はじめに~
子供の知育発達を保護者が見られる場所ってご存知ですか?2児の母である私には思いつきません。また、他の子供と比べることも少なくなっている現代社会で子供たちが何ができて何が苦手なのか。それが分かり、家庭で一緒に伸ばしていくことができる場所を提供したい。そして大切な「学び」につながるであろう「習い事」をすべての子供たちに経験してもらいたい。そう考えています。

知育をメインとしたキッズスペースの運営:(仮名称:さくゆうキッズスペース)

身体を動かすキッズスペースはとても多いのですが、絵を書いたり、数字を覚えたり「学び」を取り入れたキッズスペースを2児の母である私は思いつきません。子供が、どのようなことが得意で、どのようなことが苦手なのか。保護者自身も分かることができる、そんなスペースを設置したいと思います。また、兄弟が多くても、何回でも来店しやすい価格設定で運営予定です。

(現在、平日は1時間300円で運用予定。土日祝日は1時間400円で検討中)なお、子供の成長を保護者が「理解する」場所にしたいと考えていますので、子供を預かる託児所ではなく、保護者が子供を見守る場所にしたいと考えています。

なお、さくゆうキッズスペースは、あくまでもお子様と保護者様が一緒に入室いただき、運営側がご用意した年齢に応じた課題に取り組んでいただくスペースであり、託児所ではありません。今、子供の年齢だとどんなことができるのか、また、できないこと、苦手なことは何なのか。できないことをどうやって伸ばしていくのか。それをスタッフも一緒に考えていくことができるような場所になればと考えています。

入場し、年齢に応じた課題をお渡しします。課題の種類は、①数字とひらがな(文字)・②迷路(なぞり書き)・③描写・④色塗り・⑤ブロック・⑥パズルを予定しております。課題は年齢ごとに段階を分けますが、苦手な分野は子供が違う年齢の課題を行うことも可能です。

例えば、ブロックですと、ただブロックをお渡しするだけではなく、1歳~2歳は大きめのブロックを用いて、つなげることを学ぶ。3歳~4歳はこちらで準備した例を作成する。5歳~6歳はさらに難しい課題など年齢に応じた課題を作成します。それを子供がどのように子供ができるかを保護者さんに観察いただき、考察してもらえればと考えています。

なお、①~⑥の課題について1テーブルずつ、合計、6テーブル用意し、そこに子供が2名ずつ座ることができるようにします。その後ろで保護者も見守ることができるように椅子をご用意します。また、保護者様には子供ができた(できなかった)課題の写真を自身のスマホで撮影いただきます。

そして6つの課題が完成したら、親子で振り返りスペースに移動していただきます。そこで、今日撮影した課題の中で1枚を設置のコピー機にお送りいただき、印刷、裏が保護者様が書く振り返りシートになっていますので、今日の課題やできたこと、できなかったことなどを簡単に振り返っていただき、初回来店時にお渡しするファイルに綴っていき、お子様の成長の記録として保管いただきたいと考えております。

さくゆうキッズスペース運営時間(予定) 年中無休 朝9時~12時 13時~16時
                    (12時~13時は消毒・清掃作業につき完全交代制)

以下は料金案です。

人員配置について:当面の間は、受付・会計スタッフ1名、サポートスタッフ1名の2名体制の予定です。

感染症対策として、課題は個人用のボックスに入れてお渡しいたします。後片付けの練習の意味もありますので終わったらそのままご返却いただき、スタッフが消毒します。朝の部と昼の部は完全入れ替え制ですので、その間に消毒ならびに清掃を行います。(営業終了後も)

入店時にアルコールによる手指消毒・検温がお客様スタッフともに必須です。また、密を避けるため1テーブル2組、合計12組の入場上限で当面の間運用いたします。

「すべての子供たちに保育園・幼稚園以外の習い事を」教室用スペースの運営:(仮名称:さくゆうスクール)

現代社会において、子どもの習い事も高額なものも多く、保育園や幼稚園以外での学びにも経済格差がみられるように思います。そして今多くの子供たちが通う保育園やこども園において「学び」の時間は、幼稚園などに比べると限られていると実感しています。本来、園外での学習がその「学び」を補うために必要不可欠ですが、経済的な理由で諦めているご家庭も多いとおもいます。経済的に諦めるのではなく、すべての子供に「学ぶ」時間を提供したい。その思いで教室用スペースを作成しようと考えています。なお、教室用スペースについては、朝9時半~12時半 13時半~16時半 17時~21時 の3区分で、外部に貸し出しをする予定です。

教室用スペースに関しては、特技や経験を活かして習い事教室をしたいと考えているけれども、月額の賃料の負担が大きく二の足を踏んでしまっている。子育てや介護により活動できる時間が限られている。貸会議室などの利用では毎週同じ曜日・時間が取れないので、定期的な教室の開校が難しい。そんな思いをお持ちの先生方に、ぜひ借りていただきたいと思います。毎週固定の曜日・時間帯を優先募集し、埋まらない枠については、都度貸も検討いたします。また、教室スペースには、先生方が毎回授業の準備物を持ち運ばなくてじ済むように、各先生専用のロッカーを準備する予定です。また、スタッキングテーブル(幅180センチほどの折り畳み可能な長机)を6台、椅子を20個程度用意し、スクール形式を基本形に。ベビーサインやバレー教室など、机を使わない授業も対応可能です。(スタッキングできるため)

私たちもできる限り価格を下げて貸し出すので、先生たちにもできるだけ安く、兄弟で通っても負担ない金額で開校していただければと考えています。(一番人気が予定される17時~21時の時間で、平日4,000円程度を想定しています。週二回開講で、月8回だと32,000円の負担で開校可能です。また、生徒の月謝についても、月額4,000円程度/週1日・50分程度で考えてくださる先生を優先的にご利用いただきたいと考えています。)

朝と昼の時間帯は、平日、子供向け教室では活用が難しいので、シニア世代や、主婦などの習い事教室や交流の場としてご利用いただきたいと考えています。シニア世代の身体を動かす場所(ジム)なども多いのですが、身体を動かすことが苦手な方も一定数いらっしゃると思いますので、毎週の楽しみになってくれればと思います。


さくゆうスクール運営時間(予定)年中無休 朝9時30分~12時30分
                     昼13時30分~16時30分
                     夕方17時~21時(施設の営業時間に準ずる)

人員体制:交代のタイミングで清掃・消毒のスタッフを配置予定です。小さな子供を連れて(抱っこひもの中もしくはベビーカーなどに座っていられるのであれば)でもできると思うので、なかなか働くことが難しい方に働いていただければと考えています。そんなに多くはお給料をお支払いできませんが(時間が短いので)、ちょっと息抜きのランチ程度になると思います。自分は働いていないのに、値段のはるランチをいただくなんて、私は家族に対して申し訳なくてできませんでした。私のようなお母さんってきっと多いのだろうと思います。そんな気持ちが少しでも和らげば嬉しいなと考えています。

感染症対策として、各先生に受講者の検温と手指消毒を徹底していただきます。また、1時間当たりの利用者を講師含め12名での運用をお願いします。

解決したい社会課題

さくゆうキッズスペースは、未就学児(小学校入学前)のお子様の知育(身体を動かすのではなく、絵を書いたり、数字を覚えたりなど)をメインに考えたキッズスペースです。

通常のキッズスペースは、お子様2人と保護者1人で1時間遊んで3000円近くかかることが多いのですが、さくゆうキッズは、すべての子供たちに学びの機会を提供したいとの思いとの代表の思いが詰まっているため、兄弟がいても気兼ねなくご利用いただける価格設定にさせていただきます。(現時点では、平日1時間300円、土日祝日1時間400円を検討)

なぜ、さくゆうキッズを立ち上げようと思ったのか。それは、代表自身が子供の知育(発達)の成長が遅れていることに気付かなかったから。そして、そういうことに気付く場所がないことに気付いたからです。

現在、進行している「さくゆうキッズスペース」には、教室用スペース(さくゆうスクール)も併設する予定です。こちらは、教室を開きたい!と考えている先生方に、時間を区切って、周辺相場より安い値段で利用いただきたいと考えています。そして、こちらが安くお貸出しするので、生徒さんの授業料も安めに設定いただきたい。そうお願いする予定にしています。そういったスペースを作成する理由は「習い事が高くて通うことができない子供さんが大勢いるから」です。「学ぶ」ことができないことも貧困の一つではないでしょうか。

現在、子供の7人に1人が貧困と言われています。
(※厚生労働省 2020年7月17日公表 2019年国民生活基礎調査) 


そんな時代に、習い事は、1週間に1回・50分で月謝が8,000円を超えている習い事が多いと子供の習い事を検討する時にとても感じました。普段の生活費がままならないご家庭に、そこまでの費用負担ができるのでしょうか。そして、現在の子供たちは、基本的に知育教育が幼稚園よりも比較的少ない「保育園」に通うことが主流になってきました。そういった子供たちにとって、保育園・幼稚園以外の場所で学ぶことはとても刺激になると考えています。「すべての子供たちに保育園・幼稚園とは違う習い事を」を目標にしていきたいと考えております。(現時点では、週に1回・50分で月謝4,000円に授業料を設定していただけるよう先生方にお願いしようと考えています。また、午前中や午後の早い時間は、高齢者の方向けの習い事や、主婦の方の習い事教室などに開放予定です。)

このプロジェクトで実現したいこと

代表である私自身、保育園の先生から「発達の検査に行ってほしい」と言われたとき、とてもショックでした。何よりショックだったのが、自分自身が子供の辛さに気付いてあげられなかったからです。保育園で絵が上手にかけなかったり、色が綺麗に塗れずで、とてもつらい思いをしていたんだと思います。(よく保育園に行きたくないと言っていたのもこの辺りが原因だったと思います。)

日常会話などは問題ないけれども、〇〇ができない子供は今の社会多いのだと思います。運動面であれば、普段の様子や他のキッズスペースなどで気づくことができるかもしれません。しかしながら、知育の部分に関して、気づくことができる場所は、皆無に近い状態だと私は感じています。

一緒に絵を書いたり、塗り絵をしたり、迷路をしたり、また、パズルをしたりすることによって、子供が今何ができて、何が苦手なのか。こういうことが苦手ならば、こんなおもちゃを買って自宅で一緒にしよう!そう思うキッカケつくりになればなと思っています。また、キッズスペースは、写真を撮影すること以外のスマホは禁止としたいと思います。スマートホンの普及で、子供を見守る保護者も減っている感じています。子供をしっかり見守ることができるスペースにしたい。そう考えています。

そして、すべての子供たちに保育園や幼稚園以外の場所で、得意を見つける、そして「学び」につながる「習い事」をしてほしい。そう願っています。また、子供たちが園に行っている時間に関しては、シニア世代の方や、主婦の方の習い事やコミュニティの場所として活用していただきたい。特に高齢者は行く場所がないと聞きます。コロナの影響で人との関りが減ってきてしまいましたが、やっぱり人のつながりは大切です。老若男女問わずに学ぶことをできるスペースになれば良いな。と考えています。


~皆様からお預かりする大切な資金の使い道~

設備費:約180万円(知育玩具の購入、キッズスペース作成、教室作成などに活用します)具体的には、キッズスペースと教室スペースを区切る壁の設営費、子供が安心して過ごせる床へのリフォーム、机やいすの購入、荷物ロッカーや靴箱などの購入など。保護者も子供も快適に過ごすことができるスペースを目指します。

本サイトへの手数料:約20万円 (9%+税)

~実施スケジュール~

7月7日 テナント場所が仮決定しました(南海高野線「北野田」駅徒歩3分 大型テナント2階)

8月末頃 テナントの賃貸借契約

9月15日頃から 内装工事(極力、職人さんは入れずに頑張ります。その分、ご来店いただく方に満足いただけるスペースにするための設備購入費用に充てたいと思います。)

10月1日 オープン(目標)

<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。


リターン

①皆様に心を込めてお礼状を手書きで記入し、発送いたします。

②お近くにお住いの方で実際にお越しいただける方は、施設利用券を提供いたします。支援金:1,000円でさくゆうキッズスペース1時間分施設利用券(平日・土日祝とも利用可能/子供+保護者のペア券) ・支援金:3,000円でさくゆうキッズスペース5時間分施設利用券(平日・土日祝とも利用可能/子供+保護者のペア券)支援金:10,000円でさくゆうキッズスペース20時間分施設利用券(平日・土日祝とも利用可能/子供+保護者のペア券)お近くにお住まいの方にプレゼントされても構いません。手書きのお礼状と一緒に同封の上、発送いたします。

【注意事項等】

①有効期限は、2021年12月31日とさせていただきます。弊社からオープン日である10月1日もしくは翌日の2日にお手元に届くように郵送いたします。(大阪から発送して2日以内に届かない離島などにお住いのお客様については、別途有効期限を延長したものをお届けいたします。恐れ入りますが、お申し込み時に備考欄にてお知らせくださいませ。)
②5時間および20時間施設利用券については、別の日に分けてご使用いただいて構いません。(どちらも1時間分施設利用券を時間分お届けいたしますので、好きな枚数ずつご使用いただくことが可能です。)
③お友達やご家族などと一緒のタイミングでご利用いただいても構いません。ぜひお友達などと一緒にご来店くださいませ。



最後に

今回、この事業を始めるにあたり、様々な方から、とてもいい取り組みだねと評価いただきました。今まで不動産をメインの会社を経営しておりましたが、空き家対策に積極的に取り組む会社としてお客様に喜んでいただくよう邁進しておりました。ふと振り返ると本当にたくさんのお客様の支えにより今まで会社を経営できていたのだと思います。不動産事業においてはある程度、恩返しできたと思うので、次は、子供たちの笑顔の未来をつくるお手伝いができればと考えております。今回、車でも、自転車でも、徒歩でもアクセス良好な施設を選びましたので、なかなか家賃や初期費用も高額になります。どなたか手を貸していただけると非常に助かります。ご支援いただいた資金は全て、記載した事業に投資させていただきます。どうかご支援いただきますようお願い申し上げます。

チーム/団体/自己紹介・活動実績など

運営会社:咲結ライフプランニング株式会社 (さくゆうキッズ※ 共同運営予定)
     代表取締役 川岸 あゆみ(5歳と2歳の母)

     ※さくゆうキッズとは、川岸あゆみの開業済(2021年5月20日開業)個人事業です※

代表保有免許:1級ファイナンシャルプランニング技能士・CFP・宅地建物取引士
       競売不動産取扱主任者・証券外務員1種・日商簿記2級・各種保険免許

2019年7月 創業

会社所在地:大阪府堺市東区高松110番地11

電話番号:072-370-1319 FAX番号:072-320-8447

会社所有免許一覧:宅地建物取引業 大阪府知事(1)61272号
         生命保険・損害保険・少額短期保険 代理業


■ 特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:咲結ライフプランニング株式会社・さくゆうキッズ 川岸 あゆみ
 ● 事業者の住所/所在地:〒599-8121 大阪府堺市東区高松110番地11
 ● 事業者の電話番号:Tel: 072-370-1319
 ●送料:送料込み(離島価格など例外がある場合には記載)
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください