような、ほぼカロリーレスなチップスとなりました。サクサクした食感が癖になり、噛めば噛むほど甘味が出てきて、満足感も得られます。

約1ミリの薄さの「さつまぶし」


特徴③:様々なアレンジができる「進化系焼き芋」

「さつまぶし」はとてもシンプルなお菓子であるため、様々なスイーツとの相性がバッチリです。

お店での販売やイベント出展の際、さつまぶしを添えて、味・食感にアクセントを足した様々なスイーツを提供しており、お客さん達はそのアレンジを楽しんでくれています。

ぜひ、ご自宅で、さつまぶしを使った様々なスイーツづくりを楽しんでください。


世界一にかける思い

ここで、僕の世界一にかける思いについて、少しだけ話をさせてください。
僕の人生の最高順位は、バーチャファイターで全国27位です。

その後、ブンブン丸、アストロ、チビ太などの有名プレイヤー達が、シーンを作っていく様子を横で見ていて分かったことがあります。

それは、ムーブメントの傍で波に乗って楽しく生きるより、その波の中にいること、更に言うと頂点を極めてムーブメントを作っていく立場にいた方が、めちゃくちゃめちゃくちゃ楽しいということ。

前職家業だったアパレルを15年続け、ファッションショーやオリジナルブランド製作など、様々な挑戦を試みるも、事業をうまく成長させることができず、結果的に多額の借金と取引先や従業員など関係者にご迷惑かけ虚しさだけが残りました。

その時の失敗から学んだことは、オリジナル商品をリスクなく作り続ける環境が大事で経済死しないことが大切だということ。

アパレルは、製造ロットがあり、在庫を抱えるビジネスモデル。突っ込んだお金が、洋服に変わり、お客様に買ってもらい、自分の手元に戻るまでの期間が長い、企業体力が勝負。

トレンドも東京から発生し個性を突き詰めると、量を売れなくなるので地方のプレイヤーにとっては、とても難しい商売でした。

次に何かするなら、「作り続けられるオリジナル」。そんな思いから、地元・山形の食材を作ったオンリーワン商品を作ることにしました。

ご当地オンリースイーツを開発し、様々なイベントに出店し、春はシルク団子、夏は庄内柿氷を販売して小銭を貯め続け、冬は雪でイベントがなくなるので、自分のタイミングで町に出て売り歩け、競合がいない焼き芋を焼く壺に全ても儲けでフルベットしました。

イベント出店の様子

焼き芋を焼き初めた冬に、初の県外イベントに出店したのが「品川やきいもテラス」という、全国各地の焼き芋店が集まる特化型フードフェスでした。  

このイベントで、全国の焼き芋屋さん達の圧倒的な熱量に触れ、時代が大きく動いていくのを感じ、彼らと勝負できるように焼き芋に事業を集中させることにしました。

お客さんの人数と、出店者が焼く芋の量のバランスが逆転して、2時間待ちで焼きあがった30個の焼き芋をオープンからクローズまで焼き続けた7日間わかったのは、焼き芋にすごいことが起こり始めてて、このムーブメントはとてつもなく大きくなるということ。

「品川やきいもテラス」イベント終了後の写真

焼き芋は美味しく焼くという王道は必ず皆が目指す道なので、僕はサツマイモスイーツメニューが日本イチ多い焼き芋屋になることに5年注力して「さつまぶし」が生まれたわけです。

美味しさとか評価が曖昧な物より、可視化され誰にでも分かり易くて、誰もチャレンジしていないジャンルを極めたら世界イチも本気でイケる思ってます。

年齢的にも今回がNo.1を目指すラストチャンス。僕のような普通の人間が世界一を目指すために大切なのは、人とは被らせず未来を予想したフィールドに集中することだと思っています。

運と縁と情熱とアイディアが重なり生まれた”さつまぶし”の「薄さ」で世界一を獲り、それをきっかけに認知を高めていき、世界進出を目指します。

地方の中小零細の一人会社でも世界を獲れる夢を実現したい!今回のチャレンジで夢みる焼き芋おじさんの本気を目に見えるカタチで全国デビューさせます。最後まで読んでくれた偏愛者好きのアナタ!共感してくれたら応援よろしくお願いします!


リターンのご紹介

「さつまぶし」3個セット(3,000円)や、「芋キャップ」と「さつまぶし」2点セット(10.000円)、オリジナル商品開発のことなどを私(三浦)に相談できるリターン(10,000円)、トレーラーでの一日販売(100,000円/150,000円)など、様々なリターンをご用意いたしました。

ぜひお好みのリターンをご選択ください!

資金の使い道・スケジュール

今回クラウドファンディングでご支援頂いた資金は、さつまぶしを世界No.1のギルティーフリーチップスとするための各種費用に充てさせて頂きます。

今後のスケジュール・使用用途の予定は以下の通りです。

2021年8月末:クラウドファンディング終了
2021年9月末〜2021年12月末:販路拡大/パッケージデザイン等、商品ブラッシュアップ
2021年1月(予定):ギネス記録申請

※支援金の一部はCAMPFIRE手数料に使用されます。

<募集方式について>

本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


■ 特定商取引法に関する記載

 ●販売事業者名:株式会社 HAPPYGATE

 ● 事業者の住所/所在地:〒997-0824 山形県鶴岡市日枝字坂本21-5

 ● 事業者の電話番号:
       請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。」

 ●送料:送料込み

 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。

 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし 

 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。

  • 2021/08/31 14:53

    おはようございます目標達成して安心して起きたらビックリ!!支援者が36名に増殖し達成率も126%に爆上がり何よりもうれしいのは36名からもらったコメントを見てるとニヤニヤが止まりませんその時々は懸命で過ぎ去った過去に思えていても意外に最近の出来事だったりして本当にコツコツ積み上げてきた事振り返...

  • 2021/08/30 13:20

    さつまぶしを世界イチ薄いチップスに申請する為の費用のクラウドファンディングに、28名の方々が共感して146.000円の支援が集まり目標達成率97%となり間も無く最終日を迎えます。最後は僕の展望をお伝えさえてください。国内では百貨店催事が増える兆しです今年も新規で「京王百貨店」「阪神百貨店」の出...

  • 2021/08/28 21:44

    活動報告上げる度に支援の輪が広がってくのを少しビビッてます毎日さつまぶしのネタも尽きたので僕の焼き芋歴史を振り返り列挙します2016年9月 焼き芋を焼く壺を買う2016年10月焼き芋を始めてイベントで売る2016年10月軽トラに壺を積んで流し始める2017年1月 ←確変スタート品川やきいもテラ...

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください