CapsulaのBackpackとBagは、超軽量化と耐衝撃性が両立した今までにないまったく新しいバックパックです。内蔵されたバルブから空気を吹き込むことで、その空気が衝撃を吸収するように設計されています。耐衝撃・完全防水・水に浮く・保温・防犯・TPOに沿ったデザイン…全ての機能を搭載しました。

プロジェクト本文

 

Capsula Backpackは、内蔵されたバルブから空気を吹き込むことで、その空気が衝撃を吸収するように設計された、今だかつてない耐衝撃性を誇るバックパックです。PCなどの精密機器はもちろん、メガネやガラス製品を収納しても安心の耐衝撃性能にも関わらず、1330グラムという超軽量化も実現しました。

 

耐衝撃以外にも、完全防水・保温保冷・防犯・背負うだけでなく、ブリーフケース型(手提げ)/ショルダー型(肩掛け)等としても使える4WAYデザインetc.…あらゆる機能と、イタリアのデザイン性を併せ持った高性能・多機能なバックパックです。

 

 

このバッグ最大の特徴は、内蔵された空気バルブ。

 

グラスを入れて上からハンマーで叩くテストでも、中身のグラスは無傷でした。

※保証するものではありません。

ここまで衝撃に強くても、あくまで中身は空気。重量が嵩むハードシェルや分厚いクッションに頼る耐衝撃バッグに比べて、超軽量の1330グラムです。

   

 

今までの「防水バッグ」の特徴は、カバンの口を巻きつけるロールクロージャーと重量感のあるジッパーでした。

 

CAPSULAの防水ジッパーは普通のものと代り映えしないように見えますが、最新のテクノロジーを詰め込んでいます。

 

 

こだわりの素材と技術をもってすれば水を一切通しません。

(※1)高周波ウェルダー加工とは、高周波加熱による溶着(接着)加工技術です。

 

その優れた気密性・水密性の副産物が、断熱性です。空気の層が外の熱を伝えづらいので、バッグ内部の温度が維持されます。例えば、キャンプやBBQなどで氷や保冷剤を入れたら、クーラーバッグとして使用できます。

  

ジッパーの上端には防水と気密のための特別なクロージャーがあり、これがスリ防止に役立ちます。

 

ビジネスバッグとしても大変優秀です。リュックで自転車通勤するビジネスマンも増えてきましたが、目下の悩みは「訪問時のバッグがリュックではカジュアルすぎる」ことでしょう。本来なら背負い・手持ち・肩掛けの別々のバッグを買わねばならないところ、CAPSULAならひとつでまかなえます。自転車通勤にはバックパック、外歩きにはスリング、商談にはブリーフケース(縦型・横型対応)と、シーンに適した使い方でマナー面もバッチリです。そして休日は中身を詰め替えてアウトドアへ。365日一緒に過ごせる、オールアラウンドバッグです。

バックパックからスリングやブリーフケースに変更する際、背パッドも簡単に外せます。

 

裏地がベルクロで作られているCAPSULAインナーバッグで仕分けすると大変便利です。通常はバッグを持っている間に荷物の重心が下がっていきがちですが、バッグの内側にはベルクロ(面ファスナー) が加工されており、よりバッグ内部での持ち物の位置をキープすることができます。

※インナーバックには空気を吹き込む必要はありません。

 

バッグとインナーバッグの裏地には、接着面が大変なめらかな特殊仕様のベルクロを採用しています。他の布類とは貼りつかないので、セーター等の傷みやすい布類をバッグに直接入れても毛羽立ちません。

 

バッグのサイドにもベルクロが付いているので、外付けポケットにしても便利です。

 

開けたところには便利な内ポケットも付いてます。

※注:インナーバックのジッパーについては撥水仕様であり、防水ではありません。

 

さらに、空気を入れれば浮き輪のように水に浮くので、バッグを水面に叩き投げても水と衝撃から中身をガードします。テストでは、20㎏の負荷をかけても沈むことがありませんでした。(※メーカー調べ)

力づくで深度1メートルに沈めるテストも行っています。結果は、30分間浸水ゼロ。(※メーカー調べ) メーカーも「over performing=予想以上」の一言。 

※注:特定の期間の空気封じ込めを保証するものではありません。

 

子供でも簡単に空気を入れることができます。

 

もちろん、空気を入れないで使用することも可能です。

※空気を入れない場合、空気を入れた時よりも浮力や耐衝撃の性能が劣ります。

(※2)人間工学(にんげんこうがく)は、人間が可能な限り自然な動きや状態で使えるように物や環境を設計し、実際のデザインに活かす学問のこと

 

・CAPSULA BACKPACK

サイズ:43cm×29cm×16cm
容量:20ℓ
重さ:バッグ930g 背パッド400g

・インナーバック(5 Coloured Capsules)

 

サイズ・容量
イエロー:28cm×7cm×4cm     0.78ℓ
オレンジ:28cm×14cm×4cm   1.57ℓ
レッド   :14cm×14cm×4cm   0.78ℓ
ブルー   :14cm×7cm×4cm     0.39ℓ
グリーン:21cm×14cm×4cm   1.18ℓ

 

CAPSULAにはバックパックの他にラップトップバッグとカメラバッグの合計3サイズあります。もちろんそれぞれバックパックと同じく完全防水、耐衝撃の性能を

・CAPSULA RAPTOP BAG (ラップトップバッグ)

 

サイズ:42.5cm×28.5cm×8cm
容量:9.96ℓ

・CAPSULA CAMERA BAG(カメラバッグ)

 

サイズ:21.3cm×28.5cm×13cm
容量:7.8ℓ

 

ラップトップバックとカメラバックはそれぞれバックパック内に収納可能な大きさです。

 

※実際の商品は動画に写っている商品とはカラーが異なります。

 

人間誰もが様々な顔を持って生きています。ある時はビジネスマン、しかしある時はトラベラー、またある時はスポーツマン、冒険家、戦士、そして紳士。あなたがどんな姿でいるときも、CAPSULAはあなたの相棒になれます。

 

CAPSULA誕生ストーリー

始まりはジッパーでした。

当時私たちのビジネスパートナー“Nyseal社”は、防水性と気密性に優れたジッパーを新しく開発しました。そこで私達は、TPU素材と組み合わせた完全防水のケースを作成しテストすることを提案しました。

気密テストではこのケースをジッパーで閉じた後に膨らませる必要があります。そこでケースに空気バルブを取り付けたのち、ジッパーが耐えられる気圧を測定したところ6-10 kpaもの結果が出ました。その結果をNyseal社に示したところ、彼らは非常に驚いていました。

そこで私達は「このケースを実験道具にしておくには勿体ない」と考え、息で膨らむバッグのプロジェクトをスタートさせ、皆様に斬新な体験を提供したい一心でCAPSULAは誕生しました。

CAPSULA TEAM by ITALY

 

株式会社mesutta
東京都杉並区松庵3-37-8

2013年設立。
2017年現在、日本正規代理店として”汗が目に入らないヘッドバンド「HALOheadband」" や "靴擦れを起こさない2重構造の靴下「WRIGHTSOCK」"、"ノールックで水分補給!磁石の力でラクラク脱着サイクルボトル「KOALABOTTLE」"、"直接肌に<塗る>反射素材スティック「SAFETY SKIN」"など、快適にスポーツを行えるスポーツ用品を中心に、様々な商品の輸入卸販売を行なっている。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください