はじめに・ご挨拶

はじめまして!東京理科大学 神楽坂地区理大祭実行委員会です。 


今年で73回目を迎える、東京理科大学の学園祭『理大祭』。 


周辺地域の皆さまから、ご支援・ご協力をいただいて開催されており、2019年度は3キャンパス合わせ、のべ40,000人以上のお客様にご来場いただきました。 


本年度は9月20日(月・祝)、21日(火)の2日間で開催いたします。 



とても長い歴史のある理大祭ですが、更なる進化を求め、今年度より新たに「TUSアンバサダーコンテスト」を開催することといたしました!



コロナ禍により皆様に会場に足を運んでいただくことは叶いませんが、オンライン配信でお届けすることでより多くの皆様に感動をお届けできるように、スタッフ一同精進しております。 


これまでの活動


 〈新型コロナウイルス感染症の拡大〉 


2020年度も理大祭開催に向けた準備を行ってまいりました。 


しかし、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、理大祭自体が中止となってしまいました。 



 〈TUSアンバサダーコンテスト〉 


いまだ感染症拡大が収まらぬ中、オンラインだからこそできる、社会問題解決を考えるイベントを開催しようと考えました。 


そして、ジェンダー平等に配慮した「TUSアンバサダーコンテスト」の開催を決定いたしました。 


私たちは、オンラインという枠組みを超えた演出を行いたいと考えております。 


具体的には、プロの舞台監督、カメラマンをお呼びし、ハイクオリティな撮影機材、視聴者の方を退屈させない動画編集技術を総動員することにより、オンラインの枠組みを超えた感動をお届けしたいと考えております。 


 



〈これまでのご協賛活動〉


これまで、私たちが個人でご協賛を頂いていたのはOB・OGの方々のみでした。

しかし、今年度から東京理科大学神楽坂地区理大祭としての新しい試み、「ジェンダーレスコンテスト」を開催するにあたって、この取り組みがより多くの方に良い影響を与えられるよう、来年、再来年とレベルアップしていきたいと考えております。


そこで、この活動を通して、私たちの精神にご賛同いただける方にご協賛いただきたいと思いました。



このコンテストで実現したいこと


今年度のTUSアンバサダーコンテストのテーマは、“Stay as you are (ありのままで)” です。 


“Stay as you are”という言葉には、2つの願いが込められています。  


①性別という壁を取り払うことで、多様な個性やオリジナリティーをありのままに受け入れ、候補者の魅力の発見や成長の場を作り上げたい。  


②容姿だけで判断されるのではなく、候補者の興味のある学問分野や自分が誇れる経験談の披露など、候補者の総合的な魅力を世の中に発信していきたい。 


“女性らしさ・男性らしさ”ではなく、「ありのまま」を認め合い、発信していく。そしてこの活動を通して、候補者たちが新たな自分を発見することを私たちは応援していきます。 



2021年3月、WEF(世界経済フォーラム)が「The Global Gap Report 2021」を公表し、ジェンダーギャップ指数(男女格差を測る指数)を発表しました。 


2021年の日本の総合スコアは0.656、順位は156ヶ国中120位と、とても低い数字となっています。 


このような現状を受けて、現在、日本では40以上の企業様がジェンダー平等社会の実現に向けた活動をなさっております。

また、海外ではジェンダーやセクシュアリティに関係なく過ごしやすい環境を作る取り組みが行われております。


私達は、学生の今できることとして、本コンテストを開催し、少しでも多くの方々が、ジェンダー平等やセクシュアリティの尊重に目を向けて下さることを願っております。 



今年度ご協賛の間口を広げることとなった運び


今年度より新たに開催するコンテストということで、大学内外からの大きな期待を背に、配信という形ではありますが、対面開催を上回る大きな感動をお届けしたい、という強い思いを抱いております。 


この目標を達成するために本年度は先述の通り、プロの舞台監督、カメラマンをお呼びし、ステージ全体をサポートしていただくことで例年に比べさらに充実したステージを設営する予定です。


また、皆様に「楽しい!」と感じていただくと同時に、感動をお届けするために、候補者が価値観や個性を全面的にアピールできる企画内容を考えております。


オンラインの枠組みを超えた感動をお届けするだけでなく、来年・再来年へとこのコンテストを受け継いでいくためにも、皆様のお力添えが必要です。 


TUSアンバサダーコンテスト2021企画内容

1.司会入場

2.候補者入場

3.自己紹介

4.企画(トークショー)

5.VTR企画

6.特技披露

7.VTR企画

8.候補者スピーチ

9.VTR企画

10.結果発表



資金の使い道

 ・撮影機材費用(¥160,000)

・人件費(¥140,000)

・衣装レンタル代金(¥20,000)

・リターン作成費用(¥75,000)

・CAMPFIRE様手数料(¥85,000)

・次年度コンテスト広告費用(¥20,000)


リターンについて

【個人様】

①≪¥1,000≫ 理大祭実行委員からの心を込めた感謝のメール

②≪¥3,000≫ 上記+りかまるグッズ

③≪¥5,000≫ 上記+「TUS+(情報冊子候補者の写真付き)」

④≪¥10,000≫ 上記+任意1名の候補者からの直筆一言メッセージ

⑤≪¥20,000≫ 上記+エンドロールに小サイズにて名前掲載

⑥≪¥50,000≫ 上記+エンドロールに中サイズにて名前掲載 

⑦≪¥100,000≫ 上記+エンドロールに大サイズにて名前掲載&理大祭オリジナルウィンドブレーカー 


【企業様】

①≪¥10,000≫ 理大祭実行委員からの心を込めた感謝のメール

②≪¥20,000≫ 配信中に司会者が企業名および1分ほどの事業内容ご紹介のご相談

③≪¥30,000≫ 配信途中にCM放映のご相談

④≪¥50,000≫ 幣団体が制作する候補者を起用してのCM、PRのご相談


実施スケジュール

5月末~ 候補者募集

6月末~ 候補者発表・活動開始

7月~  各種イベント参加予定

9月20日(月・祝) 15:00~16:30 TUSアンバサダーコンテスト2021 本番


最後に

ここまで読んでいただき、本当にありがとうございます。


私たちは、まだ20数年しか生きていない、いわゆる "若造" ばかりの団体ですが、一人一人がこれまで抱いたことのない位の "強い情熱" を持って、TUSアンバサダーコンテストを運営しております。

私たち理大祭実行委員会は、TUSアンバサダーコンテストを通し、少しでも多くの方々に勇気と感動をお届けできるよう、今後も努力を続け、新しいことに挑戦してまいります。

TUSアンバサダーコンテスト2021の候補者を応援してくださる方々、
この活動に共感してくださる方々、
東京理科大学をより盛り上げていきたいと考えて下さる現役理科大生、卒業生の方々、

どうかご支援の程よろしくお願いいたします。



<プロジェクトオーナーについて(特商法上の表記)>

■特定商取引法に関する記載
 ●販売事業者名:東京理科大学 神楽坂理大祭実行委員会
  
 ●代表者または通信販売に関する業務の責任者の氏名:
請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。
  
 ●事業者の住所/所在地:〒162-8601 東京都新宿区神楽坂1-3(東京理科大学 神楽坂キャンパス)
  
 ●事業者の電話番号:
請求があり次第提供致しますので、必要な方はメッセージ機能にてご連絡ください。

 ●送料:送料込み
 ●対価以外に必要な費用:プロジェクトページ、リターンに記載のとおり。
 ●ソフトウェアに係る取引である場合のソフトウェアの動作環境:該当なし
 ●その他記載事項:プロジェクトページ、リターン記載欄、共通記載欄(https://camp-fire.jp/legal)をご確認ください。


<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

このプロジェクトの問題報告やご取材はこちらよりお問い合わせください