2018年6月3日(日)、札幌で絵本作家のぶみさんの講演会を行います。 大人も子どもも一緒になって、身体と五感をフルに使って絵本を体験!みんなが笑顔になれる1日を作ります。 のぶみさんの絵本に込めた想いをたくさんの人に伝えたい!

プロジェクト本文

来年6月3日(日)札幌で、絵本作家のぶみさんを招いて講演会を開催します

ママがおばけになっちゃった」「このママにきーめた!」、「仮面ライダーシリーズ」などで人気の絵本作家さんです。最近は「情熱大陸」「スッキリ」「めざましテレビ」などでも取り上げられています。

絵本といえば子ども向け、ママ向けと思われることが多いですが、実は大人の人にも読んでほしい、素敵な絵本なんです!

特に「このママにきーめた!」は、体内記憶を持つ100人の子どもにインタビューして描いたお話。
インタビューしたら、どの子どももみんな同じことを言っていたそうです。
雲の上から、ママとパパを見ていた」「自分で選んで、ママに決めたんだよ
なぜこのママに決めたの?の答えはみんな「もちろん、ママを喜ばせるためだよ!」。

 

この言葉を見て、私は自分自身が「あぁ、今の父と母を、自分が選んできたんだ」「だから私は、私でいることできっと親を喜ばせることができる存在なんだ」と思えたのです。

そんな想いをたくさんの人に知ってもらいたくて、絵本作家のぶみさんをおむかえして、講演会を開催することを決めました!子どもだけでなく大人も楽しめる1日を作ります。

講演会といえど、子どもも楽しめるように様々な工夫をしてくれます。

目をキラッキラに輝かせて、のぶみさんの世界に惹きこまれていくのは、子どもだけではありません!正直、大人の人にこそ体験してほしい!
日々目の前に現れるやらねば!なことに追われて、自分のやりたいことを忘れている大人たちに、とにかく楽しんでほしい。



また興味を持ち、一緒に手伝ってくれる仲間も募集します。
これから10年の継続を目指した、大きなイベントを一緒に作り上げて行きませんか?

ご協力いただいた方には開催後に活動報告書を送付します。また、当日会場で貼り出す特大ポスターへお名前を掲載いたします。

頑張っているママや子どもたちだけでなく、夢や希望に向かえていない大人の人たちが、一緒に楽しめて、のぶみさんの絵本に込められたメッセージを受け取れる1日を。

その趣旨に賛同していただける方を募集します!
一緒に楽しい会を作り上げましょう!

 

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください